スリランカの観光ETAオンライン

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 観光客ETA

2012年1月、スリランカの入国および移民管理局はスリランカを訪問する渡航者のために電子渡航認証(ETA)を導入しました。世界のほぼすべての国からの渡航者は現在、[オンラインで申請](https://www.ivisa.com/apply-online/sri-lanka)する事ができ、大使館や領事館を訪問する必要がありません

このETAはスリランカへの短期訪問のための公式許可書で、電子的に発行されます。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。このプロセス全体は迅速かつ簡便です。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • 支払いのためのクレジットデビットカード、またはPaypalアカウント。

  • パスポートのデジタル写真

重要な指示
  • ETAでスリランカに滞在できる期間は入国から30日間で、2回入国できます。

  • 入力された情報は電子的にDI&E (入国および移民管理局)に送信され、当社がスリランカのETAをイーメールで送付いたします。

  • スリランカへの訪問を望む渡航者は、予定の入国日から少なくとも6カ月有効なパスポートを持っていなければなりません。

  • 渡航者は情報を確認し、印刷して物理的なコピーを携帯する事をお勧めします。また、空港のチェックインスタッフも彼らのシステムで登録を確認できます。しかしながら、お手持ちの電子機器と、印刷した状態の両方で電子ビザのコピーを携帯する事を強くお勧めします。

  • 現在のETAが有効であるかどうかに関わらず、スリランカ国内にいる間に新たなETAを取得する事はできません。

  • 黄熱の影響下にある国の国民は、スリランカへの到着時に黄熱予防接種カードを携帯していなければなりません。黄熱の影響下にある国についてはここをご覧ください。

注意シンガポール共和国と、モルジブ共和国、およびセイシェル共和国の市民はこの電子ビザを免除されています(ビザを申請せずに渡航できるという意味です)。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

電子渡航認証(ETA)は渡航者が観光目的でスリランカへ渡航すし、同国内を移動する事を可能にする公式文書です。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 到着日時から少なくとも6カ月有効なパスポート。
  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。
スリランカの観光ETAの費用は35米ドルです。それ加えて標準的な処理には20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには50米ドルがかかり、さらに早くするには70米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:1営業日
  2. 迅速処理:3時間
  3. 超迅速処理:30分
このスリランカへの観光ETAは発行後90日間有効です。これは発行後90日以内にスリランカに入国しなければならない事を意味しています。このビザは2回入国ビザで、1回の入国あたり最大で30日間滞在する事ができます。
渡航者のパスポートは予定の入国日有効から少なくとも6カ月間有効でなければなりません。
以下の国籍に観光ETAの資格があります:
  • アルバニア、アルジェリア、アンドラ、アンゴラ、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、アルバ、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バハマ、バーレーン、バングラデシュ、バルバドス、ベラルーシ、ベルギー、ベリーズ、ベニン、バミューダ、ブータン、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、ブルキナファソ、ブルンジ、カンボジア、カナダ、カーボベルデ諸島、ケイマン諸島、中央アフリカ共和国、チャド、チリ、中国、コロンビア、コモロ、コンゴ民主共和国、クック諸島、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ジブチ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、赤道ギニア、エリトリア、エストニア、エチオピア、フェロー諸島、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、グルジア、ドイツ(ドイツ人)、ギリシャ、グリーンランド、グレナダ , グアドループ島、グアム、グアテマラ、ギニア、ギニアビサウ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、香港、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、イラン、イラク、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、キリバス、韓国、クウェート、キルギスタン、ラオス、ラトビア、 レバノンは、レソト、リベリア、リビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ、マケドニア、マダガスカル、マラウィ、マレーシア、マリ、マルタ、マーシャル諸島、マルティニーク、モーリタニア、モーリシャス、マヨット島、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル、ネパール、オランダ、ニューカレドニア、ニュージーランド、ニカラグア、ニジェール、ノーフォーク島、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パラオ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、カタール、再会、ルーマニア、ロシア ( ロシア人 ) 、ルワンダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サモア、サンマリノ、サントメプリンシペ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シエラレオネ、スロバキア、スロベニア、ソロモン諸島、ソマリア、南アフリカ共和国、南スーダン、スペイン、スーダン、スリナム、スワジランド(スイス)、スウェーデン、スイス、台湾、タジキスタン、タンザニア、タイ、東ティモール、トーゴ、トンガ、トリニダードトバゴ、チュニジア、トルコ、トルクメニスタン、タークス・カイコス諸島、ツバル、 ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、イギリス(イギリス市民)(イギリス人)、アメリカ合衆国(アメリカ合衆国市民)、ウルグアイ、ウズベキスタン、バヌアツ、ベネズエラ、ベトナム、コソボ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ
いいえ。承認され次第、当社がイーメールでPDF形式のETAを送付いたします。
ETAは電子的にパスポートに結び付けられていますが、この確認事項を印刷し、パスポートと共に携帯する事をお勧めします。
12歳以下の子供はスリランカに入国するためのETAを免除されています。
この観光ETAは申請および発行がオンラインなので、従来のビザのように大使館を訪問する必要がありません。
1つのパスポートで所得できるのは1つのタイプの有効なビザだけです。つまり、既に観光ビザを所持している場合、観光ビザが満了するまでビジネスビザを取得する事はできません。
スリランカの観光ETAでは1回の入国ごとに最大で30日間滞在できます。
いいえ、このETAは観光目的のみです。
いいえ。航空便を予約する前にこのETAビザを申請することができます。
いいえ。現行のETAが失効するまで(発行後90日間)は同一のパスポートで新たなETAを取得する事はできません。しかしながら、有効なETAを含むパスポートを紛失した際には、新たなETAを申請する事ができます。

スリランカに30日間以上滞在する事を望む訪問者は延長を申請できます。このETAは最初の訪問の到着時点から最大で90日間まで延長する事ができ、2回目の訪問で更に90日間延長できます。

延長のための申請は入国管理局のビザのセクションに提出されなければなりません。

スリランカはその歴史にもかかわらずエキゾチックな旅行先で、その歴史にはかなり最近のものもありますが、多くの人々が楽しめる一般的な休暇の地になってきました。それほどインドっぽくは無く、他のアジアの地域のようでもありません。スリランカの人々は親切で、くつろいだり楽しんだりできる事を数多く見つける事ができます。冒険が好きですか?それならスリランカは候補にぴったりです。一日中砂浜で楽しみたいですか?スリランカはその目的にも完璧です。要点は、スリランカは理想的な休暇を求めているなら、次回は見過ごすべきではない旅行先です。いずれにせよ現地に行く前に知っておくべき事がいくつかあります。この記事を最後まで読んで勉強していってください。スリランカが旅行先としては安全でないという一般的な誤解があります。スリランカは2009年まひどい内戦状態にあったため、これは事実でしたが、もはや10年前のことです。それ以来、観光産業が復興し、休暇を過ごすには非常に安全な国になっています。依然として多少の注意は必要ですが、それは世界中どこに行くにしても同じ事です。ある程度の小さな犯罪は実際にときおり発生しますが、それは世界中どこででも発生します。単純に高価なものは肌身離さず身につけておけば問題ありません。正直に言えば、他の何よりもスリランカでは道を渡る事が危険です。ですから、左右を2回ずつ確認するようにしましょう。スリランカの人々はあなたが思っているよりも親切です。どうしてそうでないと思うでしょう?戦争は人々を変えますが、スリランカの人々は過去を乗り越え、今起こっている事にベストを尽くす事を選んでいます。結果として、あなたがどこへ行っても彼らは思わずマネしたくなるような笑顔で歓迎してくれるでしょう。あなたがスリランカを出国するときには笑顔のまま顔が元に戻らなくなっているかもしれません。そしてそれは事実です。しかしながら、スリランカで過去のことを話題にするときは非常に注意するべきです。人々は陽気ですが、失った家族や友人のことに関しては敏感です。考えてみればそれは自然な事のはずです。加えて、戦争の事に繋がる可能性のある政治的話題に加わらないようにしましょう。そういった話題を完全に避ける事がベストです。彼らの家族やその他もろもろに関する一般的な質問なら問題ありませんが、そこでやめておくべきです。古傷を開くことがあってはなりません。コミュニケーションに関して言えば、スリランカの人々はあなたとの会話にベストを尽くしてくれるでしょう。彼らの中には英語を話せる人もいますが、あなたも協力するようにしましょう。どのようにかって?彼らは観光客と英語を練習するのが好きです。もしあなたが子供や大人が英語を学ぶ手助けをしたいなら、時間をかけるべきです。単純に会話をしましょう。これはウィンウィンの状況です。あなたは地元の人々と仲良くなって楽しい体験ができますし、彼らは新しい何かを学ぶことができます。これは非常に楽しく、そしてスリランカに旅行に行った多くの観光客は、そういった理由のためだけに偶然会った地元の人々と会話をするようになります。スリランカの食べ物はおいしいですが、あくまで彼らの特産品に限ります。美味しいハンバーガーや高品質なパスタは無いですが、スリランカの食べ物は、あなたの舌を大いに満足させてくれるでしょう。すべてのレストランがあなたのお眼鏡にはかなわないかもしれませんが、一番良いレストランを見つける1つのコツは、地元の人が好むレストランで食べる事です。スリランカの人々が西側諸国の食べ物を料理しない理由は、材料が高額で、それらを購入するには島を離れなければならないからです。いずれにせよ、もしスリランカに行ったら西側諸国の食べ物を食べるなんてもったいない事です特産品にこだわりましょう。後悔する事はないはずです。あなたが好きになれないだろう側面の1つは衛生環境です。しかしながら、スリランカが依然として観光産業が改善中の発展途上国だという事を憶えておく必要があります。加えて、彼らは戦争からの復興中でもあり、物事は一夜にして変わるわけではありません。自分でトイレットペーパーとサニタイザーを携帯し、水道水を飲まなければ、病気にはかからなくて済むはずです。加えて、誰も並んでいない人通りの少ない道の食べ物の露店は避けましょう。これはその露店の食べ物が食べるのには適していない証です。スリランカを出国する前に、機会を作って野生動物を見に行くべきです。人々は一般的にこの側面を見落としがちですが、もし運が良ければ、象の群れを間近に見る事ができます。これはセレンゲティの大移動とは違うかもしれませんが、依然として野生動物ですし、一見の価値があります。また、もし景色を見て回るつもりなら、最高の場所を見て回るためにガイドを雇うべきです。実際、ほとんどの観光客は、できる限り効率的に散策できるようにガイドを雇っています。このサービスはそれほど高価ではなく、ガイドは自分たちの英語を実践する機会を活かしたいと思っています。スリランカの観光産業が依然として発展途上だとしても、この旅行が非常に高価なものになる可能性がある事を知っておくべきです。島々では本土よりも様々な価格が高くなっているというのがルールです。理由は明白でしょう。ほとんどの物品は外部から運び込まれなければならないからです。ホテルも高額になる可能性がありますが、もし事前に予約しておけば割引してもらえるかもしれません。スリランカは間違いなく考慮に入れる価値のある国です。この国には多くの美しい景色があり、人々は信じられないほど親切で、多くの楽しい体験ができます。いくつかの基本的なルールに従う事を忘れなければ、エキサイティングな時間を過ごせるでしょう。豪華なリゾート地にある砂浜でリラックスするにせよ、野生動物を見るにせよ、忘れられない思い出を作れるはずです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf