logo logo
ja | $ USD
インド
150,000+ iVisaが処理する旅行書類
 
   
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1.2M ハッピー・カスタマー

24/7サポート

+42,000 レビュー

10 経験年数

98% ビザ認可率

さらに詳しく: 観光eビザ

インド観光eVisaを今すぐオンラインでお申し込みください!

最終更新日2023年11月

インドの活気ある文化と息をのむような美しさに浸る準備はできていますか?インド観光eVisa**は必須条件です!このeVisaの申請は、チャイを注ぐのと同じくらい簡単です。

私たちの合理化されたプロセスは、タージマハルに驚嘆したり、ラジャスタンの宮殿を探索したり、ゴアのビーチに浸ったりと、書類作成にかかる時間を減らし、夢の旅程を計画する時間を増やすことを意味します。

インド観光ビザ](https://www.ivisa.com/india/tourist-e-visa)のオンライン申請、または便利な[アプリ](https://app.adjust.com/10grvaif)をご利用いただくと、さらにスムーズです

インド タージマハル ローカル

インド観光eVisaとは何ですか?

インド観光eVisa**(e-観光ビザとも呼ばれる)は、対象国からの旅行者が観光目的でインドを訪問することを許可する電子渡航認証です。これは、既存のビザサービスを簡素化することで、旅行をより便利にしようというインドの取り組みの一環です。

通常の紙の観光ビザとは異なり、申請のために大使館や領事館**を訪れる必要はなく、自宅にいながらeVisaを取得することができます!

便利なVisa Checker Toolを使って、あなたがどのビザに該当するかチェックしてみてください。また、このガイドでは、その違いについて詳しく説明しています。

インド観光eVisaでできること

インド観光eVisaは、観光、友人や家族への訪問、短期(-)ヨガプログラムへの参加、その他のレクリエーション活動など、観光活動を目的としてインドを訪れる個人のために特別にデザインされています。

インド観光eビザでできないこと

このビザでは、インドでの居住、就労、ビジネス、就学、観光以外の活動はできません。

-雇用ビザ、学生ビザ、その他の長期滞在許可証については、インド政府のウェブサイトをご覧ください。

インド観光eVisaの申請資格

eVisaを取得するためには、インド政府が定めるいくつかの基準を満たす必要があります:

  • 国籍:**対象国のリストは広範囲にわたり、インド政府によって定期的に更新されています。

  • 過去にビザを拒否されたり、インドから強制送還されたことのある旅行者は、eVisaを取得できない場合があります。

  • インド観光eVisaは特定の入国港でのみ使用できます。

空港 デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、ティルヴァナンタプラム、ベンガルール、ハイデラバード、コーチン、ゴア、アーメダバード、アムリトサル、ガヤ、ジャイプール、ラクナウ、トリシー、バラナシ、カリカット、マンガロール、プネー、ナーグプル、コインバトール、バグドグラ、グワハティ、チャンディーガル、ヴィシャーカパトナム、マドゥライ、ブバネシュワル、ポートブレア、カヌール。

*ムンバイ、コーチン、ゴア、チェンナイ、ニューマンガロール。

インドを訪問するには誰がインド観光eVisaを申請しなければなりませんか?

あなたの国籍とビザの要件にもよりますが、大使館や領事館に行かなくてもインドのeVisaを取得することができます。Visa Checker Tool](https://www.ivisa.com/)を使用して、オンライン申請が可能かどうかをご確認ください

このビザの資格がない場合は、代わりにインド大使館ビザを申請することができます。インドの通常観光ビザの申請には、より多くの書類と時間が必要ですが、長期滞在が可能です。

未成年者はインドのeVisaを申請する必要がありますか?

対象国の子供や未成年者もインドのeVisaが必要ですが、追加書類の提出が必要になる場合があります。ビザ申請手続き中に「Add another person(もう一人追加する)」をクリックすると、家族で一緒に簡単に申請することができます。

親または法定後見人なしで旅行する2歳から12歳までの幼児は、同伴者なしの未成年者とみなされます。これらのお子様を出発地から最終目的地までサポートするサービスを提供する航空会社にお問い合わせください。

インドのビザ(-)が免除されるのはどのような人ですか?

ブータンおよびネパールの国民は、インドにビザ(-)なしで入国できます。一部の旅行者は到着時ビザの対象となります。到着時ビザの詳細については、インド政府のウェブサイトこちらをご覧ください。

インド観光eVisaの有効期間は?

インドでは外国人旅行者向けに3種類の観光eビザを提供しており、それぞれ異なる旅行ニーズに合わせて調整されています:

  • 30-Day Double-Entry eVisa:** 短期滞在に最適なこのeVisaは、インドに2回入国でき、有効期間は30日間です。また、最初の入国日から最長30日間の滞在が可能です。

1-Year Multiple-Entry eVisa: 1年以内に複数回の渡航を希望する方のためにデザインされたこのeVisaは、発行日から1年間有効です。

米国、英国、カナダを除き、ほとんどの国籍の方が1回の滞在につき90日まで滞在が可能で、1回の滞在につき180日まで滞在できます。 すべての国籍の最長滞在日数は年間180日。

5-Year Multiple-Entry eVisa:熱心な旅行者には、このeVisaが最も柔軟性がある。発行日から5年間有効で、複数回の入国が可能で、1回の滞在は90日まで。ただし、米国、英国、カナダからの入国者は180日まで滞在可能。 すべての国籍の1年以内の滞在上限は180日。

この長期ビザ(-)は、観光、お祭りへの参加、家族や友人への訪問など、数年間に何度もインドを訪れる予定のある方に最適です。

それぞれのeVisaは、短期間の旅行、長期滞在、数年にわたる頻繁な訪問など、あなたの旅行計画に対応できるようデザインされています。

インド観光e-ビザの有効期限に関する総合的な情報については、ブログをご覧ください

インド観光eビザはいつ申請すればいいですか?

マルチプル-エントリーのインド・ツーリストeビザを申請する場合、旅行予定日の120日前から申請書を提出することができます。

ダブル-エントリーのインド観光eVisaについては、旅行予定日の30日前から申請書を提出することができます。

どちらのeVisaも、最低4日前からの申請提出が推奨されています。

インド観光eビザを延長することはできますか?

いいえ、インド観光eVisaは延長できません

インド観光eビザに必要な書類

大使館を訪れたり、ビザの予約を取ったり、入国審査官と話したりする煩わしさは忘れてください。私たちはあなたのためにすべてを簡素化しました。必要なものは以下の通りです:

  • 申請写真:**白を背景にした最近の鮮明な写真が必要です。

  • 有効なパスポートのコピー:** パスポートまたは旅行書類の個人詳細ページの鮮明なスキャンまたはデジタルコピーが必要です。写真とパスポート情報が含まれている必要があります。

  • パスポートの有効期限は到着後6ヶ月以上で、空白ページが2ページ必要です。

  • インド滞在中に十分な資金があることを証明するもの(最近の銀行口座の残高証明書など)を携帯することをお勧めします。

これらの簡単な条件を満たすだけで、あなたはインドe-観光ビザを取得することができます!

インド観光eビザの申請方法

インドを訪問する予定の外国籍の方は、以下の手順に従って、インド観光eVisaを申請することができます:

Step 1: 簡単なフォームにご旅行の詳細をご記入の上、iVisa申請料金を-から-の簡単なプラットフォームまたはアプリでお支払いください。

  • ステップ2: **手続き時間を選択し、クレジットカードまたはデビットカードでビザ料金をお支払いください。

  • ステップ3:**必要書類をアップロードし、申請書を提出し、選択した時間枠内で承認を待ち、インドへの旅行の準備をする!

承認された証明として、確認書を印刷し、コピーを携帯端末にダウンロードすることをお勧めします。

インド観光eVisaの費用と手続き時間

ビザ取得にかかる費用は選択した有効期間とあなたの国籍によって異なります

政府ビザ料金が免除される場合、発生する費用はiVisaサービス料金のみです。

通常、インド観光eVisaの審査期間は2~5日です。ただし、場合によっては数週間かかることもあります。-弊社のサービスをご利用いただくことで、このプロセスを合理化、迅速化することができ、より効率的で時間のかからないものとなります。

料金には政府手数料が含まれています。

インドを通過するのにインド観光eVisaは必要ですか?

他の国へのフライトに乗り、インドの空港のトランジットエリアから出ない場合は、eVisaは必要ありません。

ただし、空港に24時間以上滞在する場合、またはトランジットエリアから出る場合は、インド通過ビザが必要になる場合があります。

インド観光ビザ(大使館ビザ)とインド観光eVisaの違い

インド政府は、渡航理由、国籍、渡航期間に応じて様々なビザを提供しています。ご旅行に適したビザをお選びください!

**インドビザの主な違いは以下の通りです。

India Tourist Visa (Embassy Visa): India Tourist VisaとIndia Tourist e-Visaの主な違いは申請プロセスです。

紙のビザは、申請者がインド大使館または領事館を訪問する必要があります。さらに、通常のビザは、期間や渡航理由に関してより柔軟性があります。

India e-Tourist Visa: このeVisaでは、申請者はオンラインで書類を提出し、料金を支払うことができます。電子観光ビザが発給されると、Eメールで通知されます。このビザは観光目的のみで、有効期間は短いです。

パスポートを郵送したり、インド大使館や領事館に出向く必要はありません。インドを訪問する際、当局がパスポートに観光ビザのスタンプを押します。

**これらの観光ビザの他に、旅行目的に応じて選択できるカテゴリーがいくつかあります。

India e-Business Visa: ビジネス目的でインドを訪問する場合は、e-Business visaを選択してください。この電子許可証はダブル-入国ビザで、例えばビジネスミーティングや会議に出席するために180日以内の滞在を許可します。

  • インド e-医療ビザ: インドの e-医療ビザは、国内で治療を受ける外国人のためにデザインされています。-これは、60日以内に3回入国できるマルチプルビザです。

追加カテゴリーとして、e-Medical Attendant Visaがあり、インドで治療を求める人を援助する旅行者向けです。

India Visa on Arrival:このビザは数カ国のみが利用可能で、ツーリストeVisaと同様の条件を提供しています。

  • インド通過ビザ:** 24時間を超える通過のためのビザ。

インド観光ビザに関するその他の質問

インド観光eVisaやその他の領事サービスについてご質問があり、このページに答えが見つからない場合は、お気軽にお問い合わせください!弊社の専門カスタマーサービスチームがビザに関するお手伝いをいたします。オンラインチャット、またはWhatsAppでお問い合わせください。

応募に必要な書類

  • 申請者の写真
  • パスポートのページ
  • パスポートの最終ページ (該当する場合)

重要な指示

  • インド観光eVisaは、外国人旅行者が観光目的でインドに入国することを許可する。

    iVisaを使用すると、20分以内に100%オンラインで申請することができます。

    インド観光eVisaはパスポートに電子的にリンクされています。

    3種類のインド観光eVisaをご用意しています。

    ダブル 入国eVisa、30日間有効、滞在許可期間は1ヶ月です。

    マルチプル エントリーeビザ、有効期限1年、滞在可能日数90日。

    マルチプル エントリーeビザ、有効期限5年、滞在可能日数90日。

    パスポートはインド入国後6ヶ月以上有効で、空白ページが2ページ以上必要です。

    インド訪問にこのeVisaが必要かどうかを知りたい場合は、 Visa Checker Tool] をご利用ください。

    このeVisaはインドのすべての入国港で許可されているわけではありません。どの入国港でこのeVisaの発給が許可されているかについては、こちらをご覧ください。

    iVisaは、国際航空運送協会(IATA)の認定を受けた合法的な会社です。詳しくは下記のFAQをご覧ください。*--*- [(https://www.ivisa.com/apply-online/india#step=step_1)**

質問は?

インドの観光電子ビザは、同国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類で、パスポートに電子的に結び付けられています。

申請のためには以下のものが必要です:

  • 申請者の写真
  • パスポートのページ
  • パスポートの最終ページ (該当する場合)

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

インドの観光電子ビザの費用は、国籍に応じて27米ドル、51.50米ドル、または102.50米ドルです。特定の国籍における費用を調べるためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。それ加えて標準的な処理にはUSD $62.99米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするにはUSD $114.99米ドルがかかり、さらに早くするにはUSD $178.99米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:4 日.
  2. 迅速処理:2 日.
  3. 超迅速処理:30 時間.

このインド観光電子ビザは発効後30 日 到着後日間有効です。これは発効後30 日 到着後日以内にインドに入国しなければならない事を意味しています。

重要:インド政府が許可している滞在日数は最大で到着日から180 エントリー日数日間です。もし2回目の入国を希望する場合には、この180 エントリー日数日間の内に行わなければならない事にご注意ください。

いいえ、電子ビザは以下の空港と:

  • アーメダバード、アムリトサルは、バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム・バラナシ。

以下の5ヶ所港湾でしか使用できません:

  • コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ
はい。この観光電子ビザは以下の港湾を通じてインドに入国する場合にのみ使用できます:
  • コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ
はい、年齢に関係なく全員が電子ビザを所持していなければなりません。
状況に応じて異なります。インドでは黄熱病のリスクがある国から渡航する際には予防接種の証明書が必要になります。詳細はここからご覧ください。
インドを通過する際に乗り継ぎエリアから出ない場合、もしくは税関を通過する場合には、ビザ(電子ビザやその他のビザ)は必要ありません。
インドの観光電子ビザでは、レクリエーションや、観光、そしてカジュアルな訪問(友人または親戚への訪問)のみをする事ができます。観光電子ビザでは、他のいかなる活動(就労や就学など)も許可されません。
この電子ビザは外交パスポート/公用パスポートの所持者、またはレセパセ渡航文書の所持者は利用できません。また、緊急/制限パスポートの所持者も申請する事はできません。
はい、到着時に提示する必要があります。電子ビザが承認されたら、当社はその詳細情報が記載されたインド政府からのイーメールを転送いたします。このイーメールには申請IDと、ビザ番号、そしてビザの有効期間が記載されています。この確認事項を印刷し、パスポートと共に携帯する事をお勧めします。また、デジタル機器上のコピーを用いて航空便や、到着時の入国管理官に提示する情報として利用する事もできます。
以下の国々に電子ビザを申請する資格があります:
  • アルバニア、アンドラ、アンゴラ、アンギラ、アンティグアバーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、アルバ、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バハマ、バルバドス、ベルギー、ベリーズ、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、ブルンジ、カンボジア、キャメロン連合共和国、カナダ、カーボベルデ、ケイマン島、チリ、中国、中国香港特別行政区、中国特別行政区マカオ、コロンビア、コモロ諸島、クック諸島、コスタリカ、 コートダジュール、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ジブチ、ドミニカ、ドミニカ共和国、東チモール、エクアドル、エルサルバドル、エリトリア、エストニア、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、ガンビア、グルジア、ドイツ、ガーナ、ギリシャ、グレナダ、グアテマラ、ギニア、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、インドネシア、イラン、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、キリバス、キルギスタン、ラオス、ラトビア、レソト、リベリア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マダガスカル、マラウィ、マレーシア、マリ、マルタ、マーシャル諸島、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、 モントセラト、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル共和国、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ニジェール共和国、ニウエ島、ノルウェー、オマーン、パラオ、パレスチナ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、大韓民国、マケドニア、ルーマニア、ロシア、ルワンダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サモア、サンマリノ、セネガル、セルビア、セーシェル、シエラレオネ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、ソロモン諸島、南アフリカ、スペイン、スリランカ、スリナム、スワジランド、スウェーデン、スイス、台湾、タジキスタン、タンザニア、タイ、トンガ、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島の島、ツバル、アラブ首長国連邦、ウガンダ、ウクライナ、イギリス、ウルグアイ、米国、ウズベキスタン、バヌアツ、バチカン市国、ベネズエラ、ベトナム、ザンビア共和国、ジンバブエ。

インドは予定の到着日から120日以内に申請する事を求めています。しかしながら、当社は適切な時期まで処理の順序を自動的に調整するので、いつでも申請する事ができます。

また、何がしかの予期せぬ遅延の場合に備え、到着予定日の4か前までには申請する事をお勧めします。

特定の1年間の間(1月から12月)に2回電子ビザに申請する事ができます。
いいえ、滞在期間を延長する事はできません。
インドは世界でもっとも人気の旅行先の1つです。インドが多くの人々にとって一生に一度は訪れたい国の1つだとよく耳にすると思います。その理由は様々です。ある人の目的はタージマハルを見る事だけかもしれませんが、またある人は精神性を求めてインドに行きたいと思っているかもしれません。理由はどうあれ、インドはタージマハルがあるからと言うだけでなく、一生に少なくとも1度は行ってみる価値のある国である事は間違いありません。そうです。タージマハルは今までに建設された中でも最も大きな愛の象徴ですが、この国にはそれ以上のものがあります。1例としては、インドは非常に精神性に富んだ国です。そこら中に数多くの寺院があり、それらは同じ神のために建設されたわけではありません。良くご存知かもしれませんが、インド人は多神教を信じており、これは彼らには複数の神々がいるという事です。これは重要ではありませんが、もしいくつかの寺院を訪れるなら、スタイルの違いに気づく事でしょう。これは訪れている寺院が先に訪れたものとは異なる神のために建設されている第1の印です。精神性に関して言えば、こういった寺院は単なる象徴ではありません。インド人は多くの祭事や儀式を持っています。彼らの神々や、そのうちの1つですら信じる必要は必ずしもありません。あらゆる意味で無神論者であって構いません。しかしながら、インドに行けば精神性はそういった事を超越します。彼らの儀式や宗教的祭事の1つを目撃すれば、きっと何かを感じるはずです。少なくとも鳥肌が立って、今までにない感情を体験するでしょう。こういった事を多くの人々が体験しています。事実問題として、あなたが無神論者であったとしても、それでもインドの宗教的儀式の美しさを理解する事ができるはずです。その行列は一般的に色彩に富んでおり、人々は不吉ながらも感情的な雰囲気を作り出しています。これは目撃するには素晴らしい光景です。インドにいるときはアシュラムを忘れないようにしましょう。これは人里離れた山地にある寺院です。アシュラムは静かでなければならないので、一般的に離れたところにあります。アシュラムの本質は解放と、静穏、瞑想、ヨガ、そして他のそういった事柄です。騒がしい場所でそういった事柄を体験する事はできないでしょう?インドに来た多くの人々がこういった寺院を訪れます。ある人は平穏と静寂を求め、またある人は単に自分自身を見つける事を望みます。それが各人にとって何を意味するにせよ。要点は、寺院にいる僧侶たちが非常にフレンドリーで、一般的に美味しい食べ物を持っていて、あなたが何か新しい体験ができるという事です。少なくとも、まだ知らなければヨガや瞑想の方法を学ぶことができます。インドの人々に関して言えば、きっと嬉しい驚きがあるでしょう。彼らは非常におもてなしの精神が強く、社交的です。訪れた都市のツアーを頼むために現地の人を雇う事もできます。いくつかのケースでは、地域の人々はすべての通りを把握しており、その土地の秘密を教えてくれるので、一般的なツアーガイドよりも優れています。加えて、より必要としている人にお金を上げるほうが良いでしょう。同時に、地域の人々は自分たちの家にあなたを招き、一緒にテーブルを囲む事を歓迎してくれます。彼らは例えそれほどでなくても、カルマをある程度信じています。知っておくべき事は、ツアーガイドと地域の人々との違いです。地域の人々がより多くの場所を知っているという事は事実ですが、彼らが英語を話せる可能性は低く、歴史についてもあまり知らないかもしれません。だとしても、歴史や景観などあなたが最も興味がある事を決めなければなりせん。インドについて悪い話も耳にした事があるはずです。そのいくつかは事実ですが、間違っている事もあります。もっとも重要な事柄の1つは衛生環境です。多くの場所が衛生的でないという事は事実で、いかなる場合でも水道から水を飲むべきではありません。常にペットボトルの水を買いましょう。また、レストランの選択にも気を付ける必要があります。あなたにできる最善の事は、訪れる前にある程度の下調べをする事です。健康問題を抱えていないレストランか、またはその可能性のあるレストランかどうかを判断する事ができます。哀しい事ですがこれが現実なので、その事を認識しておく必要があります。同時に、多くのインド人がガンジス川で水浴びをしているのを目にする事でしょう。同じようにする事はお勧めできません。ご想像の通り、現地に住む人々は、あなたに無い独自の免疫を発達させています。そしてガンジス川はあなたが見た事がある川の中でも清潔な部類ではないでしょう。牛の死体や、ときには人間の死体が浮いているのを目にするかもしれません。この川が廃棄物で汚染されている事は言うまでもありません。インド人にとっては一般的でも、あなたがこの川で水浴びをする事は良いアイディアではありません。多くの病気にかかる可能性があり、旅行を台無しにはしたくないはずです。もし寺院や他の観光地が目当てでないなら、インドには豪華なリゾート地もある事を知っておくべきでしょう。外部の事を気にする事なく白い砂浜での7日間を過ごす事ができます。豪華なリゾート地の食べ物は一般的においしく、衛生環境についても心配する必要はありません。加えて、人の多さのような不快な事柄に対処する必要がないのも、インドにおける大きなプラスです。それ以外では大いに楽しめるはずです。インドは世界の他の国々と同じように独自の長所と短所を持っていますが、要点はこの国には訪れる価値があるという事です。何の制限もないので、どの地域でも訪れる事ができ、もっとも良い点は選択肢が非常に豊富だという事です。インドで好きになれるものを見つけられない可能性は無いでしょう。
免責事項
  • iVisa is NOT affiliated with any government agency. This app does not provide legal advice and we are not a law firm. None of our customer service representatives are lawyers and they also do not provide legal advice. We are a private, internet-based travel and immigration consultancy provider dedicated to helping individuals travel around the world. You may apply by yourself directly on the various government websites. 情報源 https://boi.gov.in/boi/
インカムチャット