logo logo
ja | $ USD
アゼルバイジャンビザ:アゼルバイジャンの入国要件と-渡航前情報
 
   
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Welcome to アゼルバイジャン

**アゼルバイジャンのビザが必要ですか?あなたは正しい場所に上陸しました。このガイドは、あなたがアゼルバイジャンの冒険にビザが必要かどうか、そして必要な場合、どの種類があなたの旅行に最も適しているかについての混乱を解消するためにここにあります。

Fill me in

アゼルバイジャンeビザとは?

**アゼルバイジャンのeVisaは誰のためのものですか?

オーストラリア、カナダ、米国、英国など90カ国以上の国民は、入国前にアゼルバイジャンeVisa(ASANビザとも呼ばれる)を申請する必要があります。

**アゼルバイジャンeVisaを取得できないのは?

  • アゼルバイジャン入国にビザを必要としない国の市民。

  • アゼルバイジャンのeVisaを取得する資格がなく、最寄りの大使館または領事館でビザを申請する必要がある80カ国以上の国民。これらの国には、バングラデシュ、カンボジア、香港、バヌアツなどが含まれます。

あなたはビザ-、アゼルバイジャンeVisaを申請する必要がありますか?Visa Checker Tool](https://www.ivisa.com/)を使って確認してください

**アゼルバイジャンeVisaの目的は何ですか?

アゼルバイジャンのeVisaは、観光、ビジネス訪問、スポーツや文化イベントへの参加、短期(-)教育や科学プロジェクト、家族訪問や医療目的の旅行など、様々な目的に対応しています。

**アゼルバイジャンeVisaで滞在できる期間は?

アゼルバイジャンのeVisaでは、1回の入国で30 合計日数 までの滞在が可能です。

アゼルバイジャンeVisaの詳細

アゼルバイジャンビジネスビザとは何ですか?

**アゼルバイジャンのビジネスビザは誰のため?

ビジネスのためにアゼルバイジャンを訪問する外国人-関連する活動。

**アゼルバイジャンビジネスビザの目的は何ですか?

アゼルバイジャンのビジネスビザは、アゼルバイジャン国内での短期間(-)のビジネス活動のためのものです。これは、会議、会議、セミナーに出席したり、交渉を行うことが含まれます。

**アゼルバイジャンビジネスビザで滞在できる期間は?

シングル・エントリー このビザは30 エントリー日数 までの滞在を許可し、発行日から90日間有効です。それ以上の滞在が必要な場合は、アゼルバイジャン共和国国家移民局に延長を申請する必要がありますが、延長は保証されていません。

アゼルバイジャン・ビジネスビザについて詳しくはこちら

アゼルバイジャン医療ビザとは何ですか?

**アゼルバイジャン医療ビザは誰のため?

アゼルバイジャン・メディカル・ビザは、アゼルバイジャンへ特に健康診断や治療のために訪れる人のためにデザインされています。

**アゼルバイジャン医療ビザの目的は何ですか?

このビザはアゼルバイジャンで健康診断や治療を必要とする人のためのものです。

**アゼルバイジャンの医療ビザでどのくらい滞在できますか?

医療eビザは1回の入国で14 エントリー日数 まで滞在でき、30 日 到着後 まで有効です。

アゼルバイジャン医療ビザについての詳細

アゼルバイジャン通過ビザとは何ですか?

**アゼルバイジャン・トランジット・ビザは誰のため?

アゼルバイジャン通過ビザは、他国へ行くためにアゼルバイジャンを通過する旅行者のためのものです。これは、第三国への旅の間にアゼルバイジャンの領土を横断する必要がある外国人や無国籍者のために設計されています。

**アゼルバイジャン通過ビザの目的は何ですか?

アゼルバイジャン通過ビザの主な目的は、旅行者が他の目的地へ向かう際にアゼルバイジャンを通過することを容易にすることです。

**アゼルバイジャン通過ビザでどのくらい滞在できますか?

トランジットビザは5日までの滞在を許可し、30日間有効です。

-アゼルバイジャンの長期ビザオプションは何ですか?

記入してください

-アゼルバイジャンでは、ビジネス活動、教育活動、雇用機会など、様々なニーズに応える様々な長期ビザオプションを提供しています。-以下は、一般的な長期ビザの概要です。

  • 公式ビザ:** 外交官または政府の公務のためにアゼルバイジャンを訪問する外国政府関係者に発行されます。

  • 教育ビザ: **留学生がアゼルバイジャンの教育機関に入学することを許可します。

  • アゼルバイジャンでの就労を希望する個人を現地の労働市場に結びつける。

  • 文化交流ビザ:アゼルバイジャンの文化を学び、自国の文化を分かち合うための文化交流参加者のためのビザ。

  • アゼルバイジャンで研究やプロジェクトを行う研究者や科学者のためのビザ。

  • 人道的ビザ:アゼルバイジャンの親族の危機的な健康状態や避難を求めているなどの特定の条件下で発行される。

  • アゼルバイジャンの親族を訪問し、宿泊施設を提供できる個人に発行される。

-このような長期ビザの申請は取り扱っておりませんのでご注意ください。各ビザの種類、申請手続き、最新の-(-)要件に関する詳細情報については、国家移民局のウェブサイトをご覧になることをお勧めします。

アゼルバイジャンでの健康維持:知っておくべきこと

-アゼルバイジャンを訪問する前に、健康状態を万全にしておくことが、旅を何事もなく楽しむための鍵となります。ここでは、予防接種と安全対策を中心に、健康維持の秘訣をご紹介します。

定期的な予防接種を受ける

麻疹-流行性耳下腺炎-風疹(MMR)、ジフテリア-破傷風-百日咳、水痘(水ぼうそう)、ポリオ、毎年のインフルエンザ予防接種など、通常の予防接種をすべて済ませておくことが大切です。

アゼルバイジャンへの旅行を計画されている方は、以下の予防接種をご検討ください:

  • 予防接種を受けていない1歳以上の旅行者でアゼルバイジャンを訪問する場合は、以下の予防接種をお勧めします。

  • B型肝炎:**ワクチンを受けていない60歳未満の旅行者でアゼルバイジャンへ向かう方にお勧めします。

  • はしか:6ヶ月から11ヶ月の赤ちゃんは、旅行前にMMRワクチンを接種する必要があります。

  • 狂犬病:屋外で多くの時間を過ごす旅行者、農村地域、または動物と密接に交流する旅行者に特にお勧めします。

  • 検疫、検査、予防接種証明の必要条件など、アゼルバイジャンにおける最新のCOVID-19旅行ガイドラインをご確認ください。航空会社に問い合わせるか、保健省ウェブサイトで最新情報を確認してください。

医療施設

アゼルバイジャンでは、公立と私立の医療サービスが混在しています。バクーのような大都市では、医療サービスがより進んでいることがわかります。しかし、遠隔地では、医療施設はかなり基本的なものであることを覚えておいてください。

  • バクー以外の地域では、選択肢はかなり限られています。深刻な健康問題や怪我の場合は、トルコや西ヨーロッパまで治療を受けに行く必要があるかもしれません。保険がそのような事態をカバーしていることを確認することが重要です。

  • 多くの外国人旅行者や専門的な治療を希望する人は、民間の医療機関を利用する傾向があります。これは、通常、より幅広いサービスを提供し、専門医へのアクセスが容易であるためです。

  • 都市部では、薬局に行くのは簡単で、処方箋なしで買える薬を幅広く取り揃えています。ただし、特定の処方薬が必要な場合は、持参するのが賢明である。

健康保険

冒険に出発する前に、適切な健康保険に加入しておくことは不可欠です。

民間の診療所や病院での治療はかなり高額になることがあるため、必要な場合の医療避難費用など、多額の出費を保険でカバーできるようにしておきたい。

保険は次のようなものを十分にカバーするものでなければならない:

  • キャンセル、遅延、中断など、旅行中に発生した問題に対する補償。

  • 医療処置のための費用および医療上の理由で避難する必要がある可能性。

  • 紛失した荷物の請求

アゼルバイジャン訪問時の注意事項

Fill me in

アゼルバイジャンは観光客を歓迎しますが、健康と文化に関するいくつかのヒントを心に留めておくことで、訪問を楽しく、かつ尊重したものにすることができます。

  1. 現地の文化を尊重する: アゼルバイジャンの人口の大半はイスラム教を実践しているため、現地の伝統や法律を尊重することが重要です。ショッピングセンターや飲食店などの公共スペースに出るときは、控えめな服装を選ぶ。ラマダン期間中は、日中の人前での飲食は避けるのが礼儀です。

  2. 2.安全な飲食:病気を避けるために、ボトル入りの水だけを飲み、生ものや加熱不十分な食事に注意する。

  3. 現地の法律や社会規範を理解する:現地の法律について学び、遵守する努力をし、不慮の無礼を防ぐ。一般的に、人前で愛想を振りまくことは好まれませんし、政府や軍事施設のような特定の建物の写真を撮ることも禁止されています。

  4. **シャフダグやトゥファンダグのスキーリゾート、ナヒチヴァンのバタバット湖、タリシュ山脈など、-高度の高い地域に向かう場合は、高山病に注意してください。現地のガイドやツアーオペレーターのアドバイスに耳を傾け、気分が悪いと感じたら、迷わず標高の低い場所に移動すること。

個人使用の薬

アゼルバイジャンに薬を持参されますか?万全を期すための簡単なチェックリストです:

  • 特に処方薬や規制薬については、税関に知らせることが重要です。

  • あなたの名前と処方箋の詳細を示すラベルを完全に、元の容器にあなたの薬を保管してください。

  • 処方箋または医師の診断書を持っている:**薬の必要性を説明する医師からの文書または最近の処方箋を持っている。

  • あなたが行く前に、アゼルバイジャンの大使館または領事館に、あなたの薬が禁止されていないか、または制限の対象になっていないかを確認してください。

  • 必要なものだけを持参する:**合併症を最小限に抑えるために、旅行に必要な量の薬だけを荷造りします。

大使館のサポートが必要ですか?

アゼルバイジャンの領事に関するその他のニーズについては、あなたの母国のアゼルバイジャン大使館または領事館に最初にお問い合わせください。

アゼルバイジャン旅行中にサポートが必要ですか?-あなたの母国の大使館または領事館が、あなたのサポートを受ける場所です。私たちの便利な大使館ファインダーをチェックして、最寄りの大使館を探してください。

1.2M ハッピー・カスタマー

24/7サポート

+42,000 レビュー

10 経験年数

98% ビザ認可率

免責事項
  • iVisa is NOT affiliated with any government agency. This app does not provide legal advice and we are not a law firm. None of our customer service representatives are lawyers and they also do not provide legal advice. We are a private, internet-based travel and immigration consultancy provider dedicated to helping individuals travel around the world. You may apply by yourself directly on the various government websites. 情報源 https://www.mfa.gov.az/
インカムチャット