logo logo
ja | $ USD

Woo Hoo! We've updated iVisa's brand! Hope you like it as much as we do.

ウガンダ
9,500+ iVisaが処理する旅行書類
 
   
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1.2M ハッピー・カスタマー

24/7サポート

+42,000 レビュー

10 経験年数

98% ビザ認可率

さらに詳しく: 観光eビザ

内容更新、2022年11月

ウガンダ観光eVisaの申請:iVisaでステップ・バイ・ステップ

ウガンダへの旅行を計画されている場合、最初の仕事は 入国に必要な旅行書類が揃っていることを確認することです。

ウガンダ・ツーリストeVisa と観光目的での入国について知っておく必要があることは、下記をご覧ください。

- この旅行書類の申請方法については、迅速で手間のかからない、完全デジタルの申請フォームを使用したオンライン申請方法をご覧ください。

-ウガンダビザとは?

Uganda e-Visa は、ウガンダビザのデジタル版であり、ウガンダへの入国およびウガンダ国内への旅行を許可する公式文書として機能します 観光目的

観光目的でウガンダに渡航する場合、ほとんどの外国人旅行者は観光ビザ申請書に記入する必要があります。e-ビザシステムを通じてオンラインで記入し、 シングル-エントリー電子ビザ の形式で取得することができます。

もし、あなたがウガンダのマルチプルビザ(-)に興味がある外国人であれば、このオプションはウガンダでは利用できませんが、 東アフリカビザ をオンラインで選択することができます。このビザは、ケニア、ルワンダ、ウガンダを訪問することができ、また、別々のビザを取得する必要がなく、マルチプルビザとして機能します。東アフリカビザの申請は、iVisa からも行うことができます。

ウガンダ観光eビザでできること、できないことは何ですか?

このeVisaでは、観光やビジネス活動、家族訪問、治療、短期留学のためにウガンダを訪問することができます。旅行中に就労したり、支払いを受けることはできません。

誰がウガンダ観光eビザ(-)を申請できますか?

ウガンダ・ツーリストeビザを申請する必要があるかどうかは、下記の地図、またはビザ・チェッカー・ツール にあなたの国籍を入力してご確認ください。

もしあなたがこの渡航書を取得する資格があるのであれば、私たちのチームはあなたの国籍に特有の要件を理解し、ビザ申請について理解するためのプロセス全体を簡素化し、そして最も重要なことは、あなたのビザ申請が成功し、あなたが渡航書を取得できることを確信できるようお手伝いします。

ご記入ください

-ウガンダビザをオンラインで取得するには何が必要ですか?

観光目的でウガンダに渡航するためのビザを申請するには、個人情報、渡航情報、健康情報を提供する必要があります。さらに、宿泊証明書や旅行日程表など、その他の補助書類(下記)を提出する必要があります。また、申請者のパスポートの有効期限は、ウガンダ入国時から6ヶ月以上あり、少なくとも1ページが空白である必要があります。

ウガンダ e-ビザの必要条件は以下の通りです:

  • 申請者写真
  • パスポート個人情報スキャン(パスポート番号が明確なもの)
  • パスポートの最終ページ(該当する場合)
  • 黄熱病予防接種証明書
  • 招待状(該当する場合)
  • ホストファミリーの在留資格(渡航目的:家族訪問)(該当する場合)
  • 往復航空券(該当する場合)
  • 訪問のための補助書類(医療)(該当する場合)
  • 訪問目的を明記したカバーレター(該当者のみ)

[ウガンダビザ申請に最適な写真の撮り方ビデオを見る](https://www.youtube.com/watch?v=Z_-c2a8J8xs&list=PLSoUJS26jtmjwo5mu32XkpKITseRdkEBL&index=1)

[ウガンダビザ申請に最適な写真の撮り方ビデオを見る](https://www.youtube.com/watch?v=aCepTLNpSVw&list=PLSoUJS26jtmjwo5mu32XkpKITseRdkEBL&index=4)

Uganda e-ビザのオンライン申請にかかる費用と期間は?

ウガンダe-ビザの費用は、現時点では USD $51.50 です。また、iVisa.comを利用してウガンダe-ビザを申請する場合、標準手続きには USD $75.99 の手数料がかかります。お急ぎ手続きおよび超急ぎ手続きの場合、サービス料はそれぞれ USD $124.99 および USD $194.99 となります。各オプションの合計時間と費用は以下の通りです:

  • 標準処理:8 日 - USD $127.49 .
  • 急ぎ処理:6 日 - USD $176.49 .
  • スーパー・ラッシュ処理:4 日 - USD $246.49 .

承認された場合、ウガンダへの入国は保証されますか?

-最終的な承認は、ウガンダ入国管理局(Visa Immigration Uganda)が選択した入国地点で行われ、オンライン申請を希望されない方は、最寄りのウガンダ大使館ビザ・領事部で承認されます。ウガンダに渡航する場合、入国するために有効なビザ承認書を提示すること、または利用可能なウガンダ電子ビザシングルエントリーまたはマルチプルエントリービザのいずれかを持っていることが必須であることに留意してください。その他の渡航書類ではウガンダへの入国はできません。

-ウガンダに入国する際、電子ビザのプリントアウトを提示する必要がありますか?

必須ではありませんが、 をお勧めします。デジタル形式の観光ビザはパスポートと電子的にリンクされています。しかし、到着時にビザ・イミグレーション・ウガンダから質問された場合に備えて、e-ビザの承認証に記載されているバーコードを使用して、入国時に申請書にアクセスすることができます。申請者は、申請用紙に必要事項を記入し、支払いを済ませた後、Eメールでビザを受け取ります。

重要な注意事項
  • ウガンダ観光eビザは* 90 日 発行後 * まで有効です。
      • 最大滞在期間は45 合計日数 で、* 1回シングル・エントリー * まで有効です(マルチプル・エントリー・ビザではありません)。
  • 申請者は、申請時にウガンダ共和国の国外にいなければなりません。
  • 申請時に現在有効な他のeビザ・ウガンダを所持していないこと。
  • パスポートの有効期限がウガンダ入国時に6ヶ月以上あること。
  • ウガンダ国内では就労ビザへの変更はできません。
  • ウガンダに入国する際、この渡航認証書を印刷し携帯しておくと、入国手続きが早くなる場合があります。
  • 申請者は、ウガンダへの渡航の際、ビザ・オンライン・ウガンダの申請時に使用したパスポートと同じものを使用しなければなりません。

ウガンダ観光eVisaはどのようなものですか?

![ご記入ください](https://s3.ivisa.com/website-assets/blog/-evisa-online-ugandita.webp)

ウガンダ COVID 19 制限事項

ウガンダ入国にCOVID-19ワクチンまたは予防接種証明書は必要ですか?

ウガンダに入国するためのワクチン接種の条件はなくなりました。

ウガンダに入国するには、COVID-19 の検査結果が陰性である必要がありますか?

ウガンダへの入国に必要な検査はなくなりました。

ウガンダに到着後、検疫が必要ですか?

  • 検疫が必要です: ウガンダへの渡航に検疫は必要ありません。

ウガンダへ渡航するために必要なその他の予防接種

黄熱病感染のリスクがある国から渡航する場合は、黄熱病予防接種証明書 が必要です。詳細は以下のリンクをご参照ください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf]。

ウガンダへ渡航する前に、他に注意すべきことはありますか?

現地通貨、支払い、ATM

ウガンダを訪れる旅行者やお客様にお勧めする重要なことの一つは、現金を持っていくことです。ウガンダは現金社会です( )。最近ではクレジットカードが使えるビジネスも増えてきましたが、どこでも使えるわけではなく、クレジットカード詐欺や盗難の被害に遭う危険性があります。

その代わり、ドルでの支払い(特にホテルやサファリに行く場合)や現地通貨ウガンダ・シリングでの支払いが可能です。また、偽札が出回っているため、ドル紙幣は2010年以降のものを使用し、両替所では1ドルに対してより多くのシリングが手に入るような大きな紙幣を使用することをお勧めします。

カンパラでは、ATMを見つけることができ、ドルの最も良いレートを得ることができますが、機械によってカードを盗まれ、簡単には取り戻せないという話が多いので、銀行が開いている日中に訪れることを忘れないでください。主要都市やその他の都市部以外では、ウガンダ・シリングを持ち歩くことをお勧めします。エンテベやカンパラの方が現地通貨レートが良い。

天候と観光に最適な時期と場所

ウガンダは熱帯の国なので、旅行に最適な時期はモンスーンによる雨季の前後です。12月から2月、または6月から8月の乾季にウガンダを旅行することをお勧めします。

ウガンダで最も人気のあるアクティビティのひとつは、ゴリラやチンパンジーを自然の生息地で観察するマウンテン・サファリだ。ブウィンディ国立公園とキバレの森がそのハイライトだ。前者はウガンダ南西部に位置し、世界に現存するゴリラの半数近く(約400頭)が生息している。後者はチンパンジー体験の最高峰として知られ、森には1500頭近くのチンパンジーが生息している。

ナイル川発祥の地であるビクトリア湖の湖畔に位置し、ラフティング、カヤック、バンジージャンプ、バードウォッチングの人気スポットである。

ウガンダeビザやウガンダビザ申請状況についてご不明な点がございましたら、年中無休の カスタマーサポートチーム] までお問い合わせください。###**** [(https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf)#######-#### [(https://www.ivisa.com/contact-us)

応募に必要な書類

  • 申請者の写真
  • パスポートのページ
  • パスポートの最終ページ (該当する場合)
  • 黄熱病予防接種
  • 招待状 (該当する場合)
  • 個人的な招待状 (該当する場合)
  • ホストの滞在ビザのコピー (該当する場合)
  • 往復切符 (該当する場合)
  • ジャスティフィケーション・レター (該当する場合)
  • カバーレター (該当する場合)

重要な指示

    • Uganda e Visa はウガンダビザのデジタル版で、ウガンダに入国するための渡航書となります。

    ウガンダ観光e ビザは、 に有効です。

    このeVisaで観光やビジネス活動、家族訪問、治療、短期留学ができます。

    この旅券はシングル 入国ビザで、ウガンダに45日まで滞在できます。

    このeVisaで最長60日まで滞在を延長することができます。もっと詳しくお知りになりたい方は、下記の「よくある質問」をご覧ください。

    申請者は、申請時にウガンダ共和国国外にいなければなりません。

    申請者は、現在他のウガンダビザを持っていないこと。

    子供連れの場合は、別途申請が必要です。

    パスポートの有効期限がウガンダ入国時に6ヶ月以上あること。

    ウガンダ国内では就労ビザへの変更はできません。

    このeVisaでウガンダを通過することはできません。 トランジットビザを申請する必要があります。]

    入国時に提示を求められるため、ウガンダ観光eVisaを携帯する必要があります。

    また、ウガンダ入国には黄熱病予防接種証明書が必要です。

    申請者は、ツーリストeビザ( )を申請したパスポートと同じパスポートで入国する必要があります。*-*- 90 日 発行後**-***** [(https://www.ivisa.com/apply-online/uganda)***-

質問は?

この観光電子ビザはウガンダへの入国を可能にする承認書です。

申請のためには以下のものが必要です:

  • 申請者の写真
  • パスポートのページ
  • パスポートの最終ページ (該当する場合)
  • 黄熱病予防接種
  • 招待状 (該当する場合)
  • 個人的な招待状 (該当する場合)
  • ホストの滞在ビザのコピー (該当する場合)
  • 往復切符 (該当する場合)
  • ジャスティフィケーション・レター (該当する場合)
  • カバーレター (該当する場合)

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

ウガンダ電子ビザの費用はUSD $51.50米ドルです。それ加えて標準的な処理にはUSD $75.99米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするにはUSD $124.99米ドルがかかり、さらに早くするにはUSD $194.99米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:8 日.
  2. 迅速処理:6 日
  3. 超迅速処理:4 日
このウガンダの観光電子ビザは発効後90 日 発行後間有効です。これは発効後90日以内にウガンダに入国しなければならない事を意味しています。このビザはシングル・エントリー入国ビザで、最大で45 合計日数間滞在する事ができます。
申請者のパスポートはウガンダへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
最終的な承認は選択した通関手続地(ビザの場合)または入国管理局で行われます。 もしウガンダ国外にいる場合には、入国するためには有効な ビザ承認状を提示する必要がある事にご注意ください。他のいかなる許可をもってしてもウガンダに入国することはできません。
特定の国の市民は必要な基準を満たしていれば、このウガンダの観光電子ビザに申請する資格があります。お住いの国のビザ要件を参照するには、このページの最上部へスクロールしてください。
必須ではないですが、そうする事をお勧めします。この電子ビザは電子的にパスポートと結び付けられています。しかしながら万一の際は、電子ビザ承認状に記載されたバーコードを通関手続地で申請にアクセスするために使用する事ができます。
この観光電子ビザでウガンダに滞在できる最大の日数は45日間です。
ウガンダは東アフリカの美しい国で、しばしばアフリカの真珠と呼ばれています。西側諸国からの観光客として、あなたはイライラする事がいくつかあるかもしれませんが、ウガンダを旅行先に選んだ理由を憶えておく必要があります。1つとして、ほとんどの人々はサファリのためにこの国を訪れます。サファリは野生動物を見学したり、ときには触れ合ったりできる素晴らしい機会で、これは他の国ではできない事です。もちろん、アフリカの国々は動物の王国で見られる事で満ちているので、非常に注意する必要があります。また、常にガイドの言う事に耳を傾けましょう。行った事の無い場所に行くときは、常にその場所についてのある程度の下調べをする必要があります。こうする事で旅行を成功させ楽しい物にする事ができるでしょう。ウガンダには観光客にとっては多くのルールはありません。それでもなお、出発する前に認識しておく必要がある事がいくつかあります。以下にウガンダへの旅についてのいくつかの基本的な情報を読む事ができます。ウガンダを訪れる上で最適な時期は、あなたの望む時期です。暑さに耐えられないのでなければ理想的な時期というものはありません。この国は結局アフリカの国ですから、気温が非常に高くなることを忘れないようにする必要があります。ウガンダには2つの季節しかありませんが、これらは気温には関係がなく、雨の量によって決まります。乾季の間は非常に熱いですが耐えられるレベルです。そして雨季があります。雨季にウガンダに行く人の多くは、ほとんどが暑さを避けながら研究をするためにこの国を訪れます。いずれにせよ、常に水分補給を怠らず、ちゃんとした服装をしておけば問題はありません。日焼け止めだけは忘れないようにしましょう。人々がウガンダを訪れるもっとも一般的な理由の1つは、ゴリラのサファリです。これは間違いなく夢のような体験で、自然の生息環境でゴリラを観察する事は決して忘れられない思い出になるはずです。しかしながら、そういったサファリにはしっかりと準備を整えていく必要があります。自然の中に深く入っていく事になるので、特別な服装をしていく事を忘れてはいけません。また、たくさんの替えの靴下を持って行くようにしましょう。湿度で足が非常に不快になることがあります。ゴリラのサファリに行くときに憶えておく必要があるもっとも重要な事は、常にガイドの言う事に耳を傾けるという事です。これは煩わしいように思えるかもしれませんが、ガイドの言う事を聞かずに実際に死亡した人もいます。ゴリラは平和的な動物で、一般的に暴力的になる事はありません。しかしながら、もし彼らが危険を感じれば、あなたは大きなトラブルに巻き込まれる事になります。1匹の大きなオスのゴリラがどこからともなく現れて、あなたをぺちゃんこにしてしまうかもしれません。ツアーガイドは振舞い方や、すべき事とすべきでない事を心得ています。加えて、彼らは万一状況が悪化しても緊張した場面の対処方法を知っています。ですから、ツアーガイドが母親で自分が2歳時になったと思いましょう。そうしておけば、このユニークな体験を楽しむ事ができるでしょう。ウガンダは現金に基づく社会なので、現金を持って行くのが一番でしょう。ご想像の通り、カンパラのような大きな都市や他の場所ではクレジットカードが使え所もありますが、旅行の全体からすればあまりにも少なすぎます。ウガンダにもATMはありますが、引き出し手数料は約5%です。カードに頼る代わりに、米ドルを持って行ってウガンダに着いた後に両替しましょう。こうする事で大事なときに現金を使い果たしてしまう事がなくなります。もし更なる冒険を求めているなら、月の山脈にトレッキングに行くことができます。その景色は壮大で、多くの自然の驚異を目にする事ができるでしょう。しかしながら、こういった事をするには最適な時期があります。月の山脈を訪れたい場合は雨季に行くのがベストです。お勧めはあまり暑くない5月です。あなたがしなければならない努力と暑さのコンビネーションは不快なものになることがあります。何時間も暑さにさらされて気分が悪いときに登山なんてできないでしょう?自然以外でも都市部を訪れる事もできます。カンパラはエキサイティングなナイトライフがある活気にあふれた街です。たくさんの楽しい事をしたり、お酒を飲んだり、そしてダンスをしたりする事ができます。ウガンダではこういった観光産業が依然として発展途上なので、それに見合った期待をするべきでしょう。いずれにせよ、人々は歓迎してくれるので、楽しむ機会に事欠くことはないはずです。ウガンダの食文化は有名ではありません。いずれにせよ、すべての国が料理の腕前であなたに良い印象を与える必要はありません。地域の名物を食べる事ができますが、あまり期待しすぎてはいけません。また、おなかの調子が悪くなってしまうかもしれないので、水道水は決して飲むべきではありません。しかしながら、ペットボトルの水は広く利用できます。ウガンダに行ったら、地域の人々とのコミュニケーションには少々困難かもしれません。英語の話し方を知っている人もいますが、観光客はみなウガンダ流の英語を少々面白く思うかもしれません。これは本当の言語ではなく、英語風のウガンダ語です。これを面白く思うかもしれませんが、話している人を面白がってはいけません。ウガンダの人々は懸命にコミュニケーションをしようとしているので、あなたはその努力に感謝するべきです。最後に、乾季にはすべてのウガンダの都市が常に埃っぽいという事を憶えておくべきです。これは快適ではないので、都市部は雨季に訪れる事をお勧めします。乾季には都市周辺の豊富な自然の驚異を楽しみましょう。自然には事欠きません。ウガンダは冒険する上ではまず上がる候補ではないかもしれませんが、本当に過小評価されている旅行先です。ゴリラのサファリに行けるという事実だけでも、ウガンダはあなたが行くべき旅行先のリストに載るべきです。そしてアフリカの国々のその他すべての自然の美を忘れないようにしましょう。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

免責事項
  • iVisa is NOT affiliated with any government agency. This site does not provide legal advice and we are not a law firm. None of our customer service representatives are lawyers and they also do not provide legal advice. We are a private, internet-based travel and immigration consultancy provider dedicated to helping individuals travel around the world. You may apply by yourself directly on the various government websites. 情報源 https://www.immigration.go.ug/
インカムチャット