今すぐケニアと、ウガンダ、そしてルワンダのための東アフリカの観光電子ビザをゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 東アフリカのビザ

2016年6月、ルワンダ共和国は電子ビザプログラムを開始しました。この電子ビザは入国の前に取得する必要があります。観光目的にケニア共和国、ルワンダ共和国、およびウガンダ共和国に渡航するつもりの全ての渡航者がこのビザを申請する事ができます。東アフリカの観光電子ビザによって、これら3ヶ国へ 複数回入国 でき、90 (#)日(1回の入国あたり) まで滞在できます。
申請に必要な書類
  • Passport Personal Details Scan

  • Negative pre-departure PCR COVID-19 test result

  • Proof of Accommodation - Must match the dates of arrival and departure from the country. This is a requirement demanded by the Government in order to issue the travel document.

重要な指示
  • 最初の目的地はルワンダである必要があります。

  • この東アフリカの観光ビザの有効期限は 90 日 (到着後)

  • 滞在できる最長期間は1回 90 (#)日(1回の入国あたり)複数回入国 できます。

  • 申請者はウガンダ、ルワンダ、もしくはケニアの現在のビザを所持していなくてはなりません。

  • 申請者は申請時にはこれらの国の国外にいなければなりません。

  • 申請者のパスポートはこれらのアフリカの国々に入国する際に少なくとも6ケ月の有効期間がなければなりません。

  • このビザはウガンダ共和国、ルワンダ、もしくはケニアの国内にいる間に就労ビザに変更する事は出来ません。

  • 通関手続地ではこの書類の提示が求められるので、これを印刷し携帯する必要があります。

  • 申請者は東アフリカの電子ビザを申請する際に使用したものと同じパスポートを持って到着する必要があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ルワンダを通じた東アフリカの観光電子ビザとは、ルワンダを通じてケニア共和国と、ルワンダ共和国、およびウガンダ共和国に同時に観光目的で訪問するために外国人に必要とされる公的な渡航書類です。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • Passport Personal Details Scan

  • Negative pre-departure PCR COVID-19 test result

  • Proof of Accommodation - Must match the dates of arrival and departure from the country. This is a requirement demanded by the Government in order to issue the travel document.

ルワンダを通じた東アフリカの電子ビザの費用はJPY 11,001.86です。ですが、このビザは東アフリカ共同体の加盟国(ブルンジ、ケニア、ルワンダ、南スーダン、タンザニア、およびウガンダ)には無料です。 加えて、サービス手数料がかかり、標準処理の場合はJPY 4,950.84です。迅速処理と超迅速処理のサービス手数料は、それぞれJPY 8,251.40およびJPY 12,102.05です。

お選びになる処理時間によって異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:6 営業日

  • 迅速処理:4 営業日

  • 超迅速処理:2 営業日

許可される最大の滞在日数は90 (#)日(1回の入国あたり)です。
全ての国および地域からオンラインで申請する事ができます。
いいえ、いったん発行された後に電子ビザ上のいかなる情報も変更もしくは修正する事は出来ません。ですが、間違いがあり、発行の前に間違いに気が付いたのであれば、オンラインチャットもしくはhelp@ivisa.comまでイーメールで出来るだけ早くご連絡ください。
パスポートは電子ビザが失効してから少なくとも6ケ月間有効でなければなりません。

電子ビザシステムで観光電子ビザを取得した外国の市民は、以下の通関手続地から入国する必要があります:

*キガリ国際空港

  • カジテュムバ
  • ブジビ
  • ガチュナ
  • シアニカ
  • カブハンガ
  • ポイズロード
  • ラコルニチェ
  • カメンベ国際空港
  • ルジジⅠ
  • ルジジⅡ
  • ビュガラマ
  • ルワ
  • ビウェイェ
  • ンシリ
  • カンヤーウ・バス
  • カンヤーウ・ホート
  • ネンバ
  • ルスモ
ルワンダを通じた東アフリカの電子ビザでは、複数回入国にケニア共和国、ルワンダ共和国、およびウガンダ共和国に 90 日 (到着後) 国する事ができます。
いいえ、東アフリカの観光電子ビザは延長する事は出来ません。
いいえ、東アフリカの観光電子ビザで就労する事は禁止されています。
いいえ、このビザは当該の3ヶ国にでしか利用できません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光へのお出かけを計画中ですか?ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光には見逃せない魅力的なスポットがたくさんあります。本記事では、ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光に関するビザの基礎知識やおすすめ観光スポットをご紹介します。

ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光にビザは必要?

必要です。ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)は大使館を訪れることなくオンラインで取れるオンラインビザを導入しています。iVISAではオンラインビザ代行取得サービスを行なっております。iVISAに依頼をすることで、わずらわしい手続きを避けることができ、時間を節約することができるでしょう。

iVISAに依頼された場合の費用目安は、ケニアは5日で$88(ビザ$53、手数料$35)ウガンダは6日で$86.5(ビザ$51.5、手数料$35)ルワンダは2日で$48(ビザ$100、手数料$45)です。これらは一例ですので、詳しくはiVISAのホームページをご覧ください。

ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)はどのような国ですか?

ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)はアフリカ東部地域にあります。東アフリカはインド洋に面しており、豊かな自然だけでなく海水浴を楽しむことが可能です。昔インド洋を渡ってイスラム教文化が伝わった歴史があるため、アフリカでありながらイスラムの文化を持つ地域もたくさんあります。

ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光の注意点は?

ケニアはソマリアとの国境地帯が危険地域となっており渡航が禁止させられております。ウガンダは西部に渡航中止勧告が出されています。ルワンダの治安は比較的安定していますが、軽犯罪には注意しましょう。

東アフリカの治安情勢は常に変化しています。ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光にお出かけの際は、外務省が運営する「外務省 海外安全ホームページ」を確認するようにしてください。「外務省 海外安全ホームページ」では東アフリカの最新情報を知ることができます。

ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光を楽しもう!ビザはiVISAにお任せ!

今回はケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光についてご紹介しました。ケニア・ウガンダ・ルワンダ(東アフリカ)観光に行く際にはビザが必要になりますが、iVISAではオンラインビザの取得代行サービスを行なっています。リーズナブルな価格でビザ取得サービスを行なっていますので、時間と手間を省きたい方はぜひiVISAにお問い合わせください。