ja | $ USD

エクスペリエンス

設定

言語選択

通貨の選択

  • AED United Arab Emirates Dirham
  • AFN Afghan Afghani
  • ALL Albanian Lek
  • AMD Armenian Dram
  • ANG Netherlands Antillean Guilder
  • AOA Angolan Kwanza
  • ARS Argentine Peso
  • AUD Australian Dollar
  • AWG Aruban Florin
  • AZN Azerbaijani Manat
  • BAM Bosnia-Herzegovina Convertible Mark
  • BBD Barbadian Dollar
  • BDT Bangladeshi Taka
  • BGN Bulgarian Lev
  • BIF Burundian Franc
  • BMD Bermudan Dollar
  • BND Brunei Dollar
  • BOB Bolivian Boliviano
  • BRL Brazilian Real
  • BSD Bahamian Dollar
  • BWP Botswanan Pula
  • BZD Belize Dollar
  • CAD Canadian Dollar
  • CDF Congolese Franc
  • CHF Swiss Franc
  • CLP Chilean Peso
  • CNY Chinese Yuan
  • COP Colombian Peso
  • CRC Costa Rican Colón
  • CVE Cape Verdean Escudo
  • CZK Czech Republic Koruna
  • DJF Djiboutian Franc
  • DKK Danish Krone
  • DOP Dominican Peso
  • DZD Algerian Dinar
  • EGP Egyptian Pound
  • ETB Ethiopian Birr
  • EUR Euro
  • FJD Fijian Dollar
  • FKP Falkland Islands Pound
  • GBP British Pound Sterling
  • GEL Georgian Lari
  • GIP Gibraltar Pound
  • GMD Gambian Dalasi
  • GNF Guinean Franc
  • GTQ Guatemalan Quetzal
  • GYD Guyanaese Dollar
  • HKD Hong Kong Dollar
  • HNL Honduran Lempira
  • HTG Haitian Gourde
  • HUF Hungarian Forint
  • IDR Indonesian Rupiah
  • ILS Israeli New Sheqel
  • INR Indian Rupee
  • ISK Icelandic Króna
  • JMD Jamaican Dollar
  • JPY Japanese Yen
  • KES Kenyan Shilling
  • KGS Kyrgystani Som
  • KHR Cambodian Riel
  • KMF Comorian Franc
  • KRW South Korean Won
  • KYD Cayman Islands Dollar
  • KZT Kazakhstani Tenge
  • LAK Laotian Kip
  • LBP Lebanese Pound
  • LKR Sri Lankan Rupee
  • LRD Liberian Dollar
  • LSL Lesotho Loti
  • MAD Moroccan Dirham
  • MDL Moldovan Leu
  • MGA Malagasy Ariary
  • MKD Macedonian Denar
  • MNT Mongolian Tugrik
  • MOP Macanese Pataca
  • MUR Mauritian Rupee
  • MVR Maldivian Rufiyaa
  • MWK Malawian Kwacha
  • MXN Mexican Peso
  • MYR Malaysian Ringgit
  • MZN Mozambican Metical
  • NAD Namibian Dollar
  • NGN Nigerian Naira
  • NIO Nicaraguan Córdoba
  • NOK Norwegian Krone
  • NPR Nepalese Rupee
  • NZD New Zealand Dollar
  • OMR Omani Rial
  • PAB Panamanian Balboa
  • PEN Peruvian Nuevo Sol
  • PGK Papua New Guinean Kina
  • PHP Philippine Peso
  • PKR Pakistani Rupee
  • PLN Polish Zloty
  • PYG Paraguayan Guarani
  • QAR Qatari Rial
  • RON Romanian Leu
  • RSD Serbian Dinar
  • RUB Russian Ruble
  • RWF Rwandan Franc
  • SAR Saudi Riyal
  • SBD Solomon Islands Dollar
  • SCR Seychellois Rupee
  • SEK Swedish Krona
  • SGD Singapore Dollar
  • SHP Saint Helena Pound
  • SLL Sierra Leonean Leone
  • SOS Somali Shilling
  • SRD Surinamese Dollar
  • SVC Salvadoran Colón
  • SZL Swazi Lilangeni
  • THB Thai Baht
  • TJS Tajikistani Somoni
  • TOP Tongan Pa anga
  • TRY Turkish Lira
  • TTD Trinidad and Tobago Dollar
  • TWD New Taiwan Dollar
  • TZS Tanzanian Shilling
  • UAH Ukrainian Hryvnia
  • UGX Ugandan Shilling
  • USD United States Dollar
  • UYU Uruguayan Peso
  • UZS Uzbekistan Som
  • VND Vietnamese Dong
  • VUV Vanuatu Vatu
  • WST Samoan Tala
  • XAF CFA Franc BEAC
  • XCD East Caribbean Dollar
  • XOF CFA Franc BCEAO
  • XPF CFP Franc
  • YER Yemeni Rial
  • ZAR South African Rand
  • ZMW Zambian Kwacha
ミャンマー
6,000+ iVisaが処理する旅行書類

1.2M ハッピー・カスタマー

24/7サポート

+46,000 レビュー

10 経験年数

98% ビザ認可率

応募方法: ビジネスeビザ

01
オンライン申込書に記入

旅行情報を入力して、クレジットカードまたはPayPalで支払いを行う簡単な申請を行ってください。

02
メールでドキュメントを受け取る

大使館に行かずに、ビザを100%オンラインで送ります。

03
目的地に入る

到着時にパスポートとEビザを提示してください。

応募方法: 大使館登録

01
オンライン申し込み

簡単なオンライン申込を完了し、クレジットカードまたはPayPalでお支払いください。

02
安全な旅行

緊急事態(自然災害、内乱など)が発生した場合、大使館はあなたを支援します。

大使館に登録する理由

Travel Registration is a service provided by the government. This service allows you to record information about your upcoming trip abroad to the Department of State so it can be used to assist you in case of an emergency. People residing abroad can also get routine information from their nearest embassy or consulate if registered.

応募に必要な情報

大使館または領事館に登録した後、次の場合はデータを更新する必要があります。:

  • 連絡先の変更,
  • 民事上の地位が変わる,
  • 母国に帰る.

さらに詳しく: ビジネスeビザ

What you need to know

    • ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナム の国籍の方で、14日以内の旅行を予定しており、 国際空港 から出入国する場合は、このビザを申請する必要はありません。それ以外の場合は、必要なeVisaを申請してください。

    ミャンマービジネスe ビザは に有効です。

    ミャンマービジネスe ビザで、 の最高 のためにミャンマーにとどまることを許される。

    パスポートは入国予定日から少なくとも6ヶ月間有効で、空白ページが1ページ必要です。

    申請用のデジタル写真は3ヶ月以上前のものであってはなりません。

    外国人旅行者はMyanma insuranceの医療保険に加入する必要があります。

重要: 有効なeVisaを持つ外国人は、ヤンゴン、マンダレー、ネピドー国際空港、またはカワタウン国際陸上国境チェックポイントからミャンマーに入国することができます。ミャンマーから出国するには、上記 のいずれかの入国ポイント、またはフティキー陸上国境チェックポイントを通過することができる。* **-- 90 日 発行後-- シングル・エントリー 70 合計日数---****-

ミャンマー(ビルマ)への出張を計画中 、ミャンマーの登録企業に招待されたゲストとして?黄金に輝く寺院、多様な自然、トレッキングなどのアウトドア・アクティビティ、ショッピング、郷土料理の試食などを探検したくなるかもしれない!

最初の仕事は、ミャンマーに入国するための正しい旅行書類を持っていることを確認することです。 ミャンマービジネスeVisaのオンライン申請方法 クイック、手間いらず-無料、 iVisaの100%オンライン申請フォーム .詳細は下記をご覧ください。

[申請はこちらから](/myanmar/business-e-visa)

ミャンマービジネスeVisaとは?

ビルマ政府は2015年7月にビジネスeビザシステムを開始しました。つまり、ビジネスでミャンマーへの渡航を計画している人は、最寄りのミャンマー大使館や領事館を訪問してビザを申請する必要がなくなった。ビジネスeVisaはオンラインで発行されます。 、観光とビジネス目的でのみご利用いただけます。

ビザ料金の支払いや必要書類の提出はすべてオンラインで行うことができます。このより効率的なシステム は、列に並ぶ必要性を最小限に抑え、コストを削減します 、ビジネス旅行者に最適です。

オンライン申請フォームに必要事項を記入し、オンライン・クレジットカード決済を行うと、 申請者は承認されたビザをEメール で受け取ることができます。

[iVisaでオンライン申請](https://www.ivisa.com/apply-online/myanmar)

誰がミャンマービジネスeVisaを申請しなければなりませんか?

ミャンマーeVisaは50カ国以上の国民が利用できます。便利なビザチェックツール 、ビジネスeVisaが必要かどうかを確認し、iVisaで直接オンライン申請してください!

ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナムのパスポートをお持ちの方に朗報です。 ビザ-14日までの滞在は免除されます。 。これはヤンゴン、マンダレー、ネピドー国際空港経由での入出国にのみ適用されます。

ただし、ミャンマーに14日以上滞在する場合や、陸路の国境検問所を通過して出入国する場合は、ビジネスeビザを申請する必要があります。

ご注意: 有効なビザを持つ外国からの旅行者は、 ヤンゴン、マンダレー、またはネピドー国際空港 または Kawthaung International Land Border Checkpoint からのみ入国できます。また、ミャンマーからの出国は、上記-のいずれかの入国地点、または フティキー陸上国境チェックポイント** からのみとする。

[iVisa]を使用して、わずか数クリックでオンライン申請フォームを完了する。(https://www.ivisa.com/apply-online/myanmar)

ミャンマービジネスeVisaの有効期間は?

一度承認されると、90 日 発行後 以内にミャンマービジネスeVisaを使用する必要があります。 到着後、 最大70 合計日数 までミャンマーに滞在することができます。 これは シングル・エントリー 。つまり、一度しか入国できません。

ミャンマービジネスeビザ申請に必要な渡航書類

このビザの申請に必要な書類と情報の一覧です:

[今すぐオンラインで応募!](https://www.ivisa.com/apply-online/myanmar)

ミャンマービジネスeVisaの申請方法は?

申請者は、iVisa を利用して、わずか3つの簡単なステップでeVisaを申請することができます。弊社の完全オンラインビザ申請プロセスを使用すると、15分以内に完了します。

ステップ1 - ビジネスeビザ申請フォームに個人情報および渡航情報を入力します。

ステップ2 - 最適な手続き時間を選択し、クレジットカードまたはデビットカードでミャンマービジネスビザ料金をお支払いください。

ステップ 3 - 必要書類をアップロードし、ミャンマービジネスeVisaがEメールで届くのをリラックスして待ちます!

当社の専門家がお客様のビザ情報をダブルチェック(-)し、情報の漏れがないことを確認します。提出後、ご指定の期間内に の承認レターとビジネスeVisaがEメール で届きます。

ご注意: 国境職員がシステムであなたのeVisaをチェックできるようにしているはずですが、ミャンマー旅行中、ビザ確認書を印刷し、常に携帯することをお勧めします。

[iVisaでミャンマービジネスeVisaを素早く取得する] 。(/myanmar/business-e-visa)

ミャンマービジネスeVisaの費用と手続き時間は?

iVisa では、 ミャンマービジネスeVisa を必要な時にすぐに取得するための3つの異なるオプションを提供しています。iVisaの総費用には政府手数料が含まれています。

  • 標準手続き: 7 日 手頃な料金で取得できます。

    急ぎの手続き: 、お急ぎ料金

    超急ぎ処理:ミャンマービジネスeVisaを の特急料金で取得できます。

旅行の準備はできていますか?今すぐ申請!]

ミャンマーを通過する場合、ミャンマービジネスeVisaは必要ですか? いいえ、このeVisaは国内通過には必要ありません。ただし、 、ミャンマーを通過する際に空港から出国する場合は、別の種類のビザ 。ご旅行前に最寄りのミャンマー大使館または領事館にご確認ください。

COVID 19 入国要件 COVID 19の予防接種または検査要件はもはやありません。

健康保険 ミャンマーへのすべての外国人旅行者 は、Myanma Insurance から購入したCOVID 19が適用されるインバウンド旅行医療保険に加入する必要があります。保険証明書を申請書に添付する必要があります。 COVID 19 プロトコルは常に変更される可能性があるため、入国要件の更新については常に航空会社のウェブサイトおよびミャンマー政府のウェブサイトをご確認ください。

ミャンマーに旅行する前に、他に留意すべきことはありますか? ビジネスで渡航されない場合は、 ミャンマー観光ビザを申請してください。]USD $155.99* 5 日 USD $204.99* 3 日 USD $269.99[(https://www.ivisa.com/apply-online/myanmar)### ##--###* --## [(/myanmar/tourist-e-visa)を申請してください。観光ビザの申請手続きは、ビジネスe-ビザと同様です。

ミャンマービジネスビザについてもっと知りたいのですが?

詳細については、オンラインチャット 、または [email protected] で私たちの優れた顧客サポートチームに連絡することができます。彼らはミャンマーの旅行文書および私達のサービスについてのあらゆる質問に答えるのに年中無休で利用できる。

質問は?

ミャンマーのビジネス電子ビザは、ビジネス目的でミャンマー共和国を訪問することを望んでいる有資格国からの外国人のための必須渡航要件です。このミャンマーのビジネス電子ビザは1回入国ビザで、これはビジネス目的でミャンマーに入国を望むたびに新たなビジネス電子ビザを申請する必要があることを意味しています。

申請のためには以下のものが必要です:

  • 申請者の写真
  • パスポートのページ
  • 旅行医療保険の証明
  • ビジネス招待状
  • 招待状 (該当する場合)
  • 招聘会社の事業登録
  • 未成年者の同意書 (該当する場合)
  • 参考資料

ビザのための完璧な写真の撮影方法:

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法:

ミャンマーのビジネス電子ビザの費用は70.00米ドルです。それ加えて標準的な処理に含まれる20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには50米ドルがかかり、さらに早くするには80米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:3営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日
このミャンマーのビジネス電子ビザは発行後90日間有効です。これは発効後90日以内にミャンマーに入国しなければならない事を意味しています。このビザは1回入国ビザで、最大で70日間滞在する事ができます。
申請者のパスポートはミャンマーへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
渡航者はこのビジネス電子ビザで最大で70日間滞在できます。滞在期間と発効から90日間の電子ビザの有効期間を混同しないでください。到着後に滞在できる期間は70日間で、90日間ではありません。
ミャンマーのビジネス電子ビザは1回の入国に対してのみ有効です。

この電子ビザを使用できる場所には制限があります。この電子ビザでミャンマーに入国できる通関手続地は以下の通りです:

3つの国際空港の内の1つ:ヤンゴン、マンダレー、 ネピドー 5つの陸上国境検問所の1つ:タチレク、ミャワディ、コータウン、タムー‐モーレ、リーカーダー‐ゾハタール

カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナムの国民は、ヤンゴンや、マンダレー、もしくはネピドー国際空港から出入国する場合には、最大で14日間までは観光ビザは必要ありません。もし14日間以上の滞在を希望する場合、もしくは陸路での出入国を希望する場合には、適切なビザを申請してください。
黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。 以下のリンクから詳細をご確認ください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf
旧ビルマであるミャンマーは、国際的な投資家が利用する事ができなかった国なので、現在誰もがこの国でビジネスの機会を得ようとしている事は納得できるはずです。全くアクセスできなかった場所なので現在は豊富に機会があり、あなたの会社もミャンマーの企業との事業提携に興味を持っているかもしれません。しかしながら、この国は外国なので、そのビジネスマナーについて基本的な事をいくつか学んでおいたほうがいいでしょう。結局のところ、現地に行ったは良いものの、ミャンマーの文化と伝統についてある程度学んでおく努力をしなかったために馬鹿を見宅はないでしょう?こういった事を念頭において、以下であなたの出張を成功させるためのいくつかの有益な情報を学んでください。ミャンマーであなたが驚くだろう事の1つには、オフィスでのマナーがあります。ミャンマーはアジアの国で、他のアジアの国々とその文化のいくつかを共有しています。例えば、中国の家に入るときは、既にご存知かもしれませんが、靴を脱ぐ必要があります。中国人は家でしか靴を脱ぎませんが、ミャンマーの人々はオフィスでも靴を脱ぎます。公共の廊下では靴を履いていても問題ありませんが、オフィスや会議室に入るときは靴を脱がなければなりません。靴下に気を付けなければならない事は言うに及びません。家に入るときは、ホストはあなたの靴下の「品位」よりも靴を脱がない事に気分を害するでしょうが、ビジネスの世界では服装が重要です。会議に行く前に靴下の穴をチェックしておきましょう。ビジネス関係者が面会した際には握手をするのが通例です。その事に関して言えば、男性の場合は難しい事はありません。男性は常に考える事すらなく握手をします。一方で女性の場合は、外国人は一般的にできる事とできない事が分かりません。この場合は、もし相手の女性が握手のために手を差し出したら、あなたもそうしましょう。もし相手の女性が手を差し出さなければ、笑顔や頷く事で十分です。もしあなたが女性なら、あなたから握手のために手を差し出す事ができますが、もし握手をしないなら、その事を心配する必要はありません。誰も気分を害することは無く、相手は微笑んでくれるでしょう。ビジネスに適した服装についえ言えば、ミャンマーは非常に緩いです。高温多湿の気候では、スーツとネクタイでいる事は非常に不快なので、ジャケットとネクタイを外すことができます。基本的にミャンマーではビジネスカジュアルな服装で十分です。しかしながら、女性には1つのルールがあります。女性は少々控えめな格好をする必要があります。もしあなたがミャンマーでビジネスをする女性なら、膝が隠れる長さのスカートやドレスを身につける必要があります。また、肩も露出するべきではなく、ドレスやスカートはタイトすぎてはいけません。それ以外では、お好みの快適な服装をする事ができます。すべての文化で共通している事の1つとしては、ビジネス関係者は実際の会合の前にちょっとした雑談をする事があります。いくつかの文化ではビジネスに取り掛かる前に強力な人間関係を構築する事を望んでいるので、こういった行為の目的はあなたを個人として知る事です。しかしながら、ミャンマーはそういった事をする国ではありません。ミャンマー代表団は個人としてのあなたについて、いくつかの事を知ろうとするでしょうが、雑談をそれほど重視していません。しかしながら、もし彼らが雑談をするときは、あなたは彼らの文化や、歴史、食べ物、そして伝統などについて話すべきでしょう。彼らはそういった事柄についてあなたの考えている事を聞きたいと思っているでしょう。加えて、もしビルマ語でいくつかの単語を学んでいけば、非常に良い印象をつける事ができるはずです。彼らはその努力を高く評価し、あなたを称賛してくれるでしょう。贈り物をする事は多くの国では一般的な習慣ですが、ミャンマーでは贈り物は必須ではありません。しかしながら、もしミャンマー側の代表団に贈り物をしたい場合には、やりすぎない必要があります。あなたの母国のちょっとした贈り物で十分です。あなたの会社のロゴが入った製品を贈る事もできます。しかし1つだけ確かな事があります。美味しいチョコレートで失敗する事は決してありません。ほとんどの国と同じように、頻繁に名刺交換が行われます。あなたも自分の名刺を渡す必要があります。ミャンマーへの出張用の名刺にはビルマ語の翻訳が入っている事だけは確かめておきましょう。これは必須ではありませんが、気が利いていると思われるでしょう。また、相手方の代表団のリーダーの名刺を受け取る際には、貰ってもすぐにしまわないようにしましょう。財布にしまったり、机に置いたりする前に目を通しましょう。受け取る際に両手で行えば、さらに素晴らしいです。ミャンマーのビジネス関係者との最初の会合は少々イライラするものになる可能性がありますが、それほど心配する必要はありません。誰もあなたがミャンマーについて何でも知ってるとは思っていないので、わからないことがあったら尋ねる事に何の問題もありあません。会合の間にちょっとしたミスをする事を恐れてはいけません。もちろんそういったミスは文化に関連した事であって、ビジネスに関連したことであってはなりません。何かわからないことがあるときは、単純に笑顔で説明を求めましょう。誰もその事を失礼には思いませんし、実際はその反対です。会合に出席した人々は喜んであなたを助けてくれるでしょう。あなたが安心すべき1つの側面は、ミャンマーの人々が魅力的で辛抱強いという事です。彼らは文化的な違いを認識しているので、あなたがすべてを知っている事を期待していません。もしあなたが多少のミスをしても誰も傷つける事はないので、知識不足で自信を無くさないようにしましょう。
Chat on WhatsApp
インカムチャット