今すぐオンラインでミャンマーのビジネス電子ビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ビジネス電子ビザ

ミャンマーは2015年9月にビジネス電子ビザシステムを開始しました。 電子ビザは観光とビジネスの目的に対してのみオンラインで発行されます。

iVisaを用いれば特定の国からの渡航者はビザの申請のために領事館を訪れる必要はありません。オンラインですべての必要な書類や情報の提出と、ビザの費用の支払いができます。この合理化されたシステムによって以前の順番待ちで浪費された時間や費用のかかったプロセスはもはや必要ではありません。これはビジネス渡航者にとっては非常に便利です。

このミャンマーのビジネス電子ビザは、ミャンマー連邦共和国政府によって電子的に発行されている公式文書です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • パスポートの個人情報のページのスキャン

  • 最近のパスポートの大きさのデジタル写真

  • 招待元の企業の招待状と登録証明書。

  • ホテル予約の確認 -支払いのためのクレジットデビットカード、またはPaypalアカウント。

重要な指示
  • ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナムの国民は、ヤンゴンや、マンダレー、もしくはネピドー国際空港から出入国する場合には、最大で14日間までは観光ビザは必要ありません。もし14日間以上の滞在を希望する場合、もしくは陸路での出入国を希望する場合には、適切なビザを申請してください。

  • 直近 3ヶ月に撮影されたパスポートと同様の様式のカラー写真。

  • ミャンマーのビジネス電子ビザを所有者は1回の入国あたり最大で70日間連続でミャンマーに滞在する事ができます。 -渡航者のパスポートは予定の入国日有効から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。

  • このミャンマーのビジネス電子ビザは発行後90日間有効です。

重要:電子ビザで渡航する場合には、以下の通関手続地からしか入国できない事にご注意ください:

3つの国際空港:

  • ヤンゴン国際空港
  • マンダレー国際空港
  • ネピドー国際空港

5つの陸上国境検問所:

  • タチレク国境検問所
  • ミャワディ国境検問所
  • コータウン国境検問所
  • タムー国境検問所 *リーカーダー国境検問所

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ミャンマーのビジネス電子ビザは、ビジネス目的でミャンマー共和国を訪問することを望んでいる有資格国からの外国人のための必須渡航要件です。このミャンマーのビジネス電子ビザは1回入国ビザで、これはビジネス目的でミャンマーに入国を望むたびに新たなビジネス電子ビザを申請する必要があることを意味しています。

申請のためには以下のものが必要です:

  • 申請者の写真

  • 招待状 (該当する場合)

  • 招待元企業の事業登録 (該当する場合)

ビザのための完璧な写真の撮影方法:

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法:

ミャンマーのビジネス電子ビザの費用は70.00米ドルです。それ加えて標準的な処理に含まれる20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには50米ドルがかかり、さらに早くするには80米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:3営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日
このミャンマーのビジネス電子ビザは発行後90日間有効です。これは発効後90日以内にミャンマーに入国しなければならない事を意味しています。このビザは1回入国ビザで、最大で70日間滞在する事ができます。
申請者のパスポートはミャンマーへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
渡航者はこのビジネス電子ビザで最大で70日間滞在できます。滞在期間と発効から90日間の電子ビザの有効期間を混同しないでください。到着後に滞在できる期間は70日間で、90日間ではありません。
ミャンマーのビジネス電子ビザは1回の入国に対してのみ有効です。

この電子ビザを使用できる場所には制限があります。この電子ビザでミャンマーに入国できる通関手続地は以下の通りです:

3つの国際空港の内の1つ:ヤンゴン、マンダレー、 ネピドー 5つの陸上国境検問所の1つ:タチレク、ミャワディ、コータウン、タムー‐モーレ、リーカーダー‐ゾハタール

カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナムの国民は、ヤンゴンや、マンダレー、もしくはネピドー国際空港から出入国する場合には、最大で14日間までは観光ビザは必要ありません。もし14日間以上の滞在を希望する場合、もしくは陸路での出入国を希望する場合には、適切なビザを申請してください。
黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。 以下のリンクから詳細をご確認ください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf
旧ビルマであるミャンマーは、国際的な投資家が利用する事ができなかった国なので、現在誰もがこの国でビジネスの機会を得ようとしている事は納得できるはずです。全くアクセスできなかった場所なので現在は豊富に機会があり、あなたの会社もミャンマーの企業との事業提携に興味を持っているかもしれません。しかしながら、この国は外国なので、そのビジネスマナーについて基本的な事をいくつか学んでおいたほうがいいでしょう。結局のところ、現地に行ったは良いものの、ミャンマーの文化と伝統についてある程度学んでおく努力をしなかったために馬鹿を見宅はないでしょう?こういった事を念頭において、以下であなたの出張を成功させるためのいくつかの有益な情報を学んでください。ミャンマーであなたが驚くだろう事の1つには、オフィスでのマナーがあります。ミャンマーはアジアの国で、他のアジアの国々とその文化のいくつかを共有しています。例えば、中国の家に入るときは、既にご存知かもしれませんが、靴を脱ぐ必要があります。中国人は家でしか靴を脱ぎませんが、ミャンマーの人々はオフィスでも靴を脱ぎます。公共の廊下では靴を履いていても問題ありませんが、オフィスや会議室に入るときは靴を脱がなければなりません。靴下に気を付けなければならない事は言うに及びません。家に入るときは、ホストはあなたの靴下の「品位」よりも靴を脱がない事に気分を害するでしょうが、ビジネスの世界では服装が重要です。会議に行く前に靴下の穴をチェックしておきましょう。ビジネス関係者が面会した際には握手をするのが通例です。その事に関して言えば、男性の場合は難しい事はありません。男性は常に考える事すらなく握手をします。一方で女性の場合は、外国人は一般的にできる事とできない事が分かりません。この場合は、もし相手の女性が握手のために手を差し出したら、あなたもそうしましょう。もし相手の女性が手を差し出さなければ、笑顔や頷く事で十分です。もしあなたが女性なら、あなたから握手のために手を差し出す事ができますが、もし握手をしないなら、その事を心配する必要はありません。誰も気分を害することは無く、相手は微笑んでくれるでしょう。ビジネスに適した服装についえ言えば、ミャンマーは非常に緩いです。高温多湿の気候では、スーツとネクタイでいる事は非常に不快なので、ジャケットとネクタイを外すことができます。基本的にミャンマーではビジネスカジュアルな服装で十分です。しかしながら、女性には1つのルールがあります。女性は少々控えめな格好をする必要があります。もしあなたがミャンマーでビジネスをする女性なら、膝が隠れる長さのスカートやドレスを身につける必要があります。また、肩も露出するべきではなく、ドレスやスカートはタイトすぎてはいけません。それ以外では、お好みの快適な服装をする事ができます。すべての文化で共通している事の1つとしては、ビジネス関係者は実際の会合の前にちょっとした雑談をする事があります。いくつかの文化ではビジネスに取り掛かる前に強力な人間関係を構築する事を望んでいるので、こういった行為の目的はあなたを個人として知る事です。しかしながら、ミャンマーはそういった事をする国ではありません。ミャンマー代表団は個人としてのあなたについて、いくつかの事を知ろうとするでしょうが、雑談をそれほど重視していません。しかしながら、もし彼らが雑談をするときは、あなたは彼らの文化や、歴史、食べ物、そして伝統などについて話すべきでしょう。彼らはそういった事柄についてあなたの考えている事を聞きたいと思っているでしょう。加えて、もしビルマ語でいくつかの単語を学んでいけば、非常に良い印象をつける事ができるはずです。彼らはその努力を高く評価し、あなたを称賛してくれるでしょう。贈り物をする事は多くの国では一般的な習慣ですが、ミャンマーでは贈り物は必須ではありません。しかしながら、もしミャンマー側の代表団に贈り物をしたい場合には、やりすぎない必要があります。あなたの母国のちょっとした贈り物で十分です。あなたの会社のロゴが入った製品を贈る事もできます。しかし1つだけ確かな事があります。美味しいチョコレートで失敗する事は決してありません。ほとんどの国と同じように、頻繁に名刺交換が行われます。あなたも自分の名刺を渡す必要があります。ミャンマーへの出張用の名刺にはビルマ語の翻訳が入っている事だけは確かめておきましょう。これは必須ではありませんが、気が利いていると思われるでしょう。また、相手方の代表団のリーダーの名刺を受け取る際には、貰ってもすぐにしまわないようにしましょう。財布にしまったり、机に置いたりする前に目を通しましょう。受け取る際に両手で行えば、さらに素晴らしいです。ミャンマーのビジネス関係者との最初の会合は少々イライラするものになる可能性がありますが、それほど心配する必要はありません。誰もあなたがミャンマーについて何でも知ってるとは思っていないので、わからないことがあったら尋ねる事に何の問題もありあません。会合の間にちょっとしたミスをする事を恐れてはいけません。もちろんそういったミスは文化に関連した事であって、ビジネスに関連したことであってはなりません。何かわからないことがあるときは、単純に笑顔で説明を求めましょう。誰もその事を失礼には思いませんし、実際はその反対です。会合に出席した人々は喜んであなたを助けてくれるでしょう。あなたが安心すべき1つの側面は、ミャンマーの人々が魅力的で辛抱強いという事です。彼らは文化的な違いを認識しているので、あなたがすべてを知っている事を期待していません。もしあなたが多少のミスをしても誰も傷つける事はないので、知識不足で自信を無くさないようにしましょう。