logo logo
ja | $ USD
マレーシア
22,000+ iVisaが処理する旅行書類
 
   
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1.2M ハッピー・カスタマー

24/7サポート

+42,000 レビュー

10 経験年数

98% ビザ認可率

さらに詳しく: 観光eビザ

マレーシア観光eVisaを今すぐお申し込みください!

最終更新日2023年11月

**活気ある街並みが静かなビーチと豊かな文化遺産に出会うマレーシアの冒険に出かけましょう。この東南アジアの楽園への旅には、マレーシア観光e-ビザが必要です。

iVisa では、ビザ申請プロセスをシームレスでストレスのない-フリーな体験へと変貌させ、書類作成ではなく、旅行の計画に集中できるようにしました。

弊社の直感的なプラットフォームとモバイルアプリにより、マレーシア観光eVisaの申請はこれまで以上に迅速かつ簡単になりました。複雑なビザ申請もお任せください。あなたの旅はここから始まります!

Malaysia buildings view

マレーシア観光eVisaとは?

**マレーシア・ツーリストeVisaは、観光目的でマレーシアを訪れたい人のためにデザインされたデジタル渡航認証です。

ビザ申請プロセスを合理化するために導入され、旅行者は大使館や領事館に出向くことなく、オンラインでビザを申請・取得することができます。このeVisaは、クアラルンプールの賑やかな通りからランカウイの穏やかなビーチまで、マレーシアの多様なアトラクションの探索を計画している旅行者に最適です。

-このeVisaは旅行を簡素化し、よりアクセスしやすく、手間をかけずに-、現代的でハイテクに精通した旅行者のニーズに応えます。マレーシア観光eVisaがあれば、マレーシアでの冒険はクリックひとつで実現します!

マレーシア観光eVisaで何ができる?

  • クアラルンプール、ペナン、ランカウイなどの代表的な観光地を訪れましょう。

  • 観光活動:観光、文化探検、レクリエーション活動に従事する。

-* 短期間のビジネスミーティング:-関連のビジネスミーティングや会議に出席する。

  • 友人や家族を訪問する。

  • 短期教育コース: **学業単位を与えない短期コース(-)やワークショップに参加する。

マレーシア観光ビザでできないことは?

  • 雇用:**いかなる雇用や仕事にも従事することはできません。

Long-term study: Long-term educational courses or schooling:**には適していません。

  • 永住権:マレーシアの永住権取得を目的としたものではありません。

  • 報道活動:** マスコミやジャーナリズムを目的とした活動には適さない。

  • 政府活動:-政府関連の仕事や任務には使用できません。

マレーシア観光eビザは誰が申請できますか?

マレーシア・ツーリストeVisaは、一定の条件を満たす旅行者向けにデザインされており、マレーシアへの観光の旅を手間なく-。必須条件は以下の通りです:

  • 国籍要件:**申請者はマレーシア観光eVisaの対象国の出身でなければなりません。自分の国が対象リストにあるかどうかを確認することが重要です。

  • 観光、友人や家族の訪問、短期(-)ビジネスミーティングへの参加など、観光目的であること。

  • 滞在期間:** 訪問は短期間であるべきで、通常は30 エントリー日数 を超えない。

就業禁止: 申請者はマレーシア滞在中、雇用を求めたり、長期(-)の就学をしてはならない。

  • マレーシア入国から6ヶ月以上有効なパスポートが必要です。

  • 十分な資金と滞在期間中の宿泊先の手配が必要な場合があります。

このeVisaは、マレーシアの多様なアトラクションの探索、会議への出席、家族との再会など、短期間のマレーシア訪問を計画している個人またはグループに最適です。

マレーシア観光eビザの対象者は?

マレーシア・ツーリストeビザは特定の国の国民が対象です。リストは広範囲に渡りますが、以下に対象となる国の例をいくつか挙げます:

中国、インド、スリランカ、ネパール、ミャンマー、バングラデシュ、パキスタン、ブータン、セルビア、モンテネグロ。

ビザ-免除:マレーシア観光eビザを申請する必要のない人は?

特定の国の国民は、短期滞在のためにマレーシアに入国する際にビザを必要としません。これらの国には以下が含まれますが、これらに限定されません:

  • 米国

  • 英国

  • カナダ

  • 中国

  • オーストラリア

  • インド

  • ほとんどのEU諸国

未成年者もマレーシア観光eビザを申請する必要がありますか?

**未成年者のビザ申請には追加書類が必要です。未成年者のビザ申請には追加書類が必要です:

  • 未成年者の出生証明書のコピー。

  • 両親または法定後見人の署名入りの同意書。

  • 両親または法定後見人のパスポートまたは身分証明書のコピー。

マレーシア観光eVisaの有効期間:マレーシア観光eVisaの有効期間は?

マレーシア・ツーリストeVisaには、旅行者が注意しなければならない特定の有効期限があります:

  • マレーシア・ツーリスト eVisa の有効期限は通常90 日 発行後 です。つまり、ビザ発給から90日以内にマレーシアに入国しなければなりません。

  • マレーシアに入国したら、30 エントリー日数

  • 入国回数: **マレーシア観光eVisaは通常シングル・エントリー 。つまり、eVisaでマレーシアに入国できるのは1回だけです。一旦出国すると、30-日の期間が終了する前であっても、ビザを再度使用することはできません。

マレーシア観光eビザを延長することはできますか?

マレーシア観光eVisaの延長は通常できません。マレーシアに入国後、ビザの有効期限を超えて滞在する場合は、一旦出国し、新しいeVisaを再申請する必要があります。法的な問題を避けるために、ビザの規定期間内に旅行を計画することが重要です。

マレーシア観光eビザ必要書類

マレーシア観光eVisaを申請する際には、申請手続きを成功させるために必要な書類があります。さらに、マレーシア入国時に提示するために準備すべき書類もあります。

**申請に必要な書類

  • パスポートの有効期限はマレーシア入国日から6ヶ月以上必要です。

  • 最近のパスポート用写真:-サイズの写真が必要です。標準的なパスポート写真の基準を満たしていることを確認してください。

  • 旅行日程:**往復または復路を含むフライト予約の詳細。

  • マレーシアでの滞在先の確認(ホテルの予約など)。

  • マレーシアでの滞在に十分な資金があることを証明するもの(銀行残高証明書など)。

  • 個人情報: **個人情報と旅行情報を記入した申請書。

重要:

  • 以下の国の国籍をお持ちの方:ナイジェリア、カメルーン、エチオピア、スリランカ、バングラデシュ、オーストラリア、ニュージーランドの国籍をお持ちの方は、政府より追加書類の提出を求められる場合があります。

**入国時に提出する書類:***。

*Printed eVisa: 承認されたマレーシア観光ビザの印刷されたコピーを携帯してください。

  • 有効なパスポート:** eVisa申請に使用したパスポートと同じもので、有効期限が6ヶ月以上あるもの。

  • 十分な資金があることを証明する書類。

  • マレーシアからの出国を証明する書類。

Accommodation details: ホテルの予約またはその他の宿泊手配の確認書。

これらの書類を整理してすぐに入手できるようにしておくと、マレーシアへの入国がスムーズになります。eVisaはご旅行に不可欠な書類ですので、ご旅行中は大切に保管してください。

マレーシアの財務要件

観光eVisaでマレーシアに入国する旅行者には、滞在中の生活を維持するための財政要件があります。主なポイントは以下の通りです:

  • 十分な資金:** 旅行者はマレーシアでの費用を賄う十分な資金がなければなりません。これは通常、最近の銀行取引明細書によって確認されます。

  • 資金証明: **入国の際、資金を証明する書類の提出を求められることがあります。これには以下が含まれます:

  • 最近の取引を示す銀行取引明細書または預金通帳。

  • 換金可能な通貨の現金。

  • トラベラーズチェック

  • 限度額が記載されたクレジットカード

マレーシア到着時に入国審査官がこれらの書類を要求することがありますので、すぐに入手できるようにしておくことが重要です。経済的な安定を証明することは標準的な手続きであり、スムーズな入国手続きを保証します。

マレーシア観光eVisaの申請方法

マレーシア観光eVisaの申請は簡単で効率的です。簡単な3つのステップに分けました:

ステップ1: 個人情報、渡航情報、パスポート情報など、必要な情報をオンライン申請フォームまたはモバイルアプリで入力してください。-当社のフォームはユーザーフレンドリーな設計になっており、手間なくご利用いただけます。-。

ステップ2: フォーム記入後、ビザサービス料金をお支払いください。オンラインで安全にお支払いいただけます。お支払いは安全に行われ、個人情報は保護されます。

Step 3: 最後のステップは、必要書類のアップロードです。パスポート用の写真やパスポートのコピーなど、必要なものを指定させていただきます。これはウェブサイトから簡単に行うことができます。

その後、リラックスしてお待ちください。マレーシア観光eVisaはEメールで送信されますので、正確なEメールアドレスをご入力ください。

マレーシア観光eVisaの費用と手続き時間

iVisaでは、お客様の様々なニーズにお応えするため、マレーシア観光eVisaの手続き時間を設定しております。eVisaの費用は、お客様が選択された処理時間によって異なります。以下はそのオプションです:

-Standard processing:最も費用対効果の高いオプションで、ご旅行までに十分な時間がある方に適しています。手続き時間と料金のバランスが取れています。

  • Rush processing: For those who need their eVisa a bit sooner, the Rush processing option is faster than the Standard one but comes at a higher cost.

  • 超急ぎ手続き: **マレーシア観光eVisaが緊急に必要な旅行者のための最速オプションです。このオプションは、処理に時間がかかるため、最も高額なオプションとなります。

正確な費用は国籍によって異なります。マレーシア・ツーリストeVisaの具体的な料金を調べるには、iVisaのウェブサイトから申請手続きを開始することをお勧めします。iVisaのウェブサイトから申請手続きを開始することをお勧めします。iVisaのウェブサイトから申請手続きを開始することで、お客様の状況に応じた最も正確で最新の料金(-~-)をご確認いただけます。

マレーシアを通過するのにマレーシア観光eVisaは必要ですか?

トランジット時にマレーシア観光eVisaが必要かどうかは、トランジットの期間や計画によって異なります:

  • トランジットが24時間以内で、空港の国際線トランジットエリアから出ない場合は、通常eVisaは必要ありません。
  • トランジットが24時間を超える場合、または空港から出国する場合は、マレーシア観光eVisaが必要です。

旅行者によっては免除されたり、異なるタイプのビザが必要な場合がありますので、国籍や乗り継ぎに関する詳細に基づいて、特定の要件を常に確認してください。

マレーシア国旗ストリート

マレーシアの入国要件または制限

最新の更新情報では、マレーシアにはCOVID-19による特定の入国要件があり、変更される場合があります:

COVID-19 検査: 旅行者は、到着直前に受けたCOVID-19検査で陰性であることを示す必要がある場合があります。

  • ワクチン接種:** COVID-19に対するワクチン接種の証明が必要となる場合があります。

  • 健康診断: **入国時に健康診断が行われることがあります。

  • 検疫:様々な要因により、マレーシア到着時に検疫が必要となる場合があります。

  • 健康申告: **到着前または到着後に健康申告書が必要となる場合があります。

--最新の情報については、渡航前に必ずマレーシア政府の渡航情報またはその他の公式情報源をご確認ください。

マレーシア観光eVisaとマレーシア税関申告書の違い

マレーシアへの旅行を計画する際には、マレーシア観光eVisaとマレーシア税関申告書などの各種旅行書類の違いを理解することが重要です。どちらも必要不可欠ですが、目的は異なります:

**マレーシア観光eビザ

  • マレーシア観光eVisaは、特定の国からの観光客がマレーシアに入国する際に必要な渡航認証です。
  • 有効期間: **通常30日までの滞在が可能で、発行日から90日間有効です。
  • 旅行前にオンラインで申請し、個人情報や旅行情報、パスポートの詳細、往復航空券やホテルの予約などの追加書類が必要になることもあります。

マレーシア税関申告書

  • 目的: **このフォームは、マレーシアへの入国時に商品を申告し、税関規制を遵守するために使用されます。
  • 用途: **マレーシアに到着した際、通常は飛行機や空港で記入します。
  • 内容: **通貨、食料、動物、商業用品など、マレーシアに持ち込む品目に関する情報が記載されています。

どちらの書類もマレーシアでのスムーズな旅行には欠かせないものです。eVisaは観光目的での合法的な入国を保証するもので、Customs Formは持ち込む物品に関するものです。

マレーシア観光eVisaの詳細はどこで確認できますか?

当社のオンライン専門チームであるカスタマーサービスエージェントがオンラインチャットでご質問にお答えします。また、WhatsAppでもお問い合わせいただけます。

応募に必要な書類

  • 有効期限6ヶ月以上のパスポート

    支払い用のクレジットカード/デビットカード

    最近のパスポート( )サイズの写真

    パスポートのメインページのコピー

    旅行日程表

    往復航空券

    ホテル予約

    未成年者の出生証明書(該当する場合)

    海外にお住まいの方は労働許可証または滞在許可証(申請は不要ですが、マレーシア入国時に求められる場合があります。)

    友人・親戚と一緒に滞在する場合は、 カバーレター を提出する必要があります。このカバーレターには、入国審査官宛てに以下の情報が記載されています:あなたの氏名とパスポート番号、友人/親戚の氏名と住所、友人/親戚のIDスキャン、渡航日。

    バングラデシュ国籍の方は、入国審査時に米国、英国、アイルランド、シェンゲン協定加盟国のパスポートや滞在許可証などの補助書類の提示を求められる場合があります。---------- ****-

重要な指示

  • e ビザの有効期間は3ヶ月です。このビザでマレーシアに まで滞在できます。

    パスポートの有効期限は入国予定日から6ヶ月以上必要です。

    マレーシアeビザを取得するには、自国または出発国への往復航空券が必要です。

    マレーシアへのご出発の少なくとも2週間前までにeビザ( )を申請されることをお勧めします。

    宿泊証明 をご提示の上、渡航書類を取得してください。この書類の日付は、申請書 で選択した旅行日と一致していなければなりません。これは、旅行書類を発行するために政府が要求する要件です。

    マレーシア観光eVisaは、マレーシア到着時に出入国チェックポイントで提示するために印刷する必要があります。デジタルビザは受け付けられません。- 30 エントリー日数-- --- ****-

質問は?

マレーシアの観光電子ビザは、同国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類で、パスポートに電子的に結び付けられています。

申請のためには以下のものが必要です:

  • パスポートのスキャン(マレーシアへの入国時点から少なくとも6ヶ月有効な)
  • 申請者のパスポートの写真(6か月以内に撮影された)
  • 航空便の詳細が記載された旅程表(確認済みの帰りの航空券)
  • 宿泊施設の証明
  • 出生証明書(未成年者のため)
  • 友人/親戚の所で滞在する場合には、以下の情報が記載されたカバーレター(添え状)を提示する必要があります:入国審査官への宛先、氏名とパスポート番号、友人/親戚の氏名と住所、友人/親戚のIDのスキャン、および渡航の日程。

注意マレーシア政府は提出後に追加の書類を求める可能性がありますが、その場合は当社が通知いたします。

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

1回の入国あたり最大で15日間滞在できる数次ビザは22.50米ドルで、最大で30日間滞在できるものは42.20米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:3営業日。
  2. 迅速処理:2営業日。
  3. 超迅速処理:1営業日。
このマレーシアの観光電子ビザは発効後90日間有効です。これは発効後90日以内にマレーシアに入国しなければならない事を意味しています。
申請者のパスポートは予定の入国日から少なくとも6カ月有効でなければなりません。
はい、すべての国際渡航者はマレーシアに渡航する前に有効なマレーシアのビザを所持している事を確認すべきです。
いいえ。マレーシアの観光電子ビザの承認は、申請者がマレーシアへ入国する権利を保証しません。マレーシアへの通関手続地における現地入国審査官の裁量に基づきます。
はい。申請者が未成年者(18歳未満)の場合には、1人以上の親と共に観光ビザを申請する必要があります。親子関係を証明するために、子供の出生証明書のコピーを提示する必要もあります。
このマレーシアの電子ビザは申請および発行が完全にオンラインなので、大使館を訪問する必要がありません。
電子ビザがあればすべての出入国検問所を利用する事ができます。
はい、この電子ビザがあれば陸路、空路、水路を通じて入国できます。
電子ビザは3カ月ごとに取得できます。もしそれよりも頻繁に渡航する必要がある場合には、マレーシア大使館で通常のビザを申請する必要があります。
マレーシアに到着の際には、以下の書類が求められます:
  • 印刷した電子ビザ
  • マレーシアでの滞在にかかる費用を賄うために十分な資金(現金/トラベラーズチェック/デビットまたはクレジットカード)
  • 帰国のための航空券
  • 宿泊施設の証明(身元引受人の招待状/ホテルの予約/Airbnbの予約、 Booking.com確認など)
以下の国籍にその資格があります:
  • 中国、インド、スリランカ、 ネパール、ミャンマー、バングラデシュ、パキスタン、ブータン、セルビア、モンテネグロ

選択したビザのタイプに応じて最大で15日間または30日間滞在できます。

滞在の延長はできない事にご注意ください。

電子ビザは手紙の大きさで、カラーまたは白黒で印刷する必要があります。
当社はマレーシアに出発する少なくとも2週間前に電子ビザを申請する事をお勧めします。

ケースバイケースです。マレーシア政府は最寄りのマレーシア大使館での面接を渡航者に求める可能性があります。

こういった面接はそれほど頻繁に行われませんが、もし行われる場合には、当社はこの面接に関するすべての詳細を通知いたします。

面接に関するイーメールで当社がお伝えする詳細には以下の情報が含まれます:

  • 会場:マレーシア大使館 XXXX
  • 住所 : XXX
  • 連絡先:XXX
  • 電話番号 : XXX
  • イーメール : [email protected]
  • インタビューのセッション:日付と時刻
いいえ。この電子ビザはマレーシア国内から申請する事はできません。マレーシアに入国する前に取得する必要があります。
入国審査官宛のシンプルなカバーレター(添え状)で十分です。このカバーレターには、渡航者の氏名と、パスポート番号、およびマレーシアでの滞在場所の住所が記載されていなければなりません。また、身元引受人の身分証明書のコピーも提示する必要があります。
以下を例として利用できます: 親愛なる入国審査官様、 私の名前は[あなたの名前]で、パスポート番号は[パスポート番号]です。 私は[入国日]から[出国日]までの間マレーシアを訪問します。 私は現在[引受人の住所]に住んでいる私の[引受人との関係]である[引受人の氏名]の所に滞在します。 ありがとうございました。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

マレーシアに行ったことがなくて休暇の旅行先を探しているなら、この国を試してみるべきです。マレーシアの観光産業はいつの良好でしたが、過去数年間でブームを迎えています。これは同国が驚くべき進化を遂げているからです。加えて、この国ではたくさんの事が体験できます。1例としては、マレーシアは自然の宝庫で、景色が美しいです。都市も非常に魅力的です。だとしても、マレーシアに行く前に知っておく必要がある事がいくつかあります。以下のヒントはマレーシアを散策するときに役に立ち、あなたの旅を忘れられないものにするでしょう。まず第1に、マレーシアに到着した際にはタクシーを利用しないようにしましょう。タクシーはマレーシアではまったくあてにならず、ほとんどの運転手が料金を誤魔化そうとします。メーターのスイッチを入れなかったり、固定料金を請求してきたりします。この料金は一般的に通常よりも高い料金です。加えて、タクシー運転手はあまり優れていません。彼らの運転は乱暴で、車自体も故障寸前です。幸運なことに、クアラルンプールなどのではUberを利用する事ができます。Uberによって多くの人がかなりの節約をしてきました。あなたも同じように節約できます。加えて、乗り心地は遥かに快適でしょう。少なくともエアコンが付いています。タクシーにはついてない事もあります。Uber以外では、クアラルンプールでは地下鉄が利用できます。マレーシアの天気は非常に変わりやすいです。1分間日が差して暑くなったと思ったら、次の瞬間には土砂降りになります。出発の際には複数の着替えを持って行くべきです。乾いた衣服は非常に重要で、傘を追って行けば役に立つでしょう。いずれにせよ天気は大抵は良好なので、寒さを心配する必要はありません。クアラルンプールについたら、できる事ならペトロナスツインタワーの1つで少なくとも1泊はしておくべきでしょう。このタワーは高さではなく、その景色に魅力があります。加えて、インフィニティールームのある部屋を取れれば、その高さと景色を水の中に座って眺める事で素晴らしい夜になるはずです。その経験をしたことがある人物に聞いてみましょう。これがマレーシアで体験できる事の一部です。その部屋の他にも自然を散策することができます。この国には自然が溢れています。マレーシアで最高の事は、誰もが食べ物を愛している事です。道端を歩くすべての人がグルメです。結果として、食べ物が話題の多くを占めています。常に食事を済ませたかどうかを尋ねられるでしょう。そういった質問はいくつかの挨拶にすらなっています。マレーシアで素敵な食事ができるので、これはあなたに有利に働くでしょう。まるで天国いるような感覚になれる美味しい様々な食べ物を試す事ができます。地元の人々は一番良い場所を知っているので、彼らに聞いてみてください。あなたの母国で見られる食べ物を見つける事ができるかもしれませんが、違った味がするでしょう。気候の違いによって果物ですら違った味がするので、機会があればいくつか試してみるべきです。マレーシアを散策するには思ったよりも費用はかかりません。この国には独自の格安航空会社があり、国内の移動に多額の費用は掛かりません。素晴らしい景色を楽しむ機会が得られるので、電車での移動も選択肢です。宿泊施設は大きな都市では少々値が張りますが、それ以外ではかなり手頃です。この国をしっかり観光するために大きな出費をする必要はありません。これこそ人々が旅行先にマレーシアを選択している理由の1つです。もしあなたが女性、または買い物が好きな男性なら、マレーシアが気に入るはずです。マレーシアには非常に多くのショッピングモールがあり、価格も魅力的です。靴や帽子など何でもあなた母国よりも安く買える可能性が高いので、たくさん買い物をするならマレーシアのショッピングモールは最適な場所です。加えて、マレーシアに人々は非常にスタイリッシュで、道を歩いていればその事を目にする事ができるでしょう。コミュニケーションに関して言えば何の問題もはずです。マレーシアは非常に良い教育システムを持っていて、多様性にも富んでいるので、ほぼすべての人が流暢な英語を話す事ができます。ほぼすべての人の英語を理解できますし、誤解はまず起こらないでしょう。しかしながら、印象付けるためにいくつかマレーシア語を憶えて行っても、恐らく少々がっかりするでしょう。上にも述べたように、マレーシアは多様性に富んだ国なので、人々は複数の言語を話します。人々はときには1つの文章で4つの言語を使用します。この事はあなたを当惑せるでしょう。英語だけを使う事をお勧めします。誰もあなたがマレーシア語を使うかどうかを気にかけはしないでしょう。あまり良い知らせではありませんが、バイクに乗ったスリには気を付けましょう。マレーシアは非常に近代化した国で、人々は一般的にフレンドリーですが、悪人の居ない国はありません。ほぼすべての盗難はバイクに乗った人物によって行われます。そういった人々はあなたの持っている物ならなんでもひったくっていきます。こういった事を防止するには、道を歩くときはバッグを体に近づけておきましょう。カメラを持っているときは首から下げないようにしましょう。加えて、宝石類は家に置いてきた方がいいでしょう。更に言えば、泥棒は背後からくるので交通とは逆の向きに歩いた方がいいでしょう。交通と逆向きで歩いていれば、泥棒が背後から来るには交通に逆らわなければいけないので、実行が困難になります。全体として、マレーシアは散策できる自然が豊富な美しい国です。都市は人々で溢れており、食べ物も美味しいです。一生のうちに1度は訪れておかなければもったいないでしょう。観光客は非常に歓迎されるので、間違いなく素晴らしい時間を過ごせるはずです。
免責事項
  • iVisa is NOT affiliated with any government agency. This app does not provide legal advice and we are not a law firm. None of our customer service representatives are lawyers and they also do not provide legal advice. We are a private, internet-based travel and immigration consultancy provider dedicated to helping individuals travel around the world. You may apply by yourself directly on the various government websites. 情報源 https://www.imi.gov.my/
インカムチャット