以下で特集:

マダガスカルの観光電子到着ビザの要件

iVisa.comは2013年以来、あらゆるビザ申請のための迅速な処理と手引を提供しています。当社はいかなる政府部門とも提携していません。

ビザが必要です。当社はこの書類の処理をお手伝いできます。

ビザのタイプ ビザのコスト 処理料金 入国の回数 処理時間
Landing Authorization
ビザのコスト USD 0.00
Service Fee USD 20.00
入国の回数 1回
処理時間 4 日
今すぐ申請

申請方法: Landing Authorization

オンライン申請を記入してください
オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPayPalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

イーメールで書類を受け取る
イーメールで書類を受け取る

イーメールで到着前登録の確認を受け取ってください

目的地を入力してください(必要に応じて到着ビザを取得してください)
目的地を入力してください(必要に応じて到着ビザを取得してください)

目的地でパスポートと当社が提供する書類を提示してください。(必要に応じて)ビザの料金を支払い、ビザを受け取ったら、入国してください

今すぐ申請

詳細: Landing Authorization

2017年、マダガスカル共和国は観光目的で電子到着ビザを取得するためのシステムを開始しました。この観光電子到着ビザ(上陸許可)の申請プロセスはで、登録は100%オンラインで完了します。

申請が提出され受理されれば、マダガスカルに到着した際に提示する必要がある上陸許可を公布されます。マダガスカルに到着した際には、選択したビザの有効期間に従って手数料を対面で支払う必要があります

そうです、それくらいシンプルなのです。

この方法によって世界中のどこからでも電子ビザを申請できます。このシステムの渡航者にとっての利点は、いつでもどこからでもインターネットを通じて素早くビザの申請ができる事です。支払いは申請時にオンラインでなされます。

当社のビザ計算ツールをご利用ください

申請前のビザ費用の計算

お客様の声

利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

マダガスカルの観光電子到着ビザとは、観光目的でマダガスカルへの訪問を望む全ての人物が同国に入国する前に発行される必要がある上陸許可の事です。 いったん申請が提出され受理されれば、マダガスカルに到着した際に入国管理官に提示する必要がある上陸許可が交付されます。その際に、選択したビザの有効期間に応じて対面で手数料を支払う必要があります。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • 到着時に少なくとも6ケ月の有効期間がある現在のパスポート
  • マダガスカルに到着および出国する日時
  • デビットカード/クレジットカードもしくはPayPalのアカウント

注意:ビザの費用の支払いは到着時に優先電子ビザ窓口で対面で行われます。

この電子到着ビザ(上陸許可)の費用は選択したマダガスカルに滞在できる日数に応じて異なります:

  • 30日観光ビザ:37ドルもしくは35ユーロ。
  • 60日観光ビザ:45ドルもしくは40ユーロ。

加えて、iVisaでは選択した処理時間に応じてサービス手数料をいただいております:

  • 標準処理-USD 20.00 : 7 日
  • 迅速処理-USD 30.00 : 4 日

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理: 7 日

  • 迅速処理: 4 日

マダガスカルの観光電子到着ビザ(上陸許可)の有効期間は1回の入国あたり30 日 Per Entryもしくは60 日 Per Entry

全ての訪問者はマダガスカルに入国するためにビザが必要になります。ですが、パレスチナのパスポートを持っている人物は、マダガスカルの観光電子到着ビザ(上陸許可)を申請する事は出来ません。

渡航者はマダガスカルへの渡航の少なくとも7 日 前には申請する必要があります。

いいえ。電子ビザの有効期間は申請で指定した日時から開始されます。この期間の間であればいつでもマダガスカルに入国する事ができます。

はい、ですが延長できるのは1回入国あたり30 日 Per Entry および60 日 Per Entry の有効期間のビザを所有している者のみです。1回入国あたり60 日 Per Entryを超えるものでない限り、いつでもビザの延長を申請する事ができます。

マダガスカルの観光電子ビザで許可される入国回数は1回だけです。

いいえ。マダガスカルへの上陸許可を所持していても自動的に同国への入国できるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物がマダガスカルの国益や安全保障に反する場合は、通関手続地の入国管理官が入国を拒否する可能があります。

マダガスカルに到着した際には、パスポートと共に上陸許可を提示する必要がありますが、これは印刷したものであっても、スマートフォンで表示したものであっても構いません。選択したビザの有効期間に応じて対面で手数料を支払う必要があります。

マダガスカルは世界で4番目に大きな島ですが、映画の「move it!move it!」の舞台であるというだけではありません。この島が世界で最も多くキツネザルがいるというのは事実ですが、生態学者たちはこの島を8つ目の大陸と呼ぶ事を検討しています。その理由は単純です。この島の動物相と植物相の90%を見られるのは世界中でもこの場所だけだからです。残念ながら、その多くが人間によって破壊されてしまっており、多くのキツネザルの種が絶滅の危機にさらされていると考えられています。将来的に人々がもっと自然を大切にしてくれる事を願いましょう。

マダガスカルを訪れる価値がある場所にしている事の話をする前に、ビザの事を確認しておくべきでしょう。幸な事に、この国のビザの方針は非常に寛大です。パレスチナの市民以外の全ての国の人々が電子ビザもしくは到着ビザによってマダガスカルに入国する事がで、iVisaは電子ビザの取得のお手伝いをしています。すべき事は、申請フォームに記入をして、サービス手数料を支払うだけです。マダガスカルに到着した際には、ビザの有効期間に応じてビザ手数料を支払う必要があります。有効期間は30日間、60日間、もしくは90日間から選択できます。有効期間が長いほど手数料も高くなります。

マダガスカルの気候は熱帯ですが、それも海岸線だけの話です。内陸部に入っていくほどに、より温帯になっていきます。マダガスカルを訪れる上で最適な時期は10月かもしれません。この時期は乾燥した季節です。雨季でサイクロンが来るような時期に行かないほうがいいでしょう。

マダガスカルを訪問した際に間違いなく見ておいた方がいい最も素晴らしいものの1つは、ツィンギー・ド・ベマラア国立公園です。この国立公園はUNESCOによって世界遺産に指定されており、マダガスカルで最大の保護区です。また、この場所は石の迷宮としても知られており、この高原は隆起した石灰岩でできています。ですが、この隆起した石灰岩は非常に鋭く尖っています。周囲の森林はキツネザルの住処で、鳥の生態は驚くべきものです。バードウォッチングが好きな人にとっては人生で最高の体験ができるでしょう。蘭や、アロエ、バオバブが至る所に自生している植物相にも息の呑むばかりです。巨大なバオバブの間を散歩したりドライブしたりすれば信じられない感覚を味わう事ができるでしょう。

ツィンギー・デ・アンカラナはツィンギー・ド・ベマラアと似ていますが、少々小さいだけです。こちらの方がアクセスが良く、3種類のキツネザルを見る事ができます。加えて、かわいらしいカメレオンを見られるチャンスもあります。

バオバブに話を戻すと、バオバブを見られるのはマダガスカルの西海岸で、ムルンダバから45分ほどの地域です。この場所はアフリカで7番目の遺産だと考えられています。この場所には10本を超える木々が立ち並んでいます。それぞれが30m以上の高さで、中には樹齢が800年を超えるものもあります。日没時には最高の写真を撮る事ができるでしょう。この景色を見ずしてマダガスカルを後にする事はできません。

マダガスカルでできる事に関しては様々な選択肢があります。カイトやウィンドサーフィンができる場所がいくつもあるので、どこかで楽しんでみるといいでしょう。カヤックもできますが、初心者ならツアーガイドを雇ったほうがいいでしょう。サント・マリー島の水は穏やかで住み切っているので、初心者でも最高の体験ができる場所になっています。まったく経験が無かったとしても素晴らしい時間を過ごせるはずです。

野生動物ツアーはマダガスカルで最も人気の活動の1つです。この記事の至る所で述べてきたように、様々な種類のキツネザルを見る事ができるだけでなく、リクガメや、かわいらしいヤモリ、カメレオン、そして普段は目にする事ができない植物相を目にする事もできます。マダガスカルにはインフラが整っていないので少々大変な事もあるかもしれませんが、何とかなるはずです。

興味があるなら深海フィッシングも試してみましょう。ラダマ島やミツィウ島など様々な魚が豊富にいる場所で沢山釣り上げる豪華な体験ができるでしょう。キングフィッシュや、ソルトフィッシュ、カマスサワラ、そしてキングマカレルさえ釣り上げる事ができるかもしれません。

中にはマダガスカルにボランティアをしに行く人々もいます。キツネザルの保護など多くの有意義な理由があります。既に述べたように、多くの生物種が絶滅の危機に瀕しています。ボランティアのための特別なビザさえ存在します。自然を堪能しながら、その恩返しができるわけですから非常に素晴らしい体験となるでしょう。

マダガスカルの公用語はマダガスカル語とフランス語です。マダガスカルには様々な方言があり、いくつかのフレーズを覚えていけば非常に喜ばれるでしょう。フランス語ができれば一番確実ですが、観光地や政府機関でなら英語も役立つかもしれません。ですが、マダガスカルに行く前には基本的なフランス語をいくつか覚えていったほうがいいでしょう。間違いなく役に立つはずです。

食事に関しては特別なものは期待できません。現地の料理はおいしいですが、通常の範囲を超えるものでありません。大抵は米とお肉の料理で、一番良いところは値段が安いところです。特に市場で食べるときはそうでしょう。道端で買える食べ物は安全です。非常においしくて、どこででも手に入るライスケーキが間違いなく気に入るはずです。これは基本的にパンのような食べ物です。それにコーヒーもおいしいです。コーヒーは良くある手作りコーヒーで、コンデンスミルクと一緒に提供されます。非常に甘いという事を憶えておきましょう。

水道水は飲まないようにしましょう。どこででも安い値段でペットボトルの水が売っています。一般的なソーダ(コーラやファンタなど)も売っています。ですが、レストランでは米水も提供している事に気づくでしょう。

ご存知かと思いますが、僻地の村へ行くときは塩素の錠剤を持っていく必要があります。これがあれば現地の水が飲めるようになります。

安全性に関しては、マダガスカルは比較的安全に滞在できる国です。ですが、いくつかの従うべきシンプルなルールがあります。物乞いにお金をあげない事と、裕福な印を見せない事、そしてポケットの中身に気を配っておく事です。大金を持ち歩かないようにして、野良犬にも注意しましょう。野良犬を怒らせてしまうと酷い怪我をする羽目になるかもしれません。そしてマダガスカルの医療システムは優れたものではありません。それ以外では、常識に従っていれば楽しい体験ができるはずです。

全体として、マダガスカルには間違いなく訪問する価値があります。植物相と動物相だけでも訪問するには十分な理由です。現地の文化を尊重すれば人々はみんな親切にしてくれますし、歓迎されていると感じる事ができるでしょう。沢山のツアーに参加して、多くの息を吞むような景色を見て、最高に素晴らしい写真を何枚も撮る事ができるでしょう。見るべき場所を知っていれば存分に楽しめるはずです。マダガスカルが一生のうちに訪問すべき場所の1つである事は間違いありません。

マダガスカルについての詳細を学べるリンクを以下に紹介しておきます: https://www.lonelyplanet.com/madagascar https://www.touropia.com/tourist-attractions-in-madagascar/

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

もしビザの申請が政府機関によって承認されなかった場合、当社の承認保証に従って全額を返金致します。もし何がしかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、チャットでご連絡いただければ、サービス手数料を返金致します。申請時にミスがあった場合には、追加の費用を頂くことなく再度当社が処理をいたします。返金はご使用になったものと同一のクレジットカードへなされる事にご注意ください。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

もしビザがまだ処理のために提出されていないなら、全額返金を受ける事ができます。しかしながら、もし申請が提出された後ならば、当社は返金に応じる事はできません。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?