マダガスカルの観光電子到着ビザの要件

 
   
 
 
 
     
 

詳細: Landing Authorization

2017年、マダガスカル共和国は観光目的で電子到着ビザを取得するためのシステムを開始しました。この観光電子到着ビザ(上陸許可)の申請プロセスはで、登録は100%オンラインで完了します。

申請が提出され受理されれば、マダガスカルに到着した際に提示する必要がある上陸許可を公布されます。マダガスカルに到着した際には、選択したビザの有効期間に従って手数料を対面で支払う必要があります

そうです、それくらいシンプルなのです。

この方法によって世界中のどこからでも電子ビザを申請できます。このシステムの渡航者にとっての利点は、いつでもどこからでもインターネットを通じて素早くビザの申請ができる事です。支払いは申請時にオンラインでなされます。

申請に必要な書類

クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント。

重要な指示

注意。 マダガスカルへの上陸許可を所持していても自動的に同国への入国が許可されるわけではありません。当該人物がマダガスカルへの入国のための要件を満たしていない思われる場合、通関手続地において入国管理官によって入国が拒否される可能性があります。

  • パスポートは到着日から少なくとも6ケ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。

  • マダガスカルへの上陸許可が有効なのは1回入国30 エントリーあたりの日数 間と60 エントリーあたりの日数 の2つの有効期間の選択肢があります。

  • この上陸許可が発行されるのは観光目的のみです。

  • 申請が受理されれば、上陸許可が送信されるので、選択した有効期間に応じて手数料を支払う必要があります。こういったビザ手数料の支払いはマダガスカルへの到着時に行われます

  • マダガスカルに到着した際には、パスポートと共に上陸許可を提示する必要がありますが、これは印刷したものであっても、スマートフォンで表示したものであっても構いません。

  • パレスチナ以外の全ての国の市民が申請する事ができます。

  • このオンライン申請で取得できるのは上陸許可であって、通関手続地での審査が免除されるわけではありません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

マダガスカルの観光電子到着ビザとは、観光目的でマダガスカルへの訪問を望む全ての人物が同国に入国する前に発行される必要がある上陸許可の事です。 いったん申請が提出され受理されれば、マダガスカルに到着した際に入国管理官に提示する必要がある上陸許可が交付されます。その際に、選択したビザの有効期間に応じて対面で手数料を支払う必要があります。
申請の際は以下のものが必要になります:
  • 到着時に少なくとも6ケ月の有効期間がある現在のパスポート
  • マダガスカルに到着および出国する日時
  • デビットカード/クレジットカードもしくはPayPalのアカウント

注意:ビザの費用の支払いは到着時に優先電子ビザ窓口で対面で行われます。

この電子到着ビザ(上陸許可)の費用は選択したマダガスカルに滞在できる日数に応じて異なります:

  • 30日観光ビザ:37ドルもしくは35ユーロ。
  • 60日観光ビザ:45ドルもしくは40ユーロ。

加えて、iVisaでは選択した処理時間に応じてサービス手数料をいただいております:

  • 標準処理-JPY 2,292.00 : 7 日
  • 迅速処理-JPY 3,438.00 : 4 日

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理: 7 日

  • 迅速処理: 4 日

マダガスカルの観光電子到着ビザ(上陸許可)の有効期間は1回の入国あたり30 エントリーあたりの日数もしくは60 エントリーあたりの日数
全ての訪問者はマダガスカルに入国するためにビザが必要になります。ですが、パレスチナのパスポートを持っている人物は、マダガスカルの観光電子到着ビザ(上陸許可)を申請する事は出来ません。
渡航者はマダガスカルへの渡航の少なくとも7 営業日 前には申請する必要があります。
いいえ。電子ビザの有効期間は申請で指定した日時から開始されます。この期間の間であればいつでもマダガスカルに入国する事ができます。
はい、ですが延長できるのは1回入国あたり30 エントリーあたりの日数 および60 エントリーあたりの日数 の有効期間のビザを所有している者のみです。1回入国あたり60 エントリーあたりの日数を超えるものでない限り、いつでもビザの延長を申請する事ができます。
マダガスカルの観光電子ビザで許可される入国回数は1回だけです。
いいえ。マダガスカルへの上陸許可を所持していても自動的に同国への入国できるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物がマダガスカルの国益や安全保障に反する場合は、通関手続地の入国管理官が入国を拒否する可能があります。
マダガスカルに到着した際には、パスポートと共に上陸許可を提示する必要がありますが、これは印刷したものであっても、スマートフォンで表示したものであっても構いません。選択したビザの有効期間に応じて対面で手数料を支払う必要があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

マダガスカル観光へのお出かけを計画中ですか?マダガスカルには見逃せない魅力的なスポットがたくさんあります。本記事では、マダガスカル観光に関するビザの基礎知識やおすすめ観光スポットをご紹介します。

マダガスカル観光にビザは必要?

必要です。マダガスカル観光ビザは有効期限が30日で最大30日間もしくは60日間滞在することができます。ビザの費用は無料です。iVISAに依頼された場合の手数料は30日観光ビザの場合$35もしくは$37、60日観光ビザの場合は$40もしくは$45となっております。7日以内の処理をご希望の場合はプラス$20で、4日以内にご希望の場合はプラス$30で承っております。マダガスカルのビザは少なくとも渡航の7日前までに取得する必要がありますので、渡航予定のある方はお早めにお手続きください。

マダガスカルはどのような国ですか?

マダガスカルは正式名称を「マダガスカル共和国」といい、アフリカ大陸の南東海岸部から沖へ約400キロメートル離れた西インド洋にあるマダガスカル島および周辺の島々からなる島国を指します。豊かな自然と特殊な生態系を持つ動植物が多く生息し、地球の魅力を存分に楽しむことができます。

マダガスカル観光で見逃せないスポットは?

マダガスカルに行ったら必ず観光したいのは、何と言ってもマダガスカルでしか見ることのできない特殊な生態系です。マダガスカルに生息する動植物のうち約8割は、世界中でマダガスカルにしか生息しないと言われており、その特殊な固有種には一見の価値があります。

また、マダガスカルのモロンダバという街にあるバオバブ街道では、2本の木が絡み合う「愛し合うバオバブの木」を見ることができます。

マダガスカル観光の注意点は?

世界中の観光客に人気のマダガスカルですが、深刻な貧困問題を抱えており、治安はやや不安定です。特に近年は、マダガスカル全土において誘拐事件が増加しており、2018年の誘拐事件は、治安当局による公表ベースだけでも119件発生となっていますので注意が必要。ひったくりや置き引きなどの軽犯罪にも十分気をつけるようにしてください。

マダガスカル観光にお出かけの際は、外務省が運営する「外務省 海外安全ホームページ」を確認するようにしてください。

マダガスカル観光を楽しもう!ビザはiVISAにお任せ!

今回はマダガスカル観光についてご紹介しました。マダガスカル観光に行く際にはビザが必要になりますが、iVISAではオンラインビザの取得代行サービスを行なっています。リーズナブルな価格でビザ取得サービスを行なっていますので、時間を節約し手間を省きたい方はぜひiVISAにお問い合わせください。