今すぐオンラインでインドの観光電子ビザ(e-VISA)を申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 観光客電子ビザ

2014年11月、インド政府は43か国を対象としたオンラインの観光ビザ(電子ビザ)を導入しました。渡航者がビザを取得するために大使館を訪問する必要性をなくす事で、インドへの渡航を推進するために実施されました。2015年、インドは他の主要な世界の国々へ電子ビザの対象を広げました。2017年4月、インドは電子ビザプログラムを一新し、観光と、ビジネス渡航者、および医療訪問のためのビザの下位区分を導入しました。

現時点では、160か国を超える国々からの渡航者が、インドへの訪問目的に応じて、観光電子ビザや、ビジネス電子ビザ、または医療電子ビザに申請する事ができます。この電子ビザプログラムを利用する渡航者は、インドへの渡航の前にオンラインで申請と支払いをすると、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。このプロセスは非常に簡単です!

この電子ビザは、インドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。


ご注意ください:あらゆる国の国民に対して発行された全ての既存のビザは、COVID-19に対してインド政府が制定した厳格な予防策として、2020年4月15日まで一時停止されます。

申請に必要な書類
  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Last Page of Passport (該当する場合)

重要な指示
  • インドの観光電子ビザによってインドに複数回入国する事ができます。
  • インドの電子ビザは数次ビザですが、これは1月から12月までの1年間で2回までしか利用できない事にご注意ください。
  • インドの観光電子ビザは発効後365日間有効です。この期間内ならいつでもインドに入国できます。この365日間の期間外に申請した場合には、iVisaはその申請が適切な日時に通過する事を保証する特別なサービスを提供している事にご注意ください。このサービスによって渡航者はいつでも申請できます。
  • ビザの所有者がインドに滞在できるのは最大で90日間です。
  • 申請者は渡航の際にこのインドのビザのコピーを携帯すべきです。 "* インドの観光電子ビザは指定された28の空港(アフマダーバード 、アムリトサル、バッグドグラ、バンガロール、コーリコード、チェンナイ、チャンディーガル、コチ、コインバトール、デリー、ガヤー、ゴア、ゴウハティ、ハイデラバード 、ジャイプル、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、ティルバナンタプーラム、ワーラーナシー、ビシャーカパトナム)と、指定された5つの港湾(コチ、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ)を通じた入国で有効です。しかしながら、出国の際は渡航者はインドで承認された出入国確認ポスト(ICP)ならどこからでも出国する事ができます。"
  • このインドの電子ビザを延長する事はできません。 *パスポートはインドへの到着時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。
  • 空港から外に出ない場合には、ビザは必要ありません。
  • 黄熱の影響下にある国の国民は、インドへの到着時に黄熱予防接種カードを携帯していなければ、到着後の6日間隔離される可能性があります。黄熱の影響下にある国についてはここをご覧ください。
  • 申請者はこの観光電子ビザを申請した際に用いたパスポートを持って到着しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

インドの観光電子ビザは、同国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類で、パスポートに電子的に結び付けられています。
インドの観光電子ビザの費用は、国籍に応じて27米ドル、51.50米ドル、または102.50米ドルです。特定の国籍における費用を調べるためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには100米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:96時間。
  2. 迅速処理:72時間。
  3. 超迅速処理:48時間。

このインド観光電子ビザは発効後120日間有効です。これは発効後120日以内にインドに入国しなければならない事を意味しています。

重要:インド政府が許可している滞在日数は最大で到着日から60日間です。もし2回目の入国を希望する場合には、この60日間の内に行わなければならない事にご注意ください。

このインドの観光電子ビザは2回入国ビザで、1回の入国あたり最大で60日間滞在できます。

いいえ、電子ビザは以下の空港と:

  • アーメダバード、アムリトサルは、バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム・バラナシ。

以下の5ヶ所港湾でしか使用できません:

  • コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ
はい。この観光電子ビザは以下の港湾を通じてインドに入国する場合にのみ使用できます:
  • コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ
はい、年齢に関係なく全員が電子ビザを所持していなければなりません。
状況に応じて異なります。インドでは黄熱病のリスクがある国から渡航する際には予防接種の証明書が必要になります。詳細はここからご覧ください。
インドを通過する際に乗り継ぎエリアから出ない場合、もしくは税関を通過する場合には、ビザ(電子ビザやその他のビザ)は必要ありません。
インドの観光電子ビザでは、レクリエーションや、観光、そしてカジュアルな訪問(友人または親戚への訪問)のみをする事ができます。観光電子ビザでは、他のいかなる活動(就労や就学など)も許可されません。
この電子ビザは外交パスポート/公用パスポートの所持者、またはレセパセ渡航文書の所持者は利用できません。また、緊急/制限パスポートの所持者も申請する事はできません。
はい、到着時に提示する必要があります。電子ビザが承認されたら、当社はその詳細情報が記載されたインド政府からのイーメールを転送いたします。このイーメールには申請IDと、ビザ番号、そしてビザの有効期間が記載されています。この確認事項を印刷し、パスポートと共に携帯する事をお勧めします。また、デジタル機器上のコピーを用いて航空便や、到着時の入国管理官に提示する情報として利用する事もできます。
以下の国々に電子ビザを申請する資格があります:
  • アルバニア、アンドラ、アンゴラ、アンギラ、アンティグアバーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、アルバ、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バハマ、バルバドス、ベルギー、ベリーズ、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、ブルンジ、カンボジア、キャメロン連合共和国、カナダ、カーボベルデ、ケイマン島、チリ、中国、中国香港特別行政区、中国特別行政区マカオ、コロンビア、コモロ諸島、クック諸島、コスタリカ、 コートダジュール、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ジブチ、ドミニカ、ドミニカ共和国、東チモール、エクアドル、エルサルバドル、エリトリア、エストニア、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、ガンビア、グルジア、ドイツ、ガーナ、ギリシャ、グレナダ、グアテマラ、ギニア、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、インドネシア、イラン、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、キリバス、キルギスタン、ラオス、ラトビア、レソト、リベリア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マダガスカル、マラウィ、マレーシア、マリ、マルタ、マーシャル諸島、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、 モントセラト、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル共和国、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ニジェール共和国、ニウエ島、ノルウェー、オマーン、パラオ、パレスチナ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、大韓民国、マケドニア、ルーマニア、ロシア、ルワンダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サモア、サンマリノ、セネガル、セルビア、セーシェル、シエラレオネ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、ソロモン諸島、南アフリカ、スペイン、スリランカ、スリナム、スワジランド、スウェーデン、スイス、台湾、タジキスタン、タンザニア、タイ、トンガ、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島の島、ツバル、アラブ首長国連邦、ウガンダ、ウクライナ、イギリス、ウルグアイ、米国、ウズベキスタン、バヌアツ、バチカン市国、ベネズエラ、ベトナム、ザンビア共和国、ジンバブエ。

インドは予定の到着日から120日以内に申請する事を求めています。しかしながら、当社は適切な時期まで処理の順序を自動的に調整するので、いつでも申請する事ができます。

また、何がしかの予期せぬ遅延の場合に備え、到着予定日の4か前までには申請する事をお勧めします。

特定の1年間の間(1月から12月)に2回電子ビザに申請する事ができます。
いいえ、滞在期間を延長する事はできません。
インドは世界でもっとも人気の旅行先の1つです。インドが多くの人々にとって一生に一度は訪れたい国の1つだとよく耳にすると思います。その理由は様々です。ある人の目的はタージマハルを見る事だけかもしれませんが、またある人は精神性を求めてインドに行きたいと思っているかもしれません。理由はどうあれ、インドはタージマハルがあるからと言うだけでなく、一生に少なくとも1度は行ってみる価値のある国である事は間違いありません。そうです。タージマハルは今までに建設された中でも最も大きな愛の象徴ですが、この国にはそれ以上のものがあります。1例としては、インドは非常に精神性に富んだ国です。そこら中に数多くの寺院があり、それらは同じ神のために建設されたわけではありません。良くご存知かもしれませんが、インド人は多神教を信じており、これは彼らには複数の神々がいるという事です。これは重要ではありませんが、もしいくつかの寺院を訪れるなら、スタイルの違いに気づく事でしょう。これは訪れている寺院が先に訪れたものとは異なる神のために建設されている第1の印です。精神性に関して言えば、こういった寺院は単なる象徴ではありません。インド人は多くの祭事や儀式を持っています。彼らの神々や、そのうちの1つですら信じる必要は必ずしもありません。あらゆる意味で無神論者であって構いません。しかしながら、インドに行けば精神性はそういった事を超越します。彼らの儀式や宗教的祭事の1つを目撃すれば、きっと何かを感じるはずです。少なくとも鳥肌が立って、今までにない感情を体験するでしょう。こういった事を多くの人々が体験しています。事実問題として、あなたが無神論者であったとしても、それでもインドの宗教的儀式の美しさを理解する事ができるはずです。その行列は一般的に色彩に富んでおり、人々は不吉ながらも感情的な雰囲気を作り出しています。これは目撃するには素晴らしい光景です。インドにいるときはアシュラムを忘れないようにしましょう。これは人里離れた山地にある寺院です。アシュラムは静かでなければならないので、一般的に離れたところにあります。アシュラムの本質は解放と、静穏、瞑想、ヨガ、そして他のそういった事柄です。騒がしい場所でそういった事柄を体験する事はできないでしょう?インドに来た多くの人々がこういった寺院を訪れます。ある人は平穏と静寂を求め、またある人は単に自分自身を見つける事を望みます。それが各人にとって何を意味するにせよ。要点は、寺院にいる僧侶たちが非常にフレンドリーで、一般的に美味しい食べ物を持っていて、あなたが何か新しい体験ができるという事です。少なくとも、まだ知らなければヨガや瞑想の方法を学ぶことができます。インドの人々に関して言えば、きっと嬉しい驚きがあるでしょう。彼らは非常におもてなしの精神が強く、社交的です。訪れた都市のツアーを頼むために現地の人を雇う事もできます。いくつかのケースでは、地域の人々はすべての通りを把握しており、その土地の秘密を教えてくれるので、一般的なツアーガイドよりも優れています。加えて、より必要としている人にお金を上げるほうが良いでしょう。同時に、地域の人々は自分たちの家にあなたを招き、一緒にテーブルを囲む事を歓迎してくれます。彼らは例えそれほどでなくても、カルマをある程度信じています。知っておくべき事は、ツアーガイドと地域の人々との違いです。地域の人々がより多くの場所を知っているという事は事実ですが、彼らが英語を話せる可能性は低く、歴史についてもあまり知らないかもしれません。だとしても、歴史や景観などあなたが最も興味がある事を決めなければなりせん。インドについて悪い話も耳にした事があるはずです。そのいくつかは事実ですが、間違っている事もあります。もっとも重要な事柄の1つは衛生環境です。多くの場所が衛生的でないという事は事実で、いかなる場合でも水道から水を飲むべきではありません。常にペットボトルの水を買いましょう。また、レストランの選択にも気を付ける必要があります。あなたにできる最善の事は、訪れる前にある程度の下調べをする事です。健康問題を抱えていないレストランか、またはその可能性のあるレストランかどうかを判断する事ができます。哀しい事ですがこれが現実なので、その事を認識しておく必要があります。同時に、多くのインド人がガンジス川で水浴びをしているのを目にする事でしょう。同じようにする事はお勧めできません。ご想像の通り、現地に住む人々は、あなたに無い独自の免疫を発達させています。そしてガンジス川はあなたが見た事がある川の中でも清潔な部類ではないでしょう。牛の死体や、ときには人間の死体が浮いているのを目にするかもしれません。この川が廃棄物で汚染されている事は言うまでもありません。インド人にとっては一般的でも、あなたがこの川で水浴びをする事は良いアイディアではありません。多くの病気にかかる可能性があり、旅行を台無しにはしたくないはずです。もし寺院や他の観光地が目当てでないなら、インドには豪華なリゾート地もある事を知っておくべきでしょう。外部の事を気にする事なく白い砂浜での7日間を過ごす事ができます。豪華なリゾート地の食べ物は一般的においしく、衛生環境についても心配する必要はありません。加えて、人の多さのような不快な事柄に対処する必要がないのも、インドにおける大きなプラスです。それ以外では大いに楽しめるはずです。インドは世界の他の国々と同じように独自の長所と短所を持っていますが、要点はこの国には訪れる価値があるという事です。何の制限もないので、どの地域でも訪れる事ができ、もっとも良い点は選択肢が非常に豊富だという事です。インドで好きになれるものを見つけられない可能性は無いでしょう。