以下で特集:

今すぐインドの医療電子ビザを入手しましょう

iVisa.com provides expedited processing and guidance for any visa application since 2013. We are not affiliated with any Government Department.

A visa is required. We can assist in processing this document.

ビザのタイプ ビザのコスト Service Fee Number of Entries Processing Time
Tourist eVisa
ビザのコスト USD 102.50
Service Fee USD 35.00
Number of Entries Multiple
Processing Time 36 hours
今すぐ申請
ビジネス電子ビザ
ビザのコスト USD 102.50
Service Fee USD 45.00
Number of Entries Multiple
Processing Time 36 hours
今すぐ申請
医療電子ビザ
ビザのコスト USD 102.50
Service Fee USD 45.00
Number of Entries Triple
Processing Time 48 hours
今すぐ申請

How to Apply: 医療電子ビザ

オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPaypalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

Receive document via email

No need to deal with the embassy. We do it for you so you don't lose valuable time

目的地を入力してください

到着時にパスポートと当社が提供する書類を提示して下さい

今すぐ申請

Learn More: 医療電子ビザ

2014年11月、インド政府は43か国を対象としたオンラインの観光ビザ(電子ビザ)を導入しました。渡航者がビザを取得するために大使館を訪問する必要性をなくす事で、インドへの渡航を推進するために実施されました。2015年、インドは他の主要な世界の国々へ電子ビザの対象を広げました。2017年、インド政府は電子ビザプログラムを刷新し、医療渡航者のための特別なビザ下位区分を導入しました。

現時点では、160か国を超える国々からの医療渡航者が医療電子ビザに申請する事ができます。この医療電子ビザプログラムを利用する渡航者は、インドへの渡航の前にオンラインで申請と支払いをする事と、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。観光およびビジネス目的の電子ビザとは異なり、医療渡航者はこの電子ビザで最大3回までインドに入国できます。このプロセスは、インドでの治療を求める医療渡航者のために本当に簡素化されています。

この電子ビザは、インドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールで医療ビザが送付されます。

当社のビザ計算ツールをご利用ください

申請前のビザ費用の計算

お客様の声

Our customers have great stories about us

よくある質問

この医療電子ビザは、インドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。渡航の目的は医療でなければならず、治療はインドで有名な/評判の良い病院、もしくは治療センターで受けなければなりません。

申請のためには以下のものが必要です:

  • PDF形式でのパスポートの個人情報ページのデジタルコピー。
  • JPEG形式のパスポートのデジタル写真。
  • レターヘッドがあるインドの病院からのPDF形式の手紙
  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。

インドの医療電子ビザの費用は、国籍に応じて27米ドル、51.50米ドル、または102.50米ドルです。特定の国籍における費用を調べるためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。それ加えて標準的な処理には45米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには75米ドルがかかり、さらに早くするには110米ドルかかります。

選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:

  1. 標準的処理:4営業日。
  2. 迅速処理:3営業日。
  3. 超迅速処理:2営業日。

インドの医療電子ビザは発効後120日間有効です。これは発効後120日以内にインドに入国しなければならない事を意味しています。

重要:インド政府が許可している滞在日数は最大で到着初日から60日間です。もし2回目もしくは3回目の入国を希望する場合には、この60日間の内に行わなければならない事にご注意ください。

パスポートはインドへの到着時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。

特定の1年間の間(1月から12月)に最大で2回電子ビザを取得する事ができます。

承認され次第当社がイーメールで送信致しますので、インドへの入国の際にご提示ください。

承認された医療電子ビザを受けとったら、少なくとも1部印刷して、インドに到着後、オンライン申請の際に使用したものと同じパスポートと一緒に国境当局に提示する必要があります。滞在中は常に電子ビザのコピーを携帯する事を勧めします。

1回の入国あたりの滞在日数は最大で60日間です。

場合によります。インドは黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の照明を求めています。更なる情報はここで参照できます。

電子ビザの有効期間は、承認された医療費電子ビザ書類に規定された日付から開始されます。この有効期間内ならいつでもインドに入国できます。

このインドの観光電子ビザでは、26の指定空港 ( アーメダバード、アムリトサル、 バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、 ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム、ワーラーナシー、ヴィシャーカパトナム)と 5つの指定港湾 (コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ)を通じた入国の際に有効です。しかしながら、渡航者はインドの承認された入管検査所(ICP)ならどこからでも出国できます

医療電子ビザでは3回入国する事ができ、これは120日間の有効期間内なら3回までインドに出入国できると言う意味です。

インドはまだ発展途上国かもしれませんが、しっかりやっている事もあります。もちろん、非常に良く管理されている国の機関内のセクターもいくつかありますが、他では改善が必要です。その一方で、インドが医療観光産業で有名だという事を恐らく知っているはずです。その事が信じられない人もいるかもしれませんが、インドの医療観光産業は数十億ドル規模の産業です。データでは、インド以外の国の人々が2020年までには最大で70億円を支出する事が見込まれています。インドが医療を受けるための場所として選ばれている理由は、もちろんコストです。ご想像の通り、インドの医療コストは例えばアメリカ合衆国のものよりも遥かに低額です。加えて、非常に高い確率で同等の質のサービスを受ける事ができます。ですから結果として、特定の医療のためにアメリカ合衆国で数十万ドル費やす代わりに、人々はインドを訪れて僅か数千ドルで医療を受けています。これは相当な違いだと思いませんか?インドが発展途上国だったとしても、いくつかの病院には最新の医療テクノロジーが配備されている事を恐らく知っているはずです。ご想像の通り、重要な事はテクノロジーだけでなく、人的資源も同様に重要です。だとしても、医療観光産業で有名な病院の医師たちは、しばしばイギリスやアメリカ合衆国などの西側諸国で教育と訓練を受けています。基本的に、同じ治療を遥かに低価格で受ける事ができます。少なくともいくつかの事例ではそうです。コストに関して言えば、大まかな全体像としては医学的治療のコストはインドではアメリカ合衆国やイギリスの約10分の1です。代替医療のためのインドに行く人もいますが、股関節置換術や、心臓バイパス手術、目の手術、そして骨髄移植などのためにインドの医療を利用する事ができます。信じられないかもしれませんが、インドは心臓の手術に関してはもっともすぐれた国の中の1つです。ですから、手術が必要な心臓の問題を抱えており、費用面を理由に自国で治療を受けられる余裕がない場合は(これ以上悪い事が起き無い事をお祈りします)、必要な治療を受けるためにインドに行く事は、見過ごすべきでない選択肢です。医療観光産業は実際に上手くいっており、数千人の人々が毎年利用しています。人々が最も懸念しているのは治療の質です。結局、論点は発展途上国と安い価格です。こういった要素は、安い物には質が欠けているという誤解を人々に与えてしまう可能性がありますが、これはいつも正しいわけではありません。実際は、インドには33のJCI認定病院があり、医学的治療のために行くべき場所はチェンナイです。外国人の数と言う観点からいえば、この都市にはもっとも訪問患者の多い病院があります。統計によればチェンナイには12,500の病床があり、使用されている内の約半分は外国人によって使用されています。これらの病院の設備は非常に充実しており、スタッフも高い技能を有しています。インドの病院に入院する前にもっとも重要な事の1つは、適切な医者と病院を見つける事です。これは、治療の成功および充実した滞在とそうでないものとの間の差を作り出す組み合わせです。これを皮相的だと考える人もいるかもしれませんが、現実問題として医者と病院の組み合わせは非常に重要です。結局、すべての病院が特定の健康課題に特化しているわけではなく、医者についても同様です。要点は、適切な病院と医者を見つけるプロセスには、考えているよりも時間がかかる事があるという事です。この組み合わせを発見できたら、たくさんのイーメールをやり取りしなければならない長いプロセスがその後に待っています。紹介状やその他もろもろについては言うに及びません。心配の必要がない事の1つはコミュニケーションです。あなたはヒンズー語を話せないでしょうから、その事が問題になると考えているかもしれません。ご安心ください。病院の医療スタッフの大多数は英語を話す事ができます。加えて、その多くが英語を使ってインド国外で教育を受けています。インド政府は自国の医療観光産業という現象に気が付いており、これが医療目的で外国人が同国に入国できるように、入国プロセスを簡素化してきた理由です。政府が簡素化するアイディアを出すまでは、健診のために戻ってくる事は非常に困難でした。かつては長い時間待たなければならず、全体としてのプロセスは面倒なものでした。しかしながら今や状況は変化を遂げ、文字通りたったの数日でどんな必要な書類でも取得できるようになりました。加えて、要件を満たす事が容易な事も大きなプラスです。目的は健康の増進と、お役所仕事の削減に焦点を当てる事です。これだけでは解決されない多くの課題も残っていますが、その努力は評価されなければなりません。信じられないかもしれませんが、多くの人々には適切な書類を取得するための複雑なプロセスがもはや必要ではありません。結局のところ、残された疑問は、高額な医療を必要とする医学的な問題を抱えているときに、あなたがインドに行きたいかどうかという事です。答えはきっと「もちろん」だと思いますが、どうでしょう?インドの病院の設備が整っていて、スタッフがしっかり訓練されている限り、治療を受ける場所はほとんど問題ではありません。加えて、同じ治療を受けても費用が少ない場所が他にもある事を知っているのに、病気になったら破産しなければならない理由は無いはずです。そうでしょう?人々はインドについて多くの誤解をしています。そうです。この国には他のどの国とも同じように課題がありますが、医療に関してはきっと驚くはずです。結局、インドで毎年のように医療観光産業が成長しているのには理由があり、それは現地の医者と施設が満足できる以上のものであるという事実のみに依っています。もしそういった医療環境をより低価格で得られるのなら、更に良いはずです。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

もしビザの申請が政府機関によって承認されなかった場合、当社の承認保証に従って全額を返金致します。もし何がしかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、チャットでご連絡いただければ、サービス手数料を返金致します。申請時にミスがあった場合には、追加の費用を頂くことなく再度当社が処理をいたします。返金はご使用になったものと同一のクレジットカードへなされる事にご注意ください。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

もしビザがまだ処理のために提出されていないなら、全額返金を受ける事ができます。しかしながら、もし申請が提出された後ならば、当社は返金に応じる事はできません。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?