今すぐオンラインでインドの医療電子ビザ(e-VISA)を申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 医療電子ビザ

2014年11月、インド政府は43か国を対象としたオンラインの観光ビザ(電子ビザ)を導入しました。渡航者がビザを取得するために大使館を訪問する必要性をなくす事で、インドへの渡航を推進するために実施されました。2015年、インドは他の主要な世界の国々へ電子ビザの対象を広げました。2017年、インド政府は電子ビザプログラムを刷新し、医療渡航者のための特別なビザ下位区分を導入しました。

現時点では、160か国を超える国々からの医療渡航者が医療電子ビザに申請する事ができます。この医療電子ビザプログラムを利用する渡航者は、インドへの渡航の前にオンラインで申請と支払いをする事と、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。観光およびビジネス目的の電子ビザとは異なり、医療渡航者はこの電子ビザで最大3回までインドに入国できます。このプロセスは、インドでの治療を求める医療渡航者のために本当に簡素化されています。

この電子ビザは、インドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールで医療ビザが送付されます。


ご注意ください:あらゆる国の国民に対して発行された全ての既存のビザは、COVID-19に対してインド政府が制定した厳格な予防策として、2020年4月15日まで一時停止されます。

申請に必要な書類
  • Hospital Letter

  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Last Page of Passport (該当する場合)

重要な指示
  • インドの医療電子ビザでは3回入国する事ができます(3回入国ビザ)。
  • このインドの医療電子ビザは3回入国ビザですが、例えば1月から12月までなどの1年間で最大でが3回使用できる事にご注意ください。
  • 渡航者は電子ビザを1年間で2部までしか取得できません。
  • このインドの医療電子ビザは発効後120日間有効です。この期間内ならいつでもインドに入国できます。この120日間の期間外に申請した場合には、iVisaはその申請が適切な日時に通過する事を保証する特別なサービスを提供している事にご注意ください。このサービスによって渡航者はいつでも申請できます。
  • このビザの所有者がインドに滞在できるのは最大で60日間です。
  • 申請者は渡航の際にこのインドのビザのコピーを携帯すべきです。
  • このインドの観光電子ビザでは、26の指定空港 ( アーメダバード、アムリトサル、 バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、 ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム、ワーラーナシー、ヴィシャーカパトナム)と 5つの指定港湾 (コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ)を通じた入国の際に有効です。しかしながら、渡航者はインドの承認された入管検査所(ICP)ならどこからでも出国できます。
  • このインドの医療電子ビザを延長する事はできません。 *パスポートはインドへの到着時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。
  • 黄熱の影響下にある国の国民は、インドへの到着時に黄熱予防接種カードを携帯していなければ、到着後の6日間隔離される可能性があります。黄熱の影響下にある国についてはここをご覧ください。
  • 申請者はこの医療電子ビザを申請した際に用いたパスポートを持って到着しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この医療電子ビザは、インドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。渡航の目的は医療でなければならず、治療はインドで有名な/評判の良い病院、もしくは治療センターで受けなければなりません。

申請のためには以下のものが必要です:

  • Hospital Letter

  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Last Page of Passport (該当する場合)

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

インドの医療電子ビザの費用は、国籍に応じて27米ドル、51.50米ドル、または102.50米ドルです。特定の国籍における費用を調べるためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。それ加えて標準的な処理には45米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには75米ドルがかかり、さらに早くするには110米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:4営業日。
  2. 迅速処理:3営業日。
  3. 超迅速処理:2営業日。

インドの医療電子ビザは発効後120日間有効です。これは発効後120日以内にインドに入国しなければならない事を意味しています。

重要:インド政府が許可している滞在日数は最大で到着初日から60日間です。もし2回目もしくは3回目の入国を希望する場合には、この60日間の内に行わなければならない事にご注意ください。

パスポートはインドへの到着時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。
特定の1年間の間(1月から12月)に最大で2回電子ビザを取得する事ができます。
承認され次第当社がイーメールで送信致しますので、インドへの入国の際にご提示ください。
承認された医療電子ビザを受けとったら、少なくとも1部印刷して、インドに到着後、オンライン申請の際に使用したものと同じパスポートと一緒に国境当局に提示する必要があります。滞在中は常に電子ビザのコピーを携帯する事を勧めします。
1回の入国あたりの滞在日数は最大で60日間です。
状況に応じて異なります。インドでは黄熱病のリスクがある国から渡航する際には予防接種の証明書が必要になります。詳細はここからご覧ください。
電子ビザの有効期間は、承認された医療費電子ビザ書類に規定された日付から開始されます。この有効期間内ならいつでもインドに入国できます。
このインドの観光電子ビザでは、26の指定空港 ( アーメダバード、アムリトサル、 バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、 ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム、ワーラーナシー、ヴィシャーカパトナム)と 5つの指定港湾 (コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ)を通じた入国の際に有効です。しかしながら、渡航者はインドの承認された入管検査所(ICP)ならどこからでも出国できます
医療電子ビザでは3回入国する事ができ、これは120日間の有効期間内なら3回までインドに出入国できると言う意味です。
インドはまだ発展途上国かもしれませんが、しっかりやっている事もあります。もちろん、非常に良く管理されている国の機関内のセクターもいくつかありますが、他では改善が必要です。その一方で、インドが医療観光産業で有名だという事を恐らく知っているはずです。その事が信じられない人もいるかもしれませんが、インドの医療観光産業は数十億ドル規模の産業です。データでは、インド以外の国の人々が2020年までには最大で70億円を支出する事が見込まれています。インドが医療を受けるための場所として選ばれている理由は、もちろんコストです。ご想像の通り、インドの医療コストは例えばアメリカ合衆国のものよりも遥かに低額です。加えて、非常に高い確率で同等の質のサービスを受ける事ができます。ですから結果として、特定の医療のためにアメリカ合衆国で数十万ドル費やす代わりに、人々はインドを訪れて僅か数千ドルで医療を受けています。これは相当な違いだと思いませんか?インドが発展途上国だったとしても、いくつかの病院には最新の医療テクノロジーが配備されている事を恐らく知っているはずです。ご想像の通り、重要な事はテクノロジーだけでなく、人的資源も同様に重要です。だとしても、医療観光産業で有名な病院の医師たちは、しばしばイギリスやアメリカ合衆国などの西側諸国で教育と訓練を受けています。基本的に、同じ治療を遥かに低価格で受ける事ができます。少なくともいくつかの事例ではそうです。コストに関して言えば、大まかな全体像としては医学的治療のコストはインドではアメリカ合衆国やイギリスの約10分の1です。代替医療のためのインドに行く人もいますが、股関節置換術や、心臓バイパス手術、目の手術、そして骨髄移植などのためにインドの医療を利用する事ができます。信じられないかもしれませんが、インドは心臓の手術に関してはもっともすぐれた国の中の1つです。ですから、手術が必要な心臓の問題を抱えており、費用面を理由に自国で治療を受けられる余裕がない場合は(これ以上悪い事が起き無い事をお祈りします)、必要な治療を受けるためにインドに行く事は、見過ごすべきでない選択肢です。医療観光産業は実際に上手くいっており、数千人の人々が毎年利用しています。人々が最も懸念しているのは治療の質です。結局、論点は発展途上国と安い価格です。こういった要素は、安い物には質が欠けているという誤解を人々に与えてしまう可能性がありますが、これはいつも正しいわけではありません。実際は、インドには33のJCI認定病院があり、医学的治療のために行くべき場所はチェンナイです。外国人の数と言う観点からいえば、この都市にはもっとも訪問患者の多い病院があります。統計によればチェンナイには12,500の病床があり、使用されている内の約半分は外国人によって使用されています。これらの病院の設備は非常に充実しており、スタッフも高い技能を有しています。インドの病院に入院する前にもっとも重要な事の1つは、適切な医者と病院を見つける事です。これは、治療の成功および充実した滞在とそうでないものとの間の差を作り出す組み合わせです。これを皮相的だと考える人もいるかもしれませんが、現実問題として医者と病院の組み合わせは非常に重要です。結局、すべての病院が特定の健康課題に特化しているわけではなく、医者についても同様です。要点は、適切な病院と医者を見つけるプロセスには、考えているよりも時間がかかる事があるという事です。この組み合わせを発見できたら、たくさんのイーメールをやり取りしなければならない長いプロセスがその後に待っています。紹介状やその他もろもろについては言うに及びません。心配の必要がない事の1つはコミュニケーションです。あなたはヒンズー語を話せないでしょうから、その事が問題になると考えているかもしれません。ご安心ください。病院の医療スタッフの大多数は英語を話す事ができます。加えて、その多くが英語を使ってインド国外で教育を受けています。インド政府は自国の医療観光産業という現象に気が付いており、これが医療目的で外国人が同国に入国できるように、入国プロセスを簡素化してきた理由です。政府が簡素化するアイディアを出すまでは、健診のために戻ってくる事は非常に困難でした。かつては長い時間待たなければならず、全体としてのプロセスは面倒なものでした。しかしながら今や状況は変化を遂げ、文字通りたったの数日でどんな必要な書類でも取得できるようになりました。加えて、要件を満たす事が容易な事も大きなプラスです。目的は健康の増進と、お役所仕事の削減に焦点を当てる事です。これだけでは解決されない多くの課題も残っていますが、その努力は評価されなければなりません。信じられないかもしれませんが、多くの人々には適切な書類を取得するための複雑なプロセスがもはや必要ではありません。結局のところ、残された疑問は、高額な医療を必要とする医学的な問題を抱えているときに、あなたがインドに行きたいかどうかという事です。答えはきっと「もちろん」だと思いますが、どうでしょう?インドの病院の設備が整っていて、スタッフがしっかり訓練されている限り、治療を受ける場所はほとんど問題ではありません。加えて、同じ治療を受けても費用が少ない場所が他にもある事を知っているのに、病気になったら破産しなければならない理由は無いはずです。そうでしょう?人々はインドについて多くの誤解をしています。そうです。この国には他のどの国とも同じように課題がありますが、医療に関してはきっと驚くはずです。結局、インドで毎年のように医療観光産業が成長しているのには理由があり、それは現地の医者と施設が満足できる以上のものであるという事実のみに依っています。もしそういった医療環境をより低価格で得られるのなら、更に良いはずです。