今すぐオンラインでインドのビジネス電子ビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ビジネス電子ビザ

2014年11月、インド政府は43か国を対象としたオンラインの観光ビザ(電子ビザ)を導入しました。渡航者がビザを取得するために大使館を訪問する必要性をなくす事で、インドへの渡航を推進するために実施されました。2015年、インドは他の主要な世界の国々へ電子ビザの対象を広げました。2017年、インド政府は電子ビザプログラムを刷新し、ビジネス渡航者のための特別なビザ下位区分を導入しました。

現時点では、160か国を超える国々からのビジネス渡航者がビジネス電子ビザに申請する事ができます。このビジネス電子ビザプログラムを利用する渡航者は、インドへの渡航の前にオンラインで申請と支払いをする事と、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。このプロセスは忙しいビジネス渡航者にとって非常に簡便で、今や大使館にパスポートを送付する必要はありません。

この電子ビザは、インドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビジネスビザが送付されます。


ご注意ください:あらゆる国の国民に対して発行された全ての既存のビザは、COVID-19に対してインド政府が制定した厳格な予防策として、2020年4月15日まで一時停止されます。

申請に必要な書類
  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Last Page of Passport (該当する場合)

重要な指示
  • インドのビジネス電子ビザでは2回入国する事ができます(2回入国ビザ)。
  • このインドのビジネス電子ビザは2回入国ビザですが、例えば1月から12月までなどの1年間で最大で2回使用できる事にご注意ください。
  • 渡航者は1年間で2部までしか電子ビザを取得できません。
  • このインドのビジネス電子ビザは発効後120日間有効です。この期間内ならいつでもインドに入国できます。この120日間の期間外に申請した場合には、iVisaはその申請が適切な日時に通過する事を保証するための特別なサービスを提供している事にご注意ください。このサービスによって渡航者はいつでも申請できます。
  • 空港から外に出ず乗り継ぎエリアにとどまる場合には、ビザは必要ありません。
  • ビザの所有者がインドに滞在できるのは最大で60日間です。
  • 申請者は渡航の際にこのインドのビザのコピーを携帯すべきです。
  • このインドの観光電子ビザでは、26の指定空港 ( アーメダバード、アムリトサル、 バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、 ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム、ワーラーナシー、ヴィシャーカパトナム)と、 5つの指定港湾 (コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ)を通じた入国の際に有効です。しかしながら、渡航者はインドの承認された入管検査所(ICP)ならどこからでも出国できます。
  • このインドの電子ビザを延長する事はできません。 *パスポートはインドへの到着時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。
  • 黄熱の影響下にある国の国民は到着時に黄熱予防接種カードを携帯していなければ、到着後の6日間隔離される可能性があります。黄熱の影響下にある国についてはここをご覧ください。
  • 申請者はこのビジネス電子ビザを申請した際に用いたパスポートを持って到着しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

このインドのビジネス電子ビザは、ビジネス目的でのインドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。
インドのビジネス電子ビザの費用は、国籍に応じて27米ドル、51.50米ドル、または102.50米ドルです。特定の国籍における費用を調べるためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。それ加えて標準的な処理には45米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには75米ドルがかかり、さらに早くするには110米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:4営業日。
  2. 迅速処理:3営業日。
  3. 超迅速処理:2営業日。

インドのビジネス電子ビザは発効後120日間有効です。これは発効後120日以内にインドに入国しなければならない事を意味しています。

重要:インド政府が許可している滞在日数は最大で到着日から60日間です。もし2回目の入国を希望する場合には、この60日間の内に行わなければならない事にご注意ください。

パスポートはインドへの到着時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。
このインドの観光電子ビザでは、26の指定空港 ( アーメダバード、アムリトサル、 バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、 ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム、ワーラーナシー、ヴィシャーカパトナム)と 5つの指定港湾(コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ)を通じた入国の際に有効です。
しかしながら、渡航者はインドの承認された入管検査所(ICP)ならどこからでも出国できます。
承認され次第当社がイーメールで送信致しますので、インドへの入国の際にご提示ください。
電子ビザの有効期間は承認されたビジネス電子ビザ書類に規定された日付から開始されます。この有効期間内ならいつでもインドに入国できます。
状況に応じて異なります。インドでは黄熱病のリスクがある国から渡航する際には予防接種の証明書が必要になります。詳細はここからご覧ください。
承認されたビジネス電子ビザを受けとったら、少なくとも1部印刷して、インドに到着後、オンライン申請の際に使用したものと同じパスポートと一緒に国境当局に提示する必要があります。滞在中は常に電子ビザのコピーを携帯する事を勧めします。
インドのビジネス電子ビザを用いると、発効から120日間の有効期間内に2回入国する事ができます。
いいえ、滞在期間を延長する事はできません。しかしながら、この電子ビザは2回入国ビザなので、いったんインドを出国し、再入国して更に60日間(もしくは電子ビザが失効するまで)滞在する事ができます。
以下のビジネス活動が許可されています:
  • 産業/ビジネスベンチャーの設立
  • 販売/購入/取引
  • 技術的/ビジネス会議への出席
  • 人員募集
  • 展示会、展覧会、ビジネスフェア
  • 現在進行中のプロジェクトに関連するエキスパート/スペシャリストとの面会
  • ツアーの実施
観光電子ビザと同様に、インドは予定の到着日から120日以内に申請する事を求めています。しかしながら、当社は適切な時期まで処理の順序を自動的に調整するので、いつでも申請する事ができます。
外国でビジネスをする事を望むとき常にまずしなければならない事は、その国のビジネスマナーをある程度調べておく事です。これは常識ですが、もし異なる大陸に行くのならとりわけ大切です。あなたの国に近い国なら同じ習慣や仕事の仕方をしているかもしれませんが、それでも常にそうとは限りませんし、遠く離れた国なら大抵は尊重すべき全く異なる文化を持っているでしょう。まず初めにできる事は、現地に行ったときに誰かを傷つけないように資料を読んでおくことです。 そのことはインドに対しても違いはなく、この国は世界のほとんどの国とも異なる文化を持っています。現地に連絡係を置くことを考える前に、インドのビジネスマナーについてある程度学んでおくべきです。様々なことがらが彼らの文化に根差しているので、あるものは奇異に感じられる一方で、またあるものは合理的なように思われるかもしれません。だとしても、誰もそういった情報をすべて持って生まれるわけではありません。そしてこの記事の目的はあなたにそういった基本的な情報を提供する事です。まず初めに知るべき事はインドにおけるビジネスの考え方です。常に1人のボスがいて、そのインドのボスは、もしその特定の仕事が誰か階級の低い者によってできるものなら、ほとんど何もしません。これは無礼でも無責任でもなく、ステータスのシンボルです。その人物はその立場につくために必死に働いたその結果として、彼は今楽をしているという事です。リーダーの責任と混同してはいけません。仕事は大抵、他の国よりもちょっと遅い午前10時に始まります。しかしながら、中にはこの習慣を変更して、過密を避けるために午前7時に始業しようとしている会社もあります。インドには2つのタイプのビジネスがあります。1つ目のタイプは、あなたが現在働いているものとほとんど似たようなものです。これは投資家とビジネスに関するややこしい無意味な儀式があるという事です。2つ目のタイプは家族経営のビジネスです。どちらに注意を向けるかはあなた次第です。どちらの状況においても、意思決定は立場が一番上の人物によってなされます。中間レベルの従業員との交渉に費やされる労力がかからないので便利です。挨拶に関して言えば、インドでは階層が非常に重要だという事を知っておくべきです。結果として、会議室に入ったり、昼食をしながら誰かと面会したりするときには、部屋の中で一番位の高い人物から挨拶する必要があります。また、もっとも年長の人物から始めなければなりません。こうする事で大いに敬意を示す事ができます。同時に、インド人は肩書を非常に大切にします。もしあなたの話している人物が肩書を持っているなら、常にそれを用いましょう。例えば、対応している人物が医者や教授なら、会話するときや言及するときは常にその肩書を用いるべきです。もしそういった肩書がない場合には、ミスターや、ミセス、またはミスを用いなければなりません。インド人とビジネスを行う場合には、会話術もマスターしなければなりません。極めて話し上手である必要はありませんが、何を言うべきで、何を言わないべきかは知っておく必要があります。インド人はクリケットや、映画、政治など些細な事について話す事が大好きです。また、彼らは最近の情報について話す事も好みます。何を話せばいいか分からないなら、そういった事を事前にある程度調べておくべきでしょう。インド人は彼らの文化を大変誇りに思っているので、その事について話す事がもっとも重要です。加えて、あなたが彼らの歴史について何かを知っていれば、彼らの目にはあなたが良く映るはずです。インド人は英語とヒンズー語を話します。全く問題はないはずです。しかしながら、雑談するときにもっとも触れてはいけない事柄は宗教です。彼らは非常に寛容な人々ですが、宗教について話す事は好みません。また、インド人はNOなどのネガティブな言葉は使いません。これが「もしかしたら(maybe)」のような言葉を耳にする理由ですが、それはNOと言う意味かもしれません。けれども彼らのボディランゲージは非常に雄弁です。そこから彼らの言いたい事が分かるかもしれません。ですから、もし誰かがYESと言っても首をうなずきも振りもしていなかったら、それはNOです。はっきりとした答えを得るために気づくように努めましょう。ミーティングの予定を立てるときは1カ月前には行いましょう。これは相当ですが、これがインドで上手くやるための方法です。インド人は時間を守る事を好みますが、恐らくあなたのミーティングには遅れてくるでしょう。これはよくある事なので悪くとらないようにしましょう。もし男性なら常にスーツを身につけ、女性なら常にパンツスーツか膝の隠れるスカート/ドレスを着用しなければなりません。インドは暑い国なので、ジャケットを脱いで長袖シャツでいてもいいかもしれません。インドではビジネスの場面でも贈り物を送るのが習わしですが、贈り物を受け取った人物は、贈り主がいなくなるまでその贈り物を開ける事はありません。しかしながら、革製品や革の含まれた物を贈り物としてインド人に贈ってはいけません。ほとんどのインド人はベジタリアンなので、革製品を不快に感じてしまいます。加えて、かれらにとって神聖な動物が何かわかっていますよね?昼食に行ったときは、たとえ左利きであっても右手で食べるべきです。これはインド人にとっては左手が不浄だとされているからです。足も不浄とされているので、誰かに向けたまましてはいけません。しかしながら、頭部は空にもっとも近い事から魂の座と考えられています。例え相手が子供であってもインド人の頭部に触れてはなりません。ご覧の通り、国ごとに個性があります。インド人のビジネス習慣はあまり一般的ではないかもしれませんが、物事の成り行きは分かるはずです。外国に行くときは自分のルールではなく現地をルールに従う必要があります。加えて、あなたのビジネスにとってもそういったルールを尊重する事が最善です。成功の見込みがより高まるでしょう。加えて、このリストには従う事ができないものは無いと認める事ができるはずです。