以下で特集:

今すぐインドのビジネス電子ビザを入手しましょう

iVisa.com provides expedited processing and guidance for any visa application since 2013. We are not affiliated with any Government Department.

A visa is required. We can assist in processing this document.

ビザのタイプ ビザのコスト Service Fee Number of Entries Processing Time
Tourist eVisa
ビザのコスト USD 27.00
Service Fee USD 35.00
Number of Entries Multiple
Processing Time 36 hours
今すぐ申請
ビジネス電子ビザ
ビザのコスト USD 27.00
Service Fee USD 45.00
Number of Entries Multiple
Processing Time 36 hours
今すぐ申請
医療電子ビザ
ビザのコスト USD 27.00
Service Fee USD 45.00
Number of Entries Triple
Processing Time 48 hours
今すぐ申請

How to Apply: ビジネス電子ビザ

オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPaypalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

Receive document via email

No need to deal with the embassy. We do it for you so you don't lose valuable time

目的地を入力してください

到着時にパスポートと当社が提供する書類を提示して下さい

今すぐ申請

Learn More: ビジネス電子ビザ

2014年11月、インド政府は43か国を対象としたオンラインの観光ビザ(電子ビザ)を導入しました。渡航者がビザを取得するために大使館を訪問する必要性をなくす事で、インドへの渡航を推進するために実施されました。2015年、インドは他の主要な世界の国々へ電子ビザの対象を広げました。2017年、インド政府は電子ビザプログラムを刷新し、ビジネス渡航者のための特別なビザ下位区分を導入しました。

現時点では、160か国を超える国々からのビジネス渡航者がビジネス電子ビザに申請する事ができます。このビジネス電子ビザプログラムを利用する渡航者は、インドへの渡航の前にオンラインで申請と支払いをする事と、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。このプロセスは忙しいビジネス渡航者にとって非常に簡便で、今や大使館にパスポートを送付する必要はありません。

この電子ビザは、インドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビジネスビザが送付されます。

当社のビザ計算ツールをご利用ください

申請前のビザ費用の計算

お客様の声

Our customers have great stories about us

よくある質問

このインドのビジネス電子ビザは、ビジネス目的でのインドへの入国と、インド国内での移動を許可する公式の書類です。

申請のためには以下のものが必要です:

  • PDF形式でのパスポートの個人情報ページのデジタルコピー。
  • JPEG形式のパスポートのデジタル写真。
  • PDF形式での名刺のコピー(利用可能な名刺が無い場合には、当社が適切なものを作成いたします)。
  • 払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。

インドのビジネス電子ビザの費用は、国籍に応じて27米ドル、51.50米ドル、または102.50米ドルです。特定の国籍における費用を調べるためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。それ加えて標準的な処理には45米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには75米ドルがかかり、さらに早くするには110米ドルかかります。

選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:

  1. 標準的処理:4営業日。
  2. 迅速処理:3営業日。
  3. 超迅速処理:2営業日。

インドのビジネス電子ビザは発効後120日間有効です。これは発効後120日以内にインドに入国しなければならない事を意味しています。

重要:インド政府が許可している滞在日数は最大で到着日から60日間です。もし2回目の入国を希望する場合には、この60日間の内に行わなければならない事にご注意ください。

パスポートはインドへの到着時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。

このインドの観光電子ビザでは、26の指定空港 ( アーメダバード、アムリトサル、 バッグドグラ、ベンガルール、カリカット、チェンナイ、チャンディーガル、コーチン、コインバトール、デリー、ガヤ、ゴア、 グワーハーティー、ハイデラバード、ジャイプール、コルカタ、ラクナウ、マドゥライ、マンガロール、ムンバイ、 ナーグプル、プネー、ティルチラーパッリ、トリバンドラム、ワーラーナシー、ヴィシャーカパトナム)と 5つの指定港湾(コーチン、ゴア、マンガロール、ムンバイ、チェンナイ)を通じた入国の際に有効です。
しかしながら、渡航者はインドの承認された入管検査所(ICP)ならどこからでも出国できます。

承認され次第当社がイーメールで送信致しますので、インドへの入国の際にご提示ください。

電子ビザの有効期間は承認されたビジネス電子ビザ書類に規定された日付から開始されます。この有効期間内ならいつでもインドに入国できます。

場合によります。インドは黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の照明を求めています。更なる情報はここで参照できます。

承認されたビジネス電子ビザを受けとったら、少なくとも1部印刷して、インドに到着後、オンライン申請の際に使用したものと同じパスポートと一緒に国境当局に提示する必要があります。滞在中は常に電子ビザのコピーを携帯する事を勧めします。

インドのビジネス電子ビザを用いると、発効から120日間の有効期間内に2回入国する事ができます。

いいえ、滞在期間を延長する事はできません。しかしながら、この電子ビザは2回入国ビザなので、いったんインドを出国し、再入国して更に60日間(もしくは電子ビザが失効するまで)滞在する事ができます。

以下のビジネス活動が許可されています:

  • 産業/ビジネスベンチャーの設立
  • 販売/購入/取引
  • 技術的/ビジネス会議への出席
  • 人員募集
  • 展示会、展覧会、ビジネスフェア
  • 現在進行中のプロジェクトに関連するエキスパート/スペシャリストとの面会
  • ツアーの実施

観光電子ビザと同様に、インドは予定の到着日から120日以内に申請する事を求めています。しかしながら、当社は適切な時期まで処理の順序を自動的に調整するので、いつでも申請する事ができます。

外国でビジネスをする事を望むとき常にまずしなければならない事は、その国のビジネスマナーをある程度調べておく事です。これは常識ですが、もし異なる大陸に行くのならとりわけ大切です。あなたの国に近い国なら同じ習慣や仕事の仕方をしているかもしれませんが、それでも常にそうとは限りませんし、遠く離れた国なら大抵は尊重すべき全く異なる文化を持っているでしょう。まず初めにできる事は、現地に行ったときに誰かを傷つけないように資料を読んでおくことです。 そのことはインドに対しても違いはなく、この国は世界のほとんどの国とも異なる文化を持っています。現地に連絡係を置くことを考える前に、インドのビジネスマナーについてある程度学んでおくべきです。様々なことがらが彼らの文化に根差しているので、あるものは奇異に感じられる一方で、またあるものは合理的なように思われるかもしれません。だとしても、誰もそういった情報をすべて持って生まれるわけではありません。そしてこの記事の目的はあなたにそういった基本的な情報を提供する事です。まず初めに知るべき事はインドにおけるビジネスの考え方です。常に1人のボスがいて、そのインドのボスは、もしその特定の仕事が誰か階級の低い者によってできるものなら、ほとんど何もしません。これは無礼でも無責任でもなく、ステータスのシンボルです。その人物はその立場につくために必死に働いたその結果として、彼は今楽をしているという事です。リーダーの責任と混同してはいけません。仕事は大抵、他の国よりもちょっと遅い午前10時に始まります。しかしながら、中にはこの習慣を変更して、過密を避けるために午前7時に始業しようとしている会社もあります。インドには2つのタイプのビジネスがあります。1つ目のタイプは、あなたが現在働いているものとほとんど似たようなものです。これは投資家とビジネスに関するややこしい無意味な儀式があるという事です。2つ目のタイプは家族経営のビジネスです。どちらに注意を向けるかはあなた次第です。どちらの状況においても、意思決定は立場が一番上の人物によってなされます。中間レベルの従業員との交渉に費やされる労力がかからないので便利です。挨拶に関して言えば、インドでは階層が非常に重要だという事を知っておくべきです。結果として、会議室に入ったり、昼食をしながら誰かと面会したりするときには、部屋の中で一番位の高い人物から挨拶する必要があります。また、もっとも年長の人物から始めなければなりません。こうする事で大いに敬意を示す事ができます。同時に、インド人は肩書を非常に大切にします。もしあなたの話している人物が肩書を持っているなら、常にそれを用いましょう。例えば、対応している人物が医者や教授なら、会話するときや言及するときは常にその肩書を用いるべきです。もしそういった肩書がない場合には、ミスターや、ミセス、またはミスを用いなければなりません。インド人とビジネスを行う場合には、会話術もマスターしなければなりません。極めて話し上手である必要はありませんが、何を言うべきで、何を言わないべきかは知っておく必要があります。インド人はクリケットや、映画、政治など些細な事について話す事が大好きです。また、彼らは最近の情報について話す事も好みます。何を話せばいいか分からないなら、そういった事を事前にある程度調べておくべきでしょう。インド人は彼らの文化を大変誇りに思っているので、その事について話す事がもっとも重要です。加えて、あなたが彼らの歴史について何かを知っていれば、彼らの目にはあなたが良く映るはずです。インド人は英語とヒンズー語を話します。全く問題はないはずです。しかしながら、雑談するときにもっとも触れてはいけない事柄は宗教です。彼らは非常に寛容な人々ですが、宗教について話す事は好みません。また、インド人はNOなどのネガティブな言葉は使いません。これが「もしかしたら(maybe)」のような言葉を耳にする理由ですが、それはNOと言う意味かもしれません。けれども彼らのボディランゲージは非常に雄弁です。そこから彼らの言いたい事が分かるかもしれません。ですから、もし誰かがYESと言っても首をうなずきも振りもしていなかったら、それはNOです。はっきりとした答えを得るために気づくように努めましょう。ミーティングの予定を立てるときは1カ月前には行いましょう。これは相当ですが、これがインドで上手くやるための方法です。インド人は時間を守る事を好みますが、恐らくあなたのミーティングには遅れてくるでしょう。これはよくある事なので悪くとらないようにしましょう。もし男性なら常にスーツを身につけ、女性なら常にパンツスーツか膝の隠れるスカート/ドレスを着用しなければなりません。インドは暑い国なので、ジャケットを脱いで長袖シャツでいてもいいかもしれません。インドではビジネスの場面でも贈り物を送るのが習わしですが、贈り物を受け取った人物は、贈り主がいなくなるまでその贈り物を開ける事はありません。しかしながら、革製品や革の含まれた物を贈り物としてインド人に贈ってはいけません。ほとんどのインド人はベジタリアンなので、革製品を不快に感じてしまいます。加えて、かれらにとって神聖な動物が何かわかっていますよね?昼食に行ったときは、たとえ左利きであっても右手で食べるべきです。これはインド人にとっては左手が不浄だとされているからです。足も不浄とされているので、誰かに向けたまましてはいけません。しかしながら、頭部は空にもっとも近い事から魂の座と考えられています。例え相手が子供であってもインド人の頭部に触れてはなりません。ご覧の通り、国ごとに個性があります。インド人のビジネス習慣はあまり一般的ではないかもしれませんが、物事の成り行きは分かるはずです。外国に行くときは自分のルールではなく現地をルールに従う必要があります。加えて、あなたのビジネスにとってもそういったルールを尊重する事が最善です。成功の見込みがより高まるでしょう。加えて、このリストには従う事ができないものは無いと認める事ができるはずです。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

もしビザの申請が政府機関によって承認されなかった場合、当社の承認保証に従って全額を返金致します。もし何がしかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、チャットでご連絡いただければ、サービス手数料を返金致します。申請時にミスがあった場合には、追加の費用を頂くことなく再度当社が処理をいたします。返金はご使用になったものと同一のクレジットカードへなされる事にご注意ください。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

もしビザがまだ処理のために提出されていないなら、全額返金を受ける事ができます。しかしながら、もし申請が提出された後ならば、当社は返金に応じる事はできません。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?