logo logo
ja | $ USD
香港
3,250+ iVisaが処理する旅行書類
 
   
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1.2M ハッピー・カスタマー

24/7サポート

+42,000 レビュー

10 経験年数

98% ビザ認可率

さらに詳しく: 到着前の登録

最終更新日2023年4月

Hong Kong pre-arrival registration PAR for Indian nationals は電子文書であり、インドの一般旅券所持者は、1回の滞在が14日以内であれば、紙のビザを取得することなく香港に複数回渡航することができる。

[、iVisa.comのユーザーフレンドリーなビザ申請プロセス(-)で、(https://www.ivisa.com/apply-online/hong-kong) 。入国要件、COVID-19規制、未成年者との旅行など、その他の重要な渡航情報は以下をご覧ください。

-香港の事前登録とは何ですか?

-2017年、香港到着前登録(Hong Kong pre-arrival registration)が導入され、 インド人がビザなしで香港 特別行政区(HKSAR)に14日間まで渡航する場合に利用できるようになりました。この書類は、当社の専門ビザエージェントが香港当局に提出し、内容を確認し、-到着前登録が正しく記入されていることを確認します。

適切なビザや渡航書類をお持ちでない外国籍の方は、入国を拒否される場合がありますので、今すぐiVisa.comの専門エージェントにインド人の入国要件についてご相談ください。

誰が香港PARを申請できますか?

-香港到着前登録(Pre-arrival registration)は、 ビザ の取得を希望するすべてのインド国民に義務付けられています。

有効なインド・パスポートと事前登録(-)をリンクさせたインド国籍の方は、事前に紙のビザを申請することなく香港に入国することができます。香港PARは、14日間まで香港を訪問するインドのパスポート保持者のみが利用できることにご注意ください。香港で就労または就学を希望するインド国籍の方は、香港ビザを申請してください。

事前登録(-)で香港にどのくらい滞在できますか?

インド国籍の方は 14日間まで香港を訪問することができます香港PAR申請完了後 、インドからの訪問者は空港のトランジットエリアから出る際にもこの書類を使用することができます。-到着前の登録は最長6ヶ月間有効で、有効なインドのパスポートを持つ旅行者は、この登録を使って何度も香港に入国することができる。

インドのパスポート所持者の最低申請要件は何ですか?

インドのパスポートをお持ちの方が事前登録(-)を申請するには、以下の情報と書類の提出が必要です:

      • インドのパスポートのコピーで、有効期限が入国日から6ヶ月以上あるもの** 香港に入国するインド国籍の方には、-が厳格に義務付けられています。
      • 有効なEメールアドレス** 確認書と承認されたPARのコピーをお送りします。

インド国籍の方で、パスポートの有効期限が間もなく切れることが判明した場合は、今すぐ更新し、滞在中およびその後も有効なインド・パスポートで申請ができるようにしてください。

以前に有効なHKSARトラベルパスをお持ちのインド国籍の方は、英国の旧植民地にスムーズに入国するために、新しいパスポートに関連付ける別のPAR通知票が必要になる場合があります。

香港を通過する場合、-到着前登録は必要ですか?

インド国籍の方 は、直接トランジットで空港のトランジットエリアから出ない場合に限り、-到着前登録 の必要なく香港を通過することができます。空港またはトランジットエリアから長期間の離脱を希望する場合も、申請が必要です。香港入国管理局当局は、旅行者が入国審査を通過する際、または空港から出国する際にこの書類を要求します。

インド人として香港に入国するための事前登録(-)の申請方法

-香港事前渡航登録 簡単な3ステップで取得できます:

  • まず、 、すべての情報を読み、個人情報を記入してください。次に、希望する手続き時間を選択します。
  • 次に、 、情報をダブルチェックし、-、iVisa.comのサービス料金をデビットカードまたはクレジットカードでお支払いください。
  • 3番目 、必要な書類を添付し、送信ボタンをクリックして申請フォームを確認します。

全ての情報をよく読み、 ダブルチェック- 誤字脱字がないかを確認してください。誤字脱字があった場合、すでにフォームを送信してしまっていると、変更が難しい場合があります。記入済みの事前渡航承認書- をEメール で受け取ったら、 を印刷して 香港到着時に空港職員に見せる必要があります。

-香港到着前登録の申請にはいくらかかりますか?

この書類は、ビザなしで観光やビジネスで香港を訪れたいインド市民にとって不可欠です。有効なインドのパスポートをお持ちであれば、[【iVisa.com】(https://www.ivisa.com/apply-online/hong-kong) 。iVisa.comの手続き料金はお得で、特急手続きオプションもあります:

  • 標準手続き: このオプションは、 の手数料がかかります。 お急ぎ手続き: 到着前のビザが少しでも早く必要な方のために、このオプションは のサービス料金で 。 スーパー・ラッシュ・プロセッシング:ご出発が間近で、渡航書類の手配がまだ必要な方は、このオプションをお選びください。このオプションの所要時間はわずか で、手数料は です。

未成年者は到着前登録を申請する必要がありますか? お子様や未成年者を含め、各個人が申請書に記入する必要があります。お渡しするPAR通知票は、固有のパスポート番号と照合されます。また、入国後6ヶ月以内にパスポートの有効期限が切れる場合は、新しいパスポートが必要になるなど、通常の入国審査が適用されます。

COVID 19 香港入国の制限と要件 香港政府は入国制限を随時変更する可能性があるため、すべての旅行者は旅行前に交通機関に確認することをお勧めします。

香港を訪問するにはCOVID検査を受ける必要がありますか? COVID 19テストの必要条件はありません。

香港到着後に検疫が必要ですか? 検疫の必要はありません。

香港入国に予防接種証明書は必要ですか? 予防接種証明書 は香港入国に必要なくなりました。

質問がある場合は誰に相談すればよいですか? iVisa.comの専門家は、世界中の観光客やビジネス旅行者のビザ申請を完了した長年の経験を持っています。あなたのPAR申請をお任せください。iVisa.comの100%オンラインサービスは、書類作成や大使館への訪問に時間を費やす必要がありません。 カスタマーサービスエージェント] オンライン、または [email protected] までお問い合わせください。USD $284.99 USD $90.99* *- USD $167.99 36 時間 ** 24 時間 USD $284.99#####-###-###### ## [(https://www.ivisa.com/contact-us)

応募に必要な書類

  • 有効期限が6ヶ月以上あるインドのパスポート

    クレジットカード/デビットカード-

重要な指示

  • 香港への入国を希望する旅行者は、入国予定日から6ヶ月以上有効なインドのパスポートを所持していなければならない。

    各訪問の際、登録者は香港特別自治区に まで滞在できる。 訪問者は、 以内に香港を出国しなければならない。特別/緊急に長期滞在する必要がある場合、訪問者はビザが切れる7日前まで滞在延長申請を行うことができる。 インド国籍者の 到着前登録は、6ヶ月間、またはインドパスポートの有効期限のいずれか早い日まで有効です。 到着前登録が拒否された場合、または失敗した場合、インド国籍者は香港入国管理局( )で入国ビザを申請することができる。 到着前登録後にインド旅券を更新・変更した場合、または個人情報を変更した場合、登録者は新しい旅券または個人情報を使用して再度 到着前登録を申請する必要があります。 旅客は情報を確認し、書類を印刷し、旅行の際にコピーを持参することをお勧めします。空港のチェックインカウンター( )でも登録内容を確認することができますが、お客様には物理的または電子的なコピーを保管されることを強くお勧めします。- 14 エントリー日数- 14 エントリー日数-----------

質問は?

これは香港政府がインドの国民のための14日間のビザなし要件を継続するために実装したプログラムです。このプログラムは2017年1月に発効しました。
  • 少なくとも6カ月有効なインドのパスポートを所持している事。
  • 香港を訪問し、14日間以内の滞在、または同期間内に乗り継ぎ(直行便かつ乗り継ぎエリアを出ない場合を除く)をするつもりである事。
  • PARは、香港での居住権や、同国への入国の権利を持つ場合、もしくは同国での無条件滞在中である場合、または就労、就学、もしくは居住のために同国に滞在する有効な許可を持っている場合に、インド国民には適用されません。
標準的処理の費用は25米ドルです。処理を早くするには55米ドルがかかり、さらに早くするには75米ドルかかります。
申請時に選択した処理方法に依ります:
  1. 標準的処理時間:24時間。
  2. 迅速処理:2時間。
  3. 超迅速処理:0.5時間。
発行後の180日間(6ヶ月間)有効です。
香港への訪問を望む渡航者は、予定の入国日有効から少なくとも6カ月有効なインドのパスポートを持っていなければなりません。
いいえ。香港への訪問者として認められた人物は、賃金の有無にかかわらず、あらゆる就労は許可されておらず、いかなるビジネスを立ち上げたり加わったりする事もできず、学校や、大学、もしくは他の教育機関の学生になる事もできません。もし就労や、就学、訓練、または居住のために香港への入国を望む場合には、既存の協定の下に香港移民局へ適切なビザの申請を行わなければなりません。
香港での滞在中には入国チケットとインドのパスポートを携帯していなければなりません。一般的に、出国の際の入管手続でインドのパスポートを提示すれば良いだけでしょう。
はい。依然として出入国の際に入管手続きにおいて「到着/出国カード」を提示する必要があります。
イーメールアカウントから通知票を再度印刷する事ができます。その代わりとしては、この通知票をivisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事ができます。
この通知票はハガキ大の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。
通知票とパスポートのデータが一致しない場合には登録が無効となり、香港への渡航と入国が拒否される原因になります。パスポートに記載されているのと全く同じ内容の情報を入力してPARを再申請しなければなりません。
世界中どこからでもオンラインで登録する事ができます。
いいえ。現在の登録が満了しなければ新たに登録する事はできません。
1回の入国あたり最大で14日間滞在する事ができます。
はい。PARで複数回の入国をする事ができます。しかしながら、各訪問は14日間に制限されています。
一般的に言って、訪問者は滞在期限の前に香港を出国しなければなりません。もしそれよりも長く滞在しなければならない特別/緊急な必要性がある場合には、訪問者は滞在期間が満了する前に最大で7日間までの延長を申請する事ができます。申請者は個々に事情が検討されます。
通知票と呼ばれるものを受け取る事になります。これを入国の際に提示する必要があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

既にご存知かもしれませんが、香港は中国の一部ですが独自の権限を持った自治区です。しかしそれ以外でも香港は多くの人々が選択している素晴らしい旅行先です。ほとんどの人々は香港がビジネス関係者によって訪問されていると思っている事は事実ですが、高層建築以外にも美しい見どころがたくさんあります。「アジアのニューヨーク」という言葉を聞いたことがあるでしょうが、香港がそれ以上の場所だと知ればきっと驚くはずです。この場所はたくさんの素晴らしい思い出を作る事ができる場所です。香港の人々は非常にフレンドリーで、あなたを奇異な目で見る人はめったにいないでしょう。彼らは観光客を受け入れており、非常に礼儀正しい人々です。カナダ人がもっとも礼儀正しいと言う人々は香港に行ったことがないのでしょう。彼らは誰も不快にさせない事に非常に力を入れています。もちろん同時にあなたも誰かを不快にさせないように注意しなければなりません。1つの良い例としては、箸をご飯の盛られたお椀に置く方法です。ご飯に突き立てる事は葬儀と関連しているのでやってはいけません。これは本当の意味で侮辱的ではありませんが、不快な行為です。知ったら驚くだろう1つの事としては、香港が単なる都市地域ではない事です。実際にはその面積の半分は農村地帯です。そうです、建物が描く輪郭が有名で、メディアでは常に都市部しか紹介されませんが、その周囲には多くの自然があります。砂浜や、森林、そして自然と聞いて想像するものなら何でもあります。数日間散策してもすべて網羅する事はできません。加えて多くの島々があり、そのいずれかを訪問する事も簡単です。街を散策する上では、香港では5つの方法があります。もっとも重要なのは、香港の公共交通機関が世界でもっとも効率的なものだという事です。どこに行くにしても驚くほど安いのは言うまでもありません。タクシー運転手に料金を誤魔化される心配はありません。すでに述べたように、香港の人々は非常にフレンドリーで公正です。決して騙される事はないでしょう。滞在中にきっとあなたが好きになるだろうもう1つの事としては、お酒の飲みながら道を歩いたり、砂浜に行ったりできる事です。香港では公共の場所でお酒を飲む事が許されています。18歳以上がお酒を飲む事ができたとしても、ほとんどの国ではお酒を飲みながら歩き回る事はできません。香港ではそうではありません。ここでは道端でお酒を飲む事を計画していなくても、それを楽しむ事ができます。少なくとも砂浜で冷たいビールを楽しむ事ができますし、これは世界のほとんどの文明国ではできない事です。香港の食べ物も何よりも体験すべきもう1つの事です。西側諸国であなたが食べてきた中国料理は、香港で出会う食べ物と比べたらつまらない冗談のような物です。これはカラフルで、すごくいい匂いがして、スパイスが極めて魅力的です。加えて、香港の人々は分かち合う事を好むので、レストランに行った際にそれぞれ注文する必要はありません。その代わりに、食べたいものをすべて1つの皿に注文して、テーブルを回して食べる事ができます。こうする事の利点は、自分の席からたくさんの味を楽しむ事ができるという点です。上手くできているでしょう?コミュニケーションに関して言えば、散策する上では何の問題もありません。もしご存じでなければ、香港は1997年に中国に「手渡される」まではイギリス領だった事をお伝えしておきましょう。その結果として、香港では多くの人々が流暢な英語を話す事ができます。流暢に話せない人々ですら英語を理解して会話する事ができます。上手くはないかもしれませんが、お互いに理解する事はできるでしょう。同じように、香港の人々は中国語や北京語を話さないというのはよくある誤解です。実際には広東語が話されています。これは前述の2つの言語とは全く異なっています。あいさつなど1つか2つのフレーズを憶えていけば役に立つでしょう。香港の人々はあなたが彼らの言葉を話すのを聞けばとても喜ぶはずです。それが「おはようございます」くらいの小さなことであってもです。あなたがきっと驚くだろう事としては、お店が非常に遅くまで空いている事があります。ハイパーマーケットや大型店舗の事を言っているわけではありません。小さな町角のお店の事です。西側諸国では、そういったお店は午後6時か7時には閉まってしまいますが、香港では午後10かそれ以降ですら開いています。午後11時にコンビニエンスストアで買い物をしたい場合でも、恐らく空いている店を見つける事ができるはずです。地元の人に聞いてみてください。彼は良く知っているはずです。香港の空港は世界でもっとも大きな空港の1つです。行き先が世界のどこであってもそこから航空便が出ているはずなので、1回の旅行で他の国も訪れるつもりなら、これは大きな利点です。ここで憶えておく必要がある1つのルールはエスカレーターにまつわるものです。常に歩くときは左で、立つときは右という事を覚えておきましょう。既に述べたこと以外では、香港の通りを楽しむ事を忘れないようにしましょう。地元の人であるかどうかに関わらず、そこら中で写真を撮っている人を見かけるはずです。これは香港の通りが非常に魅力的だからです。様々な飾り付けのされた小さなお店や、市場、またはいくつかの建物になされたカラフルな装飾がその魅力に花を添えています。その景観をきっと思い出したくなるでしょうから、たくさん写真を撮っておきましょう。それ以外では、香港が提供してくれるすべての体験を味わう事と、地域の人たちがその歴史を大変誇りに思っている事を忘れないようにしましょう。その歴史のいくつかを学ぶことも忘れないようにしましょう。
免責事項
  • iVisa is NOT affiliated with any government agency. This app does not provide legal advice and we are not a law firm. None of our customer service representatives are lawyers and they also do not provide legal advice. We are a private, internet-based travel and immigration consultancy provider dedicated to helping individuals travel around the world. You may apply by yourself directly on the various government websites. 情報源 https://www.immd.gov.hk//
インカムチャット