今すぐオンラインでエチオピアのビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2018年6月現在、すべての国の国民にエチオピアのオンラインビザ(電子ビザ)の資格があります。 渡航者は申請をすれば観光電子ビザのために領事館を訪れる必要はありません。オンラインですべての必要な書類や情報の提出と、ビザの費用の支払いができます。この合理化されたシステムによって以前の順番待ちで浪費された時間や費用のかかったプロセスはもはや必要ではありません。

このエチオピアの観光電子ビザは、入管および民族事務省によって電子的に発行されている公式文書です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。

申請に必要な書類
  • エチオピアに入国を予定する日時から少なくとも6カ月有効なパスポート。
  • 最近のパスポートの大きさのデジタル写真。
  • パスポートの個人情報のページのスキャン。
  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。
重要な指示
  • エチオピアの電子ビザの有効期間は発行日ではなく、入国予定日から開始されます。
  • エチオピアに入国を予定する日時から少なくとも6カ月なパスポートを所持している必要があります。
  • エチオピアの電子ビザはもっとも早くて約24時間で処理が完了します。
  • 観光ビザを申請する渡航者は、予定の入国日から少なくとも6カ月有効なパスポート/書類/在留許可を持っていなければなりません。
  • 有資格国の1つで永住許可を持っていると主張する申請者は、有効なその在留許可書類をアップロードしなければなりません。
  • この電子ビザの処理には1営業日を要しますが、最大で3日間の遅延が発生する可能性があるので、当社はエチオピアへの渡航の3日前には申請を行う事をお勧めしている事にご注意ください。
  • この電子ビザは観光と家族訪問のみで有効です(就労不可)。
  • アディスアベバ・ボレ国際空港に航空便で到着する事を予定している場合にのみ、このタイプのビザを使用することができます(現時点では他のいかなる国境検問所でも有効ではありません)。

重要:もし自国以外の国から申請を行う場合には、エチオピアへの到着の際に在留許可を提示する必要があります-これには書状やパスポートに貼付されたビザステッカーを使用することができます。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

これはエチオピアへの出入国に対する承認を与える公式書類です。この電子ビザは電子的にパスポートと結び付けられています。
申請のためには以下のものが必要です:
  1. 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート
  2. パスポートの個人情報のページのスキャン
  3. パスポートの大きさの写真
  4. 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。
30日電子ビザの費用は52米ドルで、90日電子ビザの費用は72米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには100米ドルかかります。これは両方のビザタイプで共通です。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:3営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日

発行日から有効期間が開始される他の多くのビザとは違って、このエチオピアの電子ビザの有効期間は同国への入国予定日から開始されます。ですから電子ビザは、選択した電子ビザのタイプに応じて、有効期間はエチオピアへの予定到着日から30日間または90日間です。

注意:この有効期間は滞在期間とは異なり、これは30日間または90日間です。滞在期間はビザの有効期間を超過する事はできません。例えば、このビザが発行された後に計画を変更し、電子ビザに記載された日時よりも10日遅く到着すると、有効期間は20日間もしくは80日間です。従って、最大滞在日数は20日間または80日間です。

パスポートはエチオピアへの到着予定日から少なくとも6ヶ月間以上有効でなければなりません。
現在、エチオピア政府はこの電子ビザを持つ渡航者に対してアディスアベバ・ボレ国際空港からの入国しか許可していません。他の通関手続地からの入国は許可されていません。
このビザはイーメールを用いてPFD形式で送信されます。 渡航時には、この書類を印刷し携帯する必要があります。
いいえ、エチオピアで乗り継ぎをするためには電子ビザは必要ではありません。アディス・アベバを訪問するために空港の乗り継ぎエリアを出たい場合には、オンラインで30日間の1回入国ビザを申請するか、最寄りのエチオピア大使館で通過ビザを取得する必要があります。
2018年1月1日以来、すべての国の国民にエチオピアの電子ビザの資格があります。
いいえ。現時点ではオンラインで発行できるのは1回入国の観光ビザのみです。

子供と一緒に渡航する場合には、いざという時の不便を避けるために、有効な出生証明書および/または養子縁組証明書を所持している事をお確かめください。

この規則は実子、養子、または単純に同行しているだけかどうかにかかわらず、すべての子供に適用される事にご注意ください。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

エチオピアは近年人気を獲得し始めました。人々は、以前は今ほど頻繁にエチオピアを訪れませんでしたが、現在は手頃な価格の旅行先になっています。加えて、この国はそれほど広くはありませんが、多くの事が体験できます。更に、エチオピアは他のアフリカの国々とは非常に異なっており、目を引く物事をたくさん見つけられる事は間違いないでしょう。たくさんの良い思い出を作る事ができ、現地の人々は大変歓迎してくれます。だとしても、実際にエチオピアに行く前に知っておいた方がいい事がいくつかあります。以下でそのいくつかを知る事ができるでしょう。第1に、エチオピアへビザなしで渡航できるのはケニア人だけです。だとしても、ビザはオンラインで申請できるので取得する事は簡単なはずです。このビザは高額ではなく、プロセスも非常にシンプルです。渡航の際には陸路と空路のどちらでも利用する事ができます。同時に、アディスアベバ・ボレ国際空港に到着した際に到着ビザを取得する事もできます。必要書類を別にすれば、エチオピアに行く前に知っておく必要がある事が他にもたくさんあります。1つとしては、エチオピアの人々が非常にリラックスしているという事を認識するべきです。彼らは休憩を大事にしているので、昼時に開店しているお店を見つける事はできないでしょう。ですから、例えば銀行などのサービスを利用したい場合は、12時から14時の間は利用できません。その時間帯はほとんどのサービスが停止しています。これはスペインで言うシエスタのような物です。一日の終わりまで働き続けるためには、誰しも日中に食事と休憩を取る必要があるのです。エチオピアで遭遇するだろうもっとも奇妙な側面は、人々の時間の守り方です。彼らはあなたを当惑させるかもしれない独自のシステムを持っています。6時が彼らにとっての12時で、そこから彼らは1日をスタートさせます。これはあなたにとっては重要でないかもしれませんが、スケジュールを立てる際には、彼らの言っている時刻がエチオピア時間なのか、国際的な時間なのかを確かめる必要があるでしょう。日付に関しても同様のことが言えます。エチオピアではユリウス暦が用いられているので、慣れるまでにしばらくかかるでしょう。多くの人々はアフリカの国々が危険で、単独で旅行する際には特に危険だと思っています。これはいくつかの場合は真実ですが、この事はエチオピアには当てはまりません。実際にはアディスアベバであっても女性が単独で旅行しても安全です。物取りや、誘拐、またはこういった類のその他の事を恐れる必要はありません。人々は平和的で、この数年間で観光産業が発達してきているので、歓迎してくれます。エチオピアを散策したいならガイドを雇うのが最善でしょう。エチオピアには興味深い歴史があり、いくつかの事実はその他に比べて良く知られていません。これがガイドが必要な理由です。同時に、ダナキル低地や、シミエン山地、そしてオモ川などのエチオピアの一部は、ガイドなしでは散策する事すらできません。ほとんどのガイドは素晴らしい英語を話すので心配はいりませんが、確信できる前にお金を払う事は控えるべきでしょう。コミュニケーションの仕方を知らない誰かと一緒にどこか分からない場所で立往生したくは無いでしょう?エチオピアは価格的に手頃な旅行先ですが、きっと信じられないほど安いと感じると思います。しかしながら、これは完全に正しくはありません。実際には非常に費用が掛かることがあり、これは主にガイドが必要だからです。また、宿泊施設も少々高額です。観光税が一般的なので、行く前に考慮に入れておきましょう。だとしても、間違いなく食べ物や飲み物は安いと思うはずです。西側諸国で1回食事をする値段でどれだけ飲み食いできるのかに驚くはずです。旅行前の準備に関して言えば、どの国から訪れるのかに依ります。例えば、アメリカ合衆国市民である場合は、機器のためのヨーロッパ用アダプターが必要です。エチオピアでは2ピンのコンセントを使用しています。衣服に関して言えば、夜間の冷えに備えてある程度厚みのあるものを持って行くようにしましょう。エチオピアの標高は非常に高いので、夜間は気温が非常に下がることがあります。ある程度の温かい靴下と、セーター、そして長ズボンを必ず持って行くようにしましょう。同時にエチオピアはハイキングにもってこいの場所なので、ハイキング用品も必要でしょう。出発前にブーツとズボンを忘れないようにしましょう。携帯すべき物としてはトイレットペーパーを忘れる事はできません。公衆トイレにトイレットペーパーがある事はほぼなく、ホテルですら無いことがあります。トイレットペーパーがなくて困らないように何個か持って行くべきでしょう。実務的な事柄以外では、エチオピアが被写体として非常に優れた国だという事を知っておくべきです。カメラを絶対に忘れてはいけません。多くの人々がエチオピアへの旅行を選ぶ理由がその景色であり、たくさんの写真を撮らずにエチオピアを旅行するなんてありえません。山々での景色は息を吞むほど美しく、カメラを忘れてきた事を一生後悔する事になるでしょう。写真に興味のない人もいるかもしれませんが、何度もこの度を思い返してみたくなるはずです。たくさんの写真があればその助けになります。写真は思い出を長く保ってくれます。全体としてエチオピアは訪れるには素晴らしい場所です。人々はフレンドリーで食べ物もおいしいので、彼らのコーヒーを味わってみなければなりません。エチオピアは実際にコーヒーで有名です。加えて、景色は魅惑的で、山々や、渓谷、その他の行き先の景色に鳥肌が間違いなく立つでしょう。エチオピアは驚嘆すべき事で満たされており、時間の許す限り散策して現地での時間を有効に利用するべきです。