エストニア: ビザ情報

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ETIAS

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

バルト三国と呼ばれる国々のひとつにエストニアがあります。私たち日本人がエストニアを訪れる際、その国が持つ様々な情報を事前に得ておくことでより観光旅行を楽しむことができるでしょう。ここでは、エストニアを観光する際に必要となる基礎知識について詳しくご紹介していきます。

エストニアはバルト三国の中で最も北に位置する国家です。首都はタリンで人口は約131万人です。エストニアの公用語はエストニア語で、英語は空港やホテルなど観光客が集まる場所で使うことができます。エストニアと言えばトームペアの丘や観光の中心となる市庁舎広場が有名。旅行に行ったらぜひ楽しんでみてください。

エストニアで見逃せない観光スポットは3つあります。それはタリン旧市街にある聖母マリア教会、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂、トームペア城です。

聖母マリア教会はトームペアの丘にある大聖堂で、13世紀に建設された最古の教会であると言われています。とても素晴らしい外観で、思わずその美しさに魅了されたたずむ人の数も多くみられます。また、観光で訪れた際は教会の上に登ることもでき、歴史的な感動を味わうことができるでしょう。このような素晴らしい観光スポットにぜひ足を運んでみることをおすすめします。

また、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、ロシア復古主義における教会であるため、私たち日本人や世界から訪れる観光客にとっては歴史的な雰囲気を楽しむことができます。しかし、現地に住むエストニア人はロシア支配を想起するとし、敬遠する傾向にあるようです。

トームペア城は、エストニア人の手により木造城の建設が行われ、その後13世紀に本格的に建設要請を行い、18世紀後半までに美しい外観を持つ城を作りあげることができました。トームペア城のヘルマンと呼ばれる塔にはエストニアの国旗が掲げられているなど、国を代表し、輝かしいエストニアを象徴するようなお城であると言えるでしょう。ロシアが独立した後はトームペア城の一部は国会議事堂として使用されるなど、街の美しさを活かし、建物そのものを有効活用しています。

エストニア旅行の注意点としては、首都タリンの旧市街において、観光客を狙った窃盗事件が多発していること、その中でも特に薬物犯罪については年々増加の一途を辿っているため十分な注意が必要です。日中にタリン旧市街を観光する際は、さほど治安の悪さを感じることなく楽しむことができるでしょう。しかし、夜になると酔った人に絡まれケガを負わされることもあるなど危険を伴う可能性も高いため、不必要な外出は避ける方が良いと言えるでしょう。

最新の治安情報については外務省が運営する海外安全ホームページを参考にしてください。

エストニアは観光スポットも多く、世界から訪れる人が多いとても魅力溢れる国です。歴史的な建造物など、楽しめるスポットがたくさんあります。とても素晴らしい観光旅行を楽しめるエストニアを、ぜひ一度訪れてみることをおすすめします。