今すぐオンラインでカンボジアの電子ビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

このカンボジアの電子ビザもしくは電子的ビザは、渡航者がオンラインでカンボジアの観光ビザを申請する事を可能にします。この電子ビザは2006年4月に、カンボジアの観光産業を推進するために外務国際協力省によって導入されました。この新しい電子ビザがあれば、渡航者はカンボジアの空港や国外の領事館でビザを発行してもらう必要なく、3ヶ月間のカンボジアへの入国権利を取得できます。

カンボジア大使館を通じて申請する代わりにすべき事は、オンライン申請フォームを記入して、クレジットカードで支払いをする事だけです。当社がこの電子ビザの書類をイーメールで送信いたしますので、すべき事は印刷してカンボジアへの渡航の際に携帯する事だけです。

申請に必要な書類
  • パスポートのスキャン

  • パスポートのデジタル写真

  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント

重要な指示
  • 申請者のパスポートはカンボジア入国の日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

  • カンボジアの電子ビザは観光目的のみです。

  • このカンボジアの電子ビザは発行後90日間有効で、最大で30日間滞在できます。iVisaは申請の順番を調整し適切な時期に提出するので、いつでも申請できる事をお気に留めください。

  • ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、タイ、およびインドネシアの市民にはカンボジアの電子ビザは必要ありません(有効なパスポートがあれば自由に入国できます)。

  • カンボジアの電子ビザは現地の警察署もしくは入国管理局に問い合わせる事で更に30日間延長する事ができます。

  • この電子ビザのためにステッカーが発行される事はありません。

  • カンボジアの電子ビザはもっとも早くて約24時間で処理が完了します。

  • この電子ビザを2部印刷しておきましょう。カンボジアに到着した際に観光ビザとして入管で1部を提出し、もう1部を出国の際に提出してください。

  • 電子ビザを携帯して入国する際には、以下の通関手続地からしかカンボジアに入国する事はできません:プノンペン国際空港、シェムリアップ国際空港、ポイペト(バンテイメンチェイ)、バヴェット(スヴァイリエン)、チャムイエム(ココン)、トロパンクレアル国境検問所(ストゥントレン)、およびシアヌークビル国際空港。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

これはカンボジアへの出入国に関する承認を与える公式の書類で、パスポートに電子的に結び付けられています。
カンボジアの電子ビザの費用は40米ドルです。それ加えて標準的な処理には20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには50米ドルがかかり、さらに早くするには80米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:4営業日。
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:24時間。
この電子ビザは発行後90日間有効です。これは発行後90日以内に入国しなければならない事を意味しています。加えて、この、このビザは1回入国ビザで、滞在期間は最大で30日間です。
申請者のパスポートはカンボジアへの入国日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。また、少なくとの1ページ以上の空白のページが必要です。
ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、タイ、インドネシアです
以下の国々に電子ビザの資格があります: アルバニア、アルジェリア、アンドラ、アンゴラ、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、アルバ、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バハマ、バーレーン、バングラデシュ、バルバドス、ベラルーシ、ベルギー、ベリーズ、ベニン、バミューダ、ブータン、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、ブルキナファソ、ブルンジ、カンボジア、カナダ、カーボベルデ諸島、ケイマン諸島、中央アフリカ共和国、チャド、チリ、中国、コロンビア、コモロ、コンゴ民主共和国、クック諸島、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ジブチ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、赤道ギニア、エリトリア、エストニア、エチオピア、フェロー諸島、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、グルジア、ドイツ、ギリシャ、グリーンランド、グレナダ , グアドループ島、グアム、グアテマラ、ギニア、ギニアビサウ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、香港、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、イラン、イラク、アイルランド(アイルランド市民)、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、キリバス、韓国、クウェート、キルギスタン、ラオス、ラトビア、 レバノンは、レソト、リベリア、リビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ、マケドニア、マダガスカル、マラウィ、マレーシア、マリ、マルタ、マーシャル諸島、マルティニーク、モーリタニア、モーリシャス、マヨット島、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル、ネパール(ネパール人)、オランダ、ニューカレドニア、ニュージーランド、ニカラグア、ニジェール、ノーフォーク島、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パラオ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、カタール、再会、ルーマニア、ロシア 、ルワンダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サモア、サンマリノ、サントメプリンシペ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シエラレオネ、スロバキア、スロベニア、ソロモン諸島、ソマリア、南アフリカ共和国、南スーダン、スペイン、スーダン、スリナム、スワジランド、スウェーデン、スイス、台湾、タジキスタン、タンザニア、タイ、東ティモール、トーゴ、トンガ、トリニダードトバゴ、チュニジア、トルコ、トルクメニスタン、タークス・カイコス諸島、ツバル、 ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦(UAE)、イギリス(イギリス市民)、アメリカ合衆国(アメリカ合衆国市民)、ウルグアイ、ウズベキスタン、バヌアツ、ベネズエラ、ベトナム、コソボ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ。
カンボジアに滞在できる日数は最大で30日間です。
いいえ。この電子ビザはカンボジアへの入国する前に取得しなければなりません。
いいえ、必要ありません。この電子ビザは発行日から90日間有効で、これはこの90日間以内ならいつでもカンボジアに入国できる事を意味しています。
いいえ。カンボジアへは以下の通関手続地の内の1から入国しなければなりません: プノンペン国際空港 シェムリアップ国際空港 ポイペト(バンテイメンチェイ) バヴェット(スヴァイリエン) チャムイエム(ココン) トロパンクレアル国境検問所(ストゥントレン) シアヌークビル国際空港
いいえ。カンボジアに渡航するには有効なパスポートを所持していなければなりません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

カンボジアは多くの人々が訪問を夢見る行き先の1つである一方で、一部の人々からは誤解されているかもしれません。しかしこの国には見どころがたくさんあります。エキサイティングなトレッキングから白い砂浜まで、すべてを体験できるでしょう。間違いなくたくさんの楽しい思い出を作る事ができるでしょう。しかしながら、出発の前にはこの国の事やその習慣について多少調べておくべきでしょう。そうすれば間違いなく旅全体がより良いものになります。行き先についてある程度の下調べをする事は常にやるべき事なので、カンボジアもその例外ではありません。まず初めに考えるべきことは健康面です。カンボジアに渡航する前に人々が受ける予防接種でもっとも一般的なものは、A型肝炎と腸チフスに対するものです。黄熱も発生する可能性があります。これが出発前にかかりつけ医に相談すべき理由です。上記の病気は完全に予防可能なので、予防接種を受けておけば何の問題もないでしょう。もう1つの健康に関連したアドバイスは、水道水を飲む事を避け、ペットボトルからだけ飲むようにする事です。そうすれば不快な状況から自分自身を守ることができるでしょう。2点目はビザについてです。カンボジアに渡航する際にビザが免除されているのは9か国だけです。もしその対象国でないならビザを取得しなければなりません。幸いな事にこの要件を満たすためにはいくつかの方法があります。すべての国の国民がカンボジアに到着した時点で到着ビザを取得できる事を知っておくべきでしょう。これにはそれほど費用はかかりませんが、窓口に並ぶ必要があります。だとしても大使館に行くよりはいいでしょう。もう1つの選択肢はオンラインでビザを申請する事です。このカンボジアの電子ビザシステムはナイジェリア以外のすべての国の国民が利用できます。しかしながら、電子ビザが利用できるのは一部の通関手続地のみなので、オンラインで申請をする際にはそのうちの1から入国しなければならない事を忘れないようにしましょう。カンボジアを訪れる最適な時期について調べているなら、そこに単純な答えはありません。それは経験したい事と、その経験方法に依るからです。しかしながら、カンボジアは暑い国なので、11月から3月に訪れるのが最良でしょう。そうすればそういった暑さを避ける事ができます。例えば、7月にアンコールワットを訪れたい場合、きっと大変な思いをする事になります。とりわけ昼間は大変でしょう。岩が大変熱くなるので、息をするのも大変です。ご想像の通り、ほとんどの観光客は11月から3月にカンボジアを訪れるので、人気の観光スポットには多くの人々がいると思って下さい。一方で、端境期にこの国を訪れたいと思っているなら、7月から8月がその時期です。高い気温と雨に見舞われると思っておいてください。最後に、もし暑さと人込みを避けたいと思っているなら、4月から6月もしくは9月から10月を考えてみてください。9月から10月は非常に湿度が高いので、その事で休暇が台無しになってしまうかもしれない事には注意してください。通貨に関して言えば、カンボジアの公式の通貨はリエルです。しかしながら、ほぼどこに行っても米ドルが利用できる事にきっと驚くでしょう。ですから、どの国から訪問するにせよ、米ドルに両替して行く事をお勧めします。こうする事で、どこに行くにせよ現金を持って行くことができ、帰国した際に自国の通貨に再度両替する事がより容易になります。米ドルならどこででも両替できますが、リエルを取り扱っている場所はそれほど多くありません。もしお土産を買って帰るつもりなら、値切る方法を知っておくのもいいかもしれません。すでにもう知っているなら、市場やお土産店に行くときはその技術を使う事をためらってはいけません。ほとんどのアジアの国々と同じように、カンボジアの人々は交渉ごとに前向きなので、値札から何ドルか安く買う事ができるかもしれません。これはお客にとってもお店の人にとっても楽しいものですし、その過程でいくらかお金を節約できます。コミュニケーションは思っているよりも簡単ではありません。カンボジアでは複数の言語が使用されています。人々は伝統的な言語であるクメール語だけでなく中国語も話します。英語を使う事もできますが、カンボジア人の英語は幾分片言です。もしかすると彼らの言っている事が分からないかもしれませんし、彼らにもあなたの言っている事が分からない事があるかもしれません。これが出発前にクメール語でいくつか基本的な表現を学んでいく事をお勧めしている理由です。そうすれば少なくとも食べ物と宿泊施設の事を尋ねる事はできるでしょう。知っておくべきもう1つの事は、蚊に刺される事から自分を守らなければならないという事です。カンボジアでは蚊が非常に多く、一部の種類の蚊は病気を媒介します。出発前に予防接種を受けていれば健康面での心配はないでしょう。いずれにせよ、蚊に刺される事は不快ですし、旅の間中かゆい思いはしたくないでしょう。ですから旅行中蚊に刺される事が無いように虫よけを持って行くことをお勧めします。もし砂浜へ行きたいなら砂蚤にご注意ください。この虫は旅を台無しにする迷惑な生き物です。ここでも虫よけを忘れないようにしましょう。最後になりましたが、カンボジアの文化を探索するを忘れてはいけません。もっとも人気にの行き先はシェムリアップとプノンペンですが、この両都市は比較的大規模です。誰もがアンコールワットを訪れますが、農村地域を訪問する事も忘れてはいけません。興味深い人々と出会ったり、彼らの伝統を学んだりでき、素晴らしい食べ物もあります。多くのグループに加わって、非常にエキサイティングな活動を体験することができるでしょう。間違いなく楽しい時間を過ごせる事でしょう。カンボジアは発展途上国なので、好きになれない事に遭遇するかもしれません。スリや物乞いなどはその一例です。しかしながら、そういったものは大抵は大都市でみられます。それ以外ではカンボジアは素晴らしい景色を持つ美しい国です。忘れられない思い出を作る事ができるでしょう。