バングラデシュのビザについて

 
   
 
 
 
     
 

詳細: Paper Visa

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

バングラデシュの観光をお考えでしょうか?バングラデシュにはタイやベトナム、マレーシアなどとは違う魅力があります。どこか、観光地化されすぎていない素朴な一面とでもいいましょうか。そんな国への旅行を前に、旅行ルートのリストアップを行いたいところですが、その前にビザの要件を確認しておくことが重要です。特にバングラデシュのビザについては様々な話が飛び交っているので、確実な理解を持った上で旅行に臨むようにしましょう。

バングラデシュ旅行にビザ取得は必須

アジアの多くの国はビザなしで旅行することができますが、バングラデシュは例外です。事前にビザを取得しておく必要があります。バングラデシュのビザ申請はオンラインで行うことができます。ただし、これには注意が必要です。オンラインで基本データを入力する必要があり、それには航空券や滞在するホテルの情報が含まれます。ですから、航空券とホテルの用意を済ませてビザの手続きに入ることになります。すべての工程は余裕を持って進めることをお勧めします。自分でのビザの申請に不安がある場合、また、時間がなく素早いプロセスが必要な場合には、代行サービスを利用するのが賢い判断でしょう。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

バングラデシュ観光へのお出かけを計画中ですか?バングラデシュには見逃せない魅力的なスポットがたくさんあります。本記事では、バングラデシュ観光に関するビザの基礎知識やおすすめ観光スポットをご紹介します。

バングラデシュ観光にビザは必要?

必要です。バングラデシュの観光ビザは有効期限が6ヵ月で最大90日間滞在することができます。バングラデシュの観光ビザはオンラインでの取得が可能です。iVISAではオンラインビザ代行取得サービスを行なっております。iVISAに依頼をすることで、わずらわしい手続きを避けることができ、時間を節約することができるでしょう。

バングラデシュはどのような国ですか?

バングラデシュは南アジアにある国で、正式名称はバングラデシュ人民共和国です。首都はダッカで、公用語はベンガル語、およそ1億6,365万人の人が暮らしています。

バングラデシュ観光で見逃せないスポットは?

バングラデシュに行ったら必ず観光したいのは「ラルバーグフォート」です。ラルバーグフォートはムガル時代の城跡で、美しい外観がそのまま保存されています。現在は公園として多くの方が訪れる地として賑わいを見せています。

また「パハルプールの仏教寺院遺跡群」は、首都ダッカから8時間かけて行く価値がある世界遺産に登録された仏教寺院です。バングラデシュの歴史を感じる遺跡は見応えたっぷりです。

他にも、オールドダッカにある「スターモスク」は、タイルの中に日本の富士山をモチーフにしたデザインを象っているため、私たち日本人にとって人気の地となっています。

そして、バングラデシュ南部にある「シュンドルボン」は、ユネスコ世界自然遺産に指定されるとても美しく広大な公園です。マングローブ林が有名な観光地となっており、マイナスイオンを感じる癒しスポットとなっています。

バングラデシュ観光の注意点は?

2016年7月1日に、バングラデシュの首都ダッカにおいて、日本人7名を含む23名が殺害されるというテロ事件が発生したことはまだ記憶に新しいかもしれません。そのため、バングラデシュに観光で訪れる際には、注意点としてテロ対策を講じておくことが大切です。

テロ対策として、人が多いところでは注意するようにしてください。外国人観光客が多く訪れるレストランやカフェ、また、イベント会場やショッピングモール、スタジアムなど人が多く集まる場所はテロ発生の可能性が高く、また、観光客をターゲットにした犯罪発生率も高いため、そのような場所はなるべく避けて観光を楽しむようにしましょう。

バングラデシュ観光にお出かけの際は、外務省が運営する「外務省 海外安全ホームページ」を確認するようにしてください。「外務省 海外安全ホームページ」ではバングラデシュの最新治安情報を確認することができます。

バングラデシュ観光を楽しもう!ビザはiVISAにお任せ!

今回はバングラデシュ観光についてご紹介しました。バングラデシュ観光に行く際にはビザが必要になりますが、iVISAではオンラインビザの取得代行サービスを行なっています。リーズナブルな価格でビザ取得サービスを行なっていますので、時間を節約し手間を省きたい方はぜひiVISAにお問い合わせください。