今すぐオンラインでジンバブエの電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

現在、特定の国からの渡航者はジンバブエの渡航の前にオンラインでビザの申請をする事ができます。この電子ビザ申請プラットホームは、外国人がジンバブエのビザを100%オンラインで申請する事を可能にします。これによって渡航者は時間を節約でき、世界中どこからでも容易にビザを入手できます。

この電子ビザはオンラインで発行および支払いが行われます。申請者には電子ビザの申請フォームの提出が成功したことを確認するイーメールが送信されます。 この書類を印刷してパスポートと共に携帯する事をお勧めします。この書類は航空機への搭乗の際と、ジンバブエの入国の際に提示する必要があります。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • パスポートの個人情報のページのスキャン

  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。

  • パスポートの大きさの最近の写真

  • 以前のジンバブエのビザ(該当する場合)

  • ジンバブエでの住所(ホストの招待状、ホテルの確認でも可)

重要な指示
  • この電子ビザは発行後90日間有効です。

  • ジンバブエの電子ビザは発行までに最大で5営業日(月曜日から金曜日)を要します。

  • 少なくとも出発する3週間前に電子ビザを申請する必要があります。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • パスポートは記載された到着日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

このジンバブエの電子ビザによって、外国人はオンラインで申請をする事ができるので、大使館にパスポートを送付する必要が無くなりました。このビザはジンバブエへの入国を望む場合に必要とされます。このビザはイーメールで送付されるので、必要な事はシンプルに印刷しジンバブエへの入国の際に提示する事だけです。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート
  • パスポートの個人情報のページのスキャン
  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。
  • パスポートの大きさの最近の写真
  • 以前のジンバブエのビザ(該当する場合)
  • ジンバブエでの住所(ホストの招待状、ホテルの確認でも可)
このジンバブエの電子ビザは1回入国の場合は30米ドルで、二回の入国の場合は45米ドルです。それ加えて標準的な処理には25米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:10営業日
  2. 迅速処理:5営業日
  3. 超迅速処理:3営業日
このジンバブエの電子ビザは発行後90日間有効です。これは発行後90日以内にジンバブエに入国しなければならない事を意味しています。1回入国と2回入国から選択する事ができます。滞在できる最大の日数は両方のビザで90日間です。
申請者のパスポートはジンバブエへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
いいえ、当社は発行後の電子ビザの詳細を変更もしくは修正する事は一切できません。しかしながら、もしビザが発行される前に誤りに気が付いた場合には、当社にオンラインチャットかhelp@ivisa.comまでイーメールをして、できるだけ早急にご連絡ください。
この電子ビザでは1回入国と2回入国の双方とも許可される最大の滞在期間は90日間です。 2回入国ビザでは2回入国する事ができますが、合計の滞在日数は90日を超える事はできません。
当社は予期しない遅延に備えてすべての渡航者に少なくとも到着の3週間前には申請をする事をお勧めしています。

以下の国々に電子ビザの資格があります:

アフガニスタン、 アンギラ、 バングラデシュ、 ベナン、 ボリビア、 ブルキナファソ、 カンボジア、 カメルーン、 コートジボワール、 中央アフリカ共和国、 チャド、 コロンビア、 コンゴ共和国、 朝鮮民主主義人民共和国、 ジブチ共和国、 エリトリア、 ガボン、 ガンビア、 ギニア、 ギニアビサウ、 イラク、 ヨルダン、 コソボ、 ラオス人民民主共和国、 レバノン、 リベリア、 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国、 マリ、 モーリタニア、 モンゴル、 モンテネグロ、 モロッコ、 ミャンマー、 ネパール、 ニジェール、 ナイジェリア、 オマーン、 パキスタン、 フィリピン、 カタール、 サウジアラビア、 シエラ・レオネ、 ソマリア、 南スーダン、 スリランカ、 スーダン、 シリア・アラブ共和国、 台湾、 タイ、 マケドニア旧ユーゴスラビア共和国、 トーゴ、 チュニジア、 ベトナム、 イエメン

電子ビザがあれば以下の通関手続地から入国する事ができます:
  • バイトブリッジ
  • ハラレ国際空港
  • チルンドゥ
  • プラムツリー
  • フォーブス - ムタレ
  • ニャマパンダ
  • カリバ
  • ヴィクトリアフォールズ
  • ブラワヨ空港
いいえ。申請時に示されるように電子ビザの有効期間は予定の到着日時に開始されますが、求められているのは失効前に入国する事だけです。この有効期間はジンバブエへの入国に関するものでしかないなので、実際には電子ビザが失効した後でも同国に滞在し続ける事ができます(90日間の最大滞在日数の要件を満たしている限りにおいて)。
少なくともニュースでジンバブエのことを耳にした事があるはずです。この国は卵1つで500億ジンバブエドルになってしまうほどインフレに陥った国です。それでもなお、そういった事が起こってからずいぶん経ち、現在の状況はかなり良くなっています。観光産業が近年花開いているので、多くの観光客がこの国を旅行先に選ぶようになっています。結局、この国は素晴らしい野生動物がいる美しい国です。この国へ出発する前に、様々な事を知っておくためにジンバブエについて少々学んでおくべきです。旅の途中で驚かされたくもないでしょうし、できる限り旅を喜ばしいものにしたいはずです。そういった事を念頭に入れて、以下で旅行前に知っておくべき事を学びましょう。第1に、多くの人々の旅はビクトリアの滝から始まります。これは非常に大きな滝で、その立地が概観を素晴らしいものにしています。近くにホテルがあるので宿泊と食事をする事ができます。しかしながら、そのレストランには驚くかもしれません。西側諸国の食べ物などなんでも食べる事ができますが、価格が少々割高です。恐らくオーナーたちはビクトリアの滝のミストを見ながら食事をする魅力的な機会を与えてると持っているでしょうし、それは確かに事実ですが、1皿のパスタに50ドルは少々高すぎるとは思いませんか?コミュニケーションに関して言えば、やりとりは非常に容易なはずです。ジンバブエの人々は英語を話し、実際に非常に優れた英語なので、何の問題もないはずです。もし努力をしてガイドに良い印象を付けないなら、ショナ語でいくつか一般的な表現を学んでおきましょう。ショナ語はジンバブエで話されている唯一の言語ではなく、もっとも一般的なものの1つです。多くの観光客は英語を話せるので困りませんが、ショナ語が話せれば素敵な事でしょうし、外国語の挨拶を学ぶ事もできます。そこに何も悪い事はありません。ジンバブエでしておきたい事の1つには、サイを見に行くことがあります。もうお気づきかもしれませんが、サイは絶滅が危惧されているので、AK-47を携えた軍隊に守られたサイを見る事になります。ジンバブエはクロサイとシロサイの両方を見る機会を提供しており、これは一生に一度の機会です。どうなるかは誰にもわかりませんよ?もしかしたらあなたの子供たちにはサイを見る機会はないかもしれません。その事を念頭に置いて、あなたはこの機会を利用するべきです。これは素晴らしい体験なので、大いに楽しめるはずです。常にツアーガイドの言う事に耳を傾けるようにだけしておきましょう。サイは一般的には温厚な生き物ですが、誰も彼らを怒らせたくはないはずです。彼らの角は本当に鋭いです。サイ以外にもジンバブエでは多くの野生動物を目にする事ができます。ジンバブエに行く人々の多くはサファリを目的にしてこの国を訪れます。そしてこの国には称賛すべき多くの動物がいます。ビッグファイブの事を耳にしたことがありますよね?ジンバブエではそのすべてを見ることができます。ライオンに、ヒョウ、ゾウ、すでに述べたサイ、そしてバッファロに加えて更に多くの動物を見る事ができます。ボートに乗ればカバも見る事ができますが、あまり近づきすぎない方がいいでしょう。カバは温厚な動物ですが、いったん彼らの縄張りに入ってしまうと、縄張りを守るために攻撃される可能性があります。こういった動物たちはすべて尊重すべき美しい生き物たちで、その自然の生息環境で頻繁に見る事ができるものではありません。安全性に関して言えば、飛行機の予約をする前に大使館で危険情報を常に確かめておくべきです。ジンバブエでは多少の政治不安があるため、そういった出来事が発生しているときにそういった場所へは行きたくないはずです。最善のケースでは避難することができるでしょうが、実際に避難できるまでは深刻な危険にさらされる事になります。ジンバブエ国内にいる間も危険情報を確認し、事態が悪化し始めたらできるだけ早く脱出しましょう。できればそういった事態にならなければ良いのですが。それ以外では、貴重品は常に目立たないようにしておきましょう。ジンバブエでも小さな犯罪は発生する上に、一般的に観光客がその標的です。機器(カメラなど)を肌身離さず身につけておいて、宝石類を身につける事は控えましょう。こういった物はジンバブエでは必要ではないかもしれません。ジンバブエに行く前にしておく必要がある事の1つには、マラリアの予防接種があります。マラリアはジンバブエのいくつかの地域では著しく流行している一般的な病気なので、どの地域を訪れるつもりであれ予防接種を受けておくべきです。かかりつけ医に連絡をして予約をとりましょう。また、個人的な状況に応じて他にも必要かもしれない予防接種についても尋ねる事ができます。ジンバブエではクレジットカードを使って支払いをする事ができますが、現金のほうが使われている社会なので、現金を持って行くべきです。米ドルは必要なときに両替の際のトラブルが無いので好ましいです。同時に、ATMを使用する際は常に窃盗に対して特段の注意をしましょう。一度に余りにも多くの現金を下ろすべきではありません。ジンバブエの人々について多くの悪い話を聞いたことがあるはずです。他国から来た居住者が巻き込まれた事件がいくつもあります。包み隠さずお伝えしておくと、ジンバブエでは確かに悪い事が発生しており、この国に行く事をじっくり考えるべきです。しかし同時に、多くの人々が何の問題もなくこの国に旅行しており、人生で最高の体験をしています。この世界で起こる悪い事が、あなたの人生を満喫し、見たいものを見る事を妨げるべきではありません。全体として、ジンバブエは訪れる価値のある国です。多くの自然の驚異を目にする事ができ、動物たちはあなたに畏敬の念を感じさせる事でしょう。基本的なルールにしたがっている限りは安全で、動物たちはあなたが彼らを尊重し、運転手やツアーガイドの指示に従っていれば何もしてこないでしょう。この国で一生に一度の体験ができるはずです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf