今すぐオンラインでザンビアの電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

ザンビア共和国の政府は、2015年10月に内務省を通じてこの電子ビザの提供を開始しました。この電子ビザはザンビアへのビザの申請をするためのオンラインのサービスです。ザンビアに来るために通常ならビザが必要になる渡航者は、必要な情報の提出と支払いを済ませた後、この制度を通じて申請する資格を得る事ができます。

iVisaはザンビアの電子ビザを取得するために、シンプルで迅速なソリューションを提供しています。渡航者はオンラインの申請書を記入すると、通過のための到着渡航者状で電子ビザが送信されます。入管のシステムでこの書類を到着時に確認できますが、印刷して携帯する事が強く推奨されます。空港の入管でこの書類を提示するとビザが提供されます。手続きは非常にシンプルです。

申請に必要な書類
  • 宿泊施設の証明

  • 申請者の写真

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • パスポートの最後のページ (該当する場合)

  • 航空会社の確認

  • カバーレター

  • 招待状 (該当する場合)

  • 招待元企業の事業登録 (該当する場合)

  • Selfie holding the physical credit card used for the transaction is need to verify payment. Only the last 4 digits of the credit card must be visible in the picture. Only one image is needed per order. (該当する場合)

  • Cover Letter from employer/school (該当する場合)

  • Host's ID

重要な指示
  • この電子ビザの承認状は承認/申請の日時から90日間有効です。この期間内ならいつでもザンビアに入国できます。

  • パスポートは記載された到着日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • この期間内に入国できなければ、電子ビザの承認状が無効となるので、再度申請する必要があります。

  • 1回、2回、複数回の入国ビザは最初の発効日から90日間有効ですが、これは数次ビザの有効期間が(相互利益のために)3年であるアメリカ合衆国の国民を除きます。

  • このビザの承認状は以下の3つの空港でのみ使用できます: 1)ケネス・カウンダ国際空港-ルサカ 2)ハリー・ムワンガ・ナンブラ国際空港-リビングストン 3)ンドラ空港-ンドラ

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

電子ビザとは、ザンビアへの入国と、ザンビア国内での移動を許可する公式の書類です。この書類は、ザンビア在外大使館と入国地点で発行されているビザの代替物です。通関手続地への到着の際に、パスポートとビザ承認状を提示する事になります。

国籍と訪問の目的に応じて追加の要件があるかもしれませんが、当社が提示を求めている必須要件は以下の通りです:

  • 宿泊施設の証明

  • 申請者の写真

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • パスポートの最後のページ (該当する場合)

  • 航空会社の確認

  • カバーレター

  • 招待状 (該当する場合)

  • 招待元企業の事業登録 (該当する場合)

  • Selfie holding the physical credit card used for the transaction is need to verify payment. Only the last 4 digits of the credit card must be visible in the picture. Only one image is needed per order. (該当する場合)

  • Cover Letter from employer/school (該当する場合)

  • Host's ID

ザンビアの電子ビザの費用は、選択する入国回数によって異なります。1回入国の電子ビザはJPY 6,018.00で、2回入国の電車ビザはJPY 9,489.00で、複数回入国電子ビザはJPY 17,589.00です。加えて、標準処理の場合にはJPY 2,893.00のサービス料金がかかり、迅速処理および超迅速処理のサービス費用は、それぞれJPY 7,522.00JPY 9,836.00となります。

選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:

  • 標準的処理:3 営業日

  • 迅速処理:2 営業日

  • 超迅速処理:1 営業日

この電子ビザは発行後90日間有効です。これは発効後90日以内にザンビアに入国しなければならない事を意味しています。

いいえ、電子ビザは以下の空港でしか使用できません:

  • ケネス・カウンダ国際空港-ルサカ

  • ハリー・ムワンガ・ナンブラ国際空港-リビングストン

  • ンドラ空港-ンドラ

申請者のパスポートはザンビアへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
承認されたら当社がイーメールで電子ビザの確認の旨を送信致します。

いいえ、通関手続地の出入国審査官は彼らのシステムで電子ビザの承認を確認できるので、その必要はありません。

しかしながら、万一のために電子ビザの承認状を印刷して携帯する事をお勧めします。

ザンビアへの入国の際にビザが必要とされるすべての国の国民に電子ビザを申請する資格があります。特定の居住国がその資格を有しているかどうかを判断するためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。
いいえ、この電子ビザは発効日から3カ月間有効なので、この期間内ならいつでもザンビアに入国できます。この期間内に入国できなければ電子ビザが無効となるので、再度申請する必要があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

アフリカへ行く理由は一般的には自然と野生動物を観察する事です。それはザンビアでも同じです。実際、人々がザンビアへ行く1番の理由はサファリです。この美しいアフリカの国は数千種類の野生動物の住処で、驚異と共に恐怖も体験する事でしょう。ザンビアについては知らない事が数多くあるかもしれないので、この国へ旅行する事には必然的に下調べが必要になります。実際、これは訪れたいと思っている新しい旅行先ならどこにでも当てはまるので、この記事が大いに役に立つはずです。ザンビアを訪れる上で最適な時期という事に関して言えば、厳密なルールはありません。雨季と乾季の間で選択する必要がありますが、どちらの季節を選択するにせよ暑い事には違いありません。暑いのと、暑くて湿度が高いののどちらが良いかというジレンマがあります。いずれにせよ、これらの季節の間に動物が食べ物と水を求めて移動するので、動物の生息場所に影響します。しかしながら、ザンビアへ旅行する事を選択した時期に応じて、訪問する場所を選択する必要があります。そうする事で、できるだけたくさんの動物を見る事ができます。既に述べたように、人々がザンビアを旅行先に選ぶ1番の理由は、そのサファリです。ライオンやシマウマなどこ、ここでは言い尽くせないほど多くの動物を見る事ができます。しかしながら、運転手やガイドの言う事に常に耳を傾ける事が、もっとも重要な従うべき1つのルールです。彼らは経験豊かで、彼らの言うとおりになります。文句や不満を言う必要はなく、彼らの決めた事に疑問の余地はありません。結局、彼らはその仕事を長くやっており、その仕事の一部はあなたの命を守る事です。そのとおりです!サファリで運転手やガイドの言う事を聞かなかったために死亡した人々もいます。空腹のライオンと、写真を撮るために車の外に出た愚かな人間...あとはご想像の通りです。また、決して動物に触ろうとしてはいけません。シマウマがおとなしくて、あなたを食べる事はない草食動物だと思っているかもしれません。間違ってはいませんが、もし彼らが腹を立てればあなたをぺちゃんこにする能力を依然として持っています。ですから、運転手やガイドが言う事には何でも従っておけば、絶対に大丈夫です。車の外にどれだけ出たいと思っても絶対に出てはいけません。結局、そこは動物の庭なので、自分自身以外を頼りにする事はできません。動物の王国を別にすれば、ザンビアに行く事が安全でないのではないかと思っているかもしれません。その答えは、間違いなく安全、です。しかしながら、ある程度の注意が必要です。観光客としてのあなたは、自動車泥棒や他の重大な犯罪の標的ではないでしょう。実際、ザンビアの観光客の間での犯罪率は非常に低いです。いずれにせよ、例えば女性は夜間に単独で外出する事は避ける事をお勧めします。ザンビアは安全ですが、小さな犯罪はどこででも発生するので、ザンビアでも違いはないでしょう?外出して買い物をしたいときは、現金をすべて携帯しない方がいいでしょう。ザンビアは現金に基づく社会なので、旅行中は多くの現金を持ち歩く必要があります。しかしながら、もし何かを買うときに財布に一杯の現金が入っている所を見られれば、あなたは窃盗の標的になるかもしれません。携帯する現金はある程度までにしておいて、残りは安全な場所に保管しておきましょう。ザンビアでのコミュニケーションには問題はないはずです。信じられないかもしれませんがザンビアの公用語は英語です。一年中観光客が数多くいるので、これは非常に役立ちます。ザンビアは食文化で有名ではありません。実際、提供される食べ物は平凡です。しかしながら、西側諸国の食べ物を提供するリゾート地があるので、母国の食べ物が恋しくなる事はないでしょう。一方で、ロッジも食べ物を提供しますが、あまり期待できません。そして水道水を飲む事も避けるべきす。人々の中には飲んでも大丈夫だと言う人もいます。この事はあなたにも当てはまるかもしれませんが、水道水から寄生虫に感染する人もいます。できる最善の事はペットボトルの水だけを飲むと言う事です。こうするほうが安全です。移動手段に関しては注意が必要です。これはタクシー運転手の中には誠実でない者もいるからです。この場合にできる事は、滞在先のホテルにタクシーを呼んでもらう事です。ホテルは一般的に優良な運転手と提携しているので、流しのタクシーよりも信頼できます。ザンビアでは具体的なドレスコードはありませんが、女性が屋外でタイトなスカートや、短いスカートを身につけているのを目にする事はありません。もし視線を避けたいなら同じようにするべきでしょう。また、ザンビアは楽しむことができるナイトライフがあります。バーに行って何杯か飲む事ができます。残念ながら道端にはたくさんの酔っ払いがいているので、女性が一人でバーに行くべきではありません。また、あなたが男性なら、女性にお酒を進める事は性的関係を迫る事を意味と知っているはずです。そうするかどうかはあなた次第です。正直に言えば、ザンビアで一番良い側面は動物です。それ以外でこの国を訪れるまともな理由は他にありません。荒野の真っただ中にあるロッジは素晴らしいですが、隔絶されていると感じるでしょう。しかしこれは良い感覚です。夜にトイレを使うときは注意が必要です。腹を立てたカバがどこからともなく現れて大変な事になるかもしれません。いずれにせよ、注意を怠らなければザンビアで素晴らしい体験ができるはずです。