今すぐオンラインでザンビアの通過電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 通過電子ビザ

ザンビア共和国の政府は、2015年10月に内務省を通じてこの電子ビザの提供を開始しました。この電子ビザはザンビアへのビザの申請をするためのオンラインのサービスです。ザンビア政府は陸路を通じて移動する旅行者のために特別な通過ビザを導入しました。このビザは最大で7日間有効です。

iVisaはザンビアの通過電子ビザを取得するために、シンプルで迅速なソリューションを提供しています。渡航者はオンラインの申請書を記入すると、通過のための到着渡航者状で電子ビザが送信されます。到着時に入管のシステムでこの書類を確認できますが、印刷して携帯する事が強く推奨されます。空港の入管でこの書類を提示するとビザが提供されます。手続きは非常にシンプルです。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • パスポートの大きさの写真(デジタル)

  • パスポートの個人情報のページのスキャン

  • 入国管理局長宛のカバーレター(添え状)。これには署名と日付が必要で、ザンビアに滞在する予定の日時が含まれていなければなりません。

重要な指示
  • パスポートは記載された到着日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

  • 通過ビザはザンビアに入国し、陸路で移動をするためにビザを必要とする国の国民に発行されます。

  • 通過電子ビザはザンビア到着後7日間有効です。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • この期間内に入国できなければ、電子ビザの承認状が無効となるので、再度申請する必要があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

通過ビザはザンビアに入国し、陸路で移動をするためにビザを必要とする国の国民に発行されます。このビザは7日間有効です。この7日間にザンビアを訪れる事ができる回数に制限はありません。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート
  • パスポートの大きさの写真(デジタル)
  • パスポートの個人情報のページのスキャン
  • 入国管理局長宛のカバーレター(添え状)。これには署名と日付が必要で、ザンビアに滞在する予定の日時が含まれていなければなりません。
ザンビアの通過電子ビザの費用は51米ドルです。それ加えて標準的な処理には25米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:3営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日
このザンビアの通過電子ビザは7日間有効です。電子ビザとは違い、この通過電子ビザの有効期間は発効日ではなく、到着後に開始されます。
申請者のパスポートはザンビアへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
最大で7日間ザンビアに滞在できます。
いいえ、この通過電子ビザの有効期間はザンビアに入国してから開始されるので、その必要はありません。
はい、そして有効期限は到着後から7日間です。
もしアフリカに行って野生動物をみたいなら、ザンビアへ行く事が適切かもしれません。サファリだけを目的にして多くの人々がこの国を訪れており、もし同じ体験をしたいなら、あなたもそうすべきです。同国内に生息している野生動物以外にも、観光をする機会があります。そしてその観光とはどのようなものかというと、ザンビアはその美しい景観で有名で、一般的なイメージとは異なり多くの緑があります。目にする物は一生あなたの記憶に残る事でしょうが、たくさんの写真を撮る準備をしておいて下さい。これはとても美しいです。それでもなお、世界中の他の国と同じように出発する前にあなたにとって興味深い事柄がいくつかあります。以下の記事をチェックしてください。ビクトリアの滝へ行きましょう-ザンビアへ行ったら見逃すべきではない物の1つは、ビクトリアの滝への訪問です。この場所は本当に見事で、たくさんの忘れられない思い出を作れるでしょう。ときにこの場所は観光客で溢れていますが、適切に計画すれば混んでいないときに訪れる事ができます。上から見るだけでなく、ビクトリアの滝のすべての部分を訪問する事を忘れないようにしましょう。上からのビクトリアの滝の眺めは素晴らしいですが、この滝の近くの場所も同じくらい美しいです。びしょびしょになりたくないのなら、レインコートを持っていく事だけは忘れないようにしましょう。 ヒヒに注意しましょう-ビクトリアの滝へ行く事へ関連して、この場所にはたくさんのヒヒがいる事を知っておくべきでしょう。この動物は一般的には温厚で、たくさん写真を取る事ができます。しかしながら、忘れるべきでない1つのルールは、食べ物を持たないようにするという事です。すべての動物は食べ物のためなら必死になり、ヒヒもその例外ではありません。ヒヒはあなたのサンドイッチを奪い取る機会を逃しはしないでしょう。餌を与える事がヒヒの生き残りの面からも推奨されないことは言うに及びません。もし観光客がヒヒに餌を与えれば、自然環境で自分で餌をとる事ができなくなります。 薬物はご法度です-医療目的の大麻がザンビアでは合法化されたという人もいますが、その所持や、販売、または摂取は依然として違法です。もし1オンス以下(0.5g)でも逮捕されれば25年間投獄される可能性があります。ザンビア政府は薬物に真剣に対処しています。また、西側諸国ではジフェンヒドラミンがベナドリルの有効成分として使用されていますが、これも違法です。ですから、もしザンビアで咳が止まらなくなったら、他の治療法を探す必要があるかもしれません。 服装をチェックしましょう-ザンビアでは法執行機関や軍隊の服装に似た格好をする事は違法です。その理由はハッキリとはしていませんが、服装を理由に15年投獄されるのは少々理不尽です。いずれにせよ、あなたはよそ者なので、ザンビアのルールに従う必要があります。 政治については話さないようにしましょう-ザンビアは民主国家ですが、同国の大統領について悪く言ったり、政治的話題に関してネガティブな意見を言ったりする事は、トラブルの種になるかもしれません。そういった事は完全に控えるべきです。性的なメールや写真を送らないようにしましょう-恋人とこういった事をするのを楽しく感じるかもしれませんが、自分の裸の写真を送る事はザンビアではポルノとみなされる可能性があり、固く禁じられています。罰金は300万ドルで、その上投獄される可能性もあります。どれだけ楽しくても、その価値はありません。 動物のハンティングを後押ししないでください-この記事の冒頭でも述べましたが、ザンビアには美しい野生動物がいて、そのうちのいくつかは絶滅危惧種です。しかしながら、この事は密猟者を惹きつけてしまいます。西側諸国から来た人々の中には(こうった者たちを通常は人々とは呼びませんが)、違法であるにもかかわらずトロフィーハンティングに行くことを好む人もいます。サイの角や他の記念品は、それが購入したものであっても、あなたを重大なトラブルに巻き込む可能性があります。ですから購入を控えるようにする事にも言及しておく価値があるでしょう。トロフィーハンティングに関連するあらゆる事柄に関わらない事で、野生動物を保護しましょう。 公共の場で飲酒をしないようにしましょう-ザンビアではお酒を飲む事は許可されています。お酒は禁止されていませんが、公共の場での飲酒は良く思われません。さらに言えば、公共の場で酔っぱらう事は刑事犯罪です。公共の場で飲酒していて警察に逮捕されれば、相当な額の罰金が科せられます。酔っ払いたいなら、私的に行うか、そのためのクルーズに来ましょう。それがザンビアでのやり方です。ビクトリアの滝に行くなら、今言っている事を目にするはずです。 両替をする場所には気を付けましょう-ザンビアに到着したら地元の通貨を手に入れる必要があります。しかしながら、闇市では偽札が多く出回っており、その犠牲者になるかもしれない事を認識する必要があります。この場合1番良い方法は両替所を利用する事です。そうすれば偽札を掴まされる危険性は無くなります。偽札を理由に逮捕されれば、投獄される可能性があります。本物の紙幣と偽札を見分ける事はあなたにはできないので、自分が犯した事もわからない罪で刑務所に行きたくはないでしょう?闇市は完全に避けるべきです。 闇市のエメラルドは避けましょう-もし何を言っているのかわからないときのために言っておくと、ザンビアは世界第3位のエメラルドの産出国です。ザンビアの企業はこの宝石を販売していますが、闇市で買う誘惑にかられるかもしれません。手短に言えば...やめておきましょう。ザンビアは観光する価値のある国で、ちょっとした事に注意すれば忘れられない体験ができる事でしょう。ある程度の下調べをしておく事が役に立つので、すぐ始める事をお勧めします。これまで述べてきたコツが役に立つと思いますが、さらに知っておいて損はないはずです。
黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。 以下のリンクから詳細をご確認ください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf