今すぐオンライでロシアの極東(ウラジオストク)電子ビザをゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: Far East (Vladivostok) eVisa

2017年、ロシアは同国の極東地域の訪問のために18ヶ国の市民に電子ビザを発行し始めました。このロシアの電子ビザは観光と発展を推進するためのロシアの極東開発省のイニシアティブの一部です。この電子ビザはロシアの極東の沿海地方、ハバロフスク、サハリン、チュクチ、およびカムチャツカを訪問する上で有効です。この電子ビザによって、渡航者はウラジオストク自由港、カムチャツカ、もしくはサハリンの領土通過点を通じてロシアに入国する事ができます。このロシアの極東電子ビザに費用はかかりませんが、当社では処理のためのサービス手数料をいただいております。

このロシアの電子ビザを心出来できるのは以下の国々の市民です:アルジェリア、バーレーン、ブルネイ、中国、インド、イラン、日本、クウェート、メキシコ、モロッコ、北朝鮮、オマーン、カタール、サウジアラビア、シンガポール、チュニジア、トルコ、アラブ首長国連邦。

申請に必要な書類
  • Last Page of Passport (該当する場合)

  • Applicant Photo

重要な指示
  • 渡航者のパスポートには申請日から少なくとも6ケ月間の有効期間と、電子ビザのスタンプを押すための空白のページが1ページ以上なければなりません。

  • この到着電子ビザは、ロシアへの通関手続地がウラジオストク自由港、カムチャツカ、もしくはサハリンの領土内に位置するロシア連邦の通過地点である渡航者だけが利用できます。

  • 電子ビザは1回入国用のビザで、有効期間は30 日 (発行後)です。

  • 電子ビザで許されるロシア連邦内での滞在期間は、有効期間内の入国時点から開始され、8 (#)日(1回の入国あたり)です。

  • 電子ビザの有効期間および/または許可される滞在期間は延長する事は出来ません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ロシアの極東電子ビザとは、18ヶ国の市民が8日間の間、同国内の東部地域を行き来できる電子観光ビザです。この電子ビザは入国時点から30日間有効で、所有者はウラジオストク、ペトロパブロフスク‐カムチャツキー、ブラゴヴェシチェンスク、ハバロフスク、ユジノ・サハリンスク、アナディル、ザバイカル地域、およびブリヤート共和国の領土内に位置するロシア連邦の以下の国境通過点を通じて入国する事ができます。

  • 航空機の場合、「ウラジオストク(クネヴィチ空港)」、「ペトロパブロフスク‐カムチャツキー(エリゾヴォ空港)」、「ブラゴヴェシチェンスク」、「ハバロフスク(ノーヴィ空港)」、「ユジノ・サハリンスク(ホムトヴォ空港)」、「アナディル(ウゴリヌイ空港)」、「ウラン・ウデ(ムヒノ空港)」、「チタ(カダラ空港)」;

  • 水路の場合、「ウラジオストク」、「ザルビノ」、「ペトロパブロフスク‐カムチャツキー」、「コルサコフ」、「ポシェト」;

  • 鉄道の場合、「ポグラニチニ」、「ハサン」、「マハリノ」;

  • 陸路の場合、「ポルタフカ」、「トゥリ・ログ」。

領土に侵入する前に渡航許可を得るために大使館や領事館を訪問する必要はありません。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • Last Page of Passport (該当する場合)

  • Applicant Photo

このロシアの極東電子ビザは無料です。ですがサービス手数料がかかり、標準処理の場合はJPY 3,300.56です。迅速処理と超迅速処理のサービス手数料は、それぞれJPY 4,400.74およびJPY 8,801.49です。

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:9 日

  • 迅速処理:7 日

  • 超迅速処理:5 日

ロシアの極東電子ビザは30 日 (発行後) 有効ですが、延長する事は出来ません。
全ての渡航者は申請時から少なくとも6ケ月間の有効期間があるパスポートを所持している必要があります。パスポートの有効期限が6ケ月未満の場合は、電子ビザを申請する前にパスポートを更新するか、新しいパスポートを申請する必要がります。加えて、パスポートには国境通過スタンプを押すための空白のページが少なくとも1ページ必要です。

この極東電子ビザの事前登録サービスを利用できるのは以下の国々です:

アルジェリア、バーレーン、ブルネイ、中国、インド、イラン、日本、クウェート、メキシコ、モロッコ、北朝鮮、オマーン、カタール、サウジアラビア、シンガポール、チュニジア、トルコ、アラブ首長国連邦。

1回入国あたり最大で8日間です。更に長く滞在するつもりなら、ロシアの書面のビザを取得する事が推奨され、これには招待状が必要になりますが、この招待状は当社を通じて取得する事ができます。
いいえ。招待状、ホテルの予約の確認、もしくは渡航の目的がこのタイプの電子ビザには求められていない事を確認できる何らかの書類であれば問題ありません。

1回の入国あたりに全ての渡航者に許された最大の滞在日数は、入国時点から開始される8日間です。

注意: 電子ビザの有効期間および/または許される滞在日は延長する事は出来ません。

注意! 電子ビザによって1回の入国あたりに許される8日間の滞在日数は、192(24時間×8日)時間の間を通じて滞在できる事を意味しません。この滞在期間は入国審査を通過した実際の時間にかかわらず、常に入国の際に入国審査を通過した日の深夜に開始されます。

全ての渡航者はパスポートや電子ビザ(ロシア政府によってPDF形式で発行されたものを印刷)などの渡航書類を提示する必要があります。加えて、到着時点で医療保険を所有している事も要件となります。
いいえ。電子ビザのための制約にかかわらず、従来のビザの期間内に訪問する事ができます。

ロシアの極東電子ビザは、ウラジオストク自由港の領土内に位置するロシア連邦の通過点を通じて入国する渡航者しか利用する事は出来ません。

異なる空港を利用する場合は、ロシアの書面のビザを取得する事が推奨され、これには招待状が必要になりますが、この招待状は当社を通じて取得する事ができます。

ロシアの極東電子ビザは同一の条件の下に以下の渡航目的をサポートします:

  • ビジネス

  • 観光

  • スポーツ関係

  • 文化関係

  • 科学-技術関係

この電子ビザによって、所有者はウラジオストク、ペトロパブロフスク‐カムチャツキー、ブラゴヴェシチェンスク、ハバロフスク、ユジノ・サハリンスク、アナディル、ザバイカル地域、およびブリヤート共和国の領土内に位置するロシア連邦の以下の国境通過点を通じて入国する事ができます:

  • 航空機の場合、「ウラジオストク(クネヴィチ空港)」、「ペトロパブロフスク‐カムチャツキー(エリゾヴォ空港)」、「ブラゴヴェシチェンスク」、「ハバロフスク(ノーヴィ空港)」、「ユジノ・サハリンスク(ホムトヴォ空港)」、「アナディル(ウゴリヌイ空港)」、「ウラン・ウデ(ムヒノ空港)」、「チタ(カダラ空港)」;

  • 水路の場合、「ウラジオストク」、「ザルビノ」、「ペトロパブロフスク‐カムチャツキー」、「コルサコフ」、「ポシェト」;

  • 鉄道の場合、「ポグラニチニ」、「ハサン」、「マハリノ」;

  • 陸路の場合、「ポルタフカ」、「トゥリ・ログ」。

電子ビザのための申請フォームは入国予定日の4日前から21日前に記入する事ができます。
いいえ。電子ビザを取得しても従来のビザを更新する事は出来ません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

極東ロシアは世界の果てとも呼ばれていますが、その場所を考えてみれば理由はすぐに分かるはずです。ウラジオストクはロシアの沿海地方の都市で、シベリア鉄道の東側の終点となっていますが、何日か過ごせるくらいの見どころもあります。ですが、現在この都市はいくつかの変化にさらせれているので、多くの事は期待できません。多くの建設工事が行われていますが、これは単純に更なる発展の印でしかありません。だとしても、素晴らしい時間が過ごせるはずです。

最初にすべき事はビザを取得する事です。極東地域にしか行かないつもりなら、ロシアのビザは必要ない事を知っておくべきでしょう。極東電子ビザを利用できるのは18ヶ国の市民だけです。iVisaはそのオンライン申請プロセスをお手伝いできます。そしてこの渡航書類は最短で5営業日で取得する事ができます。この電子ビザを申請する資格があるかどうかは、iVisaのビザチェッカーを利用しすれば調べる事ができます。この機能を使えば数秒で資格の有無が分かります。すべき事は出身国を入力し、目的地にロシアを選ぶだけです。実際に申請資格があった場合は、申請のページにリダイレクトされます。資格がなかった場合は、最寄りのロシア大使館の連絡先情報が表示されます。

極東ロシアの公用語はもちろんロシア語です。この地域には少数民族は多くないので、ロシア語しか耳にしない可能性が非常に高いでしょう。英語もあまり使用されていないので、渡航する前にロシア語のフレーズをいくつか憶えておくのが一番です。そうすればやり取りが簡単になり、現地の人々と交流できるようになるでしょう。

ウラジオストクを訪問する上で一番良い時期は8月から10月です。冬の季節は気温が劇的に低下するので、防寒具を着こむ必要があります。ですが、上記の期間に訪れれば非常に快適なはずです。気温が5℃以下になる事は無く、適切な服装をしていれば何の問題もないでしょう。ですが、防寒具と快適な靴を持って行く事をお勧めします。ウラジオストクの見どころの殆どは歩いて行ける距離にあり、全てを体験できる唯一の方法は長い道のりを歩くことです。快適な靴を履いていけばそのプロセスが楽になるでしょう。

10月にウラジオストクに行くつもりなら、防寒具と温かい靴を持って行ったほうがいいかもしれません。雨が多く降る事もあるので防水のジャケットも必要でしょう。夏の間は泳ぐ事もできるので水着も忘れないようにしましょう。

人生で最も優れたものは無料だと言われる事がありますが、ウラジオストクはその良い例です。ウラジオストクで楽しめるものの多くは景色なので、楽しむ上では何の費用もかかりません。ルースキー島を探検する事もできますが、行くにはタクシーに乗る必要があるかもしれません。車は右側通行なので、慣れていなければ車をレンタルするのは避けましょう。金角湾の上には、素晴らしい撮影スポットである歩道橋がかかっています。

エゲルシェリダ半島には美しい灯台がありますが、ここを訪問できるのは天気が良い時だけです。風が強すぎる日は歩道橋から落ちてしまう可能性があります。半島と都市をつないでいる陸地部分も海の底に沈んでしまう事は言うに及びません。自然には挑戦しない事をお勧めします。勝ち目はないのですから。

自然の驚異のほかにも、ウラジオストクには多くの博物館や記念館があります。歴史が好きなら非常に興味をそそられるでしょう。ガイドは英語を話せるのでツアーに参加してみましょう。そうしなければ殆ど理解できないでしょう。植物園と都市自体も美しく、1日の観光先としては最適です。

天気が許せば海で泳ぐ事もできます。ですが、熱帯の国々のような温かい水は期待できません。実際、海の水は冷たい事もあります。だとしても、ユニークな経験ができますし、景色も美しいです。半分水に沈んだ人魚像を見るのを忘れないようにしましょう。冬にウラジオストクを訪れれば、人々が厚い氷の上を歩いているのを目にするかもしれませんが、驚いてはいけません。気分がのったらあなたも試してみましょう。非常にスリリングです。

ウラジオストクの人々は一般的に非常にフレンドリーです。非常に親切で歓迎してくれます。ウラジオストクに言ったら麵類を試してみるべきです。この地域には多くの料理が集まっており、非常に美味しい味が生み出されています。屋台の食べ物も非常に美味しいです。キャベツと肉を詰めて蒸した丸いパンの一種である「ピャンセ」を試してましょう。これは韓国発祥ですが、ロシアでも非常に一般的で、遠くはモスクワでも食べる事ができます。ウラジオストクには高級レストランもあります。シーフードや高級なワインを楽しむ事ができます。

安全性に関しては、それほど心配する事はありません。道端だけでなくホテルやレストランの入り口にも物乞いがいます。中には子供もいます。彼らの手は速く、電話と現金を盗まれてしまう可能性があるので、注意する必要があります。近づきすぎないようにして、ポケットには気を付けておきましょう。また、夜間にホテルに歩いていかなければならない時は1人で行かないようにしましょう。ウラジオストクには避けるべき暗い道がいくつもあります。それ以外では安全なはずです。

ウラジオストクは一般的な旅行先でなないかもしれませんが、試してみれば驚きがあるでしょう。嬉しい驚きです。人々は親切で、食べ物はおいしく、景色も美しいです。ですから、単に通過するだけだとしてもウラジオストクを周辺を数日散策してみましょう。間違いなく楽しめるはずです。