今すぐウズベキスタンの電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2018年7月、ウズベキスタン政府は101ヵ国からの渡航者のために電子ビザを開始しました。この電子ビザは領事館に行ったりパスポートを送付したりしなければならない官僚的システムを置き換えます。

この電子ビザはウズベキスタンに最大で30日間滞在できる1回入国ビザです。この電子ビザは発行後90日間有効です。単純にオンライン申請を記入し、ビザ料金を支払ってい下さい-いかなる書類を送付する必要も、事務所を個人的に訪問する必要もありません。申請が承認されたら、イーメールで承認されたビザのコピーが送付されます。

申請に必要な書類
  • JPEG形式でのパスポートのスキャン。

  • デジタル形式のパスポートの写真

  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。

重要な指示
  • このウズベキスタンの電子ビザは、発行後90日間有効な1回入国ビザです。

  • このウズベキスタンの電子ビザは短期滞在(最大30日)のためのものです。

  • ウズベキスタンの入管管理局は、渡航者に入国日から少なくとも6カ月有効なパスポートを持っている事を求めています。

  • もしビザを更新する事無くウズベキスタンに30日以上滞在すると、法的措置と罰金が科せられる可能性があります。また、将来的にウズベキスタンの電子ビザを申請することができなくなる可能性があります。

  • この電子ビザはすべての航空便とウズベキスタンのすべての空港で使用できます。

  • ウズベキスタンの電子ビザはもっとも早くて約2日で処理が完了します。

  • この電子ビザはイーメールで送信されます。ウズベキスタンの入管を通過する際は、渡航者はこの電子ビザを印刷または電子的なフォーマットで提示する事と、他の有効な渡航書類を提示する事が求められます。

  • もしこの電子ビザと他の渡航書類の間に異なる点がある場合には、この電子ビザは無効とみなされます。

  • 16歳未満の子供にビザは必要ありません。16歳以下の外国の市民は、パスポートを所持しているか、生体認証渡航書類を所持し法定代理人を伴っていれば、ビザなし入国と、一次滞在、およびウズベキスタンからの出国が許可されます。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この電子ビザはウズベキスタンへの入国と、ウズベキスタン国内での移動を許可する公式の書類です。この書類は、ウズベキスタン在外大使館と入国地点で発行されているビザの代替物です。通関手続地への到着の際に、パスポートとこの電子ビザのコピーを提示する事になります。
国籍と訪問の目的に応じて追加の要件があるかもしれませんが、当社が提示を求めている必須要件は以下の通りです:
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート
  • パスポートの大きさの写真(デジタル)
  • パスポートの個人情報のページのスキャン
この電子ビザの費用は20米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには100米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:5営業日。
  2. 迅速処理:72時間。
  3. 超迅速処理:48時間。
この電子ビザは発行後90日間有効です。これは発効後90日以内にウズベキスタンに入国しなければならない事を意味しています。
パスポートはウズベキスタンに入国する時点から少なくとも6カ月有効で、少なくとも1ページの空白のページがなければなりません。
最大の滞在日数は30日間です。
以下の国籍にその資格があります: すべての欧州連合の市民(キプロスを除く)、オーストラリア、アルバニア、アンドラ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カナダ、中国、香港、アイスランド、インド、クウェート、リヒテンシュタイン、マカオ、マケドニア、モナコ、モンテネグロ、ニュージーランド、ノルウェー、オマーン、サンマリノ、サウジアラビア、セルビア、スイス、台湾、タイ、アラブ首長国連邦、アメリカ合衆国、バチカン市国
ウズベキスタンは旅行先を探す人々からは一般的に見過ごされている国です。なぜでしょう?それはこの国に関して多くの一般的な誤解があるためです。その多くでは、ウズベキスタンが安全でなく、とりわけ1人で行くには安全ではないと人々が言うのを耳にするでしょう。言わずもがな、これは間違がっています。ウズベキスタンを訪れた人々に何かが起こることはまずありません。そしてこういった誤解を払拭する1つの方法は、自分でこの国を訪れる事です。ご想像の通り、ウズベキスタンへ行く前にはある程度の下調べをする必要があります。あちこち移動したり、いくつかの状況に対処したりするための方法を学んでおく必要があります。加えて、ウズベキスタンの文化についていくつかの事を知っておけば役に立ちます。以下では、ウズベキスタンについて知っておく必要がある大切な事を学ぶことができます。コミュニケーションは、あなたが話せる言葉が英語だけの場合は問題があるかもしれません。この国は旧ソ連の国なので子供ですら英語を知りません。この国の人々はウズベキスタン語を話し、この言語はトルコ語に似ています。トルコ語を知っているなら、人々が言っている事が多少わかるかもしれません。また、彼らはロシア語も話し(誰もがロシア語を話します)、より高齢の世代は過去に学校で習っているのである程度のドイツ語を知っているかもしれません。しかしそれ以外では大変な思いをするかもしれません。対処に困らないように出発する前にいくつかの基本的なフレーズを学んでおいて損はないでしょう。お金の事に関して言えば、楽しい事が待っています。ウズベキスタンではスムという通貨が使用されています。しかしながら、1米ドルあたりのスムの価値は非常に小さく、ユーロに対しては更に小さくなります。加えて紙幣も小さいので、100米ドル分のスムを持ち歩くには文字通りギャングみたいなバッグが必要になります。そういった額を決して財布に入れる事はできません。銀行や両替所で両替をする事ができますが、闇市へは決して行くべきではありません。闇市での両替は数年前までは一般的で、食料雑貨店ですら両替をする事ができました。しかしながら、これは今や違法なので銀行に行く必要があります。ウズベキスタンで宿泊施設を1番簡単に見つけられる場所はブハラです。たくさんのホテルを目にするはずです。料金はほどほどで、サービスも十分満足できるはずです。宿泊施設に関して憶えておく必要がある事の1つは、ホテルを後にするときには登録書に記入および署名をする必要があるという事です。ウズベキスタンを出国するまですべての登録書を保管しておきましょう。これは国境で証明書として提示する必要があるからです。ときには列車の係員が提示を求める事もあります。ですから携帯しておきましょう。最後に、カウチサーフィンをするべきではありません。これもウズベキスタンではかつて一般的な慣習でしたが、現在は違法です。もし逮捕されれば、あなただけでなくホストも多大なトラブルを被る事になります。もしあなたがベジタリアンなら、ウズベキスタンでは苦労する事になるでしょう。これは、ウズベキスタンでは多く肉が食べられており、肉の使われていない料理がほぼ存在しないからです。また、あなたは好機の目で見られるでしょう。人々の中には肉を食べない理由を尋ねてくる人もいるかもしれません。野菜ですら動物の油で揚げられます。間違いなく空腹になる事はありませんが、満腹になる事もないでしょう。ウズベキスタンのお伝統的な料理はプロフです。これにはご飯と、肉、そして時には卵が含まれています。これは美味しいので、ぜひ試してみましょう。また、ウズベキスタンの人々は食事の際であってもなくてもたくさんのお茶を飲みます。気温が35度でも関係ありません。お酒を飲みたいと頼めば、ウズベキスタンの人々はツケにしてくれるでしょう。ウズベキスタンの人々は信じられないほど親切です。観光客はそれほど多くないので、彼らは好奇心を持つでしょう。しかし彼らは非常に親切ですが、ときには騒々しい事もあります。もしあなたが25歳以上の独身女性なら、ウズベキスタンの人々は結婚しない理由を尋ねる事を遠慮しません。人々の中には30歳にもなれば4人子供がいると言う人さえいるかもしれません。これを個人的に受け取る必要はなく、冗談を言えるならそうすべきです。ポジティブな態度を保ちましょう。彼らはあなたを傷つけるためにそういった質問をするわけではありません。彼らは単に好奇心が強いだけなのです。腹を立てる事は誰の得にもなりません。ウズベキスタンの人々は主にイスラム教徒ですが、見た目だけではわからないはずです。これは、女性は普通の格好をしていて、ほぼすべての人々がウォッカを飲んで酔っ払っているからです。彼らは一般的なイスラム教徒の振る舞いをしないので、あなたはこの事を興味深く感じるはずです。いずれにせよ、ウズベキスタンには多くの寺院と神聖な場所があるので、依然としてある程度の敬意を示すべきです。そういった場所を訪れる際には、ちゃんとした服装をしましょう。もしあなたが女性なら、その場所に足を踏み入れる際には頭をスカーフで覆うべきです。ウズベキスタン国内を移動するには、列車や、バス、または共有タクシーを利用する事ができます。観光客が利用するもっとも一般的な移動手段はバスで、これは安価で比較的移動も速いです。しかしながら、知っておくべきことがいくつかあります。もし長距離の移動をするなら、バスは乗客がトイレに行くためにときどき停車しますが、食事に十分なほど長くは停車しません。たくさんの食べ物を持って行くようにしましょう。また、夜間にバスを運行する事は違法です。過去にあまりにも多くの交通事故があったので、深夜から午前5時まではバスでの移動はできません。バーやスナックのある指定の場所に停車します。単純に運行が再開する朝まで待つ必要があります。ウズベキスタンは非常に過小評価されている国です。この国は豊富な歴史と、広大なコットン畑がある美しい国です。例えあなたが単独で旅行する女性であっても安全な国です。人々は親切で、歓迎されていると感じるでしょう。楽しい体験ができるはずです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

滞在できる期間は到着後の30日間か、ビザの有効期限までです。ビザの有効期限は発行後の90日間なので、本日ビザを取得して80日後にウズベキスタンに渡航した場合、同国に滞在できる期間は10日だけになります。ウズベキスタン政府はビザの延長を許可していません