今すぐオンラインでB1/B2観光ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: B1/B2 Paper Visa

アメリカ合衆国への入国を望むほぼすべての外国人は最初にビザを取得しなければなりません。B1/B2ビザは、ビジネスや(ビザカテゴリーB1)、観光(ビザカテゴリーB2)、またはその両方(B1/B2)でアメリカ合衆国へ一時的に入国する事を望む人々のための非移民ビザです。アメリカ合衆国政府は通常、B1もしくはB2ビザを単体ではなく、B1/B2ビザとして発行します。このビザによって外国人はアメリカ合衆国の通関手続地へ渡航し、同国の入国審査官に入国の許可をリクエストする事ができます。 B1/B2ビザを取得するための第1歩は当社の簡易なオンラインビザ申請を記入する事です。記入が済みましたら、当社がアメリカ合衆国政府に直接、申請および支払いを行います。当社がお住いの地域のアメリカ合衆国大使館または領事館での面接の手配を行います。面接の前には、当社が面接中に予想される事に関する包括的なパッケージをお伝えし、持参しなければならないもののチェックリストを提供いたします。面接の後、アメリカ合衆国大使館はビザステッカーを貼付するためにパスポートを預かる可能性が高いです。 観光ビザ(B2)で許可される活動は以下のとおりです:観光、休暇、訪問(休日)、友人または親族への訪問、医学的治療、同好会・社会的・サービス組織によって主宰された社会イベントへの参加、音楽・スポーツまたは類似イベント・大会へのアマチュアの参加、賃金を受け取らない学位に換算されないレクリエーションの短期の学業への参加および登録(休暇中の2日間料理教室など)。
申請に必要な書類
  • デジタル写真。
  • 既に手配している場合は、旅程。
  • 以前にアメリカ合衆国に渡航している場合には、直近の訪問または渡航の5日間の日時。また、過去5年間の国際渡航歴を尋ねられる可能性もあります。
  • その他の情報-渡航の目的に応じて渡航者の中にはオンライン申請をする際に追加情報を求められる人もいます。
重要な指示
  • 観光客としての観光ビザ(B2)ではアメリカ合衆国で就労する事はできません。
  • B1/B2ビザの有効期間と入国回数は国籍に依ります。
  • 観光ビザでのアメリカ合衆国における滞在は1回の入国あたり180日間に制限されています。
  • 失効したパスポートに関連付けられている有効なアメリカ合衆国のビザは依然として有効です。キャンセルまたは取り消しがなされない限り、ビザはその期限まで有効です。失効したパスポートに関連付けられた有効なビザを所持している場合は、それを取り外さないでください。アメリカ合衆国への渡航および入国の際に、新たな有効なパスポートと共に失効したパスポートの有効なビザを使用することができます。
  • すべての回答は、自国の文字でフルネームを記載する事を求められたとき以外は、アルファベットを用いて英語で答えなければなりません。 面接での心得:
  • 申請ID番号が記載された確認ページを持参する必要があります。
  • アメリカ合衆国への渡航のために有効なパスポートを持参してください-パスポートは同国での滞在期間よりも少なくとも6カ月長い有効期間がなければなりません。パスポートに記載されているあらゆる家族のメンバーを含むビザが必要な各個人が別個に申請を行わなければなりません。 以下の事柄に関連する追加書類が資格の有無を確立するために求められる可能性があります:
  • 渡航の目的
  • 滞在後のアメリカ合衆国からの出国の意図、および/または
  • 滞在に関わるすべての費用を賄う能力。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

アメリカ合衆国のB1/B2観光ビザ(B2として分類)はパスポートのビザのページに貼付される従来のビザです。これは一時的な非移民ビザで、その所有者がアメリカ合衆国へビジネスまたは観光で渡航する事を可能にします。
申請のためには以下のものが必要です:
  • アメリカ合衆国での滞在期間よりも少なくとも6カ月長い有効期間を持つパスポート。
  • デジタル写真。
  • 既に手配している場合は、旅程。
  • 以前にアメリカ合衆国に渡航している場合には、直近の訪問または渡航の5日間の日時。また、過去5年 間の国際渡航歴を尋ねられる可能性もあります。
  • 経歴書または履歴書。現在および過去の就学歴および就業歴についての情報の提供を求められる可能性があります。
  • その他の情報-渡航の目的に応じて渡航者の中にはオンライン申請をする際に追加情報を求められる人もいます。
アメリカ合衆国の観光ビザの費用は160米ドルです。それ加えて標準的な処理には89米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには119米ドルがかかり、さらに早くするには149米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  • 標準的処理:14営業日
  • 迅速処理:12営業日
  • 超迅速処理:10営業日
B1/B2の観光ビザは発行後10年間有効です。加えて、このビザは数次ビザで、1回の入国あたり最大で180日間滞在する事ができます。
アメリカ合衆国での滞在期間よりも少なくとも6カ月長い有効期間を持つパスポートが必要です。これはこのビザの10年間の有効期間内になされるすべての滞在に適用されます。
いいえ、当社は発行後のこのビザの詳細を変更もしくは修正する事は一切できません。しかしながら、もしビザが発行される前に誤りに気が付いた場合には、当社にオンラインチャットかhelp@ivisa.comまでイーメールをして、できるだけ早急にご連絡ください。
申請者のパスポートは、アメリカ合衆国への入国時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

アメリカ合衆国への旅行はそんなに難しくありませんよね?この国は自由の国で、文化の坩堝で、そして多くの人々が道案内やその他もろもろの事であなたを助けてくれます。それでもなお従うべきルールが無いという事ではありません。実際、アメリカ合衆国に到着すれば、この国は映画で描かれているような国ではない事に気が付くでしょう。ハリウッドはある面では正しいですが、その他では馬鹿げています。それこそ、あなたが出発する前にある程度の下調べをして、アメリカ合衆国の人々と文化について学んでおくことが非常に重要な理由なのです。以下では、アメリカ合衆国を訪れたときにあなたがすべき事とすべきでない事をいくつか学ぶことができます。 笑顔の力を過小評価しないでください-アメリカ人はほとんどの場合フレンドリーな人々で、彼らは「あなたが人にしてもらいたいように,あなたも人にしなさい」という事を信じています。基本的に、あなたが彼らにしてもらいたいように、あなたも振舞う必要があります。ルールはシンプルです。いかなる場合にも常に笑顔で、丁寧に、そして親切でありましょう。歓迎と、手助け、そして人間関係を構築するチャンスが貰えるはずです。アメリカの人々はあなたが必要としていれば進んで手助けをしてくれるはずで、特定のコミュニティーを訪れれば人々は喜んで地域の紹介をしてくれるでしょう。 そこらじゅうで喫煙をしないようにしましょう-アメリカ合衆国では喫煙は規制されており、喫煙ができる指定の場所が定められていますが、どこでも喫煙できるわけではありません。例えば、レストランや、あらゆる建物の中、公園のような公共の場所、そして道端ですら喫煙をする事はできません。これは、アメリカの人々が副流煙について真剣に受け止めており、そして誰かがあなたの煙を吸い込むことを防止したいと思っているからです。あなたが喫煙者なら、許された場所で喫煙する必要があります。 メートル法を使ってはいけません-これはアメリカ合衆国への観光客にとって間違いなくもっとも著しい混乱の種です。キログラムや、キロメートル、そして摂氏の事は忘れて、ポンドや、マイル、そして華氏を使わなければなりません。これに慣れるのが大変で、慣れる頃には帰国しているでしょう。要点は、ヤード・ポンド法によってあなたが混乱するように、アメリアの人々もメートル法で混乱するという事です。いずれにせよ、アメリカ合衆国ではあなたがよそ者なので、合わせる必要があるのはあなたです。加えて、単位を変換してくれるアプリが豊富にあります。Googleですら簡単な検索でこういった変換をする事ができます。 運転は冗談ではありません-アメリカ合衆国に行って車をレンタルしたら、路上では非常に気を付けましょう。標識の中には見慣れないものがあるでしょうし、速度制限は地域によって異なります。加えて、許された場所にしか駐車する事はできません。いくつかの国では駐車すべきでない場所に駐車しても、何の罰も受けないで済むかもしれませんが、アメリカ合衆国ではそうはいきません。違法駐車の取り締まり専用の業者がいて、そういった人たちが不適切な場所に駐車された車を見つけ出します。罰金を払ってもかまいませんか?もしそうでないなら駐車する場所は考えましょう。 スラングの使用は控えましょう-映画で何を見たにせよ、アメリカの人々は一般的に適切な言葉を話します。「yourとyou’re」の取り違えについては忘れましょう。ここではスラングの事について話しています。アメリカの人々はステレオタイプで見られていると感じてしまうので、嫌な目で見られてしまいます。加えて、出だしから躓きたくはないでしょう?これはイギリスに行って、出会う人全員に「Cheerio(またね)」というような物です。これは侮辱ギリギリの行為です。アメリカ合衆国では、人々は上品に話す事を好むので、あなたも同じようにすべきです。これがもし敬意と感謝持って扱われたいなら、すべき事です。 チップを忘れないようにしましょう-チップが習慣でない国もありますが、アメリカ合衆国ではチップが多くの店員の生活を支えています。これはウェイターの仕事では最低賃金しか得られず、それを補うためにはチップが必要だからです。彼らが期待しているようにチップをあげなければ、彼らは非常に失礼になる事は事実ですが、彼らの多くはチップによってまともな暮らしを送っているのです。アメリカ合衆国ではチップは料金の約10%から15%だという事を憶えておきましょう。これを多く感じるかもしれませんが、それが習慣です。 自然公園を見に行きましょう-人々の中にはこれを第一の理由としてアメリカ合衆国を訪れる人もいます。アメリカ合衆国の自然公園は驚くべき物です。この国は極めて広いので、国土の多くは依然として自然に覆われています。森林や、コロラドのロッキー山脈、そして他の数々の場所が、その美しさによってあなたの記憶に刻み込まれる事でしょう。加えて、その各々には独自の側面があり、どこに行ったとしても最高の体験をする事ができるはずです。 時間を守りましょう-アメリカの人々の好きなものをあげるとしたら、それは時間を守る事です。もし午前10時にどこかにいる必要があるのなら、ちゃんとそこにいるようにしましょう。遅刻する事は、アメリカの人々が許容しない事の1つなので、時間通りに行動するようにしましょう。ある場所へ行くための時間に、もしものときのための予備の時間を足しておくことを忘れないようにしましょう場所によっては道路が非常に混雑するので、安全策をとっておく必要があります。 映画で何を見たにせよ、アメリカ合衆国には訪れる価値がある事を知っておくべきです。銃関係の事柄で敬遠する人もいるかもしれませんが、ほとんど心配する必要はありません。もちろん注意をしなければならない地域もありますが、世界中どこに行くしてもそれは同じです。結論としては、アメリカ合衆国には馬鹿げたルールは無く、そのルールに従う限りは楽しい体験ができるという事です。