以下で特集:

今すぐオンラインでウクライナの観光電子ビザを入手しましょう

iVisa.com provides expedited processing and guidance for any visa application since 2013. We are not affiliated with any Government Department.

A visa is required. We can assist in processing this document.

ビザのタイプ ビザのコスト Processing Fee Number of Entries Processing Time
Tourist eVisa
ビザのコスト USD 93.00
Service Fee USD 35.00
Number of Entries Single
Processing Time 15 日
今すぐ申請
ビジネス電子ビザ
ビザのコスト USD 93.00
Service Fee USD 35.00
Number of Entries Single
Processing Time 15 日
今すぐ申請

How to Apply: Tourist eVisa

オンライン申請を記入してください
オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPaypalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

Receive document via email
Receive document via email

No need to deal with the embassy. We do it for you so you don't lose valuable time

目的地を入力してください
目的地を入力してください

Present your Passport and the Document we provide upon entry to destination country

今すぐ申請

Learn More: Tourist eVisa

2018年4月現在、指定された46か国のパスポートの所有者が、ウクライナの電子ビジネスビザ(ビジネス電子ビザ)に申請する事ができます。電子ビザはウクライナ外務省から1回入国ビザとして観光もしくはビジネス目的で発行され、最大で30日間有効です。 この電子ビザシステムは世界中どこからでもウクライナに入国できるビザを申請するためのオンラインの手法です。このシステムを利用する上での渡航者の利点は、ビザがいつでもどこからでもインターネットを通じて素早く申請ができる事と、申請時にオンラインで支払いができる事です。渡航者はウクライナの電子ビザをイーメールで受け取ります。到着の際に提示する事を求められるので、この電子ビザを印刷し、滞在期間中携帯しておく事をお勧めします。

当社のビザ計算ツールをご利用ください

申請前のビザ費用の計算

お客様の声

Our customers have great stories about us

よくある質問

ウクライナの観光電子ビザは、外国人が観光目的でウクライナを訪問するために必要な公式の渡航書類です。

申請のためには以下のものが必要です: ● 有効なパスポート ● 健康保険(最大 30,000ユーロの保証範囲) ● 滞在費用を賄うために十分な資金の証明 ● 帰国/乗り継ぎのための航空券 ● 宿泊情報(ホテル予約) ● 観光サービス契約書(領収書) ● 旅程表

ウクライナの電子ビザの費用は65米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには60米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。

選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります: ● 標準的処理:72時間 ● 迅速処理:24時間 ● 超迅速処理:18時間

この電子ビザは到着後の30日間有効です。発行後から有効になる多くのビザとは異なる事にご注意ください。

申請者のパスポートはウクライナへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。

いいえ、当社は発行後の電子ビザの詳細を変更もしくは修正する事は一切できません。しかしながら、もしビザが発行される前に誤りに気が付いた場合には、当社にオンラインチャットかhelp@ivisa.comまでイーメールをして、できるだけ早急にご連絡ください。

滞在日数は最大で30日間です。

以下の書類を提示する必要があります: ● 現在有効なパスポート ● 印刷した電子ビザ ● 滞在費用を賄うために十分な資金の証明 ● 保険の証明 ● 旅程表 ● 宿泊施設情報

以下の国籍にその資格があります: ● アンティグアバーブーダ、オーストラリア、バハマ、バーレーン、バルバドス、ボリビア、ブータン、カンボジア、コスタリカ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エルサルバドル、フィジー、グレナダ、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、インドネシア、ジャマイカ、クウェート、ラオス、マレーシア、モルディブ、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、ミャンマー、ネパール、ニュージーランド、ニカラグア、オマーン、パラオ共和国、ペルー共和国、カタール、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、サモア、サウジアラビア、セーシェル、シンガポール、スリナム、タイ、東ティモール、トリニダードトバゴ、ツバル、バヌアツ

ビザ(電子ビザまたはそれ以外のビザ)は、入国地点(空港)への渡航を許可するだけのものです。入国の最終的な判断は通関手続地における入国審査官の裁量に基づきます。

人々がウクライナを訪れる理由の1つは観光客がこの国を訪れる時期が重ならないという事です。ウクライナが避けられてしまう理由となるいくつかの一般的な誤解があります。この国は陰鬱に見えたり、現在進行形で戦争があったりするような事が、人々が旅行先を探す際にこの国を避ける多くの理由の内の代表的な2つです。こういった事は事実ですが、完全に正しいわけではありません。第1に、温暖な気候の国々はすべて秋と冬には陰鬱に見えます。多くの自然の命が死に向かい、多くの雨が降り、気温が下がり、そして雪が降り始めます。しかし春が来て夏になればこの国にも花が咲き、何度かの熱波が訪れ、そして景色も美しくなります。戦争に関して言えば、あいにく現在進行形で戦争が行われている地域が依然としていくつかあります。しかしながら、これは東のはずれの地域です。ウクライナの地図を眺めてみれば、この国がどれだけ大きいか分かるはずです。依然としてロシアとの政治的対立があり、ウクライナの人々はクリミアがロシアによって違法に占拠されていると信じていますが、あなたはそうった地域に近づかないでいる事ができます。安全に訪れられる他の地域がたくさん無いという事ではありません。地域の人々や店員とコミュニケーションできると思っているかもしれません。こう思う事は自然な事ですが、もしかしたら少々がっかりするかもしれません。ウクライナの人々はウクライナ語とロシア語を話しますが、英語はそれほどではありません。道案内やある程度の基本的な事を説明してくれる若い世代の人々に出会う事もあるかもしれませんが、あなたが思っているほど頻繁に出会える事はないでしょう。英語が学校で教えられている事は事実ですが、より高齢の世代はほとんどあなたの言っている事を理解できないでしょう。結果として、出発する前にウクライナ語でいくつかのフレーズを学んでいく必要があります。これは学ぶことが簡単な言語ではありませんが、人混みの中で誰もあなたを理解してくれる人がいないという事態に陥らないためには、他に選択肢はありません。ウクライナの人々についてあなたが驚くだろう事の1つには、彼らがウクライナ語とロシア語の両方を、ときには同時に話すという事です。これはこの国のロシアとのつながりが理由です。言語に関して言えば、ウクライナへ旅立つ前に学んでおかなければならない事の1つとしては、キリル文字の事があります。もしかしたら聞いた事がないかもしれません。ウクライナでは人々はABCを用いません。彼らは独自のアルファベットを持っており、この事はあなたを大いに混乱させるでしょう。いずれにせよ、標識を読みたいならこれを学ぶ必要があります。他の国々とは違って標識は英語に翻訳されていません。ウクライナが寒くて陰鬱な国であるという誤解を払拭したいなら、オデッサに行くべきです。この場所はウクライナを訪れる誰もが行く場所です。あなたも行くべきです。なぜでしょう?それはここには黒海に近い砂浜と、ナイトライフ、楽しい事、そして冒険があるからです。オデッサには豊富な歴史と謎があります。その両方を探索する機会を逃してはなりません。素晴らしい時間を過ごせるはずです。ウクライナを移動するための最善の手段は列車です。列車はこの国の広い地域をカバーしており、値段も格安です。この列車の質はあまり高くなく、見た目がひどい物をありますが、他の移動手段は遅いか高いかのいずれかです。いずれにせよ、夜行列車は非常に快適です。しかしながら、憶えておくべき1つの事は、列車内では食べ物が提供されないので、乗車する前にスーパーマーケットで買い物をしておく必要がある事です。もしもっと地元に根差した移動手段を探しているなら、マルシュルートカを試す事ができます。これは地方と都市部を繋げる小さなバスです。これを利用するためにチケットを買う必要はありません。乗り込む時に運転手から行先を尋ねられ、それから値段が告げられます。観光客はマルシュルートカをあまり利用しないので、周りの人から好機の目で見られるかもしれません。非公式のタクシーについて耳にした事はありますか?もし耳にした事が無いなら、これはある種のヒッチハイクのような物ですが、もっと地域に根差したものです。もしかしたら驚くかもしれませんが、ウクライナの人々は実際にこういった事をしています。こういったタクシーはあなたが合図をすれば道端に止まって、安い値段であちこちに運んでくれます。ウクライナでの賃金は高くないので、余分な現金は常に歓迎されます。ウクライナの食べ物は近隣のヨーロッパやロシアと類似しています。ウクライナの食べ物を体験するために一番良い場所は、Puzata Khataというレストランでキリル文字ではПузата Хатаと表記されています。ボルシチや、ヴァレーニキ、オクローシカ、カンポット、ウズバーなど他にも様々な地域の美味しい料理を味わう事ができます。このレストランはウクライナ全土に展開しています。言うなればこれはウクライナのバーガーキングのような物です。いずれにせよ食べ物は気に入るはずです。ウクライナの人々は一般的にフレンドリーで親切です。もしあなたが幸運で英語を話せる人物と出会う事ができれば、彼らがいかに社交的かを理解できるでしょう。しかしながら、この国は汚職で有名で、一般の人々は親切ですが、役所はそうではありません。あなたが驚くかもしれない事の1つには、国境の役人の態度があります。もし陸路で行く場合は「もてなし」が待っています。彼らは常に賄賂を期待しており、あなたを通過させない理由をなんでもでっち上げます。これは一般的に賄賂が欲しいというサインです。観光客が賄賂を拒否して、その結果として役人が観光客の車をひっくり返した事もあります。本当に真っ逆さまにという意味です。こういった極端な体験をする事はないかもしれませんが、できる事ならこの国へは飛行機で行った方が良いでしょう。何が起こるかはわかりませんから。全体としてウクライナには多くの見どころがあります。豊富な歴史を持つ国で、文化も魅力的です。行くべき場所が決まっているなら、活気にあふれた都市を体験でき、景色も悪くありません。他の国々と同じように短所もありますが、全体としてみればウクライナは行くべき国です。まだ観光客が押し寄せていないので旅がより快適なるかもしれません。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

もしビザの申請が政府機関によって承認されなかった場合、当社の承認保証に従って全額を返金致します。もし何がしかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、チャットでご連絡いただければ、サービス手数料を返金致します。申請時にミスがあった場合には、追加の費用を頂くことなく再度当社が処理をいたします。返金はご使用になったものと同一のクレジットカードへなされる事にご注意ください。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

もしビザがまだ処理のために提出されていないなら、全額返金を受ける事ができます。しかしながら、もし申請が提出された後ならば、当社は返金に応じる事はできません。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?