今すぐオンラインでウクライナのビジネス電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ビジネス電子ビザ

2018年4月現在、指定された46か国のパスポートの所有者が、ウクライナの電子ビジネスビザ(ビジネス電子ビザ)に申請する事ができます。電子ビザはウクライナ外務省から1回入国ビザとして発行され、最大で60日間有効です。別個の観光電子ビザがあります。 この電子ビザシステムは世界中どこからでもウクライナに入国できるビザを申請するためのオンラインの手法です。このシステムを利用する上での渡航者の利点は、ビザがいつでもどこからでもインターネットを通じて素早く申請ができる事と、申請時にオンラインで支払いができる事です。渡航者はウクライナの電子ビザをイーメールで受け取ります。到着の際に提示する事を求められるので、この電子ビザを印刷し、滞在期間中携帯しておく事をお勧めします。
申請に必要な書類
  • デジタル形式のパスポートの写真

  • パスポートのページのスキャン

  • 資金の証明 : ウクライナから出国するための飛行機のチケット

  • 旅行保険

  • 法人統一状態登録(USR)で割り当てられた番号を含むウクライナで登録されている法人からの招待状。

  • 国家機関や、国家当局、国営企業、または国営組織からの招待状。

  • ウクライナ領土内における外国投資制度に関する法律に従った外国投資を確認する書類。

重要な指示
  • このウクライナのビジネス電子ビザは1回入国ビザで、有効期間は発行後60日間です。

  • 最大で30日間ウクライナに滞在できます。

  • パスポートは到着日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

  • 少なくとも渡航の10日前には申請をしなければなりません。

  • 申請者が未成年者もしくは障がい者である場合には、この電子ビザ申請は親または法定後見人によって提出されるものとします。各人物に別個の電子ビザの申請が提出される必要があります。

  • この電子ビザはウクライナのすべての通関手続地で使用する事ができます。

  • 出入国に際しては、上記で規定されたすべての書類と共に電子ビザを提示する事が求められます。滞在期間中は常に電子ビザのコピーを携帯しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ウクライナのビジネス電子ビザは、ビジネス目的でウクライナへ渡航する外国人が必要な公式の渡航書類です。
申請のためには以下のものが必要です: ● 有効なパスポート ● 健康保険(最大 30,000ユーロの保証範囲) ● 滞在費用を賄うために十分な資金の証明 ● 宿泊施設情報 ● 法人統一状態登録(USR)で割り当てられた番号を含むウクライナで登録されている法人からの招待状。 ● 国家機関や、国家当局、国営企業、または国営組織からの招待状。 ● ウクライナ領土内における外国投資制度に関する法律に従った外国投資を確認する書類。
ウクライナのビジネス電子ビザの費用は65米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには60米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります: ● 標準的処理:72時間 ● 迅速処理:24時間 ● 超迅速処理:18時間
この電子ビザは到着後の60日間有効です。発行後から有効になる多くのビザとは異なる事にご注意ください。
申請者のパスポートはウクライナへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
いいえ、当社は発行後の電子ビザの詳細を変更もしくは修正する事は一切できません。しかしながら、もしビザが発行される前に誤りに気が付いた場合には、当社にオンラインチャットかhelp@ivisa.comまでイーメールをして、できるだけ早急にご連絡ください。
以下のものを提示する必要があります: ● 現在有効なパスポート ● 印刷した電子ビザ ● 滞在費用を賄うために十分な資金の証明 ● 保険の証明 ● 宿泊施設情報 ● ウクライナでのビジネスの目的を示すすべての書類
以下の国籍にその資格があります: ● アンティグアバーブーダ、オーストラリア、バハマ、バーレーン、バルバドス、ボリビア、ブータン、カンボジア、コスタリカ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エルサルバドル、フィジー、グレナダ、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、インドネシア、ジャマイカ、クウェート、ラオス、マレーシア、モルディブ、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、ミャンマー、ネパール、ニュージーランド、ニカラグア、オマーン、パラオ共和国、ペルー共和国、カタール、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、サモア、サウジアラビア、セーシェル、シンガポール、スリナム、タイ、東ティモール、トリニダードトバゴ、ツバル、バヌアツ
ビザ(電子ビザまたはそれ以外のビザ)は、入国地点(空港)への渡航を許可するだけのものです。入国の最終的な判断は通関手続地における入国審査官の裁量に基づきます。
ウクライナにはつらい過去があるかもしれません。この国は近年までいくつかの紛争を抱えていました。しかしながら、この事は変化を遂げ、今はビジネスに対して開かれています。ウクライナの人々とビジネスをする事に興味があるかもしれません。そして出張を成功させる秘訣は、彼らの文化と伝統に関する事をいくつか学んでいく事です。結局、何も知らない人々とビジネスをする事はできません。彼らのビジネスの考え方を理解する事が必要です。加えて、もしウクライナの歴史と文化に興味を持てば、高く評価される事でしょう。そうすることでビジネスプランに打ち込んでいる事を示すことができます。これこそが、以下に紹介する情報がもっとも役立つだろう理由です。まず憶えておく必要がある事は、ウクライナの人々が自分の国を「ザ・ウクライナ」と呼ばれるのが好きではない事です。あなたにとっては同じかもしれませんが、この名前を使って呼ぶことは何か別の物の一部としてこの国を呼んでいるという印象を与えています。この場合、旧ソビエトやロシアのことです。これらの国々がある程度歴史を共有しているのは事実で、そのいくつかは実際かなり最近のものですが、1つの同じ国ではありません。先に述べた表現を使う事で、ウクライナの独立性にケチをつけているように聞こえてしまいます。それほど深く考えていないかもしれませんが、ウクライナの人々は少々気を悪くするので、そういった呼称を使わない事が大切です。コミュニケーションに関して言えば、英語はウクライナの特定の地域でのみ適切です。また、これは産業にも依存します。例えば、もし農業や重工業でのビジネスを模索しているなら、通訳を雇う必要があります。また、英語の知識はやりとりをする世代にも依存します。ご想像の通り、ウクライナの言葉を使い続けている高齢の世代とは反対に、より若い世代は英語の話し方を知っています。ウクライナの公式言語はウクライナ語ですが、東部の多くの地域では依然としてロシア語が広く使用されています。クリミアはそういった地域の1つです。もしかしたら驚くかもしれませんが、ウクライナはドイツとの経済的つながりを持っているので、多くのウクライナ人はドイツ語を話します。そういった言語を学ぶことが難しすぎたり、滞在期間が短いので単純に価値がないと思うなら、学んでいく必要はありません。しかしながら、もし良い印象をつけたいのなら、いくつかの一般的な表現を学んでいく事をお勧めします。多くの文化とは違って、ウクライナの人々は知り合うための初顔合わせの会合を行う事を好みません。彼らは個人的なものとしてビジネスを捉えていません。その代わりに、最初の会合であっても的を射る事が求められるので、しっかり準備を整えておきましょう。私的な質問をされる事はなく、会合に参加する代表団は、あなた自身や、あなたの企業であなたがしている事よりも、あなたが提案する事により興味を持っています。すべての重要な問題は対面の場で議論され、電話やイーメールは些細な事柄のために使用されます。挨拶は非常に単刀直入です。ウクライナでは一般的な握手が使用されますが、いくつかのルールがあります。1つとしては、戸口越しに握手をするべきではないというものがあります。贈り物は必須ではありませんが、もし夕食のために誰かの家に招待されたら、花を持って行くことが習慣となっています。奇数本の花を持って行くようにだけしましょう。ウクライナ人は偶数を葬儀や喪と関連付けているからです。交渉の間は、ウクライナの人々が結論を出すために時間をかけるので、退屈してしまうかもしれません。しかしながら、知っておくべき1つの事は、空らがいかなる小さな情報であっても機密として扱うという事です。これは奇妙に思えるかもしれません。例えば、もしあなたがある企業の人事部に電話をすると、対応した従業員の電話番号を得る事はほぼ不可能です。上役の電話番号を得る事は本当に不可能です。そういった情報は直接会合で対面しない限り得る事はできません。同時に、ウクライナのすべての組織が覚書を作成するという事を憶えておきましょう。彼らがあなたに署名や契約を迫るわけではないので心配はいりません。あなたの側に法的義務はありませんが、これらは一般的な書類で、ウクライナの人々はこの段階を軽視しません。言わずもがなな事ですが、ビジネスにふさわしい服装は他の国と同様です。男性はスーツとネクタイを身につけなければなりません。ウクライナでは夏を除いて気温はめったに暑くなることはないですが、暑すぎると感じたらジャケットを脱ぐことができます。しかしそこまでです。あなたが女性でも服装は控えめにする必要があります。ドレスやスカートは許容されますが、膝が隠れるものである必要があります。また、あなたの服装は肩や胸元が見えるものであってはなりません。さらに、タイトすぎるドレスやスカートを身につけてもいけません。ウクライナだけでなくどんな国にも存在するネガティブな事柄の話をするなら、ウクライナが透明性に関して176か国中144位にランクされていて、汚職の問題を抱えている事を知っているはずです。あなたに対応した相手が役人に賄賂を渡す必要があると言ってきたとしても、そうしない事をお勧めします。汚職はこの地域では本当に問題ですが、そういった事に関わり合いになりたくはないはずです。自分の品位を失うよりも、契約を逃す方がいいはずです。逮捕されて陥るであろう様々なトラブルは言うに及びません。全体として、ウクライナは理解する事が困難な国ではありません。彼らの文化はその他のヨーロッパとほぼ同じです。人々は歓待してくれて、すべての機会を紹介してくれますが、全てをうのみにしないようにしましょう。誰もがビジネスの世界でのやり方を理解しています。そしてウクライナの人々は世界でもっともオープンな人々というわけではありません。ちょっとした疑いをいつも持っておけば、あなたの出張は上手くいくはずです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf