今すぐウガンダの観光電子ビザを入手しましょう

Coronavirus update

COVID-19に関するアップデート

政府による制約があるため、以下の日時以降しか申請を受け付けておりません: 6月 26 2020. 当社のサービスを利用すれば事前に申請をする事ができます.

申請方法: 観光客電子ビザ

オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPayPalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

オンライン申請を記入してください
イーメールで書類を受け取る

大使館に対処する必要はありません。当社があなたのためにこれを致しますので、貴重な時間を無駄にすることはありません。

イーメールで書類を受け取る
目的地を入力してください

パスポートと当社が提供する書類を目的地国に入国する際にご提示ください

目的地を入力してください
今すぐ申請

詳細: 観光客電子ビザ

2016年の6月にウガンダ共和国はこの電子ビザを開始しました。この電子ビザは入国の前に取得しなければなりません。休暇や、観光、ビジネス、就学、家族訪問、または医療目的でウガンダを訪問するつもりのすべての渡航者は、オンラインでビザを申請し、所得する必要があります。

この電子ビザを利用する渡航者は、ウガンダへ渡航する前にオンラインで申請および支払いをすると、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。この電子ビザは、ウガンダへの入国と、ウガンダ国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。

お客様の声
Our customer have great stories about us

よくある質問

この観光電子ビザはウガンダへの入国を可能にする承認書です。

申請のためには以下のものが必要です:

  • Last Page of Passport (該当する場合)

  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Yellow Fever Vaccination

  • Invitation Letter (該当する場合)

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

ウガンダ電子ビザの費用は51.30米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには100米ドルかかります。

選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:

  1. 標準的処理:4営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日

このウガンダの観光電子ビザは発効後90日間有効です。これは発効後90日以内にウガンダに入国しなければならない事を意味しています。このビザは1回入国ビザで、最大で45日間滞在する事ができます。

申請者のパスポートはウガンダへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。

最終的な承認は選択した通関手続地(ビザの場合)または入国管理局で行われます。 もしウガンダ国外にいる場合には、入国するためには有効な ビザ承認状を提示する必要がある事にご注意ください。他のいかなる許可をもってしてもウガンダに入国することはできません。

特定の国の市民は必要な基準を満たしていれば、このウガンダの観光電子ビザに申請する資格があります。お住いの国のビザ要件を参照するには、このページの最上部へスクロールしてください。

必須ではないですが、そうする事をお勧めします。この電子ビザは電子的にパスポートと結び付けられています。しかしながら万一の際は、電子ビザ承認状に記載されたバーコードを通関手続地で申請にアクセスするために使用する事ができます。

この観光電子ビザでウガンダに滞在できる最大の日数は45日間です。

ウガンダは東アフリカの美しい国で、しばしばアフリカの真珠と呼ばれています。西側諸国からの観光客として、あなたはイライラする事がいくつかあるかもしれませんが、ウガンダを旅行先に選んだ理由を憶えておく必要があります。1つとして、ほとんどの人々はサファリのためにこの国を訪れます。サファリは野生動物を見学したり、ときには触れ合ったりできる素晴らしい機会で、これは他の国ではできない事です。もちろん、アフリカの国々は動物の王国で見られる事で満ちているので、非常に注意する必要があります。また、常にガイドの言う事に耳を傾けましょう。行った事の無い場所に行くときは、常にその場所についてのある程度の下調べをする必要があります。こうする事で旅行を成功させ楽しい物にする事ができるでしょう。ウガンダには観光客にとっては多くのルールはありません。それでもなお、出発する前に認識しておく必要がある事がいくつかあります。以下にウガンダへの旅についてのいくつかの基本的な情報を読む事ができます。ウガンダを訪れる上で最適な時期は、あなたの望む時期です。暑さに耐えられないのでなければ理想的な時期というものはありません。この国は結局アフリカの国ですから、気温が非常に高くなることを忘れないようにする必要があります。ウガンダには2つの季節しかありませんが、これらは気温には関係がなく、雨の量によって決まります。乾季の間は非常に熱いですが耐えられるレベルです。そして雨季があります。雨季にウガンダに行く人の多くは、ほとんどが暑さを避けながら研究をするためにこの国を訪れます。いずれにせよ、常に水分補給を怠らず、ちゃんとした服装をしておけば問題はありません。日焼け止めだけは忘れないようにしましょう。人々がウガンダを訪れるもっとも一般的な理由の1つは、ゴリラのサファリです。これは間違いなく夢のような体験で、自然の生息環境でゴリラを観察する事は決して忘れられない思い出になるはずです。しかしながら、そういったサファリにはしっかりと準備を整えていく必要があります。自然の中に深く入っていく事になるので、特別な服装をしていく事を忘れてはいけません。また、たくさんの替えの靴下を持って行くようにしましょう。湿度で足が非常に不快になることがあります。ゴリラのサファリに行くときに憶えておく必要があるもっとも重要な事は、常にガイドの言う事に耳を傾けるという事です。これは煩わしいように思えるかもしれませんが、ガイドの言う事を聞かずに実際に死亡した人もいます。ゴリラは平和的な動物で、一般的に暴力的になる事はありません。しかしながら、もし彼らが危険を感じれば、あなたは大きなトラブルに巻き込まれる事になります。1匹の大きなオスのゴリラがどこからともなく現れて、あなたをぺちゃんこにしてしまうかもしれません。ツアーガイドは振舞い方や、すべき事とすべきでない事を心得ています。加えて、彼らは万一状況が悪化しても緊張した場面の対処方法を知っています。ですから、ツアーガイドが母親で自分が2歳時になったと思いましょう。そうしておけば、このユニークな体験を楽しむ事ができるでしょう。ウガンダは現金に基づく社会なので、現金を持って行くのが一番でしょう。ご想像の通り、カンパラのような大きな都市や他の場所ではクレジットカードが使え所もありますが、旅行の全体からすればあまりにも少なすぎます。ウガンダにもATMはありますが、引き出し手数料は約5%です。カードに頼る代わりに、米ドルを持って行ってウガンダに着いた後に両替しましょう。こうする事で大事なときに現金を使い果たしてしまう事がなくなります。もし更なる冒険を求めているなら、月の山脈にトレッキングに行くことができます。その景色は壮大で、多くの自然の驚異を目にする事ができるでしょう。しかしながら、こういった事をするには最適な時期があります。月の山脈を訪れたい場合は雨季に行くのがベストです。お勧めはあまり暑くない5月です。あなたがしなければならない努力と暑さのコンビネーションは不快なものになることがあります。何時間も暑さにさらされて気分が悪いときに登山なんてできないでしょう?自然以外でも都市部を訪れる事もできます。カンパラはエキサイティングなナイトライフがある活気にあふれた街です。たくさんの楽しい事をしたり、お酒を飲んだり、そしてダンスをしたりする事ができます。ウガンダではこういった観光産業が依然として発展途上なので、それに見合った期待をするべきでしょう。いずれにせよ、人々は歓迎してくれるので、楽しむ機会に事欠くことはないはずです。ウガンダの食文化は有名ではありません。いずれにせよ、すべての国が料理の腕前であなたに良い印象を与える必要はありません。地域の名物を食べる事ができますが、あまり期待しすぎてはいけません。また、おなかの調子が悪くなってしまうかもしれないので、水道水は決して飲むべきではありません。しかしながら、ペットボトルの水は広く利用できます。ウガンダに行ったら、地域の人々とのコミュニケーションには少々困難かもしれません。英語の話し方を知っている人もいますが、観光客はみなウガンダ流の英語を少々面白く思うかもしれません。これは本当の言語ではなく、英語風のウガンダ語です。これを面白く思うかもしれませんが、話している人を面白がってはいけません。ウガンダの人々は懸命にコミュニケーションをしようとしているので、あなたはその努力に感謝するべきです。最後に、乾季にはすべてのウガンダの都市が常に埃っぽいという事を憶えておくべきです。これは快適ではないので、都市部は雨季に訪れる事をお勧めします。乾季には都市周辺の豊富な自然の驚異を楽しみましょう。自然には事欠きません。ウガンダは冒険する上ではまず上がる候補ではないかもしれませんが、本当に過小評価されている旅行先です。ゴリラのサファリに行けるという事実だけでも、ウガンダはあなたが行くべき旅行先のリストに載るべきです。そしてアフリカの国々のその他すべての自然の美を忘れないようにしましょう。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

これは稀なシナリオです。しかしながら、申請が拒否された場合には、当社の100%承認保証に従って政府関連費用と処理費用の全額を返金いたします。この返金は将来の注文で使用するためのクレジットとして提供されます。 更にサポートが必要な場合には、お気軽に当社までご連絡ください。当社のカスタマーサービスが喜んで対応いたします。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

当社は、ご利用いただいている申請者の皆様が渡航やビザ取得に影響するかもしれない予期せぬ旅の計画の変更に直面する事がある事を理解しております。そういった理由から、当社は利用者の皆様がビザ申請のキャンセルと支払った金額の返金を求めるかもしれない事を理解しております。しかしながら、当社では以下の返金ポリシーのガイドラインに従った返金しか承認する事はできません:

  • 申請が当社のチームによって審査されていない場合や、政府の承認を得るために提出されていな場合には、iVisaの処理費用と政府関連費用(ビザ費用)の全額が返金されます。
  • 当社のチームによる申請の審査は完了しているが、政府の承認を得るために提出されていない場合は、政府関連費用(ビザ費用)が全額返金されます。
  • 申請が政府の承認を得るために提出されている場合や、ビザが既に発行されている場合には、残念ながら返金はなされません。

また、当社のポリシーは以下のような状況にも適用されます:

  • 当社の側で申請に誤りがあった場合には、iVisaの処理費用の100%が返金され、無料で再びビザの処理が行われます。
  • 迅速処理もしくは超迅速処理の手数料を支払っているにも関わらず、当社が合意された時間以内に渡航書類を提供できなかった場合には、iVisaから迅速処理もしくは超迅速処理の手数料が返金されます。
  • iVisaが合意された時間内に渡航書類を提供できなかった事を理由にして渡航できなかった場合には、政府関連費用とiVisaの処理費用の全額が返金されます。
    • 上記の状況の例外としては、当該政府が遅延の原因である場合や、到着予定日が当社の超迅速処理よりも前の日付であるような場合です。そういった場合には、iVisaの処理費用が返金されます。

何らかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、お気軽に当社までご連絡ください。合理的な状況下では、当社は将来の注文で使用するためのクレジットとしてiVisaの処理費用を返金いたします。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?