今すぐ東アフリカの観光電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 東アフリカのビザ

2016年6月、ウガンダ共和国はこの電子ビザプログラムを開始しました。この電子ビザは入国の前に取得しなければなりません。観光でケニア共和国、ルワンダ共和国、およびウガンダ共和国を訪れるつもりのすべての渡航者に、このビザを申請する資格があります。東アフリカの電子ビザは同3ヵ国への複数回の入国において有効で、その有効期間は90日間です。

この東アフリカの電子ビザを利用する渡航者は、ウガンダ、ルワンダ、またはケニアへ渡航する前にオンラインで申請および支払いをすると、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。この電子ビザは、同3ヵ国への入国と、その国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。

申請に必要な書類
  • パスポートの個人情報ページのスキャン

  • パスポートのサイズの最近の写真のコピー

  • 旅行日程表

  • ワクチン接種の証明(黄熱)

  • 帰りの航空券

  • ウガンダでの連絡先(人物、組織、ホテル、旅行会社…)

  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。

重要な指示
  • この東アフリカの観光電子ビザは到着後3カ月間有効です

  • 滞在期間的は最大で3ヶ月間で、複数回入国する事ができます。

  • 申請者は別の現在のウガンダ、ルワンダ、またはケニアのビザを所持していなければなりません。

  • 申請者は申請時にはこれらの国の国外にいなければなりません。

  • これらの東アフリカの国々に入国する時点で少なくとも6カ月有効期限があるパスポートを所持していなければなりません。

  • このビザはウガンダ共和国、ルワンダ、またはケニアの国内にいる間に就労ビザに変更することはできません。

  • 通関手続地で提示を求められるので、この渡航承認書類を印刷して携帯する必要があります。

  • 申請者はこの東アフリカの電子ビザを申請した際に用いたパスポートを持って到着しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

このビザは、同一の渡航でケニア共和国と、ルワンダ共和国、そしてウガンダ共和国へ訪問する事を可能にする電子ビザの1つです。東アフリカの観光電子ビザは同3ヵ国への複数回の入国において有効で、その有効期間は90日間です。

申請のためには以下のものが必要です:

  • パスポートの最後のページ (該当する場合)

  • 申請者の写真

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • 黄熱の予防接種

  • 航空会社の確認

  • 旅行日程

  • 招待状

  • Selfie holding the physical credit card used for the transaction is needed to verify payment. Only the last 4 digits of the credit card must be visible in the picture. Only one image is needed per order. (該当する場合)

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

このウガンダ東アフリカの電子ビザの費用は103米ドルです。それ加えて標準的な処理には45米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには75米ドルがかかり、さらに早くするには110米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:4営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日
このウガンダ東アフリカの電子ビザは発行後90日間有効です。これは発効後90日以内にウガンダに入国しなければならない事を意味しています。加えて、このビザは数次ビザで、滞在期間は最大で90日間です。
申請者のパスポートはウガンダへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
最終的な承認は選択した通関手続地または入国管理局で与えられれます。もしウガンダ国外にいる場合には、入国するためには有効なビザ承認状を提示する必要がある事にご注意ください。他のいかなる許可をもってしてもウガンダに入国することはできません。
この東アフリカの電子ビザは数次ビザです。
必須ではないですが、そうする事をお勧めします。この承認状に記載されているバーコードが通関手続地で申請にアクセスするために使用されるので、印刷して携帯する事で最終的な承認プロセスをスピードアップできます。
いいえ、上記の3か国に限られます。もし上記の3ヵ国を離れ、その後ケニアに戻ってくる場合、新たな渡航とみなされるので、新たなビザを取得しなければなりません。
いいえ、上記の3ヵ国の内のいずれかで有効なビザを既に所持している場合には、この東アフリカビザを申請する事はできません。
新しい国を訪れるときは常に許されている事と許されていない事を認識しておく必要があります。地域の人々の気分を害したり怒らせたりしないように、訪問する際はその国の文化を尊重する事が大切です。伝統や文化において様々な異なる点に出会うかもしれませんが、ある意味でそれが世界を旅する事の魅力です。ウガンダに行くときは、彼らの文化を学ぶというルールが依然として適用されます。アフリカの真珠であるウガンダは美しい旅行者先で、その文化は魅力的です。しかしながら、あなたの母国でまったく普通の事が他の国では許されていないかもしれません。以下がこの国に行ったときに憶えておかなければならない事のリストです。 女性の妊娠を話題にしてはいけません-西側諸国にいるときは、妊娠は人々が喜びと経験を表現する話題ですが、ウガンダでは話題にしないほうが良い事柄です。これはウガンダでは出生前の子供の死亡率が依然として高いためです。ウガンダの女性は自分の妊娠について複雑な心境にあるので、その事を話題にする事は失礼に当たります。最善の方法は、妊娠に気づいていないふりをして、決して話題にしない事です。妊娠している女性とも、していない女性と同じように話しましょう。 私的な事柄は私的なままにしましょう-ウガンダの人々は自分たちの生活についてのプライバシーを大切にするので、あなたも同じようにするべきです。人々は自分たちの生活について尋ねられる事を失礼に感じるので、そういった事を尋ねる事はできません。しかしながら、もしその人物との距離が縮まり親密になってきたら、私的だと考えらえる事柄を知ることができるようになるでしょう。基本的に、人々が自分たちの私的な生活についての情報を打ち明ける前に、あなたはその人物と友人になる必要があります。私的な質問をできない相手とどのようにして友人になれるでしょう?世間話をして、彼らに打ち解ける機会を与えましょう。 人間関係について話題にしないようにしましょう-西側諸国では、どんな人間関係を誰と持っているかを尋ねる事は自由です。ウガンダではこういった質問は異なる解釈をされます。そこでは多くの誤解が発生する可能性があり、誰かの異性との人間関係について尋ねる事は避けるべきです。ある人々が結婚している事に気付くかもしれませんが、独身だと思われる人に恋人がいるのかどうかを決して尋ねてはいけません。自分を難しい状況に置きたくはないでしょう。 公共の場での愛情表現にはNOと言いましょう-もしウガンダに恋人と行く場合には、公共の場所では決して愛情表現をするべきではありません。ウガンダの人々はそういった事をせず、彼らはあなたたちがそういった事をすれば冷ややかな目で見るでしょう。公共の場でキスやハグをする事は控えましょう。手をつなぐ事ですら良く思われません。しかしながら、もし良いスタートを切りたいなら、そういったルールに従うべきです。これはそれほど難しくないはずです。愛情表現はホテルの部屋だけにしておきましょう。 ウガンダの人々の前で手を消毒しないようにしましょう-もちろん食事の前には手を洗う必要がありますが、そういった事はトイレでするようにして、もし手を洗う場所がない場合はサニタイザーを利用しましょう。しかしながら、ウガンダの人々がいるテーブルで行ってはいけません。彼らは自分たちが不潔に思われたと考えます。これはあなたにとっては馬鹿げているように思えるかもしれませんが、彼らは真剣にそう受け取ります。彼らが見えないところで手を洗いましょう。 食事の前にはお祈りがあります-ウガンダの人々は宗教的で、食事の前は必ずお祈りをします。礼儀正しいと思われたいなら、あなたも同じようにしましょう。たとえ無神論者や他の宗教の信者だったとしても、ウガンダの人々がお祈りをしている間は頭を垂れているべきです。これは美味しい食事のためには些細な譲歩だと思いませんか?加えて、これは敬意の証です。 子供はテーブルに着いたらしゃべらないようにしましょう-西側諸国では食事の時間は情報交換のための場でもありますが、ウガンダでは子供は具体的な質問を尋ねられていない限りは、夕食の席で話してはいけません。彼らが話す事は失礼だとみなされます。ウガンダに行った観光客はしばしば子供たちが単におとなしいのだと考えますが、実際には話す事を許されていないのです。 椅子を断りましょう-ウガンダの人々はあなたが他の文化からやってきている事を非常に気にしているので、食事の際は彼らが床のマットに座っていてもあなたに椅子を勧めてきます。敬意の証としてその椅子を断り、彼らと同じように床のマットに座るべきです。これは礼儀正しい振る舞いとみなされるので、大変高く評価されるはずです。 挨拶のときにキスされるかもしれません-ウガンダでの挨拶は状況とその場に居合わせた性別によって異なっています。ウガンダの女性と挨拶するときは握手さ最適ですが、男性の場合は握手をしながら頬にキスをする可能性が高いです。避けることなく流れに従いましょう。失礼に当たるので拒否しないようにしましょう。 ドレスコードを守りましょう-ウガンダでは女性は特定のドレスコードに従わなければなりません。観光客として、あなたは全身を覆うように求められることはないでしょうが、常に膝が隠れるスカートやズボンを身につけるべきです。道を歩いていて人々から変な目で見られたくはないでしょう?こういった事柄はまだまだありますが、今まで述べてきたすべき事とすべきでない事がウガンダに行った時の振る舞い方について理解する上で十分なはずです。これらのシンプルなルールに従っている限りは、人々から歓迎されていると感じる事ができるでしょう。ウガンダの人々は、あなたが彼らの文化と伝統に対して敬意を示せば、あなたをくつろがせてくれる暖かい人たちです。
黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。 以下のリンクから詳細をご確認ください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf