今すぐオンラインでトルコの電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

書類の概要

トルコの電子ビザとは、オンライン申請が可能で100を超える国々の国民が利用できる渡航認証書類の事です。この書類は観光と短期出張のみを対象としており、有効期間は到着後の180日間です。

この電子ビザに加えて、渡航者にはトルコ政府によるコロナウイルス感染防止対策の一環として健康状態自己申告書を記入する事を求められています。iVisa.comでは簡単な申請フォームを通じて両方の種類を取り扱っております。

お住いの国からの渡航者が現在トルコに入国できるかどうかに関してはFAQをご覧ください。また、トルコへの入国回数と滞在期間に関する詳細もご覧いただけますが、これらの情報は国籍によって異なります。

トルコへの旅の準備を始めるなら、今すぐトルコの電子ビザを申請しましょう。

この書類でトルコに入国できる人物

トルコの電子ビザは、40を超える国々からの渡航者がシンプルなオンラインの手続きで利用できます。

電子ビザを申請できる国は更に60ヶ国ありますが、そういった国の国民は有効なビザやシェンゲン圏、アイルランド、イギリス、またはアメリカ合衆国からの居住許可証などの追加の要件を満たす必要があります。また、年齢制限が課されている国もあります。要件を確認する上で最も簡単な方法は、当社の申請ページにアクセスし、自分の国籍を入力する事です。

国際乗り継ぎエリアから出ない場合はビザを取得する必要はありません。港湾に到着し観光目的で港湾都市または近隣地域を訪問するつもりの渡航者は、滞在期間が72時間以内である場合に限り、ビザが免除されています。

トルコの電子ビザの取得

トルコの電子ビザを取得するには、個人情報とトルコにおける滞在予定の詳細を提供する必要があります。フォームを提出する前に確認された航空機のチケットが必要になります。

本書類の提示

申請を提出すると、当社から渡航の前に電子ビザがイーメールで送信されます。電子ビザはダウンロードおよび印刷をして、トルコで空港と税関の係員に提示する必要があります。

健康状態自己申告書の申請も忘れずに行ってください!空港で両方の書類を提示できるように、当社がビザに追加してイーメールで送信いたします。渡航の際は常にこれらの書類を携帯し、滞在期間中は安全な場所に保管してください。

トルコには、電子ビザに示された有効期間内ならいつでも入国する事ができます。

到着時に従う必要があるトルコの具体的な検疫要件に関する最新の詳細についてはFAQをご覧ください。

申請に必要な書類
  • トルコに滞在してから少なくとも6か月で有効期限が切れるパスポートまたは渡航文書が必要です。

  • 特定の国民は、シェンゲン協定加盟国、アメリカ合衆国、イギリス、またはアイルランドからのビザや在留許可などの付属書類が必要です。どの国籍が該当するかを確認するには、当社の申請ページにアクセスし、国籍を入力してください。

重要な指示
  • トルコの電子ビザを用いた滞在日数は、国籍に応じて合計30日から合計90日までの範囲があります。

  • この電子ビザの有効期限は到着後の180日間です(通常は処理日と同じ日付からとなります)。到着後の180日以内に申請しなかった場合には、当社が申請を保留して適切な時期に申請を行います。つまり、いつでも申請が可能だという事です。

  • トルコの電子ビザは、国籍に応じて入国回数が1回または複数回となっています。数次ビザの資格の有無に関してはFAQをご覧ください。

  • ビザ申請時に提供した情報がパスポートの情報と異なる場合には、新しいビザを申請する必要があります。

  • 特定の国の国民は、シェンゲン圏加盟国や、アメリカ合衆国、イギリス、およびアイルランドからの補足書類(ビザまたは居住許可証)が必要になります。自分の要件を確認するには、当社の申請ページにアクセスし、自分の国籍を入力してください。

  • 補足書類の発行日は、渡航日よりも後であってはなりません。

  • トルコの電子ビザは、観光と短期の出張のみを対象としています。

  • トルコに入国する予定日から6ケ月以上の有効期間を有するパスポートを携帯する必要があります。

  • 国境の入国管理官が出入国の際にパスポートにスタンプを押すので、パスポートに十分なページがある事を事前にご確認ください。

  • 国際乗り継ぎエリアから出ない場合はビザを取得する必要はありません。

  • 電子ビザの有効期限が切れた場合には、トルコを出国せずに新しいビザを申請する事は出来ません。

  • 港湾に到着し観光目的で港湾都市または近隣地域を訪問するつもりの渡航者は、滞在期間が72時間以内である場合に限り、ビザが免除されています。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この電子ビザはトルコへの入国を可能にする承認書です。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 電子ビザの「滞在期間」より少なくとも60か月長い有効期限のあるパスポートまたは渡航文書。
  • 特定の国民は、シェンゲン協定加盟国、アメリカ合衆国、イギリス、またはアイルランドからのビザや在留許可などの付属書類が必要です。どの国籍が該当するかを確認するには、当社の申請ページにアクセスし、国籍を入力してください。
費用は国籍に応じて0.70米ドルから80.70米ドルの幅があります。特定の国籍で必要な費用を確認するには、当社のビザチェッカーをご利用ください。それ加えて標準的な処理には20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには40米ドルがかかり、さらに早くするには60米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:1営業日
  2. 迅速処理:3時間
  3. 超迅速処理:30分

1回入国ビザと数次ビザの両方が発行後180日間有効です。これは発行後180日以内にトルコに入国しなければならない事を意味しています。

数次ビザの資格があるのは特定の国の国民だけだという事にご注意ください。

申請者のパスポートはトルコへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
はい。未成年者を含めたすべての外国人は、トルコに渡航するためにはビザが必要です。
渡航者の国籍に依ります。もし以下の国の内のいずれかの国民である場合には、数次ビザを取得できます:
  • アンティグアバーブーダ、アルメニア、オーストラリア、オーストリア、バハマ、バーレーン、バルバドス、ベルギー、カナダ、クロアチア、ドミニカ、ドミニカ共和国、エストニア、グレナダ、ハイチ、香港、アイルランド、ジャマイカ、クウェート、ラトビア、リトアニア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、オランダ、ノルウェー、オマーン、ポーランド、ポルトガル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、アメリカ合衆国、アラブ首長国連邦、イギリス。
電子ビザが許可する期間よりも長くトルコに滞在したい場合には、最寄りの移住管理地方委員会まで居住許可を申請しなければなりません。
いいえ。電子ビザの有効期間は申請で規定された日付から開始されます。この期間内ならいつでもトルコに入国できます。
はい。各渡航者が各々電子ビザを所持していなければなりません。
いいえ。いったんトルコを出国し、新たな電子ビザを取得しなければなりません。許されている最大の期間/電子ビザの有効期間を超えて滞在を延長する必要がある場合は、移住管理地方委員会に居住許可を申請できます。
港湾に到着し、観光目的で港湾都市や近隣の地域を訪問するつもりの渡航者は、滞在期間が72時間以下の場合にはビザが免除されています。しかしながら、クルーズツアーのために航空便でトルコに出入国する場合には、ビザを取得しなければなりません。
付属書類としてビザ/居住証明を使用するための唯一の要件は、トルコへの入国日時に有効でなければならないという事です。
乗り継ぎエリアを出ない場合は、ビザを取得する必要はありません。
以下の国籍にその資格があります:
  • アンティグアバーブーダ、 アルメニア、 オーストラリア、 オーストリア、 バハマ、 バーレーン、 バルバドス、 ベルギー、 カナダ、 中国、 クロアチア、 キプロス、 ドミニカ、 ドミニカ共和国、 東チモール、 フィジー、 グレナダ、 ハイチ、 インドネシア、 アイルランド、 ジャマイカ、 モルディブ、 マルタ、 モーリシャス、 メキシコ、 オランダ、 ノルウェー、 オマーン、 ポーランド、 ポルトガル、 セントルシア、 セントビンセントおよびグレナディーン諸島、 サウジアラビア、 南アフリカ、 スペイン、 スリナム、 台湾、 アラブ首長国連邦、 イギリス、 アメリカ合衆国
最大の滞在できる日数は国籍に応じて30日間から90日間の間です。国籍ごとの期間を調べるためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。
トルコは多くの歴史を持つ国で、現地の人々はその事を非常に誇りに思っています。もちろん過去に悪い事が起こった事をメディアで耳にしているかもしれません。クーデターに関することです。しかしながら、これはこの国が観光客にとって安全な国ではないという事ではありせん。実際には安全性に変化はないので、トルコには毎年多くの観光客が訪れています。もしあなたもこの国を訪れたいと思っているなら、楽しむ事ができる場所と伝統が豊富にある事を知っておくべきです。トルコの人々は一般的に観光客を歓迎しており、お茶を勧められるたびにその事を実感できるでしょう。出発する前に従うべきいくつかのルールを憶えていきましょう。他の国と同じように、すべき事とすべきでない事のリストを知っておく必要があります。これは旅行の初級講座です。新しい場所を訪れるときは、許されている事と許されていない事を知らずに旅行する事はできません。そして以下がトルコに行く前に知っておく必要がある事柄です。まず初めに認識する必要がある事は、ドレスコードに従う必要があるという事です。良くご存知かもしれませんが、トルコの人々の多くはイスラム教徒です。たとえあなたが観光客でも、どんな格好をしてもいいわけではありません。男性には具体的なルールはありませんが、女性は常に肩と膝が隠れる服装をしなければなりません。また、あなたが女性でモスクを訪れたいと思っているなら、中に入る前に頭を覆うスカーフを身につける必要があります。宗教施設に入る前のもう1つのルールは、性別に関係なく靴を脱がなければならないという事です。制約に関して言えば、トルコの人々は公共の場での愛情表現を良く思いません。奇妙に感じられるかもしれませんが、トルコの人々は公共の場でキスやハグをしているのを目にすることを好みません。パートナーと手を繋ぐ事は大丈夫ですが、そこまでです。しかしながら、トルコはLGBTのカップルに対する寛容さで有名ではないので、それが単に手を握るだけの事であっても、人々は不快な視線を向けるでしょう。ラマダンと呼ばれる断食の月にトルコを訪れる場合は、夜明けから日没までは公共の場で食事をする事は避けましょう。もちろん彼らと一緒に断食をする必要はありませんが、少なくとも彼らの伝統に敬意を払うべきです。彼らはこの伝統をとても大切にしているので、失礼な事をしたくはないはずです。制限の話を別にすれば、トルコには楽しめる事がたくさんあります。現地で有名のバザーの内の1つを訪れる事なくトルコを楽しむことはできません。その場所の香りはそういった市場に住みたいとあなたを思わせるでしょう。お土産や、他の商品、スパイスに、ペイストリーまであらゆる物を見つける事ができます。そしてペイストリーは非常においしいです。バクラヴァを試してみましょう。どんなに頑張ってもこの味をマネする事はできないでしょう。バザーや他の市場を訪れるときは、スキルを準備していくべきでしょう。トルコの人々は交渉が好きなので、値札の無い商品を見かけた場合は、それは売り手があなたが価格を提示する事を想定している事を意味しています。トルコの店員と交渉をする事は楽しいですが、あなたが楽しみのために交渉をしている事が店員にも分かるようにだけしておきましょう。売られている商品に価値が無いという印象を残したくはないはずです。同時に、何度か損をする事も想定しておきましょう。価格はツアーによって同じではなく、トルコではなんでもコネ次第です。しかしながら、これを侮辱として受け取ってはいけません。良い経験だと思って次に進みましょう。諍いを起こす必要はありません。騒ぎを起こす価値のある損をする事はありません。トルコの食べ物は間違いなく美味しいです。トルコの食文化はあらゆる食の好みを満足させる事ができ、たとえベジタリアンであっても、現地の人々がオリーブオイルとスパイスを使って、どんな野菜でも素晴らしい味に仕上げる事ができる事を知っておくべきでしょう。誰かに食事に招待されたときは、皿に乗っている食べ物をすべて食べないと失礼に当たります。大事なことは、トルコでは食べ物が非常に多いですが、おいしいので平らげる事にさほど問題はないはずだという事です。トルコではたくさんコーヒーとお茶を飲む事になるでしょうが、水道水の質は良くないので飲まないようにしましょう。とりわけ胃腸が弱い場合は、常にペットボトルの水を買う事をお勧めします。トルコがイスタンブールやアンカラなどの大都市だけの国でないことを憶えておきましょう。この国全体に美しい風景が広がっており、都市部だけにとどまらないようにしましょう。都市部と同じような施設はないかもしれませんが、トルコには山々と海がある事を憶えておきましょう。自然を楽しむツアーに参加したり、美しい景色を楽しむ事ができます。もし1日中砂浜で寝そべっていたいなら、観光客の人気スポットの1つはアンタルヤです。この場所は人々がエキゾチックな休暇を楽しむ事ができる小さな楽園です。他のイスラム教国家とは違って、トルコでは飲酒が許されています。地元の人々は飲酒をしませんが、彼らは観光客の事をわかっています。いずれにせよ、どの店でもお酒を買えるわけではありません。探すのに少々時間がかかるかもしれません。一般的に国際ホテルのバーでは扱っていますが、ビールを手に入れられる場所にいついて現地の人々に尋ねる事もできます。トルコにはたくさんの魅力があります。素晴らしい時間を過ごせるはずです。有名なトルコのハマムを訪れずにトルコを後にしないでください。トルコのお風呂について耳にしたことがはずです。これは信じられないほどリラックスできる場所で、ハマムをマネできる人は世界にいないでしょう。間違いありません。それ以外では、ちょっとして制限があったとしてもトルコをお楽しみください。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf