今すぐタイの到着ビザをゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: eVisa On Arrival

2015年、タイは特定の国々からの渡航者が事前に到着ビザを申請できるシステムを整備しました。

注意:当社のサービスでは実際のビザを提供しているわけではありません。当社では実際の到着ビザを受け取るために入国の際に提示する必要がる事前登録用の書類を提供いたしております。タイへの渡航するために到着ビザの申請を希望する渡航者のために、スワンナプーム空港では入管に至る前の2階に2か所のサービスカウンターが用意されています。

申請に必要な書類
  • 1ヵ月以上の有効期限を持つパスポート(インドのパスポート所有者:有効期限は6ケ月以上である必要があります)

  • 直近3ケ月に撮影されたデジタル写真

  • 渡航の日時

  • 航空便の確認書類

  • 宿泊地の詳細

  • 支払いのためのクレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント。

当社が事前登録用の書類を提供いたします。実際のビザを受け取るには到着の際に以下のものを提示する必要があります:

  • 当社が提供する事前登録用の書類を印刷したもの(モノクロ可)。

  • タイ入国管理官がスタンプを押すための空白ページが1ページ以上あるパスポート。

重要な指示

注意: 申請者は以下に列挙された到着ビザの資格を持つ[18の国々]{ブータン、ブルガリア、中国、エチオピア、フィジー、ジョージア、インド、カザフスタン、マルタ、メキシコ、ナウル、パプアニューギニア、ルーマニア、サウジアラビア、台湾、ウズベキスタン、バヌアツ} の市民である必要があります。

この到着ビザはタイへ以下の通関手続地から入国する渡航者だけが利用できます:

  • スワンナプーム国際空港

  • ドンムアン国際空港

  • チェンマイ国際空港

  • プーケット国際空港

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

到着ビザ(VOA)とは、18ヶ国の市民がタイに入国した後に通関手続地でビザを取得できるプログラムの事です。

当社が実際のビザを発行しているわけではない事にご注意ください。これはスワンナプーム空港、ドンムアン空港、プーケット空港、もしくはチェンマイ空港を通じてタイに入国する特定の国々の市民に提供されている事前登録サービスです。

この到着ビザの事前登録サービスの資格を持つのは以下に記載された国々です:ブータン、ブルガリア、キプロス、エチオピア、フィジー、ジョージア、インド、カザフスタン、マルタ、メキシコ、ナウル、パプアニューギニア、ルーマニア、サウジアラビア、台湾、ウズベキスタン、もしくはバヌアツです。

タイの到着ビザの費用は2,000THBですこの費用はタイに到着した際に現金(タイの通貨)で支払わなければなりません。2020年4月30日以前に到着する渡航者はこの費用が免除されます。

iVisaではこの事前登録サービスの標準サービス料金としてJPY 4,950.84をいただいております。迅速処理と超迅速処理のサービス料金は、それぞれJPY 6,601.12およびJPY 8,801.49となります。

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:6 日

  • 迅速処理:4 日

  • 超迅速処理:2 日

タイの電子到着ビザの有効期限は15 日 (到着後)です(このビザがタイで取得された日付であって、事前登録が完了した日付ではありません)。これは1回入国ビザです。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • 1ヵ月以上の有効期限を持つパスポート(インドのパスポート所有者:有効期限は6ケ月以上である必要があります)

  • 直近3ケ月に撮影されたデジタル写真

  • 渡航の日時

  • 航空便の確認書類

  • 宿泊地の詳細

  • 支払いのためのクレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント。

ビザのための完璧な写真の撮影方法:

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法:

当社のサービスでは実際のビザを提供しているわけではありません。当社が提供しているのは事前登録用の書類です。

到着の際には、入管エリアでこの書類とパスポートを提示し、実際のビザを取得するために専門のE-VOAのレーンに並ぶ必要があります。

  1. 空港に到着したら入管を示す案内表示に従ってください。

  2. 入管に行く途中に「到着ビザ」という案内表示が見えるはずです。これは大きくハッキリと表示されているので見逃す事は無いでしょう。

  3. 到着ビザエリアにはE-VOA所有者専用のレーンがあります。

許可される最大の滞在日数は15 (#)日(1回の入国あたり)です。
渡航者は、到着ビザ(VOA)を申請する上で1ヵ月以上の有効期限とスタンプ押印のための空白ページが1ページ以上あるパスポートを所持していなければなりません。インドのパスポートの場合: 有効期限は6ケ月以上である必要があります

要件:全ての申請者が提示すべきもの:

  • 1ページ以上の空白ページがあるパスポート。

  • VOAの事前登録フォーム(当社が提供)

  • 到着時のビザ押印費用のための渡航グループ各人用の現金(タイの通貨でTHB2,000 )。2020年4月30日以前に到着する渡航者は到着ビザを無料で取得できます。

注意:タイに滞在している間に1人あたり10,000THB以上(もしくは1家族あたり20,000THB以上)の資金を所持している事を証明する事を求められる場合があります。

この事前登録サービスはスワンナプーム空港、ドンムアン空港、プーケット空港、およびチェンマイ空港を通じて入国する渡航者しか利用する事はできません。

別の空港に到着してしまった渡航者は、その別の空港に到着した際にVOAを取得しなければなりません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

アジアを見て回るために旅行する人々はタイを避ける事はできません。この国はたくさん楽しみがある人気の旅行先です。バンコクに関する話をいくつか知っているのではないですか?この場所は決して眠らず、24時間週7日いつでもパーティーをしています。これは完全に事実ではないかもしれませんが、もしバンコクを訪れればパーティーは決して終わらないという感覚になる事でしょう。いずれにせよ、タイはその首都の他にも遥かに多くの見どころがあります。実際、タイで最高の場所の1つは誰も訪れたことがない場所です。それは農村地域です。人々はめったにそういった地域を訪れる事がなく、それが農村地域の長所です。タイは制約に関してはそれほど調べる事はありませんが、出発する前に知っておくべき事はいくつかあります。第1に、動物観光はこの国の呼び物の1つですが避けるべきです。魅力的に聞こえるかもしれませんし、虎と一緒に写真を撮ったり、象の背中に乗っている所を写真に撮ったりすれば、たくさんのイイネとコメントを貰えるでしょうが、それほど価値はありません。こういった動物たちは一般的に虐待を受けており、誰もそういった動物虐待の片棒を担ぎたくはないはずです。要点は、動物観光をする人をどんどん少なくしていって、将来的に動物を「見世物」として提供する者がいなくなるようにする事です。あなたもその事を支持するべきです。動物に関して言えば、タイでは多くの野良犬を目にするでしょう。これは動物が好きなら、とりわけ犬が好きなら、これもあなたを落胆させる事実です。人々が食べ物や水をできる限り与えて世話をしている事を知るべきですが、その多くで十分ではありません。例え哀れに思ってもできる限り野良犬に近づくべきではありません。あなたは何の関係者でもない事を忘れないようにして、前に進みましょう。他人の問題をあなたの休暇に影響させないようにしましょう。最後に、砂浜にいるサルに餌を決して与えるべきではありません。そして多くのサルに遭遇するはずです。サルに餌を与える事の問題は、サルが人間の餌に依存するようになり、野生で餌をとる事ができなくなってしまう事です。加えて、サルは財布や、バッグ、そして服さえも盗む事で損害を発生させます。そしてこういった行為はすべて単純に餌のために行われます。これはサルに責任があるわけでありません。これは、サルが可愛い小さな盗賊だと考えて、こういった行為を増長させている人間の責任なのです。動物以外では、タイの食べ物が西側諸国のものとは全く異なっている事を知っているはずです。タイの有名料理パッタイをよく知っているでしょう?これは世界中どこのタイ料理レストランでも見られます。この料理をそれほど好きでない人々を知っていますか?それはタイの人々です。この料理は名物料理というよりも軽食のようなものです。本当のタイの食べ物はそれよりも遥かに良い物です。スパイスが異なっており、麺類の質感も優れています。タイの食べ物をすべて試してみるまで帰国することはできません。コミュニケーションに関して言えば、タイで行動する事は比較的簡単です。多くの人々は英語を話し、話せない場合でも理解してくれます。観光産業がタイの経済の大きな部分を占めており、数百万人が毎年訪れている事を認識しなければなりません。地域の人々が英語を理解できるのは自然な事です。人々が知りたくない真実の1つには、タイで人気の場所の多くが滞在するには最悪の場所だという事です。もちろんこれはタイに何を求めているかに依ります。もしにぎやかさとパーティーを求めているなら、バンコクがぴったりでしょう。しかしながら、もし静かで落ち着いた場所を求めているなら、どこか別の場所を探す必要があります。人気の場所は1日中人で一杯で、あなたは大多数の中の一人になるでしょう。誰もあなたを見つける事はできません。隔絶された砂浜や農村地域へ行ってみましょう。多くのおいしい食べ物や、親切な人々、そして素晴らしい音楽を見つける事ができるはずです。加えて、夜は静かで、星を見る事ができます。文化に関して言えば、遺跡を目的にしてタイを訪れる人はほとんどいません。いずれにせよ、楽しむ事ができる遺跡がいくつかあります。カンボジアのアンコールワットほど壮大でありませんが、あるものを楽しみましょう。しかしながら、タイの人々には尊重されるべき独自の伝統があります。観光客に対するルールは多くはありませんが、あるものには従わなければなりません。例えば、足を上げたり、誰かに向けたりする事は受け入れられません。三輪タクシーで足を上げている観光客を目にするかもしれませんが、地域の人々はそういった行為に嫌悪の眼差しを向けています。これは、タイの文化では足が体で最も不浄な部分であり、頭が最も清潔な部分だと考えられているからです。ですから、砂浜のハンモックで寝ているのでない限り、足を下にしていない事を弁解することはできません。ルールはシンプルです。タイでは制約はそれほど多くありませんが、常に守らなければない1つの最重要ルールは違法薬物を購入しないという事です。人々はタイが様々な事に関しては寛容な国なので、したい事を何でもできると思っています。これはこれ以上ないほど間違っています。タイは世界でもっとも厳格な薬物に関する法律を持っており、薬物所持で逮捕されれば刑務所に行く事になります。そして検査される事は無いと思っているかもしれませんが、警察は道端で抜き打ち検査をする事を許されています。警察は体や、隙間、そして荷物を検査します。そういったリスクを冒すべきではなく、お酒だけにしておくべきです。お酒ならたくさんあります。タイについて言えることは他にもたくさんあります。しかしながら、これまで述べてきた旅のコツがこの国のハッキリとしたイメージを掴む手助けになるはずです。けれども1つ確かなことがあります。もしタイに行く機会があるなら躊躇してはいけ無いという事です。この国は訪れる価値のある素晴らしい国です。