タンザニアのボランティア電子ビザ

ビザが必要です。当社はこの書類の処理をお手伝いできます。
渡航書類のタイプ Valid for 入国の回数 最大滞在 政府費用
Duration 90 日
入国の回数 1回 入国
最大滞在 90 日
政府費用 USD 50.00
今すぐ申請
Duration 90 日
入国の回数 1回 入国
最大滞在 90 日
政府費用 USD 50.00
今すぐ申請

申請方法: Volunteer eVisa

オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPayPalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

オンライン申請を記入してください
イーメールで書類を受け取る

大使館に対処する必要はありません。当社があなたのためにこれを致しますので、貴重な時間を無駄にすることはありません。

イーメールで書類を受け取る
目的地を入力してください

パスポートと当社が提供する書類を目的地国に入国する際にご提示ください

目的地を入力してください
今すぐ申請

詳細: Volunteer eVisa

2018年11月、タンザニアは特定の国々の市民が1回入国もしくは複数回入国で使用できるタンザニアのビザを、観光や、ビジネス、ボランティア、および就学といった目的のためにオンラインで申請できる電子ビザシステムを導入しました。タンザニアの入国管理官は申請プロセスに関して非常に厳格なので、申請者はフォームの記入と渡航の目的に合った適切なビザタイプの選択に関して非常に気を付けなければなりません。様々なNGOでボランティアとして従事するために毎年多くの人々がタンザニアに渡航しています。ですが、ボランティアのために必要な適切なビザタイプを申請する事と、正しくビザ申請フォームを記入する事に関して手間取る事が頻繁にあります。

iVisaは渡航者の皆様がそのような心配をしなくてもよいように、当社が申請プロセスを承る事によってストレスの緩和に協力しています。ボランティアを目的としてタンザニアに渡航する場合にすべき事は、申請プロセスを開始し、ボランティアで従事する組織についての情報を当社までお伝えいただき、ボランティアとしての仕事を手短に説明していただくだけです。ボランティア電子ビザは10 営業日以内にイーメールで送信いたしますので、すぐにタンザニアでのボランティア活動を始める準備をする事ができます。

当社のビザ計算ツールをご利用ください

申請前のビザ費用の計算

お客様の声

利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

タンザニアのボランティア電子ビザとは、90 日 Per Entry までタンザニアの組織のためにボランティアとして従事する目的で、タンザニア連合共和国に入国および滞在する権利を外国人に与える許可の事です。

  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Return Ticket

  • Invitation Letter

  • NGO’s Registration Certificates

タンザニアのボランティア電子ビザの費用は50.00USDです。加えて、iVisaでは選択した処理時間に応じてサービス手数料をいただいております:

  • 標準処理:USD 30.00

  • 迅速処理:USD 30.00

  • 超迅速処理:USD 30.00

タンザニアのボランティア電子ビザの処理にかかる期間は?

  • 標準処理:15 business days

  • 迅速処理:13 business days

  • 超迅速処理:10 営業日

タンザニアのボランティア電子ビザの有効期間は90 日 Per Entryです

90 日 Per Entryまで滞在する事ができます。

タンザニアのボランティア電子ビザを申請できるの以下の国々です:

*アルバニア

*アルジェリア

*アメリカ領サモア

*アンドラ

*アンゴラ

*アルゼンチン

*アルメニア

*アルバ

*オーストラリア

*オーストリア

*バーレーン

*ベラルーシ

*ベルギー

*ベニン

*ブータン

*ボリビア

*ボスニアヘルツェゴビナ

*ブラジル

*ブルガリア

*ブルキナファソ

*ブルンジ

*カンボジア

*カメルーン

*カナダ

*カーボベルデ

*中央アフリカ共和国

*チリ

*中国

*コロンビア

*コモロ

*コンゴ

*コスタリカ

*コートジボワール

*クロアチア

*キューバ

*キュラソー

*チェコ共和国

*デンマーク

*ドミニカ共和国

*エクアドル

*エジプト

*エルサルバドル

*エストニア

*フィジー

*フィンランド

*フランス

*フランス領ポリネシア

*ガボン

*ジョージア

*ドイツ

*ギリシャ

*グリーンランド

*グアドループ

*グアム

*グアテマラ

*ギニア

*ギニアビサウ

*ハイチ

*ホンジュラス

*ハンガリー

*アイスランド

*インド

*インドネシア

*イラン

*イラク

*アイルランド

*イスラエル

*イタリア

*日本

*ヨルダン

*クウェート

*ラオス

*ラトビア

*リベリア

*リビア

*リヒテンシュタイン

*リトアニア

*ルクセンブルク

*マケドニア

*モルジブ

*マーシャル諸島

*マルティニーク

*メキシコ

*ミクロネシア

*モルドバ

*モナコ

*モンゴル

*モンテネグロ

*モロッコ

*ミャンマー

*ネパール

*オランダ

*ニューカレドニア

*ニュージーランド

*ニカラグア

*ナイジェリア

*ニウエ

*北朝鮮

*ノルウェー

*オマーン

*パキスタン

*パラオ

*パナマ

*パラグアイ

*ペルー

*フィリピン

*ピトケアン諸島

*ポーランド

*ポルトガル

*プエルトリコ

*カタール

*レユニオン

*ロシア

*サン・バルテルミー

*セント・マーティン

*サンピエールおよびミクロン島

*サンマリノ

*サントメ・プリンシペ

*サウジアラビア

*セルビア

*スロバキア

*スロベニア

*韓国

*南スーダン

*スペイン

*スーダン

*スリナム

*スウェーデン

*スイス

*シリア

*台湾

*タイ

*東ティモール

*トーゴ

*チュニジア

*トルコ

*ウクライナ

*アラブ首長国連邦

*イギリス

*アメリカ合衆国

*ウルグアイ

*アメリカ領バージン諸島

*ベネズエラ

*ベトナム

*ウォリス・フツナ

*イエメン

詳細は当社のカスタマーサービスの代理人までご連絡ください。

詳細は当社のカスタマーサービスの代理人までご連絡ください。

タンザニアはアフリカだけでなく世界的に見ても最も多様性に富んだ国の1つです。タンザニアではセレンゲティでの信じられないサファリや、ザンジバルやペンバの美しい島々があり、アフリカでそういった体験をしたい渡航者にはピッタリです。この国ではアフリカで最も高い山であるキリマンジャロで(運が良ければ)雪さえも見る事もできます。毎年100万人を超える渡航者がタンザニアを訪れており、その一員に加われば素晴らしい体験ができるはずです。ですが、タンザニアへの旅の計画を始める前に、全ての渡航者が知っておくべき事がいくつかあります。この記事では計画のプロセスの助けになるいくつかの事実をご紹介します。

第1に、タンザニアを訪れたいなら、そのビザ方針をチェックし、入国のためにビザが必要かどうかを確認しておきましょう。殆どの国の人々はビザが必要です。ですが、あなたの国は免除されているかもれません。ビザを取得しなくてもタンザニアに入国し、滞在できる国々が数多くあります。あなたがその国々の1つの市民なら、必要な物は有効なパスポートだけです。同時に、タンザニアに滞在できる期間は3ヵ月までです。

ビザが免除されていなかった場合は、恐らくタンザニアの到着ビザの資格があるはずです。殆どの国の人々にその資格があります。この場合に必要な物は有効なパスポートだけですが、到着時に料金を支払う必要があります。滞在期間は入国時に決定されます。

また、タンザニアは2018年11月に電子ビザシステムも採用しています。原則として到着ビザの資格を持つ全ての国の国民は、タンザニアの電子ビザの資格もあります。

ビザ免除の対象でもなく到着ビザの資格も無い全ての国の国民は、移民担当の警察庁長官または移民長官からビザを取得しなければなりません。

タンザニアには夏や冬などの季節はありませんが、雨季と乾季があります。雨季は2回あります。その1つが10月の下旬から12月の下旬まででマンゴーレインと呼ばれており、もう一方が3月から5月までとなっています。1つ目は短く、2つ目は長い雨季と考えられています。この短い雨季はそれほど悪くありませんが、長い雨季にタンザニアに渡航するのは避けたほうがいいでしょう。この時期にはいくつかの人気の観光地やリゾート地が閉鎖されています。国立公園の多くのトレイルも通行できないので閉鎖されており、各種ツアーも制限されています。こういった理由から、旅を計画する際は気を付けましょう。

そういった事を考慮すると、タンザニアを訪れる上で最高の時期は1月と2月です。殆どの水が無くなっているので、野生動物を見られるチャンスが高くなっています。セレンゲティで最高の体験ができるのもこの時期です。訪問を予定している場所によっては大移動をする150万頭の動物たちを見られるチャンスがあるかもしれません。これは信じられない体験となるでしょう。ですが、この時期はタンザニアでも最も暑い時期だという事も憶えておきましょう。しばしば気温は35度を超えるので、非常に耐え難いものになる事があります。常に水分補給と日焼け対策を欠かさないようにしましょう。正午前後は一切の外出を避けたほうがいいでしょう。

タンザニアの公用語はスワヒリ語ですが、最近では英語も勢力を拡大しています。ですが、ザンジバルに行く場合には公用語はアラビア語です。スワヒリ語で基本的なフレーズをいくつか憶えていけば役立ちます。特に通訳してくれる人物がいない場合は役立つでしょう。

知っておくべき1つの事は、タンザニアの人々が西洋人ほど時間に頓着しないという事です。タンザニアの人々にとっては午前6時に1日を始める意味はありません。タンザニアの日出と日没は1年中殆ど同じ時間です。ですから、タンザニアの人々は太陽が昇る時間を0時と呼んでいます(西洋人なら午前6時と呼ぶかもしれません)。約束をする場合や何らかのスケジュールに従う必要がある場合には、この事を憶えておきましょう。この事に慣れるには時間がかかる事があるので、ツアーガイドは西洋式の時間も教えてくれます。

タンザニアでできる事に関しては選択肢は豊富にあります。1つとしては、ビーチでリラックスして楽しみたい場合、最も人気の観光地はザンジバルとマフィア島のマリンパークです。後者では色とりどりの海洋生物を見られる機会が豊富にあります。スキューバダイビングやシュノーケリングなど思いつく事なら何でもできます。一方で、ザンジバルはリラックスするには理想的な場所です。ザンジバルには手付かずの最高のビーチがいくつもあります。ヤシの木と、白い砂浜、そして冷たいインド洋の水が完璧な休暇を演出してくれます。

タンザニアに行ったらビーチや水中だけで過ごしてはいけません。非常に多くの機会を逃す手はありません。例えば、タンザニアに行ったらサファリに行くべきです。世界中でアフリカのサファリと比較できるものは多くありません。セレンゲティはサファリ関連で最も有力な場所ですが、野生動物が溢れている国立公園が他にいくつもあります。すべき事はサファリの運営者に連絡を取り、素晴らしいオファーをゲットする事だけです。

更に、タンザニアにはアフリカで最も高い山であるキリマンジャロがあるという事も忘れてはいけません。多くの観光客はキリマンジャロに登るためだけにタンザニアを訪れています。キリマンジャロに登る事は素晴らしいチャレンジであり、その頂上に立つ事と比べられる事は殆どありません。

タンザニアに向けて出発する前に、かかりつけの医師にマラリアの薬について相談しておきましょう。タンザニアでは蚊が非常に多く、雨季の後は特に多くなっています。常に蚊帳の中で眠るようにして、外出するときは適切な服装をするようにしましょう。長ズボンと開口部の無い靴は必需品です。また、黄熱病のための予防接種を受けておく必要もあります。マラリアほど一般的ではありませんが、万が一のために注意しておきましょう。

タンザニアの水道水は飲むには適していません。常にペットボトルの水を飲むようにしましょう。ですが、ペットボトルの水が利用できない場合には、質の高い浄水器やフィルターを使用しましょう。そのどちらも利用できない場合には、10分以上沸騰させた水を飲みましょう。タンザニアの水は検査の結果、大腸菌に汚染されている場合が多いようです。

結論としては、タンザニアは素晴らしい旅行先だという事です。ザンジバルとセレンゲティだけでも毎年数多くの観光客を引き付けています。チャンスがあれば是非試してみましょう。その価値は間違いなくあります。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

これは稀なシナリオです。しかしながら、申請が拒否された場合には、当社の100%承認保証に従って政府関連費用と処理費用の全額を返金いたします。この返金は将来の注文で使用するためのクレジットとして提供されます。 更にサポートが必要な場合には、お気軽に当社までご連絡ください。当社のカスタマーサービスが喜んで対応いたします。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

当社は、ご利用いただいている申請者の皆様が渡航やビザ取得に影響するかもしれない予期せぬ旅の計画の変更に直面する事がある事を理解しております。そういった理由から、当社は利用者の皆様がビザ申請のキャンセルと支払った金額の返金を求めるかもしれない事を理解しております。しかしながら、当社では以下の返金ポリシーのガイドラインに従った返金しか承認する事はできません:

  • 申請が当社のチームによって審査されていない場合や、政府の承認を得るために提出されていな場合には、iVisaの処理費用と政府関連費用(ビザ費用)の全額が返金されます。
  • 当社のチームによる申請の審査は完了しているが、政府の承認を得るために提出されていない場合は、政府関連費用(ビザ費用)が全額返金されます。
  • 申請が政府の承認を得るために提出されている場合や、ビザが既に発行されている場合には、残念ながら返金はなされません。

また、当社のポリシーは以下のような状況にも適用されます:

  • 当社の側で申請に誤りがあった場合には、iVisaの処理費用の100%が返金され、無料で再びビザの処理が行われます。
  • 迅速処理もしくは超迅速処理の手数料を支払っているにも関わらず、当社が合意された時間以内に渡航書類を提供できなかった場合には、iVisaから迅速処理もしくは超迅速処理の手数料が返金されます。
  • iVisaが合意された時間内に渡航書類を提供できなかった事を理由にして渡航できなかった場合には、政府関連費用とiVisaの処理費用の全額が返金されます。
    • 上記の状況の例外としては、当該政府が遅延の原因である場合や、到着予定日が当社の超迅速処理よりも前の日付であるような場合です。そういった場合には、iVisaの処理費用が返金されます。

何らかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、お気軽に当社までご連絡ください。合理的な状況下では、当社は将来の注文で使用するためのクレジットとしてiVisaの処理費用を返金いたします。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?