スリランカのビジネスETAオンライン

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ビジネスETA

2012年1月1日、スリランカの入国および移民管理局はスリランカを訪問する渡航者のために電子渡航認証(ETA)を導入しました。 このETAはスリランカへの短期訪問のための公式許可書で、電子的に発行されます。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。
申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • 支払いのためのクレジットデビットカード、またはPaypalアカウント。

  • 申請者のパスポートの情報ページのコピー

重要な指示
  • ビジネス会合および交渉、会議、ワークショップ、そしてセミナー、または短期訓練プログラムのためにスリランカを訪問する申請者は、ビジネスビザを申請する資格があります。

  • このビジネスビザは1回の入国あたり30日間滞在できる数次ビザです。

  • パスポートは記載された到着日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

  • 入力された情報は電子的にDI&E(入国および移民管理局)に送信され、当社がスリランカのETAをイーメールで送付いたします。

  • 現在のETAが有効であるかどうかに関わらず、スリランカ国内にいる間に新たなETAを取得する事はできません。

  • 黄熱の影響下にある国の国民は、スリランカへの到着時に黄熱予防接種カードを携帯していなければなりません。黄熱の影響下にある国についてはここをご覧ください。

  • 渡航者は情報を確認し、印刷して物理的なコピーを携帯する事をお勧めします。また、空港のチェックインスタッフも彼らのシステムで登録を確認できます。しかしながら、お手持ちの電子機器と、印刷した状態の両方で電子ビザのコピーを携帯する事を強くお勧めします。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ビジネスETAは渡航者がスリランカへビジネス目的での渡航と、同国内での移動を可能にする公式文書です。
スリランカのビジネスETAの費用は40米ドルです。それ加えて標準的な処理には30米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには60米ドルがかかり、さらに早くするには80米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:1営業日
  2. 迅速処理:3時間
  3. 超迅速処理:30分
このスリランカのビジネスETAは発行後90日間有効です。これは発行後90日以内にスリランカに入国しなければならない事意味しています。加えて、このビザは数次ビザで、1回の入国あたり最大で30日間滞在する事ができます。
申請者のパスポートは予定の入国日から少なくとも6カ月有効でなければなりません。
アルバニア、アルジェリア、アンドラ、アンゴラ、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、アルバ、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バハマ、バーレーン、バングラデシュ、バルバドス、ベラルーシ、ベルギー、ベリーズ、ベニン、バミューダ、ブータン、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、ブルキナファソ、ブルンジ、カンボジア、カナダ、カーボベルデ諸島、ケイマン諸島、中央アフリカ共和国、チャド、チリ、中国、コロンビア、コモロ、コンゴ民主共和国、クック諸島、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ジブチ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、赤道ギニア、エリトリア、エストニア、エチオピア、フェロー諸島、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、グルジア、ドイツ(ドイツ人)、ギリシャ、グリーンランド、グレナダ , グアドループ島、グアム、グアテマラ、ギニア、ギニアビサウ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、香港、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、イラン、イラク、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、キリバス、韓国、クウェート、キルギスタン、ラオス、ラトビア、 レバノンは、レソト、リベリア、リビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ、マケドニア、マダガスカル、マラウィ、マレーシア、マリ、マルタ、マーシャル諸島、マルティニーク、モーリタニア、モーリシャス、マヨット島、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル、ネパール、オランダ、ニューカレドニア、ニュージーランド、ニカラグア、ニジェール、ノーフォーク島、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パラオ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、カタール、再会、ルーマニア、ロシア ( ロシア人) 、ルワンダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サモア、サンマリノ、サントメプリンシペ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シエラレオネ、スロバキア、スロベニア、ソロモン諸島、ソマリア、南アフリカ共和国、南スーダン、スペイン、スーダン、スリナム、スワジランド(スイス)、スウェーデン、スイス、台湾、タジキスタン、タンザニア、タイ、東ティモール、トーゴ、トンガ、トリニダードトバゴ、チュニジア、トルコ、トルクメニスタン、タークス・カイコス諸島、ツバル、 ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、イギリス(イギリス市民)(イギリス人)、アメリカ合衆国(アメリカ合衆国市民)、ウルグアイ、ウズベキスタン、バヌアツ、ベネズエラ、ベトナム、コソボ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ。
以下のような通常のビジネス活動がこのビジネスETAで許可されます:
  • ビジネス会合および交渉への参加
  • 会議、ワークショップ、およびセミナーへの参加
いいえ。現行のETAが失効するまで(発行後90日間)は同一のパスポートで新たなETAを取得する事はできません。ETAはパスポートに結び付けられているため、もし有効なETAを含むパスポートを紛失してしまった場合は、新たなETAを申請する必要があります。
できるだけ早くご連絡ください。当社がお手伝いいたします。一般的に、誤りがあった場合には再申請しなければならない事にご注意ください。
このビジネスETAは申請および発行がオンラインなので、従来のビザのように大使館を訪問する必要がありません。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート
  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。
外国でビジネスをする事には、その国の人々がしている事について必然的にある程度の下調べが必要になります。彼らの習慣や、伝統、そしてビジネスについての考え方などを学ぶ必要があります。これらが出張を成功させたいなら必要な事です。加えて、ある程度の下調べをしておく事で成功の可能性が高まる事は良く知られています。考えてみれば納得できるはずです。もしあなたが彼らの習慣を学ぶ努力をして行けば、人々はいつも高く評価してくれるでしょう。スリランカでも違いはありません。そしてもし同国のビジネス関係者と提携する事を考えているなら、以下の秘訣を念頭に置いておくべきです。憶えておくべきことは、スリランカが依然として内戦からの復興中であることです。この内戦は2009年まで続いていたので、依然として元に戻っていないものがあります。しかしこれはビジネスマンとしてのあなたには良い事もあります。あなたにはたくさんの機会があるでしょう。しかしながら、スリランカにはいくつかの民族が存在しているので、その各々について少しずつ学んでいく必要があります。すべてを学んでいく必要はありませんが、付き合いをして良い印象を付けるために十分な程度には学んでおく必要があります。必ず知っておかなければならない事の1つとしては、スリランカが宗教的な国であるという事があります。また、年功序列が非常に重要なので、その事に従って行動する必要があります。敬意を示すことが代表団に対応するときはもっとも重要で、真剣な対話の際には常に注意をする必要があります。しかしながら、あなたが奇妙に思うだろう事としては、スリランカが宗教的な国である事から、同国の代表団の人々の中にはビジネスにおける意思決定をする際に、彼らの神に伺いを立てる人もいるという事です。これは重要な伝統で、いかなる場合にもその事について失礼な態度をとってはいけません。そんなことをしたらすぐに帰国する羽目になるかもしれません。コミュニケーションに関しては少々難しい側面があります。なぜでしょう?なぜなら居合わせた人々がみなシンハラ語かタミル語しか話せないかもしれないからです。英語を話せる人もおり、そういった状況では彼らを利用する事が来ますが、通訳を雇う事が最善でしょう。いずれにせよ、スリランカの人々は非常に表現が豊かなので、大抵は言外の意図を汲む事ができるはずです。多くの文化でもみられる1つの側面は、スリランカの人々が実際のビジネスに取り組む前に個人的な関係性に価値を置いている事です。多くの場合、最初の会合はあなたについて話し合われます。スリランカの人々はビジネスに取り掛かる前にあなたと知り合いになりたいと思っています。あなたにできる事は辛抱強くその事を受け容れる事だけです。さもなければ、失礼な印象を与えてしまい、誰もあなたと協力する事を望まないでしょう。更に、階級がスリランカでは非常に重要なので、上位の人物に到達するまでに時間がかかることがあります。一方で、低い立場の人々と強固な関係性を構築しておくべきです。例え苛立たしくても、ここでもまた忍耐が重要です。決して文句を言ったり、急ごうとしたりしてはなりません。いずれにせよ、そういった事は実現しません。挨拶に関して言えば、民族性の違いがあるので難しい側面があります。しかしながら、スリランカでは誰もあなたがすべてのルールを把握している事を求めていません。結果として握手で十分でしょう。しかしながら、異性の人々との身体的接触をこちらから始める事は避けましょう。例えば、ビジネス界の女性の中には依然として家族以外の男性との接触を避けようとしている人もいます。どうするかは彼女らに任せて、もし手を差し出されたら流れに従いましょう。もし代表団の人物が肩書を持っているなら、間違なくそれを用いましょう。もしそうでないなら単純に丁寧に振舞って、相手にはサー(Sir)やマダム(madam)を用いましょう。また、そうするように言われない限り、相手を下の名前で呼んではなりません。これは極めて砕けた表現なので、失礼だと思われます。多くの他の国々と同じように、スリランカの代表団と初めて面会するときは、初めに名刺交換をします。シンハラ語やタミル語に翻訳された名刺は必須ではありませんが、印象は良くなるので、そうしておく方いいでしょう。また、名刺には所属している部署などのあなたの仕事について非常に具体的であるべきです。最後に、スリランカの人々の名刺を受け取る際には、すぐにしまってはいけません。目を通して、良い印象を受けたように振舞いましょう。最初の会合で贈り物をする習慣はありませんが、ときどき行われる事もあります。贈り物が贈られる場合には、贈り物の交換ができるように準備をしておく必要があります。しかしながら、贈る物については非常に注意をする必要があります。イスラム教徒の人々の気分を害する可能性があるので、豚の革を含んだ贈り物をしてはいけせん。スリランカにはヒンズー教徒もいるので革製品を贈ってもいけません。また、花は喪中を意味するので、それも良いアイデアとは言えません。要点は、贈り物は賢く選ぶべきだという事です。一般的に、スリランカの人々非常に親切で、あなたを非常に歓迎してくれるでしょう。しかしながら、彼らが話したがらない話題もいくつかあります。例えば、戦争について話してもいいのですが、つらい記憶を呼び起さないように控えておくべきでしょう。政治は適切な話題ですが、戦争につながらないようにしましょう。もし新たな提携やビジネスの展開に興味があるなら、スリランカは悪い候補ではないかもしれません。この国は改善を必要としている新たな市場で、現地の人々は復興に熱意を傾けています。観光産業はそれほど良好ではなく、インフラの欠如によってしなければならない事が多いかもしれませんが、どこかから始めなければなりません。彼らの伝統と文化を認識し敬意を払う限り、スリランカのビジネス関係者と上手くやっていけるはずです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf