スペインの渡航健康フォームとCOVID-19ワクチン接種パスポートをオンラインで今すぐ取得しましょう!

Home > スペイン > Spain Health Control Form
 
   
 
 
 
     
 

詳細: Health Control Form

スペインのの国境は開かれています-スペインは2021年6月7日に観光目的の渡航者の受け入れを再開しています。

書類の概要
このスペインの渡航健康管理フォーム(SpTHアプリ)は、2020年1月以降にスペインに入国するすべての渡航者に対して義務づけられています。この健康状態自己申告書は、スペイン市民とスペインへの渡航者の間おけるコロナウイルスの流行を減らすことを目的として設計されました。

この健康状態自己申告書がビザに代わるものではないことにご注意ください。お住いの国にビザも求められている場合、出入国管理官がスペインに入国する際にビザの提示を求めます。ビザが必要な場合は、最寄りのスペイン大使館に問い合わせることをお勧めます。

この書類を使ってスペインに入国できる人物は?
他の国々への乗り継ぎをする者を含め、空路または海路を通じてスペインに到着するすべての渡航者は、出国する前に健康管理フォームを記入する必要があります。渡航者はワクチン接種証明書か、COVID-19からの回復証明書、またはCOVID-19の陰性結果証明書のいずれかを提示しなければなりません。

12歳未満の子供はこれらの証明書の提出を免除されていますが、健康状態自己申告書は記入しなければなりません。詳細につきましては以下の検査に関するFAQをご覧ください。

スペインの渡航健康管理フォームの取得
この書類を申請するには、ご自身の個人情報と、健康状態に関する情報、そしてスペインにおける滞在先に関する情報を提供する必要があります。加えて、このフォームを記入するには確認された航空機のチケットが必要になります。

申請フォームはiVisa.comを通じて数週間前や数ヶ月前に記入することができます。事前に申請フォームを記入していただければ、当サイトの担当者がスペイン政府の要件に従って、到着の2日前に確実に申請するために安全に保管いたします。

空港への健康フォームの携帯
このフォームを記入し終えると、空港で係員に提示する必要があるQRコードが提供されます。このQRコードはスマートフォンを介して提示したり印刷物として提示したりできます。このQRコードは個人的なものであり譲渡することはできないので、各渡航者が自分に固有のQRコードを取得しなければなりません。

スペインに入国する上での検査に関する要件の詳細と、特別なカテゴリーに所属する渡航者を含むスペインに渡航可能な人物に関する重要な例外につきましてはFAQをご覧ください

COVID-19の自主検査について
eMedのCOVID-19自主検査キットを購入し、アメリカ合衆国の住所ご自宅に6つの抗原検査を送付してください。費用は$150です。NAVICAのアプリを使ってバーチャル認定ガイドに従えばプライバシーを守りながら自主検査をすることができます。15分で正確な結果が出るので、空港に移動するまでの時間を十分に確保できます。eMedの抗原検査は、アメリカ合衆国とこの目的の間を往復する渡航者に最適です。

申請に必要な書類
  • パスポートの個人情報のスキャン (該当する場合)

  • Citizenship Certificate (該当する場合)

  • ネガティブな出発前PCRCOVID-19テスト結果 (該当する場合)

重要な指示
  • アメリカ合衆国居住者のみ:アメリカ合衆国に帰国するには、入国日の前日にCOVID-19の検査を受ける必要があります。スペインで検査を受ける場所を探すために時間を浪費する必要はありません。eMedの検査キットを購入して渡航を簡略化しましょう。今すぐ注文して、荷物に入れておきましょう。その後、認定ガイドのオンライン手順に従って、アメリカ合衆国に帰国する24時間前に必須の検査を行ってください。

  • スペインに入国するすべての渡航者は、スペインの健康管理フォーム(SpTHアプリ)が必要です。これはビザに代わるものではありません。一部の国の国民には書面のビザが求められています。そういった国にお住いの場合は、最寄りのスペイン大使館に問い合わせることをお勧めします。

  • 健康状態自己申告書の処理が完了すると、対象となる個々の渡航者に固有のQRコードが与えられます。このQRコードを譲渡することはできません。

  • 当サイトができることは、あなたの代理で到着時刻の48時間前までにこのフォームをスペイン政府に提出することだけです。

  • あなたはスペインの現在の公衆衛生に関する規制に従って、空港に到着した際にあなたに発行されたQRコードを係員に提示する必要があります。

  • このフォームと関連するQRコードを、電子的なコピー(スマートフォンやタブレットに保存したもの)だけでなく印刷物のコピーとしても空港に持って行くことを強くお勧めします。

  • 受け付けられているワクチンはファイザーと、アストラゼネカ、モデルナ、ヤンセン、ベロセル、そしてシノバックのものです。

このページは役に立ちましたか?

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです