今すぐシンガポールの入国カードをオンラインでゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: SG Arrival Card + Health Declaration

2019年8月、シンガポールの入国管理庁(ICA)は従来の紙面の出入国カード(DEカード)の代わりとして電子入国カードを導入しました。

これはシンガポールに到着する予定日の最大で14日前に記入しておく事ができる入国のための電子的な書類で、空港での時間と紙資源を節約できます。申請フォームを記入するとイーメールを通じて入国カードが送信されます。

iVisaは空港での時間を節約し、長い列に並ばなくても良いように渡航者にこのサービスを提供しています。また、電子入国カードを取得する事によって航空機で配布される書類を記入する必要もなくなります。このサービスはシンガポールに入国するための必須事項ではなく、サービス料金が課される事にご注意ください。

申請に必要な書類
  • 現在の有効なパスポート

  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント

重要な指示

電子入国カードはシンガポールに到着する最大で14日前に申請する事ができます。

従来の出入国カード(DEカード)の代わりに、渡航者はシンガポールの出入国管理システム内で電子入国カードを発見するために、出入国管理官にパスポートを提示するだけでよくなりました。

この入国カードにはシンガポールへの入国を容易にするという目的がありますが、ビザの代わりを果たすものではありません。あなたがビザ免除国からの訪問者でない場合、空港のシンガポールの入国管理局がビザの提示を求めるでしょう。紙面のビザが必要になる国もある事にご注意ください。こういった場合は最寄りの大使館に問い合わせる事をお勧めします。

電子入国カードは[19の選ばれた交通事業者]{エアアジア (AK)、キャセイパシフィック航空 (CX)、エミレーツ航空(EK)、インドネシア・エアアジア(QZ)、ジェットスター航空(JQ)、ジェットスター・アジア航空(3K)、ジェットスター・パシフィック航空(BL)、マレーシア航空(MH)、エアアジア・フィリピン(Z2)、スクート(TR)、シルクエアー(MI)、シンガポール航空(SQ)、タイ・エアアジア(FD)、ユナイテッド航空 (UA)、トランスファートラベル、バタムファストフェリー、ビンタンリゾートフェリー、ホライゾンファストフェリー、およびマジェスティックファストフェリー}のいずれかを通じて入国する場合にしか利用する事は出来ません。

渡航者は入国予定日から少なくとも6ケ月の有効期間があるパスポートを所持している必要があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

SG入国カードとは、シンガポールの電子入国カードの事で、従来の紙面の出入国カード(DEカード)の代わりとして使用できる電子的な入国書類です。
申請の際は以下のものが必要になります:
  • 現在の有効なパスポート
  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理: JPY 2,200.37

  • 迅速処理: JPY 3,850.65

  • 超迅速処理: JPY 7,701.30

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理: 24 時間

  • 迅速処理: 4 時間

  • 超迅速処理: 30 分

パスポートは到着予定日から少なくとも6ケ月間有効である必要があります。
労働許可証の申請者もしくはクルーズの乗客でない限り全ての国の人々が申請する事ができます。
この入国カードを使用できるのは1回だけです。ですが、14 (#)日(1回の入国あたり) の有効期間の間に2回以上入国するつもりの場合は、申請の前に当社までご連絡ください。
この電子入国カードは、シンガポールへの渡航の少なくとも1日前には申請する事をお勧めしています。14日以上前には申請できない事にご注意ください。
いいえ。シンガポールの電子入国カードでは同国への入国は保証されません。到着時のチェックが終了した際に訪問者を入国させるかどうかは同国の入国管理官の裁量次第です。

SG入国カードを所持している場合、到着時に提出する必要があるのはパスポートのみです。

注意:このSG入国カードはビザではありません。特定の国籍の渡航者はビザなどの特定の書類を到着時に提示する必要がある可能性があります。また、特定の国籍の渡航者は黄熱予防接種証明書やビザ申請時に使用された他の書類も提示する必要がある可能性がある事にご注意ください。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

シンガポールは多くの理由から人気のある観光地です。イギリスから独立を勝ち取った後、シンガポールは中国や、マレー、そしてインドの影響を受けながら近代国家としての頭角を現しました。その大都市群は活気に溢れ、素晴らしいナイトライフが提供されている一方で、農村地帯には豊かな伝統が息づいています。シンガポールを訪れるつもりなら素晴らしい時間を過ごせる事でしょう。ですが、シンガポールへの旅の計画を立てる前に知っておくべき事がいくつかあります。ここでは役立つ情報をいくつかご紹介します。

人々が観光地としてシンガポールを選んでいる理由の1つには、この国のビザ方針が非常に寛大であるという事があります。殆どの国籍の渡航者は事前にビザを申請しなくてもシンガポールに短期的に滞在する事ができます。全てのEU加盟国、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、韓国、スイス、そしてアメリカ合衆国の市民は、滞在予定期間が90日以下である場合、ビザなしでシンガポールに渡航する事ができます。他の全てのビザ免除国の国民が滞在できるのは最大で30日間です。

現在、事前にビザが必要でない国籍は2つのカテゴリーに分類されています。1つ目の分類には評価レベルⅠ国家のリストに記載された国の国民が含まれます。このリストに出身国が含まれている場合、iVisaなどのオンラインのビザサービスを利用してシンガポールのビザに申請する事ができます。出発日から少なくとも6ケ月有効なパスポートと他のいくつかの書類が必要になります。

2つ目の分類には評価レベルⅡ国家のリストに記載された国の国民が含まれます。このカテゴリーに属する場合は、最寄りのシンガポール大使館/領事館もしくはビザセンターを訪問する必要があります。

タンザニアで見られる物に関しては選択肢は無限大です。加えて、訪問する予定の地域によって様々な特色があります。ビーチやハイエンドのリゾートを求めているなら、セントサ島の3つのビーチから選ぶ事ができます。南部にもリラックスできる島々があります。東海岸にも素晴らしいビーチがいくつもあります。大事な事は、シンガポールには沢山のビーチがあり、好きに選ぶ事ができるという事です。

現地の食べ物や文化に興味があるなら、チャイナタウンや、リトル・インディア、そしてカンポングラムがお勧めです。既に述べたように、シンガポールにはインドと、マレー、そして中国の影響を受けており、そういった文化圏の食べ物も見つける事ができます。

シンガポールで博物館を探しているなら、ブラスバサー地域に行ってみましょう。この地域はシンガポール川の北に位置しており、植民地時代の名残を色濃く残しています。この地域には数多くの歴史的建造物や博物館があります。

また、シンガポールには印象的な野生動物も生息しています。観光客から最も人気があるのはシンガポール動物園と、ナイトサファリ、ジュロン・バード・パーク、そして植物園です。「自然の」野生動物を実際に見る事は少々難しいですが、ブキテマ自然保護区を訪れれば北アメリカ全体よりも多様な植物種を目にする事ができるので、興味深いかもしれません。また、中国庭園にある陸ガメと海ガメの保護区もチェックする事ができます。

シンガポールでは大いにショッピングを楽しむ事ができます。ショッピングモールはオーチャードロードに集中していますが、現地の人々がショッピングをするところが見たいなら、ブギスやマリーナベイに行ってみましょう。そういった地域でも興味深いお土産を見つける事ができるかもしれません。

シンガポールでは美しい宗教施設に事欠きません。実際、シンガポールの人々は多くの宗教が平和に共存しているという事実に誇りを持っています。仏教や、道教、ヒンズー教、キリスト教、イスラム教、シク教、バハーイー教、そしてユダヤ教などの全てを数多く目にする事ができます。ご想像の通り、こういった全ての宗教に関連した施設が存在し、その全てが観光客にも開かれています。

シンガポールに滞在している間は、できる事にも事欠かないでしょう。実際に存分に楽しめるはずです。ゴルフや、スキューバダイビング、サーフィン、アイススケート、そしてスキーに行く事ができます。ですが、シンガポールは小さな国なので、それぞれの価格が高くいという制限がある事は憶えておきましょう。だとしても、やりたい事は間違いなく見つける事ができるでしょう。シンガポールにいる間に試してみるべき事の1つには、週末のダイビングツアーがあります。多くのダイビングショップがマレーシアの東海岸の海洋生物を探検できるツアーを手配してくれます。

シンガポールの憲法に依れば公用語はマレー語です。ですが、基本的に50歳以下の現地民は全員英語を話す事ができます。話せる程度に違いはありますが、英語を話せるならコミュニケーションに関する問題は無いはずです。

シンガポールで気に入るだろう事の1つは食べ物です。シンガポールは食通にとっては素晴らしい観光地です。なぜでしょう?それはシンガポールが様々な食文化の坩堝だからです。本格的な中国料理や、タイ料理、マレー料理、インド料理、アラブ料理、そして日本料理で舌を満足させる事ができるだけでなく、西洋の料理も広く楽しむ事できます。その上、食べ物の質も抜群です。食通ならシンガポールを間違いなく気に入るはずです。

シンガポールは世界でも最も安全な都市国家の1つです。他の観光地と同じようにスリに出くわす可能性はありますが、常識に従って行動すれば何の問題もないでしょう。この都市は夜でも安全で、女性でも単独で行動できます。犯罪率は非常に低く、警察官も非常に懸命に治安の維持に努めています。知っておくべき事としては、シンガポールでは薬物犯罪が重罪なので、滞在中に如何なる脱法ドラッグにも手を出すべきでないという事です。

シンガポールの衛生基準は非常に高く、水道水も飲む事ができます。健康に関しても何も心配はありません。シンガポールでは蚊の管理が行われているのでマラリアの問題はありません。事実、覆いをせずに水を放置すると罰金が科せられます。ですが、蚊は自然公園や保護区では管理されていないので、そういった場所に滞在する場合は虫よけスプレーやネットを持って行くべきでしょう。

シンガポールが素晴らしい観光地である事は言うに及びません。素晴らしい観光地を求めているなら大いに満足できるだけでなく、完璧なリラックスのための場所も見つける事ができるでしょう。