今すぐルワンダの観光電子ビザをオンラインでゲットしましょう

申請方法: 入国電子ビザ

オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPayPalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

オンライン申請を記入してください
イーメールで書類を受け取る

大使館に対処する必要はありません。当社があなたのためにこれを致しますので、貴重な時間を無駄にすることはありません。

イーメールで書類を受け取る
目的地を入力してください

パスポートと当社が提供する書類を目的地国に入国する際にご提示ください

目的地を入力してください
今すぐ申請

詳細: 入国電子ビザ

ルワンダは2018年1月1日に電子ビザを導入しました。入国ビザは1回入国のために有効で、滞在日数は30 days Per Entryまでで、処理には3営業日を要します。この電子ビザシステムでは市民がルワンダの出入国用の観光ビザを取得する事ができます。

観光電子ビザ申請の最初のステップは、簡単なオンラインの申請フォームに記入する事です。申請を電子的に提出したら、確認のイーメールが送信されます。申請の全ての質問に正しく完全に回答するようにしましょう。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ルワンダの入国電子ビザとは、外国人がルワンダ共和国に入国を望む場合に必要となる公式の渡航書類です。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • Passport Personal Details Scan

  • Applicant Photo

ルワンダの入国電子ビザの費用はUSD 50.00です。ですがサービス手数料がかかり、標準処理の場合はUSD 25.00です。迅速処理と超迅速処理のサービス手数料は、それぞれUSD 50.00およびUSD 80.00です。

お選びになる処理時間によって異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:7 営業日

  • 迅速処理:2 営業日

  • 超迅速処理:1 営業日

このビザは30 日 (到着後)間有効です。
渡航書類は入国日から少なくとも6ケ月間有効でなければなりません。
いいえ、いったん発行された後に入国電子ビザ上のいかなる情報も変更もしくは修正する事は出来ません。ですが、間違いがあり、発行の前に間違いに気が付いたのであれば、オンラインチャットもしくはhelp@ivisa.comまでイーメールで出来るだけ早くご連絡ください。
ルワンダの入国電子ビザは1回入国用で、30 日 (到着後)滞在できます。
いいえ、ルワンダの入国電子ビザでは就労は禁じられています。

以下の国々の国民は90日までの滞在にはルワンダの入国電子ビザが免除されています:

ベニン、中央アフリカ共和国、チャド、ガーナ、ギニア、インドネシア、ハイチ、セネガル、セイシェル、サントメプリンシペ、コンゴ民主共和国、モーリシャス、フィリピン、シンガポール、および東アフリカ共同体加盟国。

電子ビザシステムで観光電子ビザを取得した外国の市民は、以下の通関手続地から入国する必要があります:

1.キガリ国際空港

2.カジテュムバ

3.ブジビ

4.ガチュナ

5.シアニカ

6.カブハンガ

7.ポイズロード

8.ラコルニチェ

9.カメンベ国際空港

10.ルジジⅠ

11.ルジジⅡ

12.ビュガラマ

13.ルワ

14.ビウェイェ

15.ンシリ

16.カンヤーウ・バス

17.カンヤーウ・ホート

18.ネンバ

19.ルスモ

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

ルワンダは東アフリカの小さな国です。この国は内陸国で、千の丘がある事で有名です。とは言うものの、この国は比較的安定していて、休暇の旅先としても素晴らしい場所です。旅行中はその豊かな植物相と動物相にずっと夢中でいられるでしょう。ルワンダはシルバーバックゴリラなどの貴重な動物の住処です。ですが、あまり近づきすぎないようにしましょう。それ以外でも多くの鳥類や昆虫を目にする事ができます。基本的に、この国はバードウオッチング好きのための小さな天国のような場所です。

そして、ルワンダに行く事は簡単です。ルワンダのビザ方針は世界でも最も寛大な部類です。ビザが免除されている国が数多くあります。ですが、ビザが免除でない場合でも、必ずしも最寄りのルワンダ大使館に行かなければならないというわけではありません。なぜなら、全ての渡航者は到着ビザを取得したり、出発前に電子ビザを申請したりできるからです。iVisaは電子ビザを申請をお手伝いしており、正直申し上げて、オンライン申請の方がルワンダ到着時に到着ビザの窓口に並ぶよりも遥かに簡単です。

この電子ビザを使えばルワンダに30日間滞在する事ができますが、利用できるのは1回の入国だけです。iVisaをご利用いただければ、最短24時間で取得できます。ルワンダに到着してから少なくとも6ケ月有効なパスポートを所持している必要がある事にご注意ください。

こうった細則を別にすれば、ルワンダでは素晴らしい時間を過ごす事ができるはずです。見られるものも、できる事も豊富にあります。素晴らしい思い出を携えて帰路に就く事ができるでしょう。初心者ならニュングウエ森林国立公園に行ってみましょう。この場所はルワンダの南西に位置しており、多くの動物種がひしめく魔法のような場所です。チンパンジーなどの13種類の霊長類がこの森林公園を住処としてます。ツアーを予約する事が非常にお勧めです。自然の生息環境でチンパンジーを見る事は忘れられない思い出になるでしょう。ですが、この動物には大きな危険が伴う場合もあります。過去にはチンパンジーによって人が殺された事があるので、十分に気を付けましょう。チンパンジーは賢いですが、縄張りを重視する動物です。

火山国立公園は訪れるべきもう1つの場所です。この場所への旅にはかなりの費用が掛かる可能性がある事にご注意ください。これは小旅行をしてゴリラを見に行けるためです。1枚のチケットが最低でも1500ドルもする事があります。ですが、資金に余裕があるなら見逃す事は出来ません。実際にゴリラの家族を目にする事ができれば魔法のような体験になるでしょう。自然の生息環境でゴリラを目にした事がある人は多くはありません。とは言え、1匹も目にする事ができない事もあります。だとしてもツアーを是非試してみましょう。景色は素晴らしいですし、他の多くの動物たちを見る事もできます。

キブ湖にも興味が持てるかもしれません。この場所は多くの美しい景気が楽しめる場所です。多くの人々はリラックスするために訪れますが、ハイキングなどをする事もできます。宿泊施設も優れており、人々も大いに歓迎してくれます。

自然の驚異以外にも何か見たいものがあるなら、キガリにある虐殺記念館もお勧めです。世界で最も悲劇的な出来事の1つから大きな洞察を得る事ができるでしょう。音声ガイドがありますが、小さなグループで見回るならツアーガイドを雇う事もできます。

ニヤマタにも別の虐殺記念館があります。ですが、こちらは心臓が弱い人にはお勧めできません。こちらの記念館は更に表現が露骨になっています。この記念館は1994年に1万人が殺された教会の中にあります。ツアーに参加してみれば虐殺の証拠が今でも存在する事が分かるでしょう。例えば、ベンチには衣服が積み上げられ、天井には弾痕がたくさんついています。こういった事に関心があるなら、タラマにも更に別の記念館がある事を憶えておきましょう。

ルワンダの主な言語はルワンダ語です。ですが、英語とフランス語も広く使用されており、特に都市部では顕著です。どちらかの言語ができるならやり取りに問題はないはずです。

食べ物と飲み物に関しては大いに楽しめるでしょう。ルワンダに行って現地の串焼きを試さない手はありません。これはヤギの肉でできたケバブで、非常に美味しいです。人気があるので殆どのバーとレストランではこの料理を扱っています。焼き鳥と魚も非常に美味しいです。ルワンダでは水道水は飲まないようにしましょう。飲むのはペットボトルの水だけにしておきましょう。

1つ言っておく価値がある事があります。世界中の他の国とは違って、ルワンダではビュッフェでは食べ放題ではないという事です。。更に盛り付けられるのは1回だけで、もう1度盛り付けたい場合は再び料金を支払う必要があります。従わなければその場所から追い出されてしまうでしょう。

ルワンダの人々は親切で歓迎してくれます。彼らは進んであなたの旅行の力になってくれるでしょう。彼らは観光客に慣れており、観光産業が盛んになっているので、親切にする事が自分たちの利益にもなる事を理解しているのです。彼らのおもてなしの精神を享受しましょう。

ルワンダに行く前に知っておくべき事は、この国が比較的保守的な国だという事です。女性なら控えめな服装をする必要があります。露出の多い服装は避けましょう。ルワンダでは挨拶が非常に重要で、必ず最初に年長者から挨拶するようにしましょう。また、何かを贈る際には両手を使うようにしましょう。喫煙が禁止されている公共の場所もあるので、タバコに火をつける前には標識に注意しましょう。さもなければ罰金を取られてします。

安全性に関しては、ルワンダは比較的安全に滞在できる国です。コンゴ民主共和国とブルンジとの国境は避ける必要があります。当然のごとくスリにも注意しましょう。ですが、常識に従っていれば運が悪くない限り何の問題もないはずです。ルワンダで重大な伝染病は発生していませんが、情報は常に把握しておきましょう。何が起こるかは分かりません。

結論として、ルワンダは間違いなく訪れるべき国の1つです。ゴリラを見られるチャンスがあるというだけでも大きな動機になるはずです。人々は非常に親切で、お手頃な価格で十分以上の宿泊施設を見つける事ができます。食べ物は美味しくて健康的ですし、間違いなく素晴らしい時間を過ごせるでしょう。この地域にいる間は、東アフリカ共同体の他の国にも訪問する事ができます。ウガンダやケニアと並んで、ルワンダは忘れられない思い出を作る事ができる魅力的なアフリカの国の1つです。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。
当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!
この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。
ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。
この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。
当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。
iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。
  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。
ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。
既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。
これは稀なシナリオです。しかしながら、申請が拒否された場合には、当社の100%承認保証に従って政府関連費用と処理費用の全額を返金いたします。この返金は将来の注文で使用するためのクレジットとして提供されます。 更にサポートが必要な場合には、お気軽に当社までご連絡ください。当社のカスタマーサービスが喜んで対応いたします。
当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。
黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。
インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。
イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。
はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。
すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

当社は、ご利用いただいている申請者の皆様が渡航やビザ取得に影響するかもしれない予期せぬ旅の計画の変更に直面する事がある事を理解しております。そういった理由から、当社は利用者の皆様がビザ申請のキャンセルと支払った金額の返金を求めるかもしれない事を理解しております。しかしながら、当社では以下の返金ポリシーのガイドラインに従った返金しか承認する事はできません:

  • 申請が当社のチームによって審査されていない場合や、政府の承認を得るために提出されていな場合には、iVisaの処理費用と政府関連費用(ビザ費用)の全額が返金されます。
  • 当社のチームによる申請の審査は完了しているが、政府の承認を得るために提出されていない場合は、政府関連費用(ビザ費用)が全額返金されます。
  • 申請が政府の承認を得るために提出されている場合や、ビザが既に発行されている場合には、残念ながら返金はなされません。

また、当社のポリシーは以下のような状況にも適用されます:

  • 当社の側で申請に誤りがあった場合には、iVisaの処理費用の100%が返金され、無料で再びビザの処理が行われます。
  • 迅速処理もしくは超迅速処理の手数料を支払っているにも関わらず、当社が合意された時間以内に渡航書類を提供できなかった場合には、iVisaから迅速処理もしくは超迅速処理の手数料が返金されます。
  • iVisaが合意された時間内に渡航書類を提供できなかった事を理由にして渡航できなかった場合には、政府関連費用とiVisaの処理費用の全額が返金されます。
    • 上記の状況の例外としては、当該政府が遅延の原因である場合や、到着予定日が当社の超迅速処理よりも前の日付であるような場合です。そういった場合には、iVisaの処理費用が返金されます。

何らかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、お気軽に当社までご連絡ください。合理的な状況下では、当社は将来の注文で使用するためのクレジットとしてiVisaの処理費用を返金いたします。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。
いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。
残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。
もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。
当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。
当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。
Need Help?