今すぐカタールのETAビザをオンラインでゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ETA

2017年9月27日、カタール政府は電子渡航認証(ETA)を開始しました。この新たなシステムによって資格を持つ人々がオンラインで申請する事ができるようになりました。

有効期間 30 日 (到着後) 、もしくはパスポートの失効のいずれか早い方です。入力した情報はカタールの入国管理局に電子的に送信され、当社がカタールのETAをイーメールで送信いたします。

申請に必要な書類
  • カタールに到着した日から6ケ月以上有効な通常のパスポートのスキャン(個人情報のページ)。

  • パスポートの大きさの写真。

  • 航空機の予約。これは確認された予約でなければなりません。

  • 宿泊施設の証明ホテルに滞在する際は、ホテルの予約のコピーを提供する必要があります。カタール在住者の家に滞在する場合は、その居住者の招待状と、その人物のカタールにおける居住ビザ、カタールのID、およびパスポートの個人情報のページのコピーが必要になります。カタール国民の家に滞在する場合は、その人物の国民IDのコピーと詳細状を提供する必要があります。

  • 居住の証明例えば、在留カード、居住ビザ、公共料金請求書、小作契約、電話使用料請求書、クレジットカード/デビットカードの請求書、パスポートの公式の住所のページなどです。

  • 以下の国のいずれかのために保持された有効な観光ビザの証明:オーストラリア、カナダ、GCC、ニュージーランド、シェンゲン協定加盟国、アメリカ合衆国、もしくはイギリス。ビザはカタールへの入国日から少なくとも30日間有効でなければなりません

重要な指示
  • ETAの有効期間 30 日 (到着後)、もしくはパスポートの失効のいずれか早い方です。

  • カタールに到着した日から6ケ月以上有効な通常のパスポートが必要です。

  • 単名のパスポートは受け付けられません。申請者がカタールのビザを申請するには最低でも2つの名前がパスポートに記載されている必要があります。

  • カタールに渡航する際にはETAを印刷し携帯する必要があります。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • 申請者はカタールのETAに申請する前に航空券を購入する必要があります。この情報が申請時に必要になります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ETAとは、航空機でカタールに渡航する有資格国の国民に対する新たな入国要件です。この書類は到着後の30日間まで有効です。

申請を完了するには、全ての申請者は以下のもののハッキリしたカラーの電子的スキャンが必要です:

  • カタールに到着した日から6ケ月以上有効な通常のパスポートのスキャン(個人情報のページ)。

  • パスポートの大きさの写真

  • 航空機の予約

  • 宿泊施設の証明ホテルに滞在する場合は、ホテルの予約のコピーが必要です。カタール在住者の家に滞在する場合は、その居住者の招待状と、その人物のカタールにおける居住ビザ、カタールのID、およびパスポートの個人情報のページのコピーが必要になります。最後に、カタール国民の家に滞在する場合は:その人物の国民IDのコピーと招待状が必要です。

  • 居住の証明

  • 在留状態のために保持された有効なビザの証明

  • 以下の国のいずれかのために保持された有効な観光ビザの証明:オーストラリア、カナダ、GCC、ニュージーランド、シェンゲン協定加盟国、アメリカ合衆国、もしくはイギリス。

カタールのETAの費用はJPY 1,813.00.です。加えて、iVisaでは選択した処理時間に応じてサービス手数料をいただいております:

  • 標準処理-JPY 2,417.00: 10 営業日

  • 迅速処理-JPY 2,417.00: 7 営業日

  • 超迅速処理-JPY 2,417.00: 4 営業日.

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:10 営業日

  • 迅速処理: 7 営業日

  • 超迅速処理: 4 営業日

カタールのETAの有効期間は1回の訪問で 30 日 (到着後) です

有効な居住許可を持っている、もしくはオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シェンゲン協定加盟国、イギリス、アメリカ合衆国、もしくは湾岸協力会議加盟国のいずれかのビザを持っている全ての国の市民。ビザもしくは居住許可は少なくとも到着後の6ケ月有効でなければなりません。

アフガニスタン、アルバニア、アルジェリア、アンゴラ、南極、アルメニア、バングラデシュ、バルバトス、ベリーズ、ベニン、ブータン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブルキナファソ、ブルンジ、カンボジア、カメルーン、カーボベルデ、中央アフリカ共和国、チャド、コンゴ、コートジボワール、コンゴ民主共和国、ドミニカ、東チモール、エルサルバドル、赤道ギニア、エルトリア、エチオピア、フィジー、ガボン、ガンビア、ガーナ、グレナダ、グアテマラ、ギニア、ギニアビサウ、ハイチ、ホンジュラス、イラク、イラン、イスラエル、ジャマイカ、ケニア、キリバス、コソボ、クウェート、キルギスタン、ラオス、レソト、リベリア、マダガスカル、マラウィ、マリ、マーシャル諸島、モーリシャス、ミクロネシア、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル、ネパール、ニカラグア、ニジェール、ナイジェリア、オマーン、パラオ、パレスチナ、パプアニューギニア、フィリピン、ルワンダ、セントルシア、サモア、サントメプリンシペ、シエラレオネ、ソロモン諸島、ソマリア、南スーダン、スリランカ、セントクリストファーネイビス、セントビンセント・グレナディーン、スーダン、スワジランド、シリア、台湾、チュニジア、トルクメニスタン、ツバル、ウガンダ、ウズベキスタン、バヌアツ、ベトナム、西サハラ、ザンビア、ジンバブエ。

ですが、全ての国がオンラインで申請できるわけではありません。以下の国々は対応するカタールのビザセンターで対面でビザを申請するためにアポイントメントをとる必要があります。バングラデシュ、インド、パキスタン、スリランカ。

ビザは最長で30 エントリーあたりの日数前、最短の4 営業日に申請する事ができます。
渡航者は、カタールのETAを申請するには到着日から6ケ月以上の有効期限を持つ通常のパスポートを所持していなければなりません。
の最大の滞在日数は30 エントリーあたりの日数です。延長したい場合は、追加の30 エントリーあたりの日数をオンラインで申請する事ができます。訪問者が出国し、戻ってきたい場合は、カタールに戻る前に新しいETAを申請する必要があります。
カタールのETAがあれば渡航者はカタールへの到着ビザを取得できます。
カタールのETAで入国できるの 1回入国 だけです。
30 エントリーあたりの日数 を超えて滞在した訪問者は、超過した1日当たり200QAR(約54USD)を過料されます。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

カタールはペルシャ湾にある小さいながらも美しい半島の国です。この国では2022年にFIFAワールドカップが開催される事から、近年大きく注目を集めています。人気の観光地にとなり、ますます多くの人々が休暇を過ごしに訪れています。カタールは発展した国で、GDPの30%は石油からきています。世界でも最も安全な国の1つなので、訪れれば素晴らしい体験ができるでしょう。

様々な事をご紹介する前に、カタールへは主に航空機で渡航する事になる事を知っておきましょう。カタールのビザに関しては、まずは必要かどうかを確認しましょう。カタールのビザ方針は寛大で、82ヶ国の国民は到着から3ヵ月有効なパスポートを持っているだけで問題ありません。このビザ免除では、国籍に応じて90日もしくは30日の間滞在する事ができます。ですが、GCC(湾岸協力会議)の市民はパスポートすら必要ありません。国のIDの番号があれば十分です。

ビザが免除されていない場合には、ビザを申請する必要があります。ですが、オンラインで申請する事ができます。カタールは2017年から電子ビザシステムを導入しており、エジプトとイスラエルの市民以外なら誰でも利用する事ができます。このカタールの電子ビザがあれば30日まで滞在する事ができ、iVisaは15日でこのビザを取得するお手伝いをしています。

また、電子渡航認証はカナダや、オーストラリア、ニュージーランド、シェンゲン協定加盟国、アメリカ合衆国、イギリス、もしくはGCC加盟国の有効なビザ持っている場合や、その在留許可を持っている場合にも利用する事ができます。このETAがあればカタールに30日間滞在する事ができ、更に30日間延長する事もできます。このリクエストもオンラインでする事ができます。

ビザを別にしても、カタールでは素晴らしい休暇を過ごせるはずです。見られるものも、できる事も豊富にあります。第1に、首都ドーハにあるイスラム美術館に行く事をお勧めします。その美しさを堪能するためにイスラム教徒である必要はありません。ザ・パール島も訪問先の候補に入れておくべきでしょう。この場所は人工の島で、ドーハとは橋でつながっています。この島には高級なレストランや店舗が数多くあります。この場所で数日過ごすにはかなりの予算が必要な事は憶えておきましょう。

カタールを訪れる多くの人々はヴィラッジオモールに行く事を好みます。この場所はベネチア風建築のショッピングモールです。ご想像の通り、運河があり、そこをゴンドラで行き来出来ます。店舗にはカジュアルなものからハイエンドのものまで揃っています。

高級な体験を求めているなら、バナナ・アイランド・リゾートがピッタリです。この場所で数日過ごすには予約とかなりの予算が必要になる事は憶えておきましょう。この場所は限定の保養地で、水上の住宅や、スパ、特別室、レストランなどなどがあります。この場所には現地の人々が多いので、アルコールは期待できません。

最後に、カタラを見ずにカタールを後にする事は出来ません。この場所は文化村で、最高のアラブ系の食べ物を堪能できます。レストランは素晴らしく、砂浜もあり、多くの文化的なイベントが開催されています。帰国する前に1つ参加してみてもいいでしょう。

大きなショッピングモールでのショッピング以外の楽しい活動としては、多くの観光客は砂丘と格闘しに行っています。実際に戦うわけではありませんが、ランドクルーザーで砂丘を行くのは非常に楽しい活動です。カイトサーフィンやジェットスキーなどの多くのウォータースポーツもできます。

カタール国内を行き来するのは非常に簡単です。公共交通機関を利用する事できますが、タクシーやリムジンもあります。後者は少々高くつきますが、最も快適な交通手段だと考えられています。カタールではUberも利用でき、非常に役立ちます。ドライバーが到着する前にその人物の写真と身分証明の情報を見る事ができるので、非常に安心できます。

カタールの公用語はアラビア語ですが、多くの人々が英語を話せるので驚くかもしれません。結局、カタールはかつてはイギリスの保護国だったので、英語が第二言語になっているのです。加えて、カタールには多様な人々がいます。世界中から集まった労働者たちがいます。ですが、訪問の前にアラビア語のフレーズをいくつか憶えていけば非常に喜ばれるでしょう。これは敬意の印になるので、カタールでやり取りする人々が高く評価してくれるはずです。

食べ物と飲み物に関しては、選び放題です。欧米の食べ物だけでなくアラブ系の料理もあります。特にケバブやフムスは美味しいのでアラブ系の料理を試してみる事をお勧めします。アルコールが買えるのはドーハにある1つのお店だけで、更に特別なライセンスが必要になります。イスラム教徒は買う事は出来ても飲む事は出来ません。レストランやホテルの中には扱っているところもありますが、高額です。最後に、観光客としてアルコールを携帯する事はカタールでは違法です。それ以外では、このエキゾチックなジュースを試してみるべきです。素晴らしい味をしています。

紹介しておく価値があるもう1つの事としては、カタール人とベドウィン族のイスラム信仰を尊重する必要があるという事です。法的にはヒジャブなどを身に着ける必要はありませんが、控えめな服装をすべきです。肩と腰を覆い、短すぎる服装はしないようにしましょう。このルールは男性にも女性にも適用されます。

カタールの人々は非常に親切です。ゲストに歓迎されていると感じてほしいと思っているので、支払いを申し出る事が一般的です。カタールの人々からの贈り物や食事は受け入れる事をお勧めします。他意はありません。単純におもてなしをしたいだけなのです。ですが、現地の人々とやり取りする際には従うべきルールがいくつかあります。ホストに足の裏を見せてはならず、何をするにも左手で行ってはなりません。左手は不浄な手だと考えられているので、左手を使う事は失礼にあたります。左利きだったとしても、カタールでは右手を使うようにしましょう。これは敬意の証です。

安全性に関しては何も心配する必要はありません。カタールの犯罪率は非常に低くなっています。女性は服装が適切でなければ望まない関心を向けられるかもしれません。これは不快ですが危険ではありません。それ以外では、熱中症から自分を守りましょう。水分を十分に補給して、日焼け止めを塗るようにしましょう。肌を露出しないほうが日焼けをしなくて済みます。砂漠に行く場合は頭も覆うようにしましょう。

全体として、カタールは素晴らしい休暇の旅行先です。楽しい活動も豊富にありますし、高級なスパやリゾート地でリラックスしてもいいでしょう。高級ブランドが毎年のように50%オフセールをしているのでショッピングも非常に人気です。ヴァレンティノのドレスを半額で買えたら素晴らしいとは思いませんか?それ以外でも、人々は魅力的で親切です。そして素晴らしい時間が過ごせる事でしょう。