今すぐパプアニューギニアの観光電子ビザをオンラインでゲットしましょう!

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2019年、パプアニューギニア(PNG)の出入国および市民権管理局(ICA)が30を超える国々からの訪問者を対象とした電子ビザを導入しました。この観光電子ビザによって渡航者は観光目的で同国に入国し、60 (#)日(1回の入国あたり)まで滞在できるようになりました。

このパプアニューギニアの電子ビザ(PNG電子ビザ)の申請プロセスは非常にシンプルで100%オンラインです。いったん申請が提出され受理されれば、申請者には電子ビザが添付されたイーメールが送付されるので、到着時までにこれを印刷して入国管理官に提示する必要があります。そうです、それくらいシンプルなのです。

この電子ビザシステムは世界中のどこからでもビザに申請できるオンラインの手法です。このシステムの渡航者にとっての利点は、いつでもどこからでもインターネットを通じて素早く申請ができる事と、支払いを申請時にオンラインでできる事です。

申請に必要な書類
  • Passport Personal Details Scan

  • Complete Corona Virus Supplementary Heath Form

  • Corona Virus Medical Clearance Certificate

重要な指示
  • 渡航者のパスポートには到着した時点から少なくとも6ケ月間の有効期限と、スタンプを押すための1ページ以上の空白のページがなければなりません。

  • パプアニューギニアの電子ビザ(PNG電子ビザ)を利用すれば、申請者はパプアニューギニアに1回入国する事ができ、短期ビザの場合は30 (#)日(1回の入国あたり)まで滞在する事ができます。30 (#)日(1回の入国あたり)以上の滞在を望む申請者は、60 (#)日(1回の入国あたり)まで滞在できる長期ビザを申請する事ができます。

  • パプアニューギニアの電子ビザ(PNG電子ビザ)は、目的が観光である場合に申請する事ができます。

  • パプアニューギニアのビザを所持していても同国内への入国が自動的に許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物のパプアニューギニアでの存在が国益や安全保障に反する場合、通関手続地の入国管理官が侵入を拒否する可能があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

パプアニューギニアの電子ビザとは、渡航者がパプアニューギニアに入国し、同国内を行き来するために必要な公的書類です。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • Passport Personal Details Scan

  • Complete Corona Virus Supplementary Heath Form

  • Corona Virus Medical Clearance Certificate

パプアニューギニアの電子ビザの費用はJPY 5,500.93です。加えて、以下のようなサービス手数料がかかります:

  • 標準処理: JPY 3,850.65

  • 迅速処理: JPY 7,151.21

  • 超迅速処理: JPY 11,001.86

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:5 営業日

  • 迅速処理:3 営業日

  • 超迅速処理:1 営業日

パプアニューギニアの電子ビザは1回入国 ビザで、30 (#)日(1回の入国あたり) (短期ビザ)と60 (#)日(1回の入国あたり)(長期ビザ)の2つの有効期間の選択肢があります。この有効期間は発行時に電子ビザに明記されます。各国籍に対応する有効期間のリストに関しては当社のFAQセクションをご覧ください。

  • 30 (#)日(1回の入国あたり)滞在できる1回入国ビザ(短期ビザ): パプアニューギニアへの入国は、180日の有効期間内ならいつでも行う事ができますが、総滞在日数は30 (#)日(1回の入国あたり)を超える事は出来ません。

  • 60 (#)日(1回の入国あたり) 滞在できる1回入国ビザ(長期ビザ): パプアニューギニアへの入国は、180日の有効期間内ならいつでも行う事ができますが、総滞在日数は60 (#)日(1回の入国あたり)を超える事は出来ません。

渡航書類は電子ビザが失効してから少なくとも6ケ月間有効でなければなりません。また、パスポートには電子ビザを添付するための空白のページが1ページ以上なければなりません。
  • 1回入国あたり30日のみ

アンティグア・バーブーダ、オーストラリア、バハマ、バルバトス、ベリーズ、ボツワナ、 中国、 台湾、ドミニカ、グレナダ、ガイアナ、インド、ジャマイカ、ケニア、レソト、モーリシャス、ナミビア、ロシア連邦、ルワンダ、セイシェル、ソロモン、南アフリカ、セントクリストファー・ネービス、セントルシア、セントビンセントおびグレナディーン、ベトナムベトナム、ザンビア。

  • 1回入国あたり60日のみ:

アメリカ領サモア、アンドラ、アルゼンチン、オーストリア、ベルギー、ブラジル、ブルネイ・ダルサラーム、ブルガリア、カナダ、チリ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エクアドル、エストニア、フィジー、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、教皇聖座(バチカン市国) 、香港(SAR) 、ハンガリー、アイスランド、インドネシア、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、キリバス、韓国、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ(SAR) 、マレーシア、モルジブ、マルタ、マーシャル諸島、メキシコ、 ミクロネシア、モナコ、ナウル 、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パラオ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サモア、サンマリノ、シンガポール、スロバキア(スロバキア共和国) 、スロベニア、ソロモン諸島、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、トンガ、ツバル、イギリス(イギリス市民パスポート) 、アメリカ合衆国、ウルグアイ、バヌアツ。

パプアニューギニアの電子ビザで許可される入国回数は1回入国だけです。
渡航者はパプアニューギニアに出発する5 営業日前までにはビザを申請しなければなりません。
いいえ。パプアニューギニアの上陸許可を所持していても同国内への入国が自動的に許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物のパプアニューギニアでの存在が国益や安全保障に反する場合、通関手続地の入国管理官が侵入を拒否する可能があります。
パプアニューギニアに到着した際には、パスポートと共にパプアニューギニアの電子ビザを提示する必要がありますが、これは印刷したものであっても、スマートフォンで表示したものであっても構いません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

パプアニューギニアはオセアニアの島国です。この国は大人気の観光地ではないかもしれませんが、小さいながらも美しい国です。パプアニューギニアを訪れる上で一番良い時期は11月で、これは12月から3月までが非常にジメジメしているためです。ですが、パプアニューギニアでトレッキングをする事に興味があるなら、最適な時期は6月から9月です。十分な準備をせずにパプアニューギニアに旅行する事にならないように、いくつかの大切な情報をご覧ください。

まずは入国の要件についてご紹介します。パプアニューギニアのビザ方針には世界の多くの国々のようにビザ免除国は含まれていませんが、ビザ方針自体は非常に寛容です。第1に、71ヶ国が到着ビザを申請する事ができます。あなたがその対象国の国民である場合、必要なものはパプアニューギニアに入国する日から少なくとも6ケ月の有効期間があるパスポートだけです。この到着ビザを利用すればパプアニューギニアに最大で60日間滞在でき、追加の料金を支払う事でこの期間を延長する事もできます。このタイプのビザは以下の通関手続地でしか利用できません:ポート・モレスビーもしくはトクア(ラバウル)

同時に、パプアニューギニアの到着ビザを申請できる国の国民は、同国の電子ビザに申請する事もできます。この書類でも60日間滞在できます。更に25ヶ国の国民がこの電子ビザを利用する事ができますが、そういった国々の国民がパプアニューギニアに滞在できるのは60日ではなく30日までです。

パプアニューギニアの到着ビザもしくは電子ビザを取得できない国々の国民は、最寄りのパプアニューギニア大使館を訪問し、従来のビザに申請する必要があります。

パプアニューギニアでできる事に関しては様々な選択肢があります。ココダトレイルがある南ニューギニアがお勧めです。このトレイルはポート・モレスビーから約100㎞続いています。このトレイルは19世紀の終わりには金の採掘で利用されていただけでなく、第2次世界大戦時には日本軍がポート・モレスビーへの到達を試みていた場所でもあります。このトレイルに沿ってハイキングをしたいなら5日間分の準備が必要になりますが、尾根や小川にはそれだけの価値があります。素晴らしい景色に出会えるでしょう。

高地にも訪れる価値があります。こういった高地は山々からは切り離された広大で肥沃な土地からなっています。そこには多くの部族地域があり、興味をそそられるかもしれません。気が向いたらウィルヘルム山に登る事もできます。この山はパプアニューギニアで最も高い山です。その高さは4500mにもなりますが、登頂はそれほど困難ではありません。4日ほどかけて登頂すれば道中で十分に景色を楽しむ事ができるでしょう。お望みであればガイドを安価で雇う事ができます。パプアニューギニアの南北両方の海岸を見られる事には大きな価値があります。そして、ホワイトウォーターラフティングをする上ではワギ川が世界でも最高の場所の1つであるという事も見逃せません。エキサイティングでしょう?

北部海岸でも美しいものに出会えるでしょう。マダンでは技術レベルに関わらずスキューバダイビングを楽しむ事ができます。非常にカラフルな魚たちの住処である珊瑚礁を見る事ができます。更に冒険をしたいなら、第2次世界大戦に海岸に打ち捨てられてた日本軍の戦闘機の残骸を見る事もできます。近づいて見てみれば積み荷や兵器がしっかりと残っているのを目にする事ができます。自然にも魅力がつまっています。マダン地域では活火山の1つに沿ってトレッキングをする事ができます。

少々西に移動すればウェワクに行く事ができます。この町はセピック川地域に至る玄関口になっています。この地域には高原地域とは非常に異なったユニークな文化があります。この地域では長距離カヌーを楽しむ事ができます。

パプアニューギニアには更に3つの島々があります:これらはニューブリテン島と、ブーゲンビル島、そしてトロブリアンド諸島です。各々の島には独自の見どころがあるので時間があればチェックしてみましょう。

パプアニューギニアには多くの見どころがありますが、世界でも有数のサンゴ礁が見られる小さな島国である事は、いくら強調しても十分とは言えません。スキューバダイビングをするチャンスを逃してはいけません。スキューバダイビングをした経験が無くても、この海の素晴らしさを体験するためにトライしてみるべきです。

パプアニューギニアは多くの国々からリスクのある観光地とされており、それは幾分真実でもあります。失業率が高い事によって人々の間に食べ物をめぐる争いが発生しているので、渡航の際には十分に注意する事が推奨されます。すべき事の1つとしては、大使館にリスクについて問い合わせるという事があります。

パプアニューギニアの人々は、特に村々の人々は非常に親切で、温かく、フレンドリーです。手間をかけて色々な手助けをしてくれるでしょう。どこか特定の場所に行きたい場合でも、個人的な用事を延期してでも連れって言ってくれるはずです。頼む必要はありません。現地の人々はまるで家族のように接してくれます。

パプアニューギニアの水道水を安全に飲む事はできません。また、万一のためにマラリアのための薬も用意しておきましょう。多くの村では蚊の対策がなされていますが、用心に越した事はありません。

パプアニューギニアは観光地として大人気だというわけではありませんが、試してみる価値はあります。この国は小さいながらも豊富な見どころがあります。訪れて後悔する事は無いはずです。