今すぐオンラインでパキスタンビザ代行を申請しましょう

ビザが必要です。当社はこの書類の処理をお手伝いできます。

ビザのタイプ ビザのコスト 処理料金 入国の回数 処理時間
電子ビザ
ビザのコスト USD 60.00
Service Fee USD 40.00
入国の回数 1回
処理時間 10 日
今すぐ申請

申請方法: 電子ビザ

オンライン申請を記入してください
オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPayPalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

イーメールで書類を受け取る
イーメールで書類を受け取る

大使館に対処する必要はありません。当社があなたのためにこれを致しますので、貴重な時間を無駄にすることはありません。

目的地を入力してください
目的地を入力してください

パスポートと当社が提供する書類を目的地国に入国する際にご提示ください

今すぐ申請

詳細: 電子ビザ

最近、パキスタン内務省が175か国の市民のために観光電子ビザを導入しました。この1回入国用観光電子ビザの有効期間は3ケ月で、このビザによって渡航者は観光目的でパキスタンに入国し、最初の申請で最大で30日間まで滞在する事ができます。パキスタンの観光電子ビザの申請プロセスは非常にシンプルで、100%オンラインです。いったん申請が提出され受理されれば、申請者は到着時に入国管理官に提示する必要がある入国許可証が交付されます。それくらいシンプルです。

この電子ビザのシステムを使えば世界中のどこからでもオンラインでビザの申請ができます。このシステムの渡航者にとっての利点は、インターネットを通じていつでもどこからでもすぐにビザが申請できる事と、申請時にオンラインで支払いができる事です。

当社のビザ計算ツールをご利用ください

申請前のビザ費用の計算

お客様の声

利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

パキスタンの観光電子ビザとは、渡航者がパキスタンに入国し、同国内を観光目的で行き来する事を可能にする公的な書類です。

申請時には以下のものが必要になります:

  • 有効なパスポートのスキャン
  • 宿泊地の証明もしくはホストからの招待状
  • 直近3ケ月に撮影されたパスポートのデジタル写真
  • 旅程表
  • 法廷住所の証明(市民権を持つ国以外に居住している場合)
  • クレジット/デビットカードもしくはPayPalのアカウント
  • 帰国用航空券のコピー

パキスタンの観光電子ビザのコストは申請者の国籍によって異なります。この費用は8.00USDから60.00USDの間です。あなたのビザの費用を調べる上で当社のビザ計算ツールをご利用いただけます。 ご希望の処理時間に応じて追加のサービス料金が発生します:

  • 標準処理:USD 40.00

  • 迅速処理:USD 60.00

  • 超迅速処理:USD 80.00

選択した処理時間によります。当社では3つのオプションを用意しています:

  • 標準処理:15 日
  • 迅速処理:13 日
  • 超迅速処理:10 日

この電子ビザはビザを取得した日から3ケ月間有効です。ですが、ビザで滞在できる期間は、この有効期間の間にパキスタンに入国してから30日間です。

あなたの渡航書類は電子ビザが失効してから6ケ月以上有効でなければなりません。また、パスポートには1ページ以上の空白のページが必要です。

このパキスタンの観光電子ビザでは、有効期限内に1回入国する事ができ、30日間滞在する事ができます。

渡航者はパキスタンへの渡航の少なくとも10日前にはこのビザを申請する必要があります。

いいえ。 パキスタンの観光電子ビザを所持していても自動的に同国に入国できるわけではありません。入国に関する要件を満たしていないと考えられる場合や、パキスタンの国益や安全に反すると見做される場合には、いかなる人物であっても通関手続地で入国管理官によって入国が拒否される可能性があります。

パキスタンに到着した際には、パスポートと印刷したパキスタンの観光電子ビザを提示する必要があります。

パキスタンは南アジアの大きな国で、この地域と同じくらいの歴史があります。先ず知っておくべき事は、多くの国の政府がパキスタンへの渡航をしないように警告していますが、紛争地域を避け、敬意を示す事を忘れなければ素晴らしい旅ができるはずだという事です。同時に、パキスタンに行く前に自分でリサーチをしておく事も非常に重要です。あなたの旅を最高のものにしてくれる情報もあるでしょう。この記事ではパキスタンへの旅行の計画をし始める前に役立ついくつかの情報をご紹介します。

まずはパキスタンへ入国するための要件について話しをしましょう。パキスタンのビザ方針には国籍に応じて必要となる複数の書類(到着ビザ、ETAなど)が含まれ、渡航者にとって一番重要な事は、パキスタンへ入国するためのビザを取得しなけ得ればならない全ての国の人々がオンラインで申請できるという事です。もちろんいくつかの例外もありますが、標準的なビザが必要な場合は、最寄りのパキスタン大使館に行って取得する必要があります。そういった国は15ヶ国あります。

パキスタンの電子ビザは30日まで滞在する事ができる1回入国用のビザです。延長する事は出来ますが、その期間は国籍によって異なります。この電子ビザは特定の通関手続地でしか有効ではありません。

同時に、イスラエルのパスポートを所持している場合はパキスタンへの入国が許可されない事も知っておく必要があります。外交用パスポートの所持者しか入国できません。渡航者のパスポートにイスラエルのスタンプが含まれている場合には、入国する事は出来ますが、パキスタンの入国管理官によって通常よりも厳しい質問をされると思っておいてください。

パキスタンの公用語はウルドゥー語ですが、英語しかできなかったとしても十分にやり取りできるでしょう。実際、英語は政府と教育機関で使用されているので、殆どの人が英語を話す事ができます。だとしても、ウルドゥー語のフレーズをいくつか憶えていけば役立つはずです。敬意を示す事にもなります。

観光地に関しては、パキスタンは非常に過小評価されている国だと言えるでしょう。知っておくべき事は、パキスタンが全ての地理的特徴を備えた非常に稀な国だという事です。この国には海があり、山々にも乾燥したものから、緑の生い茂ったもの、雪の積もったものまであり、滝や、河、森林などもあります。また、パキスタンは世界で2番目に高い8611メートルを誇るK2があります。ですが、パキスタンの気候は楽しむ事ができないかもしれません。大抵は暑くて乾燥していますが、それもどこに行くかに依ります。防寒具や雪靴が必要になっても驚かないでください。

パキスタンで最も気に入るだろう事の1つは、自然の素晴らしさです。1例としては、カラチの素晴らしさがあります。この都市はかつてはパキスタンの首都でした。アラビア海の沿岸に位置するこの都市はパキスタン最大の都市です。ここにはジンナー廟があり、これはパキスタンの創設者の霊廟です。この建築物は全てが大理石でできており、そのアフリカ様式のアーチ構造は壮大です。また、国立博物館や、アラジン・アミューズメント&ウォーター公園、ヒル公演など多くの観光地もあります。

イスラマバードのファイサル・モスクにも訪れる価値があります。この建築物は88メートルの4つのミナレットと砂漠のテントのような構造を持った大きな建物です。この建築物は主に祈祷のための場所なので、10万人の人々を収容できるほど巨大な建物になっています。中に入る事は出来ませんが、外観だけでも十分に価値があります。

パキスタンに行って冒険がしたいなら、その山々を見逃す事は出来ません。パキスタンにはカシミール地方に世界最高峰の山々があります。バルトロ氷河とバツーラ氷河は極地域にある最大の氷河です。

ヒンドゥークシュ山脈に属するチトラルにも見る価値があります。この地域は未開ですが美しい地域です。この地域にはカラシュ人が住んでいて、彼らはカーフィリスタン地域で最後の非イスラム系民族です。この地域で気に入るだろう事としては、温泉と鱒が沢山いる川です。

パキスタンには多くの素晴らしい場所があり、トレッキングやハイキングでも世界で有名である事も知っておくべきでしょう。乗馬をしたり自転車を借りたりもできます。市場とバザーは素晴らしい商品を最高の値段で手に入れようとしている観光客でごった返しています。また、パキスタンでは団体ツアーやヘリコプターでのツアーに参加する事もできます。雪に覆われた砂漠の上を飛ぶ事と比べられる経験は多くはないでしょう。

パキスタンでは食べ物もおいしいです。殆どの食事にはケバブが付いていて、これにはちょっと辛いものから本当に辛いものまであります。それは訪れた地域によって異なります。水道水の水は飲まない事をお勧めします。氷も水道水から作られているので、氷も避けたほうが良いでしょう。水道水から結核に感染する事が知られています。

安全性に関しては非常に気を付ける必要があります。パキスタンは長年、テロリストの攻撃のターゲットでしたが、状況は好転してきているようです。だとしても、軍用車列は自爆テロの標的になる事が多いので、そういった場所には近づかないべきです。道路には英語で外国人侵入不可と表示されているものもあるので、支持に従いましょう。最後に、あらゆる社会的講義や政治的デモには近づかないようにしましょう。

パキスタンの人々はゲストに対しては非常に親切ですが、知っておくべき事がいくつかあります。室内に入って出されたお茶やお菓子を拒否することは失礼にあたります。食べ物を出されたときは、どれくらい残すかについても注意する必要があります。全て食べてしまうと御代わりが欲しいという事になってしまいますが、残し過ぎてしまうと気に入らなかったと受け取られてしまいます。その間で最適なバランスをとるようにしましょう。女性はよほど親しくない限り他人には触れる事は無く、中には一切のやり取りをしない女性もいるでしょう。これを個人的に受け取ってはいけません。これはパキスタンの文化の一部です。

政治に事は話さないで置いたほうが良いでしょう。特にイスラエルやインドとの関係について話すのは避けましょう。パキスタンの人々は非常に誇り高い人々なので、こういった話題は熱を帯びたり、暴力ざたになったりする可能性があります。

パキスタンは訪れるには少々危うい国かもしれませんが、その文化に敬意を示し、紛争地帯を避けていれば、素晴らしい時間を過ごせるはずです。景色は壮大ですし、自然も素晴らしいショーを見せてくれます。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

もしビザの申請が政府機関によって承認されなかった場合、当社の承認保証に従って全額を返金致します。もし何がしかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、チャットでご連絡いただければ、サービス手数料を返金致します。申請時にミスがあった場合には、追加の費用を頂くことなく再度当社が処理をいたします。返金はご使用になったものと同一のクレジットカードへなされる事にご注意ください。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

もしビザがまだ処理のために提出されていないなら、全額返金を受ける事ができます。しかしながら、もし申請が提出された後ならば、当社は返金に応じる事はできません。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?