今すぐナイジェリアのビジネス電子到着ビザをオンライでゲットしましょう!

 
   
 
 
 
     
 

詳細: Business eVisa on Arrival

このビジネス電子到着ビザは全てのビジネス渡航者のためにナイジェリア入管サービス(NIS)によって導入された新しい申請プロセスです。このイニシアティブによってビジネス渡航者がナイジェリアに渡航する前に到着ビザの承認状をオンラインで申請できるようになりました。この書類を利用すると、渡航者は到着した通関手続地で入国ビザを取得する手続きを進める事ができます。通関手続地に到着した際には、生体認証情報の記録とビザの発行のために「到着ビザ」と表示されている窓口に進んでください。それくらいシンプルなのです!
申請に必要な書類
  • ホスト企業からの企業行動委任証書

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • 招待状

  • カバーレター

  • 航空会社の確認

  • 申請者の写真

重要な指示
  • このナイジェリアのビジネス電子到着ビザを利用すると、1回入国する事ができ、最大で30 エントリーあたりの日数滞在する事ができます。

  • あなたのパスポートは到着日から6ケ月以上有効でなければなりません。

  • 到着の際に、パスポートと共にビジネス電子到着ビザの承認状と、有効な帰国用のチケット、および支払いの領収書(承認状と共にイーメールで送信)を提示する事を求められます。

  • ナイジェリアのビジネス電子到着ビザは雇用や居住を目的としたものではありません

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ナイジェリアのビジネス電子到着ビザとは、同国に入国した際に通関手続地でビザを取得できるプログラムの事です。当社が実際のビザを発行しているわけではなく、入国の際のビザの取得に必要とされる到着ビザの承認状を発行しているだけだという事にご注意ください。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • ホスト企業からの企業行動委任証書

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • 招待状

  • カバーレター

  • 航空会社の確認

  • 申請者の写真

ナイジェリアのビジネス電子到着ビザは申請者の国籍に応じて費用が異なります。加えて、以下のようなサービス手数料がかかります:

  • 標準処理: JPY 5,986.00

  • 迅速処理: JPY 8,979.00

  • 超迅速処理: JPY 11,972.00

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理: 6 日

  • 迅速処理: 4 日

  • 超迅速処理: 2 日

この到着ビザの承認状は発効後14日以内の使用で有効です。この承認状を利用すると、到着の際に入国ビザを取得できます。この入国ビザの最大有効期間は 30 エントリーあたりの日数です。
ナイジェリアのビザを申請するには、あなたのパスポートは6ケ月以上の有効期間がなければなりません。
以下の国が申請する事ができます:
  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アンドラ
  • アンゴラ
  • アンティグア・バーブーダ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バーレーン
  • バングラデシュ
  • バルバトス
  • ベラルーシ
  • ベルギー
  • ベリーズ
  • ブータン
  • ボリビア
  • ボスニアヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブラジル
  • ブルネイ
  • ブルガリア
  • ブルンジ
  • カンボジア
  • カナダ
  • 中央アフリカ共和国
  • チリ
  • 中国
  • コロンビア
  • コモロ
  • コンゴ
  • コスタリカ
  • クロアチア
  • キューバ
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • コンゴ民主共和国
  • デンマーク
  • ジブチ
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • 赤道ギニア
  • エリトリア
  • エストニア
  • エストニア
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • ガボン
  • ジョージア
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • グレナダ
  • グアテマラ
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ホンジュラス
  • 香港特別自治区、中国
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • キリバス
  • コソボ
  • クウェート
  • キルギスタン
  • ラオス
  • ラトビア
  • レバノン
  • レソト
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マケドニア
  • マダガスカル
  • マラウィ
  • マレーシア
  • モルジブ
  • マルタ
  • マーシャル諸島
  • モーリタニア
  • モーリシャス
  • メキシコ
  • ミクロネシア
  • モルドバ
  • モナコ
  • モンゴル
  • モロッコ
  • モザンビーク
  • ミャンマー
  • ナミビア
  • ナウル
  • ネパール
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ニカラグア
  • ノルウェー
  • オマーン
  • パキスタン
  • パラオ
  • パナマ
  • パプアニューギニア
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • カタール
  • ルーマニア
  • ロシア
  • ルワンダ
  • セントクリストファー・ネービス
  • セントルシア
  • セントビンセントおよびグレナディーン
  • サモア
  • サンマリノ
  • サントメ・プリンシペ
  • サウジアラビア
  • セルビア
  • セイシェル
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソロモン諸島
  • ソマリア
  • 南アフリカ
  • 韓国
  • スペイン
  • スリランカ
  • スーダン
  • スリナム
  • スワジランド
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • タイ
  • 東ティモール
  • トンガ
  • トリニダードトバゴ
  • チュニジア
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • ツバル
  • ウガンダ
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • イギリス
  • アメリカ合衆国
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • バチカン
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • 西サハラ
  • ザンビア
  • ジンバブエ
ナイジェリアは到着予定日から14日以内に申請する事を求めています。ですが、当社をご利用いただければ自動的に適切な時期まで待機させますので、いつでも申請していただけます。

全ての申請者が提示すべきもの:

  • 承認状(当社が提供)

  • 支払いの証明(当社が提供)

  • パスポート

  • 帰国用チケット

  • ナイジェリアでの宿泊施設の証明

いいえ。ナイジェリアの電子ビザを所持していたとしても自動的に入国が許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物の存在がナイジェリアの国益や安全保障に反する場合、入管および市民サービス部門が入国を拒否する可能性があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が推奨されます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

ナイジェリアは西アフリカの赤道付近にある大きな国です。この国はアフリカで最も人口が多い国で、世界でも7番目に位置しています。アフリカで最も石油の産出量が多い国として、ナイジェリアは同大陸で最も強力な経済を持っています。ですが、不安定さのためにナイジェリアへの旅には難しい部分があるかもしれません。事実、多くの政府はナイジェリアに渡航しない事を強く推奨しています。この推奨に従わない場合には、安全な旅ができるように十分に注意をする必要があります。当社では、ナイジェリア人のガイドを雇ったり、現地に友人がいる場合はそういった人物を同行させたりする事をお勧めします。

同時に、観光客はナイジェリア北部には行くべきではありません。この地域はボコハラムと呼ばれるテロリスト集団の活動地域として知られています。この地域はどんな理由があっても避けるべきです。大きな都市にとどまるようにしましょう。

どういった事が予想されるか把握しておくために、まずはナイジェリアの入国要件から始めましょう。ビザを持たずにナイジェリアに入国および滞在ができる国が17ヶ国ありますが、その他の国々は事前にビザが必要になります。ですから、ビザ免除国の市民でない限り、最寄りのナイジェリア在外公館を訪問し、標準的なビザを申請する必要があります。

同時に、アブジャにある入国監査本部から発行されたナイジェリアの電子ビザの承認状を持っている人物は、ビザ申請フォームと支払いの領収書を所持していれば到着ビザを取得する事ができます。入管の責任を負うナイジェリア企業から発行された招待状も必要になります。

ナイジェリアでは500以上の言語が話されていますが、公用語は英語なので英語が話せれば何の問題もないでしょう。ですが、ハウサ語や、イボ語、またはヨルバ語などのフレーズをいくつか憶えていく事をお勧めします。これらの言語はアフリカで最も一般的に使用されている言語です。憶えていく必要はありませんが、憶えていけばナイジェリアの人々に敬意を表する事ができます。

残念ながら、ナイジェリアでは観光はまだそれほど発展していないので、一般的な観光地は多くありません。ですが、いくつかの魅力的な場所があります。その1つがナイジェリアの首都であるアブジャです。この都市は何もない所から建設されましたが、都市の景観には古い建築物も組み込まれています。

アフリカで2番目に人口が多い都市がラゴスで、この都市は巨大な商業の中心地です。この都市では多くのものを目にする事ができます。砂浜に行ったり、ギネスビールが飲めるバーでくつろいだり、現地の人々と大いに楽しんだりできます。ラゴス郊外にあるレッキも気に入るかもしれません。レッキの魅力は、その森林保護区にあります。ここはフェンスで囲まれた熱帯雨林の小さな区画です。この都市の周辺には木製の小道があります。ここは1日か2日過ごすには最適な場所です。また、レッキには美しい砂浜がいくつかあります。

高原を訪れたいならジョスに行ってみましょう。ここでなら好きなだけハイキングをする事ができますが、ガイドを雇う事をお勧めします。エヌグでは美しいハイキングスポットがあるだけでなく、いくつかの伝統的なイベントも催されています。例えば、新ヤム祭りやアティリオグイの踊りを見る事ができるかもしれません。

カラバルは港と奴隷に関するモニュメントで知られおり、ティナパも同様です。お望みであれば、こういった地域に表敬訪問してみてもいいかもしれません。強烈な体験になるはずです。カラバルから数時間かければオブドゥという小さな町に行く事ができます。この町はカメルーンとの国境に近い場所にあります。ここですべき事は、カラバルで運転手付きの車をレンタルして、ティナパ経由でオブドゥに連れて行ってほしいと頼む事です。何日間もリラックスできる素敵なリゾート地がある素晴らしい山並みを見る事ができます。森林を散歩したり、ハイキングに行ったり、一日中プールでくつろいだりできます。その上、ナイジェリアにはオーストラリア人が作った世界最長のケーブルカーもあります。これもオブドゥにあります。ポイントは、いくつかの選択肢があるという事です。

ナイジェリアの料理は多様性に富んでいます。多くの伝統的な料理を試す事ができるだけでなく、大都市では西洋の料理も食べる事ができます。ですが、伝統的な料理をいくつか試してみるべきです。恐らく気に入るでしょう。まずはアファングスープとオクラスープを試してみましょう。多くの料理にはプランテンや、胡椒、磨り潰したヤムイモ、そして聞いた事も無いような材料がいくつか使われています。避けておいた方が良い料理は404ペッパースープです。404とは犬の肉という意味で、この料理は野蛮だと考えられているので西ナイジェリアでは食べる事ができません。また、ナイジェリアにおける胡椒は西洋で用いられているものと同じではありません。この胡椒は非常にスパイシーです。恐らくスペインの唐辛子よりもスパイシーかもしれません。

健康面では細心の注意を払う必要があります。常に水道水ではなくSwan社のペットボトル入りの水を飲むようにしましょう。Swan社製の水が見つからない場合はEVA社のものを利用しましょう。こうしておくのが一番安全です。ナイジェリアに出発する前には黄熱病の予防接種を受けておく必要があります。可能であれば出発の10日前には受けておきましょう。また、ナイジェリアではマラリアも一般的なので、薬と蚊用のネットを必ず持って行きましょう。念のために虫よけスプレーも持って行きましょう。ナイジェリアではポリオも散発しており、多くが北部で発生しているので、そういった地域には近づかないほうが良いでしょう。

ナイジェリアが安全な旅行先だとは考えられていないという事をもう一度述べておきます。アブジャは多くの政治家が住んでいるので比較的安全ですが、ラゴスでは犯罪率が非常に高くなっています。この三角地帯は観光客にとっては間違いなく安全な地域ではありません。この地域で誘拐された石油採掘業者もいます。ナイジェリアの東西の地域は訪れる上で最高の地域ですが、そいった地域であっても安全を確保するには常識以上に注意を払う必要があります。

最後に、ナイジェリアの人々に敬意を持って接しましょう。左手で物を渡す事は侮辱だと考えられているので決してしないようにしましょう。伸ばした誰かの足を跨ぐ事は不吉だと見做されおり、年上の人に呼びかける時にも注意が必要です。

ナイジェリアは人気の旅行先ではないかもしれませんが、新しい文化に触れる事で常に何かを学ぶ事ができます。いくつかの基本的なルールに従っている限りナイジェリアでも素晴らしい体験ができるはずです。