今すぐナイジェリアのビジネス電子到着ビザをオンライでゲットしましょう!

Coronavirus update

COVID-19に関するアップデート

政府による制約があるため、以下の日時以降しか申請を受け付けておりません: 6月 30 2020. 当社のサービスを利用すれば事前に申請をする事ができます.

申請方法: Business eVisa on Arrival

オンライン申請を記入してください

クレジットカードまたはPaypalで当社の簡単な申請費用の支払いを済ませてください

オンライン申請を記入してください
イーメールで到着ビザの確認を受け取る

大使館で作業する必要も、目的地の空港で貴重な時間を無駄にする必要もありません。

イーメールで到着ビザの確認を受け取る
目的地を入力してください

目的地の空港でパスポートと当社が提供する書類を提示してください。ビザを受け取り、入国してください。

目的地を入力してください
今すぐ申請

詳細: Business eVisa on Arrival

このビジネス電子到着ビザは全てのビジネス渡航者のためにナイジェリア入管サービス(NIS)によって導入された新しい申請プロセスです。このイニシアティブによってビジネス渡航者がナイジェリアに渡航する前に到着ビザの承認状をオンラインで申請できるようになりました。この書類を利用すると、渡航者は到着した通関手続地で入国ビザを取得する手続きを進める事ができます。通関手続地に到着した際には、生体認証情報の記録とビザの発行のために「到着ビザ」と表示されている窓口に進んでください。それくらいシンプルなのです!

お客様の声
Our customer have great stories about us

よくある質問

ナイジェリアのビジネス電子到着ビザとは、同国に入国した際に通関手続地でビザを取得できるプログラムの事です。当社が実際のビザを発行しているわけではなく、入国の際のビザの取得に必要とされる到着ビザの承認状を発行しているだけだという事にご注意ください。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • Passport Personal Details Scan

  • Cover Letter

  • Invitation Letter

  • Corporate Affairs Commission Certificate from Host Company

  • Airline Confirmation

  • Applicant Photo

ナイジェリアのビジネス電子到着ビザは申請者の国籍に応じて費用が異なります。加えて、以下のようなサービス手数料がかかります:

  • 標準処理: USD 50.00

  • 迅速処理: USD 75.00

  • 超迅速処理: USD 100.00

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理: 6 営業日

  • 迅速処理: 4 営業日

  • 超迅速処理: 2 営業日

この到着ビザの承認状は発効後14日以内の使用で有効です。この承認状を利用すると、到着の際に入国ビザを取得できます。この入国ビザの最大有効期間は 30 days Per Entryです。

ナイジェリアのビザを申請するには、あなたのパスポートは6ケ月以上の有効期間がなければなりません。

以下の国が申請する事ができます:

  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アンドラ
  • アンゴラ
  • アンティグア・バーブーダ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バーレーン
  • バングラデシュ
  • バルバトス
  • ベラルーシ
  • ベルギー
  • ベリーズ
  • ブータン
  • ボリビア
  • ボスニアヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブラジル
  • ブルネイ
  • ブルガリア
  • ブルンジ
  • カンボジア
  • カナダ
  • 中央アフリカ共和国
  • チリ
  • 中国
  • コロンビア
  • コモロ
  • コンゴ
  • コスタリカ
  • クロアチア
  • キューバ
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • コンゴ民主共和国
  • デンマーク
  • ジブチ
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • 赤道ギニア
  • エリトリア
  • エストニア
  • エストニア
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • ガボン
  • ジョージア
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • グレナダ
  • グアテマラ
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ホンジュラス
  • 香港特別自治区、中国
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • キリバス
  • コソボ
  • クウェート
  • キルギスタン
  • ラオス
  • ラトビア
  • レバノン
  • レソト
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マケドニア
  • マダガスカル
  • マラウィ
  • マレーシア
  • モルジブ
  • マルタ
  • マーシャル諸島
  • モーリタニア
  • モーリシャス
  • メキシコ
  • ミクロネシア
  • モルドバ
  • モナコ
  • モンゴル
  • モロッコ
  • モザンビーク
  • ミャンマー
  • ナミビア
  • ナウル
  • ネパール
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ニカラグア
  • ノルウェー
  • オマーン
  • パキスタン
  • パラオ
  • パナマ
  • パプアニューギニア
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • カタール
  • ルーマニア
  • ロシア
  • ルワンダ
  • セントクリストファー・ネービス
  • セントルシア
  • セントビンセントおよびグレナディーン
  • サモア
  • サンマリノ
  • サントメ・プリンシペ
  • サウジアラビア
  • セルビア
  • セイシェル
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソロモン諸島
  • ソマリア
  • 南アフリカ
  • 韓国
  • スペイン
  • スリランカ
  • スーダン
  • スリナム
  • スワジランド
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • タイ
  • 東ティモール
  • トンガ
  • トリニダードトバゴ
  • チュニジア
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • ツバル
  • ウガンダ
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • イギリス
  • アメリカ合衆国
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • バチカン
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • 西サハラ
  • ザンビア
  • ジンバブエ

ナイジェリアは到着予定日から14日以内に申請する事を求めています。ですが、当社をご利用いただければ自動的に適切な時期まで待機させますので、いつでも申請していただけます。

全ての申請者が提示すべきもの:

  • 承認状(当社が提供)

  • 支払いの証明(当社が提供)

  • パスポート

  • 帰国用チケット

  • ナイジェリアでの宿泊施設の証明

いいえ。ナイジェリアの電子ビザを所持していたとしても自動的に入国が許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物の存在がナイジェリアの国益や安全保障に反する場合、入管および市民サービス部門が入国を拒否する可能性があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が推奨されます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

ナイジェリアは西アフリカの赤道付近にある大きな国です。この国はアフリカで最も人口が多い国で、世界でも7番目に位置しています。アフリカで最も石油の産出量が多い国として、ナイジェリアは同大陸で最も強力な経済を持っています。ですが、不安定さのためにナイジェリアへの旅には難しい部分があるかもしれません。事実、多くの政府はナイジェリアに渡航しない事を強く推奨しています。この推奨に従わない場合には、安全な旅ができるように十分に注意をする必要があります。当社では、ナイジェリア人のガイドを雇ったり、現地に友人がいる場合はそういった人物を同行させたりする事をお勧めします。

同時に、観光客はナイジェリア北部には行くべきではありません。この地域はボコハラムと呼ばれるテロリスト集団の活動地域として知られています。この地域はどんな理由があっても避けるべきです。大きな都市にとどまるようにしましょう。

どういった事が予想されるか把握しておくために、まずはナイジェリアの入国要件から始めましょう。ビザを持たずにナイジェリアに入国および滞在ができる国が17ヶ国ありますが、その他の国々は事前にビザが必要になります。ですから、ビザ免除国の市民でない限り、最寄りのナイジェリア在外公館を訪問し、標準的なビザを申請する必要があります。

同時に、アブジャにある入国監査本部から発行されたナイジェリアの電子ビザの承認状を持っている人物は、ビザ申請フォームと支払いの領収書を所持していれば到着ビザを取得する事ができます。入管の責任を負うナイジェリア企業から発行された招待状も必要になります。

ナイジェリアでは500以上の言語が話されていますが、公用語は英語なので英語が話せれば何の問題もないでしょう。ですが、ハウサ語や、イボ語、またはヨルバ語などのフレーズをいくつか憶えていく事をお勧めします。これらの言語はアフリカで最も一般的に使用されている言語です。憶えていく必要はありませんが、憶えていけばナイジェリアの人々に敬意を表する事ができます。

残念ながら、ナイジェリアでは観光はまだそれほど発展していないので、一般的な観光地は多くありません。ですが、いくつかの魅力的な場所があります。その1つがナイジェリアの首都であるアブジャです。この都市は何もない所から建設されましたが、都市の景観には古い建築物も組み込まれています。

アフリカで2番目に人口が多い都市がラゴスで、この都市は巨大な商業の中心地です。この都市では多くのものを目にする事ができます。砂浜に行ったり、ギネスビールが飲めるバーでくつろいだり、現地の人々と大いに楽しんだりできます。ラゴス郊外にあるレッキも気に入るかもしれません。レッキの魅力は、その森林保護区にあります。ここはフェンスで囲まれた熱帯雨林の小さな区画です。この都市の周辺には木製の小道があります。ここは1日か2日過ごすには最適な場所です。また、レッキには美しい砂浜がいくつかあります。

高原を訪れたいならジョスに行ってみましょう。ここでなら好きなだけハイキングをする事ができますが、ガイドを雇う事をお勧めします。エヌグでは美しいハイキングスポットがあるだけでなく、いくつかの伝統的なイベントも催されています。例えば、新ヤム祭りやアティリオグイの踊りを見る事ができるかもしれません。

カラバルは港と奴隷に関するモニュメントで知られおり、ティナパも同様です。お望みであれば、こういった地域に表敬訪問してみてもいいかもしれません。強烈な体験になるはずです。カラバルから数時間かければオブドゥという小さな町に行く事ができます。この町はカメルーンとの国境に近い場所にあります。ここですべき事は、カラバルで運転手付きの車をレンタルして、ティナパ経由でオブドゥに連れて行ってほしいと頼む事です。何日間もリラックスできる素敵なリゾート地がある素晴らしい山並みを見る事ができます。森林を散歩したり、ハイキングに行ったり、一日中プールでくつろいだりできます。その上、ナイジェリアにはオーストラリア人が作った世界最長のケーブルカーもあります。これもオブドゥにあります。ポイントは、いくつかの選択肢があるという事です。

ナイジェリアの料理は多様性に富んでいます。多くの伝統的な料理を試す事ができるだけでなく、大都市では西洋の料理も食べる事ができます。ですが、伝統的な料理をいくつか試してみるべきです。恐らく気に入るでしょう。まずはアファングスープとオクラスープを試してみましょう。多くの料理にはプランテンや、胡椒、磨り潰したヤムイモ、そして聞いた事も無いような材料がいくつか使われています。避けておいた方が良い料理は404ペッパースープです。404とは犬の肉という意味で、この料理は野蛮だと考えられているので西ナイジェリアでは食べる事ができません。また、ナイジェリアにおける胡椒は西洋で用いられているものと同じではありません。この胡椒は非常にスパイシーです。恐らくスペインの唐辛子よりもスパイシーかもしれません。

健康面では細心の注意を払う必要があります。常に水道水ではなくSwan社のペットボトル入りの水を飲むようにしましょう。Swan社製の水が見つからない場合はEVA社のものを利用しましょう。こうしておくのが一番安全です。ナイジェリアに出発する前には黄熱病の予防接種を受けておく必要があります。可能であれば出発の10日前には受けておきましょう。また、ナイジェリアではマラリアも一般的なので、薬と蚊用のネットを必ず持って行きましょう。念のために虫よけスプレーも持って行きましょう。ナイジェリアではポリオも散発しており、多くが北部で発生しているので、そういった地域には近づかないほうが良いでしょう。

ナイジェリアが安全な旅行先だとは考えられていないという事をもう一度述べておきます。アブジャは多くの政治家が住んでいるので比較的安全ですが、ラゴスでは犯罪率が非常に高くなっています。この三角地帯は観光客にとっては間違いなく安全な地域ではありません。この地域で誘拐された石油採掘業者もいます。ナイジェリアの東西の地域は訪れる上で最高の地域ですが、そいった地域であっても安全を確保するには常識以上に注意を払う必要があります。

最後に、ナイジェリアの人々に敬意を持って接しましょう。左手で物を渡す事は侮辱だと考えられているので決してしないようにしましょう。伸ばした誰かの足を跨ぐ事は不吉だと見做されおり、年上の人に呼びかける時にも注意が必要です。

ナイジェリアは人気の旅行先ではないかもしれませんが、新しい文化に触れる事で常に何かを学ぶ事ができます。いくつかの基本的なルールに従っている限りナイジェリアでも素晴らしい体験ができるはずです。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。

当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!

この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。

ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。

この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。

当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。

iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。

  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。

ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。

既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。

これは稀なシナリオです。しかしながら、申請が拒否された場合には、当社の100%承認保証に従って政府関連費用と処理費用の全額を返金いたします。この返金は将来の注文で使用するためのクレジットとして提供されます。 更にサポートが必要な場合には、お気軽に当社までご連絡ください。当社のカスタマーサービスが喜んで対応いたします。

当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。

黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。

インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。

イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。

はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。

すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

当社は、ご利用いただいている申請者の皆様が渡航やビザ取得に影響するかもしれない予期せぬ旅の計画の変更に直面する事がある事を理解しております。そういった理由から、当社は利用者の皆様がビザ申請のキャンセルと支払った金額の返金を求めるかもしれない事を理解しております。しかしながら、当社では以下の返金ポリシーのガイドラインに従った返金しか承認する事はできません:

  • 申請が当社のチームによって審査されていない場合や、政府の承認を得るために提出されていな場合には、iVisaの処理費用と政府関連費用(ビザ費用)の全額が返金されます。
  • 当社のチームによる申請の審査は完了しているが、政府の承認を得るために提出されていない場合は、政府関連費用(ビザ費用)が全額返金されます。
  • 申請が政府の承認を得るために提出されている場合や、ビザが既に発行されている場合には、残念ながら返金はなされません。

また、当社のポリシーは以下のような状況にも適用されます:

  • 当社の側で申請に誤りがあった場合には、iVisaの処理費用の100%が返金され、無料で再びビザの処理が行われます。
  • 迅速処理もしくは超迅速処理の手数料を支払っているにも関わらず、当社が合意された時間以内に渡航書類を提供できなかった場合には、iVisaから迅速処理もしくは超迅速処理の手数料が返金されます。
  • iVisaが合意された時間内に渡航書類を提供できなかった事を理由にして渡航できなかった場合には、政府関連費用とiVisaの処理費用の全額が返金されます。
    • 上記の状況の例外としては、当該政府が遅延の原因である場合や、到着予定日が当社の超迅速処理よりも前の日付であるような場合です。そういった場合には、iVisaの処理費用が返金されます。

何らかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、お気軽に当社までご連絡ください。合理的な状況下では、当社は将来の注文で使用するためのクレジットとしてiVisaの処理費用を返金いたします。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。

いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。

残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。

もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。

当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。

当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。

Need Help?