今すぐオンラインでミャンマーの観光電子ビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 観光客電子ビザ

ミャンマーは2014年9月に観光電子ビザシステムを開始しました。 電子ビザは観光とビジネスの目的に対してのみオンラインで発行されます。

iVisaを用いれば特定の国からの渡航者はビザの申請のために領事館を訪れる必要はありません。オンラインですべての必要な書類や情報の提出と、ビザの費用の支払いができます。この合理化されたシステムによって以前の順番待ちで浪費された時間や費用のかかったプロセスはもはや必要ではありません。

このミャンマーの観光電子ビザはミャンマー連邦共和国政府によって電子的に発行されている公式文書です。申請者は[申請フォーム](https://www.ivisa.com/apply-online/myanmar)に必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を完了すると、イーメールでビザが送付されます

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • パスポートの個人情報のページのスキャン

  • 最近のパスポートの大きさのデジタル写真

  • ホテル予約の確認

  • 支払いのためのクレジットデビットカード、またはPaypalアカウント。

重要な指示
  • ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナムの国民は、ヤンゴンや、マンダレー、もしくはネピドー国際空港から出入国する場合には、最大で14日間までは観光ビザは必要ありません。もし14日間以上の滞在を希望する場合、もしくは陸路での出入国を希望する場合には、適切なビザを申請してください。

  • 直近 3ヶ月に撮影されたパスポートと同様の様式のカラー写真。

  • ミャンマーの観光電子ビザの所有者は1回の入国あたり最大で28日間連続でミャンマーに滞在する事ができます。 -渡航者のパスポートは予定の入国日有効から少なくとも6カ月間有効でなければなりません。

  • このミャンマーの電子ビザは発行後90日間有効です。

未成年の場合:

  • 7歳以上の子供、もしくは既に自分のパスポートを持っている子供は、親が彼らのために別個に電子ビザを申請しなければなりません。

  • 7歳以下の子供は以下の条件を満たす場合には、ビザが無くてもミャンマーに渡航する事ができます。

1.親/保護者の同伴する事。 2.その子供が親/保護者のパスポートに含まれる事。 3.その子供の詳細が親/保護者の電子ビザに含まれる事。

重要:電子ビザで渡航する場合には、以下の通関手続地からしか入国できない事にご注意ください:

3つの国際空港:

  • ヤンゴン国際空港
  • マンダレー国際空港
  • ネピドー国際空港

5つの陸上国境検問所:

  • タチレク国境検問所
  • ミャワディ国境検問所
  • コータウン国境検問所
  • タムー国境検問所 *リーカーダー国境検問所

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ミャンマーの電子ビザまたは電子ビザ承認状は、観光目的でミャンマー共和国を訪問することを望んでいる有資格国からの外国人のための必須渡航要件です。

申請のためには以下のものが必要です:

  • 予定の入国日から少なくとも6カ月間有効なパスポート。
  • 申請の3ヶ月以内に撮影されたパスポートと同じ様式のカラー写真。
  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。

ビザのための完璧な写真の撮影方法:

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法:

この観光電子ビザの費用は50米ドルです。それ加えて標準的な処理には20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには50米ドルがかかり、さらに早くするには80米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:3営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日
このミャンマーの観光電子ビザは発効後90日間有効です。これは発効後90日以内にミャンマーに入国しなければならない事を意味しています。このビザは1回入国ビザで、最大で28日間滞在する事ができます。
申請者のパスポートはミャンマーへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナムの国民は、ヤンゴンや、マンダレー、もしくはネピドー国際空港から出入国する場合には、最大で14日間までは観光ビザは必要ありません。もし14日間以上の滞在を希望する場合、もしくは陸路での出入国を希望する場合には、適切なビザを申請してください。
いいえ。もしミャンマーへクルーズ/ボートで訪問する場合には、事前に旅行代理店に到着ビザについて相談してください。 *港湾を通じてミャンマーに入国する際には電子ビザを使用する事はできません。
7歳以下の子供は大人と一緒に申請しなければなりません。追加の費用はありません-ミャンマーの観光電子ビザに無料で追加されるので、総額は依然として1人当たり50米ドルのままです(サービス手数料を除く)。
最寄りのミャンマー大使館/領事館で観光ビザを申請する必要があります。
オンラインで申請するためにホテルを予約する必要はありません。しかしながら、外国人は登録されたホテルや、モーテル、宿、民宿、または観光ホテルに滞在しなければなりません。
このビザで入国できるのは1回だけです。
アフガニスタン、アルジェリア、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、バングラデシュ、ベラルーシ、ベルギー、ブータン、ボリビア、ボスニアヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルガリア、カナダ(カナダ人)、チリ、中国、コロンビア、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エクアドル、エジプト、エリトリア、エストニア、フィジー、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギリシャ、グアテマラ、ギニア共和国、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、キリバス、韓国、クウェート、キルギスタン、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マレーシア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、メキシコ、モナコ、モンゴル、モロッコ、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、パナマ、ペルー、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、セルビア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、タイ(タイ市民)、トルコ、ウガンダ、ウクライナ、イギリス ( イギリス市民)(イギリス人)、アメリカ合衆国(アメリカ市民)(アメリカ人)、ウルグアイ、ウズベキスタン、ベネズエラ
この電子ビザを使用できる場所には制限があります。この電子ビザでミャンマーに入国できる通関手続地は以下の通りです: 1.3つの国際空港の内の1つ:ヤンゴン、マンダレー、 ネピドー 2.5つの陸上国境検問所の1つ:タチレク、ミャワディ、コータウン、タムー‐モーレ、リーカーダー‐ゾハタール
約1.5インチ×1.5インチの通常の入国証印が使用されます。
電子ビザは発効後90日間しか有効ではありません。もしミャンマーへの到着日時が既に分かっているなら、iVisaを使って今すぐ申請を開始できます。電子ビザがミャンマーに滞在している間中有効になるように、当社が適切な時期に申請を開始いたします。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

ミャンマーの観光産業は成長してきました。そしてもし10年前にこの国を訪れたことがあるなら、現在は見られるものはその頃とは全く異なっています。これはますます多くの人々がミャンマーを旅行先として選ぶにつれ、資本主義がこの国に根付きつつあるからです。これは必ずしも悪い事ではありませんが、ご想像の通り、主に地域の人々を含む多くの人々のためのいくつかの事柄を台無しにする可能性があります。いずれにせよミャンマーは多くの魅力を持った興味深い国です。あなたもきっと気に入ると思います。ミャンマーで出来る最高の事はバックパッキングです。一か所だけではあまりする事がありません。ミャンマーに行く上で最適な時期はいつなのか知りたいと思っているかもしれません。これはあなたがどれくらい暑さに耐えられるかという事や、どれくらいお金を使うつもりかという事に依存しています。ほとんどの人々が11月から2月の間にミャンマーを訪問しているので、こう言っているのです。この期間のミャンマーの気候は完璧です。しかしながら、費用はかなり高騰します。この時期はミャンマーがもっとも混雑する時期なので、ご想像の通りホテルや観光地はそれを利用します。何も悪い事ではありません。どの国でもそういった事をしています。しかしながら、もしそういった人混や高い価格を避けたいなら、6月に訪れましょう。正直言ってこの時期は暑いですが、少なくとも価格は下がっています。6月から11月はモンスーンの季節なので、誰もこの時期にミャンマーを訪れたいとは思いません。ミャンマーに到着したときにあなたを当惑させる事の1つとしては、数字があります。きっと何も理解できなしでしょう。これこそが滞在しているホテルから名刺を常に携帯しておくべき理由です。そうすることでタクシー運転手に目的地を示す事ができます。バスの数字も分か辛いですが、地域の人々に助けを求める事ができます。多くの人々は寺院や仏塔を目的にミャンマーを訪れます。この国には深い宗教的背景があるので、そういった事物を多く目にする事ができるでしょう。しかしながら、そうった宗教的場所を訪れたいと思っているなら、いくつかの事を知っておく必要があります。1例としては、寺院や仏塔に入るときは靴を履いたまま入ってはいけません。これは失礼だと考えられており、靴を履いたまま中に入っている人は誰もいないはずです。その代わりに、荷物にサンダルを入れておいて、そういった場所を訪問する際には履いていくようにしましょう。建物の中にはいるときに履物を入れておくためのビニール袋を持っておいた方いいでしょう。寺院の中には靴を置く場所があるところもあり、安心してその場所に履物を置いておく事ができます。知っておくべきもう1つの事は、左手で物を食べたり、手渡したり、受け取ったりしてはならないという事です。左手は不浄だと考えられています。この習慣はミャンマーだけでなく多くの文化でみられます。左利きだったとしても、ほとんどの事を右手でする努力をするべきです。これは敬意の印です。また、寺院や仏塔にいるときは、お釈迦様に足を向けてはいけません。これは無作法だとみなされます。けれども心配はいりません。お釈迦様はすべての方向の壁に描かれているわけではないので、向けるべき方向があります。ミャンマーは依然として発展途上国で、携帯電話が普及しておりWi-Fiも利用できますが、インターネットを利用するときはイライラすると思います。インターネットは非常に遅く、ホテルですらそうです。ページをロードするのに1分かかる事もあり、きっとイライラしてしまうでしょう。例えば、マップなどが必要なときはオフラインで機能するアプリをダウンロードしておくべきでしょう。そうすれば道に迷う事もなく、マップがロードされるまで延々と待たなくて済みます。ソーシャルメディアに写真をロードする事にも非常に長い時間がかかり苦痛なので、写真は帰国してからシェアしたほうがいいでしょう。ミャンマーに行く前に憶えておくべきもう1つの事は、現金を持っておくという事です。ATMはありますが、あまり多くは設置されていません。加えて、引出手数料が非常に高額です。更に言うなら、ミャンマーのほとんどの場所ではクレジットカードやデビットカードを取り扱っていません。もしあなたがアメリカからの観光客でないなら、あなたのお金を米ドルに両替しておくべきです。ミャンマーではすべての通貨が利用できるわけでは無いので、お金を持っていても何も買えないという事態になりかねません。最後に、闇市でお金を両替する事は避けましょう。両替率が良いので誘惑にかられるかもしれませんが、偽札を掴まされる可能性があるので、そういった面倒は避けるべきです。ミャンマーにはいくつかのネガティブな側面もあります。例えば、現地の人々は衛生環境や公衆衛生に気を配っていません。もしあなたが少々潔癖症なら、絶対に行きたくないと思うかもしれません。ネズミが道を走り回り、人々がゴミを散らかす様を目にするかもしれません。いずれにせよ、こういった事は農村地域よりも都市部で発生します。バックパッキングをするつもりなら都市部を通過する必要がありますが、見たいと思える場所に着くまで目をつぶっておきたいと思うかもしれません。ミャンマーの人々は比較的フレンドリーです。観光産業がブームになってきたのは近年の話なので、人々はまだ慣れてきているところです。しかしながら、彼らの伝統と習慣に敬意を払う必要があります。例えば、男性がスカートを身につけているのを目にしてもおかしな目で見てはいけません。そういった失礼な人物になってはいけません。また、政治の話をするべきでもありません。宗教も禁句です。しかしながら、もし地域の人々がそういった話題を持ちだしたら、彼らが話したいように話させ、会話をリードさせましょう。あなたはそういった話題には全く触れない事が最善です。全体として、ミャンマーは新たな経験を求めているなら訪れる価値のある国です。観光産業は依然として発展途上なので、あまり大きな期待をかけるべきではありません。インフラも完璧ではなく、資本主義はこの国ではまだ新たなことです。だとしても新たな旅行先を求めているなら、この国を見過ごす事はできません。