今すぐオンラインでマレーシアのeNTRIビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: eNTRIのビザ

2017年3月、マレーシア政府は電子渡航登録&情報(eNTRI)サービスを導入し、これによって渡航者は最大で15日間マレーシアを訪問することができるようになりました。このeNTRIは中国とインドの国民だけが利用可能です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。この書類はマレーシアに到着した際に提示されなければなりません。

eNTRIビザの主な長所は、渡航者が超迅速処理を選択した場合には1時間でこの書類を受け取ることができる点です。これはこのビザがマレーシア政府の渡航審査を必要としておらず、ビザ要件を満たしていれば自動的に発行されるためです。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

-支払いのためのクレジットデビットカード、またはPaypalアカウント。

  • パスポートの大きさの最近の写真
  • パスポートの個人情報のページのスキャン
  • 旅行日程表
  • Eチケット番号の入った帰りの航空券(オンライン申請を望むインド国民)
  • ホテルの予約または身元引受人からの招待状
  • 未成年者の出生証明書(該当する場合)
  • 外国に在住している場合、就労または居住に関する許可証
重要な指示
  • eNTRIビザは中国とインドの国民だけが利用可能です。

  • マレーシアのeNTRIで最大15日間の滞在ができます。

  • このeNTRIビザは1回入国ビザです(マレーシアへの入国を希望する度に再申請する必要があります)。

  • 各渡航者のパスポートは予定の入国日から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • eNTRIビザは3カ月ごとにしか申請できません。

航空便の要件

  • 中国国民がeNTRIの書類を申請するためには、中国への往復航空券を所持していなければなりません。この航空便は直行便、またはシンガポールや、タイ、もしくはブルネイを経由することができます。
  • インド在住のインド国民は、インドへの往復航空券を所持していなければなりません。この航空便は直行便、またはシンガポールや、タイ、もしくはブルネイを経由することができます。
  • インド国外在住のインド国民は、居住国への往復航空券と、その居住国の就労または居住に関する有効な許可証が必要です。
    • 渡航者は以下の空港を通じてのみマレーシアに出入国することができます:
      • クアラルンプール国際空港、セパン(KLIA & KLIA 2)
  • ペナン国際空港、ペナン州
  • ランカウイ国際空港、ケダ州
  • マラッカ国際空港、ムラカ州
  • スナイ国際空港、ジョホール州
  • クチン国際空港、サラワク州
  • ミリ空港、サラワク州
  • コタキナバル国際空港、サバ州
  • ラブアン空港、サバ州
  • もしくは以下の陸の検問所:
    • スルタン・イスカンダル・ビルディング入国検問所、ジョホール州
    • スルタン・アブ・バカール検問所、ジョホール州
    • パダン・ベサール検問所、プルリス州
    • ブキットカユイタム検問所、ケダ州
    • スンガイトゥジョー入国検問所、サラワク州
    • テバンガン入国検問所、サラワク州

マレーシアへの入国検問所に到着した際に以下の書類の提示が求められます:

  1. eNTRIの書類 2.搭乗券 3.マレーシアから出入国する確認済みの航空券 4.十分な資金(現金 /クレジットカード/キャッシュカード) 5.完全な旅行日程表 6.宿泊施設の証明

注意マレーシア政府は事例ごとに個別に判断するので、当社がマレーシアのeNTRIビザの承認を保証できない事にご注意ください。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

電子渡航登録&情報(eNTRI)とは、観光を推進するためのインドと中国の国民を対象とした免除プログラムです。マレーシアに入国するためには事前の申請と登録が必要なので、多くの渡航者はeNTRI書類の事をビザと呼びます。eNTRIの書類は登録の証明書として発行され、マレーシアへの到着時に提示する事を求められます。

申請のためには以下のものが必要です:

  • オリジナルのパスポート(マレーシアへの入国時点から少なくとも6ヶ月有効な)
  • 申請者のパスポートの写真(6か月以内に撮影された)
  • 航空便の詳細が記載された旅程表(確認済みの帰りの航空券)
  • 宿泊施設の証明(ホテル予約)
  • 出生証明書(未成年者のため )

マレーシア政府が追加の書類を求める可能性がある事にご注意ください。そういった場合には当社はできる限り早急にご連絡いたします。

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

マレーシアのeNTRIビザの費用は21.50米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。 処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:1営業日。
  2. 迅速処理:3時間
  3. 超迅速処理:30分
eNTRIビザは90日間有効です。これは発効後90日以内にマレーシアに入国しなければならない事を意味しています。
各申請者のパスポートは予定の入国日から少なくとも6カ月有効でなければなりません。
いいえ。マレーシアのeNTRIビザの承認は、申請者がマレーシアへ入国する権利を保証しません。マレーシアへの通関手続地における現地入国審査官の裁量に基づきます。
いいえ。すべての関係書類は英語で記入されなければなりません。
はい。申請者が未成年者(18歳未満)の場合には、1人以上の親と共にeNTRIビザを申請する必要があります。親子関係を証明するために子供の出生証明書のコピーを提示する必要もあります。
マレーシアのeNTRIビザは完全にオンラインで申請できるので、大使館を訪問する必要がありません。
渡航者はeNTRIビザで最大で15日間の滞在できます。
いいえ、1度に申請できるeNTRIは1部だけです。
eNTRIの対象者はインドと中国の国民ですが、当社は現在インド国民のみを対象としてeNTRIの申請を処理しています。
以下の国々からマレーシアに渡航する、もしくは同国で乗り継ぎをする全ての渡航者には黄熱病の予防接種の証明書が求められます:
  • アンゴラ
  • エストニア
  • セネガル
  • ベニン
  • ガボン
  • シエラレオネ
  • ボリビア
  • ガンビア
  • 南アフリカ
  • ブラジル
  • ガーナ
  • スリランカ
  • ブルキナファソ
  • ギニアビサウ
  • セントクリストファー・ネービス
  • ブルンジ
  • ケニア
  • スリナム
  • カメルーン
  • マリ
  • タンザニア
  • 中央アフリカ共和国
  • ニジェール
  • トーゴ
  • チャド
  • ナイジェリア
  • ウガンダ
  • ジブチ
  • パナマ
  • ベネズエラ
  • エクアドル
  • ペルー
  • ザイール
  • ギニア
  • ルワンダ
  • ザンビア
  • エリトリア
  • サントメ・プリンシペ
eNTRIは3カ月に1度取得できます。もしそれよりも頻繁に渡航する必要がある場合には、マレーシア大使館で通常のビザを申請する必要があります。
いいえ、eNTRIはシンガポールまたはマレーシアの国外から申請しなければなりません。
マレーシアに到着の際には、以下の書類が求められます:
  • 印刷したeNTRIビザ
  • マレーシアでの滞在にかかる費用を賄うために十分な資金(現金/トラベラーズチェック/デビットまたはクレジットカード)
  • 帰国のための航空券
  • 宿泊施設の証明(身元引受人の招待状/ホテルの予約/Airbnbの予約、 Booking.com確認など)
もし新たな到着日が当初のeNTRIの有効期限である90日よりも後の場合は、新たなeNTRIを申請しなければなりません。
いいえ、出発の24時間以内にeNTRIを申請する事はできません。当社はマレーシアに出発する少なくとも48時間前にeNTRIを申請する事をお勧めします。
はい、標準的な必要書類に加えて居住国の就労ビザまたは居住証明書も提出しなければなりません。
はい、すべての国際渡航者は、マレーシアに渡航する前に有効なマレーシアのeNTRIを所持している事を確認すべきです。