今すぐマラウイの電子ビザをオンラインでゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2019年11月、マラウイの入管および市民サービス部門が200を超える国々の市民のために電子ビザを導入しました。この電子ビザを利用すれば渡航者は様々な目的でマラウイに入国し、30 エントリーあたりの日数滞在する事ができます。

この電子ビザを利用する渡航者はオンラインで申請および料金の支払いを行い、その後、マラウイに渡航する前にイーメールで電子ビザを受け取る事になります。そうです、それくらいシンプルなのです。

この電子ビザはマラウイへの入国と、同国内での行き来を許可する公式の書類です。申請者は必須事項を申請フォームに記入し、オンラインでクレジットカードでの支払いを完了し認証されるとイーメールでビザを受け取る事になります。

申請に必要な書類

  • 申請者の写真

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • 未成年者の出生証明書 (該当する場合)

  • 法定後見人1のパスポートのスキャン (該当する場合)

  • 未成年者同意書 (該当する場合)

  • カバーレター (該当する場合)

  • 宿泊施設の証明 (該当する場合)

  • 招待元企業の事業登録 (該当する場合)

  • ホストのパスポートの個人情報のスキャン (該当する場合)

  • 病院の書状 (該当する場合)

  • 招待状 (該当する場合)

  • Selfie holding the physical credit card used for the transaction. Only the last 4 digits of the credit card must be visible in the picture. (該当する場合)

注意:マラウイ政府は21歳以上の人物を未成年者と見做しています。

重要な指示
  • マラウイの電子ビザの有効期間は90 日 (発行後)で、最長の滞在日数は30 エントリーあたりの日数です。

  • 申請者のパスポートはマラウイに到着する予定日から少なくとも6ケ月間有効である必要があります。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • 万一のシステムの不具合に備えてソフトコピー(スマートフォンやタブレットなど)もしくは物理的なコピーで電子ビザを携帯する事を強くお勧めします。

  • マラウイの電子ビザを所持していても同国への入国が自動的に許可されるわけではありません。入管および市民サービス部門は、いつでもこのビザをキャンセルできる権利を有しています。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

マラウイの電子ビザとは、マラウイへの入国と同国内での行き来を許可する公式の書類の事で、渡航者のパスポートと電子的に結びつけられています。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • 申請者の写真

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • 未成年者の出生証明書 (該当する場合)

  • 法定後見人1のパスポートのスキャン (該当する場合)

  • 未成年者同意書 (該当する場合)

  • カバーレター (該当する場合)

  • 宿泊施設の証明 (該当する場合)

  • 招待元企業の事業登録 (該当する場合)

  • ホストのパスポートの個人情報のスキャン (該当する場合)

  • 病院の書状 (該当する場合)

  • 招待状 (該当する場合)

  • Selfie holding the physical credit card used for the transaction. Only the last 4 digits of the credit card must be visible in the picture. (該当する場合)

注意:マラウイ政府は21歳以上の人物を未成年者と見做しています。

マラウイの電子ビザの費用はJPY 5,968.00です。加えて、以下のようなサービス手数料がかかります:

  • 標準処理: JPY 2,870.00

  • 迅速処理: JPY 5,740.00

  • 超迅速処理: JPY 8,609.00

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:8 日

  • 迅速処理:7 日

  • 超迅速処理:5 日

マラウイの電子ビザは1回入国ビザで、有効期間は90 日 (発行後)です。失効日は発行された電子ビザに記載されています。マラウイへの入国は、この90日間の間ならいつでも行う事ができますが、1回の入国あたりの総滞在日数は30 エントリーあたりの日数を超える事は出来ません
申請者のパスポートはマラウイに到着する予定日から少なくとも6ケ月間有効である必要があります。
以下の国の国民がマラウイの電子ビザを申請する資格を持っています:
  • アイスランド
  • アイルランド
  • アゼルバイジャン
  • アメリカ合衆国
  • アメリカ領サモア
  • アラブ首長国連邦
  • アルジェリア
  • アルゼンチン
  • アルバニア
  • アルメニア
  • アンギラ
  • アンゴラ
  • アンドラ
  • イエメン
  • イギリス領インド洋地域
  • イタリア
  • イラク
  • イラン(イスラム共和国)
  • インド
  • インドネシア
  • ヴァージン諸島(アメリカ領)
  • ヴァージン諸島(イギリス領)
  • ウォリス・フツナ
  • ウクライナ
  • ウズベキスタン
  • ウルグアイ
  • エクアドル
  • エジプト
  • エストニア
  • エチオピア
  • エリトリア
  • エルサルバドル
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • オーランド諸島
  • オマーン
  • オランダ
  • ガーナ
  • カーボベルデ
  • ガーンジー
  • ガイアナ
  • カザフスタン
  • カタール
  • カナダ
  • ガボン
  • カメルーン
  • カンボジア
  • ギニア
  • ギニアビサウ
  • キプロス
  • キューバ
  • キュラソー
  • ギリシャ
  • キルギスタン
  • グアテマラ
  • グアドループ
  • グアム
  • クウェート
  • クック諸島
  • グリーンランド
  • クリスマス島
  • グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国
  • クロアチア
  • ケイマン諸島
  • コートジボワールまたはアイボリーコースト
  • ココス(キーリング)諸島
  • コスタリカ
  • コモロ
  • コロンビア
  • コンゴ
  • コンゴ(民主共和国)
  • サウジアラビア
  • サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
  • サン・バルテルミー
  • サン・マルタン(フランス領)
  • サントメ・プリンシペ
  • サンピエールおよびミクロン島
  • サンマリノ
  • シエラレオネ
  • ジブチ
  • ジブラルタル
  • ジャージー
  • ジョージア
  • シリア・アラブ共和国
  • シンガポール
  • シント・マールテン(オランダ領)
  • スイス
  • スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
  • スウェーデン
  • スーダン
  • スペイン
  • スリナム
  • スリランカ
  • スロバキア
  • スロベニア
  • セネガル
  • セルビア
  • セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ
  • ソマリア
  • ソロモン諸島
  • タークス・カイコス諸島
  • タイ
  • タジキスタン
  • チェコ
  • チャド
  • チュニジア
  • チリ
  • デンマーク
  • ドイツ
  • トーゴ
  • トケラウ
  • ドミニカ共和国
  • トルクメニスタン
  • トルコ
  • トンガ
  • ナイジェリア
  • ニウエ
  • ニカラグア
  • ニジェール
  • ニューカレドニア
  • ニュージーランド
  • ネパール
  • ノーフォーク島
  • ノルウェー
  • ハード島およびマクドナルド諸島
  • バーレーン
  • ハイチ
  • パキスタン
  • パナマ
  • バヌアツ
  • パプアニューギニア
  • バミューダ
  • パラオ
  • パラグアイ
  • パレスチナ
  • ハンガリー
  • バングラデシュ
  • ピトケアン諸島
  • フィリピン
  • フィンランド
  • ブータン
  • ブーベ島
  • プエルトリコ
  • フェロー諸島
  • フォークランド諸島[マルビナス]
  • ブラジル
  • フランス
  • フランス領ギアナ
  • フランス領ポリネシア
  • フランス領南方地域
  • ブルガリア
  • ブルキナファソ
  • ブルネイ・ダルサラーム
  • ブルンジ
  • ベトナム
  • ベニン
  • ベネズエラ(ボリバル共和国)
  • ベラルーシ
  • ペルー
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ボスニアヘルツェゴビナ
  • ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ
  • ボリビア
  • ポルトガル
  • ホンジュラス
  • マーシャル諸島
  • マカオ
  • マケドニア(旧ユーゴスラビア共和国)
  • マダガスカル
  • マヨット
  • マリ
  • マルタ
  • マルティニーク
  • マン島
  • ミクロネシア(連邦)
  • ミャンマー
  • メキシコ
  • モーリタニア
  • モナコ
  • モルジブ
  • モルドバ(共和国)
  • モロッコ
  • モンゴル
  • モンテネグロ
  • モントセラト
  • ヨルダン
  • ラオス人民民主共和国
  • ラトビア
  • リトアニア
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リベリア
  • ルーマニア
  • ルクセンブルク
  • ルワンダ
  • レバノン
  • レユニオン
  • ロシア連邦
  • 中国
  • 中央アフリカ共和国
  • 北マリアナ諸島
  • 北朝鮮
  • 南スーダン
  • 南極大陸
  • 台湾(中国の省)
  • 合衆国領有小離島
  • 教皇聖座
  • 日本
  • 東ティモール
  • 西サハラ
  • 赤道ギニア
  • 韓国
渡航者はマラウイへの渡航の少なくとも5 日前には申請する必要があります。
いいえ。マラウイの電子ビザを所持していたとしても自動的に入国が許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物の存在がマラウイの国益や安全保障に反する場合、入管および市民サービス部門が入国を拒否する可能性があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が推奨されます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

マラウイはしばしば「アフリカの温かい心」と呼ばれていますが、正にその通りの国です。この国は驚くほど多様性に富んだ国で、人々は多くの部族の子孫ですが、誰もが友好的かつフレンドリーです。かつてはイギリスの植民地で、ニヤサランドと呼ばれていました。マラウイは南アフリカの内陸国で、北西にはザンビアがあり、北東にはタンザニア、そして東と、南、および西にはモザンビークがあります。

主な地理的特徴としてはマラウイ湖があり、この湖はアフリカ大陸最大の湖であり、国土の約3分の1を占めています。マラウイは殆どが農村地帯で、約1800万人の住民がいますが、各主要都市の人口は100万人未満です。首都のリロングウェはマラウイで最大の都市でもあります。以前の首都だったゾンバは4番目に大きな都市です。南アフリカの近隣諸国ほど知られてはいませんが、この美しい国には多くの見どころがあります。多種多様な野生動物や独自の文化があり、多くの冒険の機会と、驚異的な景色があなたを待っています。

マラウイでは、様々な歴史的部族だけでなくヨーロッパ人やアジア人も混在しているので、文化が非常に豊かです。その各々の文化が服装や、ダンス、そして言語などのマラウイの現在の姿を形作っています。マラウイは地理的には比較的小さな国ですが、景色は驚くほど多様性に富んでいます。中央アフリカで最も高い山や、低地を見下ろす広大な高原、沢山の森林、国定公園、自然保護区、そして巨大な内海と呼ぶに相応しいマラウイ湖があります。この湖は他のどの湖とも異なっています。

時には星々の湖とも呼ばれており、これは最初に訪れたヨーロッパ人がそう命名したからです。この非常に透明度の高い淡水湖は黄金に輝く砂浜に囲まれており、単純に美しいというだけでなく、アウトドア活動の宝庫でもありながら、多くの野生動物の生息地でもあります。この湖は南北に非常に長く、365マイル(590㎞)の長さがあります。365という数字が1年間の日数と同じであるためにカレンダーレイクとも呼ばれる事があります。

この湖の幅は最も広い所でも52マイル(84㎞)しかなく、長さの約7分の1でしかありません。最も深い地点である北端では700mもあるので、内海と呼ばれている事も頷けます。国内で特に重要な地形である事から、経済でも重要な役割を果たしている事にも頷けます。この湖では沢山の魚を捕る事ができるので、沿岸に多くの漁村が点在しています。観光客はこの伝統的な産業と慣習を容易に理解する事ができます。この湖の周辺には多くの村がありますが、もう少し足を延ばしてみれば手付かずの沿岸部が更に広がっています。この湖の多くの場所は簡単にアクセスする事ができ、特に村の周辺なら容易ですが、主要な道路から迂回しなければならない場所もあります。この湖のそういった部分は非常に魅力的である事が多く、美しい手付かずの黄金の砂浜と光り輝く透明度の高い水を楽しむ事ができます。

マラウイには9つの国定公園と野生動物保護区があり、そういった地域ではこの国の多様な動植物が保護されており、観光客の訪問を待っています。近隣諸国の有名なサファリよりも大型の哺乳類は少ないですが、他の観光客も少ない手付かずの環境で間近に野生動物を見られる機会には代えがたい価値があります。

また、同政府は主な国定公園における野生動物の増加を強力に推進しており、一度は姿を消した動物種も再導入および保護がなされた結果、再び反映しています。現在、マラウイではいわゆる大型哺乳類のビッグ5の全てが見られる国定公園が2つ存在します。その河川と湖のおかげで、マラウイでは伝統的なジープを用いたサファリだけでなく、徒歩でのサファリやボートでのサファリを楽しむ事ができます。

また、マラウイは人気のバードウォッチングの名所としてのランキングでも急上昇しています。高知や湿地などを含め地理が多様性に富んでいるので、特定の生態系以外では見る事ができない多くの種類の鳥たちを見る機会があります。