マカオのビザについて

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 入国許可証

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

マカオという名前を聞いたことのない人はまずいないでしょう。ではマカオを正しく説明することはできますか?国…それとも…街?正解はこちら。マカオは正確には「中華人民共和国マカオ特別行政区」として分類されています。つまり中華人民共和国内の特別行政区なのです。元々はポルトガルが海外領土として保有していた歴史を持ちます。そのような起源を反映するかのように、マカオを訪れれば美しいポルトガル式の建物が並ぶ風景を楽しむことができます。マカオにある8の広場、22の建造物は「マカオ歴史地区」という名称で世界遺産に登録されています。さらにカジノがあることでも有名です。今回はそんなマカオのビザについて基本情報をご紹介します。

マカオ旅行にビザは不要

マカオを観光目的で訪れる場合は、あらかじめビザを用意する必要はありません。パスポートと旅の持ち物を準備するだけで気軽に訪れることができます。ただし、この「ビザ免除期間」には期限があり、最大で90日までとなっていますので予めご注意ください。加えてパスポートの残存期間にも気を配るようにしましょう。例えば、マカオでの滞在が30日以内である場合、マカオに足を踏み入れた日から計算して30日+滞在日数以上の残存期間が必要となります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです