今すぐオンラインでキルギスタンの観光電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 観光客電子ビザ

2017年9月、キルギスタンは50ヶ国以上の国々の市民のために電子ビザを導入しました。オンラインで申請する事によって、特定の国からの渡航者はキルギスタンに入国するためのビザの申請のために領事館を訪れる必要がなくなりました。この電子ビザによってキルギスタンに出入国するための観光ビザを取得する事ができます。 電子ビザを取得するための第1歩は簡易なオンライン申請を記入する事です。申請を電子的に提出し終えると、イーメールでビザの確認が送信されます。申請書のすべての質問に正確かつ完全に回答するようにご注意ください。
申請に必要な書類
  • 現在有効な渡航書類/パスポート

  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。

  • 書類/パスポートのスキャン画像

  • ビザのタイプに応じて電子申請に添付するデジタル写真

重要な指示
  • 電子ビザシステムで観光電子ビザを取得した外国人は、ビシュケクのマナス国際空港、チョン・カプカ・アブトドロズニイ、チャルダバル・アブトドロズニイ、アク・ティレク・アブトドロズニイ、ドスタク・アブトドロズニイ、キジル・ベル・アブトドロズニイ、クルンズ・アブトドロズニイ、ボル・ドボ・アブトドロズニイ、イルケシタム・アブトドロズニイ、トルガルト・アブトドロズニイ、もしくはオシのオシ空港にある検問所、またはカザフスタン共和国との国境にある「アク-ジョイ」通関手続地を通過する必要があります。

  • 電子ビザに申請する前に航空券を購入する必要はありません。

  • ビザの有効期間と許可される最大の滞在日数は国籍によって異なり、30日間から90日間までの幅があります。

  • キルギスタン共和国に到着した後は、外国の市民は入国時点から5営業日以内に滞在場所に応じて登録する義務があります。

  • 渡航書類は少なくとも電子ビザの有効期間後の6ヶ月間有効でなければなりません。また、パスポートには2ページ以上の空白のページが必要です。これは損傷していたり、非公式のメモが含まれていたりしてはなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

キルギスタンの観光電子ビザは、外国人が観光目的でキルギスタンを訪問するために必要な公式の渡航書類です。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 現在有効な渡航書類/パスポート
  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。このカードはあなたの名前で作ったカードである必要はありません。
  • 書類/パスポートのスキャン画像
  • ビザのタイプに応じて電子申請に添付するデジタル写真
キルギスタンの観光電子ビザの費用は51.50米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには60米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:72時間
  2. 迅速処理:24時間
  3. 超迅速処理:18時間
この電子ビザは発効後90日間有効です。
渡航書類は少なくとも電子ビザの有効期間後の6ヶ月間有効でなければなりません。また、パスポートには2ページ以上の空白のページが必要です。これは損傷していたり、非公式のメモが含まれていたりしてはなりません。
いいえ、当社は発行後の電子ビザの詳細を変更もしくは修正する事は一切できません。しかしながら、もしビザが発行される前に誤りに気が付いた場合には、当社にオンラインチャットかhelp@ivisa.comまでイーメールをして、できるだけ早急にご連絡ください。
電子ビザシステムで観光電子ビザを取得した外国人は、以下の通関手続地を通過してキルギスタンに出入国する必要があります:
  1. ビシュケクのマナス国際空港
  2. チョン・カプカ・アブトドロズニイ
  3. チャルダバル・アブトドロズニイ
  4. アク・ティレク・アブトドロズニイ
  5. ドスタク・アブトドロズニイ、
  6. キジル・ベル・アブトドロズニイ
  7. クルンズ・アブトドロズニイ
  8. ボル・ドボ・アブトドロズニイ
  9. イルケシタム・アブトドロズニイ
  10. トルガルト・アブトドロズニイ・オシ空港
  11. カザフスタン共和国との国境にある「アク-ジョイ」通関手続地
以下の国々は、観光電子ビザを申請する際に招待状を提示する事を免除されています:アルバニア、アンドラ、アルゼンチン、ブラジル、ブルガリア、チリ、キプロス、インドネシア、イスラエル、マケドニア、メキシコ、モンテネグロ、オマーン、フィリピン、ルーマニア、サンマリノ、南アフリカ共和国、セルビア、タイ、トルコ、ベネズエラ。

以下の61の国々から発行されているパスポートの所有者は、以下に述べられた期間までは、キルギスタンに滞在するためにビザを取得する必要はありません:

  • 無期限:アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、キューバ、グルジア、日本、カザフスタン、モルドバ、北朝鮮、ロシア、タジキスタン、ベトナム。

  • 90日間: モンゴルおよびウクライナ

  • 60日間: オーストラリア、バーレーン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルネイ、カナダ、クウェート、モナコ、ニュージーランド、カタール、サウジアラビア、シンガポール、韓国、アラブ首長国連邦、米国、ウズベキスタン、ヴァチカン市国。また、欧州連合とブルガリア、キプロス、およびルーマニアを除く欧州自由貿易連合の市民はビザを免除されています。

  • 30日間: マレーシアおよびトルコ

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

もし世界地図を見てみれば、アジアにはたくさんの「~スタン」がある事に気づくと思いますが、キルギスタンは西側諸国に対して最も開かれた国の内の1つです。この国では観光産業が受け入れられており、依然として発展途上の分野ではありますが、好奇心のままに訪れて散策することができます。山々や湖など数日間リラックスできる美しい景色を持った場所があり、文化ツアーも興味深いものです。もしキルギスタンを数日間訪れるつもりなら、決して退屈はしないでしょう。しかしながら、より素敵なたびにするためには、荷造りを始める前にキルギスタンについていくつか知っておく必要があります。 訪れる上で最適な時期はいつでしょう?これは求めているものに依ります。他の国々とちょうど同じように、キルギスタンにも人が多い時期と、少ない時期、そして端境期があります。人が多い時期には、一般的に山々をトレッキングする目的で訪れている観光客が大勢います。これは7月から9月の間です。また、この時期にはフェスティバルも開催されるので、もしフェスティバルにも行くつもりなら、いくつかの魅力的なイベントも期待できます。人が少ない時期は10月から3月です。トレッキングコースのほとんどは悪天候とたくさんの雪のために閉鎖されています。これは危険すぎます。それでも観光客はウィンタースポーツのために依然としてキルギスタンを訪れています。非常に楽しめる冬のリゾート地がいくつかあります。最後に、端境期は5月から6月です。この時期は山々にまだ若干の雪が残っていても天候が良く、花々が国全体で咲いています。もし人混みを好まないなら、この時期がキルギスタンを訪れる上で最適な時期でしょう。安全性について心配があるかもしれませんが、これはまったく自然な事です。だとしても心配すべき事は多くはありません。キルギスタンの人々は観光客を歓迎しており、テロの心配もありません。非常に安全だと感じるはずです。ご想像の通り、起こりうる事はいくつかありますが、重大なものはなにもありません。もしかするとある種の詐欺にあうかもしれません。タクシー運転手はいつもメーターを使用するわけではないので、必要以上に料金を支払う羽目になるかも知れません。しかしながら、運転手がメーターを使用する事に注意しておけば大丈夫です。また、常に少額の現金を持っておくべきです。一人で夜道を歩いても大丈夫ですが、お勧めはしません。悪人は世界中どこにでもいるので、危険を冒さない方が賢明です。コミュニケーションに関して言えば、英語しか話せなければ大変な思いをするかもしれません。キルギスタンの人々は英語を話さないので、通訳を雇ったとしてもその過程で多少の意味が失われるでしょう。ではどんな選択肢があるでしょう?キルギスタンは旧ソビエトの国なので、ご想像の通り人々はロシア語を使っている言葉の1つです。また、キルギス語も存在しており、ますます多くの人々がこの言葉を学んでいます。もし散策したいなら、この2つの言語でいくつか基本的な言葉を学んでおくべきでしょう。これは訪れる地域に依る事を忘れないようにしましょう。ロシア語を話す人々もいれば、キルギス語を話す人もいますが、両方を少しずつ学んでおいて損は無いはずです。この2つの言語は簡単に憶えられる言葉ではありませんが、努力しておかなければ散策する際に苦労することになるかもしれません。お金に関して言えば、キルギスタンは現地通貨としてソムを用いています。この国は現金に基づく社会です。ホテルではクレジットカードやデビットカードを使用できるかもしれませんが、使えるのはホテルだけです。その他のすべての場所は現金での支払いとなります。同時に、ソムをキルギスタン国外に持ち出す事はできません。試す事はできますが、ソムを両替してくれる銀行を見つけられる可能性はほとんどありません。出国の際には米ドルに両替しておく事をお勧めします。現地の銀行で両替ができますが、現地の言葉で対応する必要があります。さもなければ両替で大変な思いをする事になるでしょう。知っておくべきもう1つの事は、キルギスタンの人々のほとんどがイスラム教徒である事ですが、彼らがどれだけリラックスしているかを知ればきっと驚くはずです。例えば、他のアラブ諸国と同じルールに従う必要はありません。女性は派手になり過ぎなければ普通の服装が服装できます。しかしながら、人々がイスラム教に専念している地域もいくつかあり、そういった地域に行く際には控えめな服装をする必要があります。歩き回るときに人々から不愉快な目で見られたくはないでしょう。また、これは敬意の証でもあります。荷物には携帯のサニタイザーを入れておきましょう。どういう訳かほとんどのトイレには石鹸がありません。ご想像の通り、食事前にはしっかりと手を洗う必要があります。食べ物と飲み物に関してはきっと気に入ると思います。キルギスタンの人々は遊牧民の子孫なので、牛乳とお茶をたくさん消費します。野菜も食べますが、それほど好んで食べません。けれども菜食主義でも頼めば野菜だけの料理を出してもらう事ができます。全体として食べ物は非常に彩り豊かで、おいしいです。そして味付けも完璧です。試してみる価値のある伝統料理もいくつかあります。発行させた馬の乳などの珍しい飲み物の事を耳にしたことがあるかもしれませんが、もし胃腸に自信があるなら是非試してみましょう。飲んでみなければわからないでしょう?気に入るかもしれません。そうでなければ、おしゃべりと緑茶だけにしておきましょう。キルギスタンの人々は毎食これを飲みます。結論としては、キルギスタンは訪れる価値のある国です。人々は歓迎してくれますが、最初は少し無骨に感じられるかもしれません。これは彼らの特徴の1つです。この国は安全なので、山々にトレッキングをしに行かない手はありません。景色は驚くほど見事なので、いい思い出が作れるはずです。