今すぐオンラインでキルギスタンのビジネス電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ビジネス電子ビザ

2017年9月、キルギスタンは50ヶ国以上の国々の市民のために電子ビザを導入しました。キルギスタンのビジネス電子ビザは、国や、自治体、および国際組織によって組織された交渉や、会議および会合、もしくはスポーツイベントに参加するためにビジネス目的でキルギス共和国に入国する申請者に発行され、最大で90日間まで滞在できます。 電子ビザを取得するための第1歩は簡易なオンライン申請を記入する事です。申請を電子的に提出し終えたら、イーメールでビザの確認が送信されます。申請書のすべての質問に正確かつ完全に回答するようにご注意ください。
申請に必要な書類
  • 現在有効なパスポート
  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント
  • キルギスタンに法的な基礎を持つ組織/企業からの招待状。
重要な指示
  • キルギスタンのビジネスビザは数次ビザで、選択したビザに応じて30日間または90日間滞在する事ができます。
  • キルギスタンで登録されている合法的な組織からの招待が必要です。この招待にはその組織の名称と、住所、電話番号、そして登録番号が明記されている必要があります。
  • 電子ビザシステムでビジネス電子ビザを取得した外国人は、ビシュケクのマナス国際空港もしくはオシのオシ空港にある検問所、またはカザフスタン共和国との国境にある「アク-ジョイ」通関手続地から出入国する必要があります。
  • キルギスタン共和国に到着した後は、外国の市民は入国時点から5営業日以内に滞在場所に応じて登録する義務があります。
  • ビジネス電子ビザを申請する前に航空券を購入する必要はありません。
  • 渡航書類は少なくとも電子ビザの有効期間後の6ヶ月間有効でなければなりません。また、パスポートは電子ビザを貼付するために少なくとも1ページの空白のページがなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

キルギスタンのビジネス電子ビザは、ビジネス目的でキルギスタンへ渡航する外国人が必要な公式の渡航書類です。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 現在有効なパスポート
  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント
  • キルギスタンに法的な基礎を持つ組織/企業からの招待状。
キルギスタンのビジネス電子ビザの費用は72米ドルです。それ加えて標準的な処理には35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには60米ドルがかかり、さらに早くするには85米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  • 標準的処理:3営業日。
  • 迅速処理:24時間。
  • 超迅速処理:18時間。
この電子ビザは発行後90日間有効です。
渡航書類は少なくとも電子ビザの有効期間後の6ヶ月間有効でなければなりません。また、パスポートは電子ビザを貼付するために少なくとも1ページの空白のページがなければなりません。
いいえ、当社は発行後の電子ビザの詳細を変更もしくは修正する事は一切できません。しかしながら、もしビザが発行される前に誤りに気が付いた場合には、当社にオンラインチャットかhelp@ivisa.comまでイーメールをして、できるだけ早急にご連絡ください。
電子ビザシステムでビジネス電子ビザを取得した外国人は、ビシュケクのマナス国際空港もしくはオシのオシ空港にある検問所、またはカザフスタン共和国との国境にある「アク-ジョイ」通関手続地から出入国する必要があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

もし新たなビジネス機会を探しているなら、キルギスタンがぴったりの選択肢かもしれません。彼らは依然として産業における近代化の最中なので、外国人投資家を求めています。彼らは自分たちだけでは近代化を果たせないので、あなたからの手助けを大いに歓迎してくれる事でしょう。しかしながら、キルギスタンのビジネスマナーがあなたの慣れたものとは異なるかもしれない事を知っておくべきす。文化が異なっているので、間違いなく習慣もあなたのものとは同じではないでしょう。これこそが、キルギスタンのビジネスの考え方に関するいくつかの基本的ルールに慣れておく必要がある理由です。そうすることでキルギスタンで成功する可能性が高める事ができるでしょう。 まず第1に知るべき事は、キルギスタンが旧ソビエト諸国の中でもっとも貧しい部類の国である事です。これは主に彼らには全く天然資源が無い事に起因しています。過去数年間の成長の唯一の要因は農業の改善です。これこそが、彼らがこの産業の改善を望む理由ですですから、もし彼らの経済成長に関連した事柄に投資する事を望んでいるなら、遠慮なく試してみましょう。しかしながら、もしあなたの分野が彼らの必要としていない分野なら(少なくとも今は)、あと数年は待つべきです。キルギスタンがそれほど裕福でないというだけの理由で、人々はいまだに自尊心が強く、会合のスケジュールを立てる事が大変かもしれません。これを失礼な態度として受け取ってはいけません。これは単にキルギスタンの人々のビジネスの仕方にすぎません。電話やイーメールの返事をもらうまでに長ければ数週間待たなければならない事もあり、返事があっても会合のスケジュールが決まって、確認されるまでには更にかかる事になるでしょう。加えて、明らかな理由もなしに突然その会合がキャンセルになる事もあります。キルギスタンのビジネス関係者と仕事をする上で急いでも上手くいかないので、辛抱強くなる必要があります。コミュニケーションは、ビジネス目的でキルギスタンに行くときは少々問題になるかもしれません。誰もが英語を話せるわけではないので、もしかしたら問題になる可能性があります。もちろん、通訳を雇えばこの問題は解決します。ロシア語が話せればそれも解決策になりますが、話せる人はそれほど多くないでしょう。通訳が最善の選択です。ご想像の通り、世界中のすべての国々とちょうど同じように、キルギスタンもビジネスミーティングに関してはドレスコードがあります。控えめな服装をする必要があります。男性ならスーツとネクタイを身につけ、女性ならスーツ、またはドレスとスカートを身につけるべきです。しかしながら、女性にはいくつか追加のルールがあります。すべての衣服は肌の露出が少なく、スカートやドレスを着るときは膝が隠れるものでなければなりません。要点は、できるだけきちんとした服装をする事です。会議室に入るときは、代表団に適切に挨拶する方法を知っておかなければなりません。すべき事は、相手の目を見ながらしっかり握手をする事です。これによって強さを示します。また、握手は特定の順番で行う必要がある事も覚えておきましょう。常に代表団で一番位の高い人物から順に握手をしなければなりません。そうしなければ失礼に当たります。また、ビジネスパートナー候補と面会するときは、名刺を渡さなければなりません。代表団のメンバーが同じ様にするでしょう。しかしながら、あなたの交渉の成功確率を高めるかもしれない1つの側面があります。キルギスタンへ出発する前に、裏面にロシア語の翻訳の入った新しい名刺を作っておくべきです。そうする事で敬意を示す事ができます。相手方の代表団にあなたの経歴を知って欲しいはずです。相手方から名刺を受け取ったときは、すぐにしまわないようにしましょう。渡された名刺に目を通したら、頷くなどしましょう。これによって名刺に書かれている事を実際に読んだことを示す事ができます。あなたを混乱させるかもしれない事の1つとしては、キルギスタンのビジネス関係者がいかに直接的でないかという事があります。一般的に、西側諸国の人々は遥かに直接的で、私たちはビジネスに関しては微妙な所は何も無いべきだと考えています。必要な事を言って、話を付けるべきだと考えます。一方でキルギスタンでは、同様の戦略を目にする事はないでしょう。人々は一般的に間接的で、普段なら1回か2回の会合で解決するような事柄に、キルギスタンでは遥かに多くの会合が必要になるかもしれません。しかしながら、あなたにはどうする事もできません。辛抱強くなって、物事の成り行きを見守る必要があります。急いだところでどうにもなりません。ほとんどのキルギスタンの人々がイスラム教徒だと知ったら驚くでしょう。人々が夕食にお酒を飲むのに気づくでしょうから、その事にきっと驚くはずです。誰もがイスラム教徒はお酒を飲まない事を知っています。キルギスタンのイスラムコミュニティーは他の国々よりもずっとリベラルです。そしてずっと世俗的です。典型的なイスラム教の習慣の多くはキルギスタンでは全く見られませんが、物事のしかたを変える事は避けられません。キルギスタンは旧ソビエトの国です。ご想像の通り、現地の人々は無骨で、常に体面を保ちたいと思っています。尊敬と評判は彼らにとって非常に重要な2つの事で、それらは常に何よりも優先されます。これこそが、あなたが常に毅然とした態度をとり、すべての段階で弱みを見せてはならない理由です。何とか誰の気分も害さないようにしながら自分の強さを示す必要があります。もし彼らが無骨なら、あなたも無骨でなければなりません。もし彼らが寛大なら、あなたもそうする必要があります。要点は、あなたの出張はキルギスタンの人々が何に根差しているのかを理解する限り上手くいくだろう、という事です。本質的に、彼らは力強い人々で、彼らにとって損であってもその強さをあなたに示してくるでしょう。彼らがお互いと彼ら自身に対して持つ敬意は、他のいかなるビジネス取引よりも重要で、これこそが失礼がない事を確かめなければならない理由です。それ以外では何も問題はないはずです。