今すぐオンラインでクウェートの電子ビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2016年、クウェート政府は電子渡航認証である同国のオンラインビザを開始しました。このシステムはビザ申請プロセスをシンプルかつ迅速にするために作られ、クウェートへの渡航のためのビザの申請と取得をより簡単で、より迅速にしました。

大使館にパスポートを送付したり、面接に出向いたりする必要はありません。クウェート政府がオンラインでビザを発行したら、iVisaがイーメールでPDF形式のこの書類を送信致します

iVisaを通じて申請すれば、ビザの状態と承認を簡単に追跡できるオンラインのアカウントにアクセスする事ができます。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • パスポートの個人情報のページのスキャン

  • GCC居住権(有効な在留カード) - 該当する場合

  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。

重要な指示
  • このクウェートのオンラインビザは1回入国ビザで、これによって渡航者は観光目的で同国に入国でき、入国日から最大で30日間滞在する事ができます。

  • 訪問者は2回以上クウェートに入国するためにこのビザを使用する事はできません。

  • 渡航者は、滞在期間中は常に電子機器や印刷した状態で電子ビザを携帯していなければなりません。

  • クウェートへの訪問を望む渡航者は予定の入国日から少なくとも6カ月有効なパスポートを所持していなければなりません。

  • 渡航書類(パスポートではない)の所有者は電子ビザの申請をするべきではなく、最寄りのクウェートの在外大使館を通じて入国管理局長に申請しなければなりません。

  • この電子ビザのオンライン手数料に加えて、到着の際に国籍に応じて約10米ドル/3ディナールの料金を支払わなければならない可能性があります。

GCC居住者の申請:

  • もしGCC国家(サウジアラビア、バーレーン、カタール、UAE、オマーン)の居住者である場合には、 オンラインでの申請と、GCC在留カード(6か月以上)の証明の提出をオンラインでする事ができます。
  • GCCの居住資格に応じた申請者の職業は以下の内の1つでなければなりません:コンサルタント、医師、エンジニア、弁護士、検察、裁判官&検察メンバー、大学教師、報道&メディアスタッフ、パイロット、システムアナリスト&コンピュータ・プログラマー、経営者、ビジネスマン、外交官、大学院生-営利企業・機関のオーナー、経営者、および代表者。
  • 申請者は同国への出入国を妨げるいかなる安全保障制限も有していてはなりません。

重要:クウェートのビザは週末は処理されません(金曜および土曜)。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この電子ビザはクウェートへの入国を可能にする承認書です。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート
  • パスポートの個人情報のページのスキャン
  • GCC居住権(有効な在留カード) - 該当する場合
  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。
標準的処理の費用は20米ドルです。処理を早くするには40米ドルがかかり、さらに早くするには60米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります: ● 標準的処理:72時間 ● 迅速処理:48時間 ● 超迅速処理:12時間

このクウェートの電子ビザは発行後30日間有効です。これは電子ビザの発行後30日以内にクウェートに入国しなければならない事を意味しています。

しかしながら、当社が適切な時期まで処理の順序を自動的に調整するので、いつでも申請する事ができます。

申請者のパスポートはクウェートへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
到着の際には、クウェートの入国管理官が電子ビザのすべてのデータが有効で最新である事を確認します。 その後、入国管理官は必要な場合、電子ビザを再印刷/再発行します。クウェートでの滞在中はこの書類を失くさないようにしてください。
観光のためのクウェートの電子ビザでは入国日から最大で30日間滞在する事ができます。
  • このビザは観光のみを目的としているので、就労する事はできません。
以下の国々の居住権(電子ビザの申請時に6か月以上)を持っている場合にのみ、オンラインで申請をする事ができます:サウジアラビア、バーレーン、カタール、UAE、オマーン。
いいえ、6か月以上有効なパスポートがなければオンラインで申請する事はできません。詳細は最寄りのクウェート大使館にお問い合わせください。
このクウェートの電子ビザで入国できるのは1回だけです。
以下がクウェートについての情報が得られる便利ないくつかのリンクです。
電子ビザとパスポートのデータが一致しない場合は電子ビザが無効となります。再度申請する事になってしまうので、情報が完全に一致するようにお気を付けください。申請情報に誤りがある事に気がついたら、できるだけ早く当社にご連絡ください。
クウェートの共和国へ入国するすべての成人は自分のアカウントで電子ビザの申請をする必要があります。両親は自分のアカウントから子供の申請を行う事ができます。
GCCとは湾岸協力会議の略称で、以下の中東国家間の政治的および経済的な同盟です:サウジアラビア、バーレーン、カタール、UAE、オマーン。GCC居住者とは、単純にこれらの国のいずれかに住んでいる人の事です。
以下の国々に電子ビザの資格があります: アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブータン、ブルネイ、ブルガリア、カンボジア、カナダ、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラオス、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マレーシア、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、セルビア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、中華人民共和国-香港、トルコ、ウクライナ、イギリス、アメリカ、バチカン市国、ベトナム。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

近年人々はますますアラブ諸国を訪れたいと思うようになっています。実際にはイスラム教徒でなければメッカやメディナには依然として行く事はできませんが、制約はそれほど多くありません。しかしながら、クウェートにはそういった制約は無く、いつでもその都市を訪れる事ができます。だとしても、現地に付く前に知っておくべき事がいくつかあります。現地の文化や習慣を下調べせずに外国に行けば、知らぬ間に現地の人々を侮辱している事になるかもしれません。これこそがある程度の下調べが必要な理由です。そういう訳で、クウェートについて知っておくべきいくつかの事を見てみましょう。クウェートはアラブの国ですが、現地に住むクウェート人は人口のたった3分の1です。これは石油がこの国の経済の非常に大きな部分を占めていて、その関係で多くの外国人が働いているからです。結果として多様性に富んでおり、とりわけ大きな都市部ではそうです。率直に言って、これには利点があります。多くの人々が流暢な英語を話せるので、少なくともコミュニケーションで困る事はないはずです。恐らくあなたと同じ国から来た人を見つける事もできるでしょう。これは訪れる予定の場所に依ります。この国はアラブの国なので、服装に関しては制約があると考えていると思います。しかしこれは正しくありません。女性たちはファッションに非常に真剣に取り組んでいるのを目にするでしょう。同時に、女性の中には宗教に真剣に取り組み、常に頭を覆っている人もいるでしょう。だとしても、もしあなたが女性でタイトなジーンズやスカートを身につけていても、何か言ってきたり、変な目で見てきたりする人は誰もいないはずです。いずれにせよ彼らの文化を尊重し、控えめな服装をするように努めましょう。それがすべき事です。クウェートは他のアラブ諸国ほど厳しくないかもしれませんが、依然としてお酒を飲む事は禁じています。端的に言ってクウェートは乾燥した国ですが、どこへ行ってもお酒を見つける事はできません。サウジアラビアですらホテルではお酒を出しているのに、クウェートではホテルですらお酒が手に入らないことを知ればきっと驚くはずです。要点は、お酒は手に入らず、自分で持って行くべきでもないという事です。持ち込みは単純に失礼にあたります。クウェートを訪れる最善の時期に関して言えば、夏は避けた方がいいかもしれません。気温は最大で54度に達します。これは華氏ではなく摂氏です。摂氏54度は華氏では129度です。あなたはきっとこんがりと焼かれてしまうでしょう。すべての家と他の建物にはエアコンが備え付けてありますが、エアコンがきかなくなるくらい気温が上がる事もあります。加えて、1日中室内にとどまるために海外旅行に行きたくはないですよね?きっとラクダレースを見たり、クウェートでできる楽しい活動を色々やってみたりしたいはずです。ですから、クウェートを訪れる最適な時期はいつかという質問の答えは、10月から3月という事になると思います。クウェートの習慣に関して言えば、いくつか変わった事に気づくでしょう。1例としては、贈り物や受け取ったり、何かを取ったりするときに左手で行ってはなりません。贈り物を左手で贈ってもいけません。左手はトイレで使うものなので不浄だとされています。ですから、左利きであってもクウェート人がいるときはできる限り左手を使う事は避けましょう。クウェートに行くと誰かの家に招待される事がよくあります。人々は非常におもてなしの精神が強く、そして好奇心旺盛なので、断ってしまうと失礼に当たります。誰かの家を訪問する気分でなかったとしても、少なくとも立ち寄っておくべきです。その機会を利用してクウェートの文化と伝統を学ぶことができます。非常に多くの事を学ぶことができ、それらの中には非常に魅力的な事もあるはずです。クウェートについたらガソリンが水より安い事に驚かないでください。この国の経済の85%は石油に基づいているので、彼らは石油をたくさん持っています。加えて、彼らは暑い気候で生活しているので、水が高価な事も納得できるはずです。その事に関連して言えば、クウェート国内を行き来する1つの方法は車をレンタルする事で、ガス代に関しては安価ですが、この国の車の運転は乱暴なので、あなたに責任がなくても車の修理代がかかってしまうかもしれない事を知っておくべきです。タクシーが最善の選択です。クウェートで誰かの名前を呼ぶときは、フルネームで呼ぶようにしましょう。ですから、もしあなたの名前がジョン・マイケル・スミスなら、クウェート人はあなたをフルネームで呼ぶでしょう。彼らはどれかを省略するような事はしません。そしてあなたもそうするべきではありません。しかしながら、もし名前が長すぎる場合には、省略して呼ぶ前に許可を取るべきです。もし許可してもらえなければ、省略して呼ぶ事は侮辱に当たります。誰かと話すときの脚の置き方も重要です。例えば、足を組んではいけませんし、決して足の裏を見せてもいけません。誰かの気分を害することを避けるためには、常に両足を地面につけておきましょう。最後に、もしそこら中に鷹を見かけても警戒する必要はありません。鷹は恐らく1匹残らず誰かの所有物です。クウェートの人々はいまだに鷹を所有しており、その事を非常に誇りに思っています。鷹狩にも挑戦してみるといいでしょう。これは難しいですが、非常に魅力的です。クウェートは人々が一般的に大きく誤解している国々の内の1つです。そうです。この国は宗教的な国ですが、非常にリベラルでもあります。それ以外では、現地の人々は興味深い文化を持っており、誰もが非常に良い人でフレンドリーです。行ってみれば歓迎されていると感じるはずです。加えて、クウェートは豊かな国なので、楽しむ機会には事欠かないでしょう。この国にいる間に楽しい思いができるはずです。