今すぐオンラインでケニアの電子ビザ(e -Visa)を申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2015年9月1日、ケニアの入国管理局は外交使節団を訪問しなくても、オンラインでビザを申請できる電子ビザを開始しました。

この電子ビザはケニア通関手続地への渡航を可能にするPDF形式で発行される承認書です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート

  • パスポートの個人情報のページのスキャン

  • 最近のパスポートの大きさのデジタル写真

  • 帰りの航空券

  • 旅行日程表

  • ホテル予約/詳細(または招待状)

  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。

重要な指示
  • 観光電子ビザを申請する渡航者は、予定の入国日から少なくとも6カ月有効なパスポートを持っていなければなりません。

  • このケニアの電子ビザは発行後3数カ月間有効です。通関手続地にある出入国管理窓口につくと、滞在許可期間が90日以下の1回入国ビザが発効されますが、出入国管理本部で更に90日間分更新することができます。

  • ケニア共和国へ入国する各成人が電子ビザの申請をする必要があります。

  • 16歳以下の人物はビザ申請をする必要はありません。通関手続地で有効な渡航書類を提示すれば良いだけです。

  • 必要な許可や認可が無ければいかなるビジネスや就労に関わる事もできません。

  • 渡航書類(パスポートではない)の所有者は電子ビザの申請をするべきではなく、最寄りのケニア在外大使館を通じて入国管理局長に申請しなければなりません。

  • ケニアに入国する前にビザが必要である事にご注意ください。

注意ビザを所持している事はケニア共和国への入国のための最終的な権限ではありません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この電子ビザはケニアへの入国を可能にする承認書です。

申請のためには以下のものが必要です:

  • Proof of Accommodation - Must match the dates of arrival and departure from the country. This is a requirement demanded by the Government in order to issue the travel document. (該当する場合)

  • Last Page of Passport (該当する場合)

  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Passport Cover

  • Airline Confirmation

  • Cover Letter (該当する場合)

  • Certificate of Incorporation (該当する場合)

  • Work ID of host (該当する場合)

  • Host's ID (該当する場合)

  • Host's Passport Personal Details Scan (該当する場合)

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

ケニアの電子ビザの費用は53米ドルです。それ加えて標準的な処理には35ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには100米ドルかかります。
申請時に選択した処理方法に依ります:
  1. 標準的処理の時間は3営業日です。
  2. 迅速処理の時間は2営業日です。
  3. 超迅速処理の時間は24時間です。
このケニアのグループ電子ビザは発行後90日間有効です。ケニアに入国した後に移民局を訪問する事で延長できます。このビザは1回入国ビザです。
申請者のパスポートはケニアへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。

免除されている国の市民以外では、ケニアに渡航を希望するすべての外国人に電子ビザが求められます。

以下が免除されている国です:バハマ、バルバドス、ベリーズ、ボツワナ、ブルネイ、ブルンジ、キプロス、ダルサラーム、ドミニカ、エチオピア、フィジー、ガンビア、グレナダ、ジャマイカ、キリバス、レソト、マラウイ、マレーシア(30日未満の滞在の場合)、モルディブ、モーリシャス、ナミビア、ナウル、パプアニューギニア、ルワンダ、セントキッツ・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サモア、サンマリノ、セーシェル、シエラレオネ、シンガポール、ソロモン諸島、南アフリカ(30日未満の滞在の場合)、スワジランド、タンザニア、トンガ、トリニダードトバゴ、ツバル、ウガンダ、バヌアツ、ザンビア、ジンバブエ。

空港の入国審査官は彼らのシステムでケニアの電子ビザを確認します。しかしながら、お手持ちの電子機器や、できれば印刷した状態で電子ビザのコピーを携帯する事が強く推奨されます。通関手続地で万一システム障害が発生した場合などは特に重要になります。
1.ケニア国外にいる事 2.ケニア到着の日時から少なくとも6カ月有効なパスポートを所持している事 3.ケニアを出国する航空便の確認の提示 4.滞在期間中の費用を賄う能力の証明 5.ケニア国民の安全と福祉を侵害しない事
いいえ。残念ながら誤りのある電子ビザは無効となるので、新たに申請する必要があります。申請情報に誤りがある事に気がついたら、できるだけ早く当社にご連絡ください。

ここで情報を取得できます。

選択した目的地に渡航する前にこういった規制をチェックする事は、各渡航者の責任です。

16歳以下の人物はビザ申請をする必要はありません。通関手続地で有効な渡航書類を提示すれば良いだけです。
ケニア国内にいて滞在期間の延長を望む場合には、ナイロビの入国管理本部で延長を申請できます。ケニアに滞在できる最大日数は6カ月である事にご注意ください。
ビザを申請した後に自動的にアカウントが作られます。パスワードの設定のために確認イーメールに記載されたリンクをクリックするか、[ここでリセットしてください](ログイン)。

当社は以下の国々からの渡航者の申請を処理できます:

アルバニア、アルジェリア、アンドラ、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、オーストラリア(オーストラリア人)、オーストリア、バーレーン、バングラデシュ、ベラルーシ、ベルギー、ベニン、ブータン、ボリビア、ボスニアヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルガリア、ブルキナファソ、カンボジア、カナダ(カナダ人)、ケープ・ベルデ、中央アフリカ共和国、チャド、チリ、中国、コロンビア、コモロ、コンゴ、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キューバ、チェコ共和国、デンマーク、ジブチ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、赤道ギニア、エストニア、フィンランド、フランス、ガボン、グルジア、ドイツ(ドイツ人)、ギリシャ、グリーンランド、グアテマラ、ギニア、ギニアビサウ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、香港、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、イラン、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ヨルダン、カザフスタン、韓国、クウェート、キルギスタン、ラオス、ラトビア、リベリア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、マダガスカル、マルタ、マーシャル諸島、モーリタニア、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パラオ、パナマ、 パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、カタール、ルーマニア、ロシア、サントメプリンシペ、サウジアラビア、セルビア、スロバキア、スロベニア、南スーダン、スペイン、スリランカ、スーダン、スリナム、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、東ティモール、トーゴ、チュニジア、トルコ、トルクメニスタン、ウクライナ、アラブ首長国連邦、イギリス(イギリス市民)、アメリカ合衆国(アメリカ合衆国市民)、ウルグアイ、ウズベキスタン、ベネズエラ、ベトナム、イエメン

以下がケニアについての情報が得られる便利ないくつかのリンクです。
はい、当社は支払いのインボイスを送信いたしますので、それを用いれば電子ビザが手元になくても渡航する事ができます。
  • ケニアのビザへの申請はスクリーニングの後にケニア政府によって自動的に承認されます。
  • 申請者が大量にいる場合にシステムが混雑する場合があり、いくつかの承認が一斉承認から除外される可能性があります。こういった事態が発生した場合には、その承認はもはやなされません。
  • 渡航者はビザの支払いインボイスのコピーを印刷し、航空機への搭乗とケニアへの到着の際のビザ発行のために、印刷したコピーを使用しなければなりません。
  • 航空会社はこの事を認識しているので、ケニアに入国する上で何の問題も無いでしょう。
観光や、ビジネス、教育、就労、医療、宗教、移住/家族、そして「その他」です。

1回入国ビザ ビジネスや、観光、または医療目的のいずれかでケニアに入国するためにビザが必要な国の国民が1回入国するために発行されます。

通過ビザ 72時間以内に他の目的地の経由地としてケニアを通過する人々に発行されます。空港を出ずに乗り継ぎをする場合には、通過ビザを申請する必要はありません。

ケニアの電子ビザは渡航前の発効から3カ月間有効です。通関手続地にある出入国管理窓口につくと、滞在許可期間が90日以下の入国ビザが発効されますが、出入国管理本部で更に90日間分更新することができます。ケニアに滞在できる最大日数は90日間です。
はい、ビザを使用したり、ビザの有効期限が切れたりした場合には、ケニアにもう1度入国するためには別のビザを申請する必要があります。
1.シンプルなオンラインのフォーム を記入してください(パスポートのスキャンと、アップロードするためのデジタル写真、そして航空券などの渡航証明が必要です)。 2.クレジットカード/Paypalを使ってオンラインで支払いを済ませてください。 3.ビザを申請したらオンラインでチェックしてください。当社のオンライン申請は、72時間以内に電子ビザを取得できる迅速なケニアのビザ申請フォームです。
アフリカは美しい大陸です。そしてケニアのような多くのアフリカの国々は人々にとって死ぬまでに訪れたい国の1つです。ご想像の通り、ほとんどの人々はサファリに行くためにアフリカの国を訪れますが、景観も悪くありません。いずれにせよ出発前に認識しておくべき事がいくつかあり、それらの多くは個人的な安全に関する事です。ケニアは比較的安全な国ですが、常にトラブルを避けるための心構えをしておくべきでしょう。ケニアを訪れるつもりでいるなら、憶えておくべきいくつかの基本的な事を学んでおきましょう。第1に、先ほども述べたようにケニアは非常に安全な場所です。現地の人々は非常にフレンドリーで、あなたは観光客として尊重されるでしょう。しかし同時にケニアは貧しい国なので、あまり目立ちすぎると小さな犯罪が発生してしまうでしょう。最善の振る舞いは目立たない服を身につけ、宝石類はすべて家に置いておくことです。もしカメラやその他の機器を持っている場合は、使用するとき以外は人目に触れないようにしておいた方がいいでしょう。同時に、現金とパスポートのコピーを携帯するためのポケットが付いたベルト(マネーベルト)を身につける事をお勧めします。貧しい人物が強盗を働くくらい切羽詰まっているかどうかは知る由もありません。また、ケニアでは女性も非常に安全です。ですが服装は控えめにしておいた方がいいでしょう。無意味に誰かの目に留まらない方がいいので、宝石類や不必要な機器は家に置いてきましょう。また、単独で旅行したり、夜一人で出歩いたりしない方がいいでしょう。トラブルに巻きこまれるよりはそういった状況を避けるほうがいいでしょう。ケニアに旅行する前に知っておくべきもう1つの事は、いくつかの予防接種が必須だという事です。一例としては、腸チフス、黄熱、そしてもちろんマライアの予防接種を受ける必要があります。破傷風やA型肝炎など、自衛すべき他の病気が他にもいくつかありますが、必要なものを医者に相談するのが最善でしょう。もしかしたら過去10年以内に既に破傷風の予防接種を受けていても、憶えていないかもしれません。要点は、ケニアでは罹患する可能性のある病気がかなり多くあり、もし事前に予防ができるなら、それは素晴らしい事だという事です。予防接種を受けなかったためにせっかくの休暇を台無しにしたくはないでしょう?コミュニケーションに関して言えば何の問題もないはずです。ケニアの人々は英語とスワヒリ語を話します。彼らは観光客がスワヒリ語で何か言うのを聴けば非常に喜ぶので、いくつか憶えていけば友人を作る助けになるでしょう。しかしその時間がなければ英語で十分です。ケニアの人々とコミュニケーションできるはずです。これはガイドに関しては特に重要です。サファリに関してはいくつかの厳格なルールがあり、そのすべての側面をしっかり理解する必要があります。ガイドについて言えば、ケニアを自分自身で散策する事もできますが、野生動物を見たいならツアーガイドを雇う事をお勧めします。結局、相手は動物ですから、遭遇したときに取るべき適切な行動を知らなければなりません。相手が肉食動物ならなおさらです。ツアーガイドの話を聞かずに死んだ人がいるというのは事実です。野生動物以外では、食べ物と飲み物について話しておくべきでしょう。知る限りにおいては、ケニアの水は飲んでも問題ありません。しかし胃腸が弱ければ、ペットボトルの水を飲んだ方いいかもしれません。単に歯磨きをするだけなら水道水で問題ないでしょう。一方で飲み水に関しては注意が必要です。食べ物に関して言えば、ケニアで有名な料理はありません。少なくとも余り知られていません。だとしても、ケニアの人々はクスクスや米などの穀物をたくさん食べます。それに加えて魚や肉を食べます。けれどもあなたがきっと好きになるのは味付けです。ケニア人は食べ物の味付けに長けており、あなたも間違いなくおいしいと感じるはずです。食べ物について更に言えば、露店のものは避けるべきです。このルールは多くの国に当てはまり、ケニアもその例外ではありません。露店は常に衛生的な環境で調理をしているわけではないので、簡単に具合が悪くなってしまうでしょう。しかしながら、もし地元の人や外国人が食べ物のために露店に長い列を作っているときは、恐らく食べても大丈夫でしょう。長い行列はいつもおいしくて安全な食べ物のサインです。もし機会があれば、ケニアの部族に関する何かを試したり、学んだりして見るべきです。彼らはいくつかのエキサイティングな物語を持っており、ツアーガイドに頼めば部族の村へ連れて行ってくれて、部族の生活を紹介してくれるでしょう。たくさんの興味深い物語を聞けるはずです。観光客が知っている部族はケニアのマサイ族とサンブル族の2つだけです。彼らは非常に簡素な生活を営んでいますが、非常に幸せそうです。彼らの生活する様を見れば、あなたの生活がどれだけ複雑かについて考えさせられる事でしょう。しかしだとしても、この2つの部族の内の1つ、または両方を訪問する事は、きっと興味深い経験となるはずです。ケニアは豊かな国ではありません。いずれにせよ裕福ではありませんが、この国にはいくつかの素晴らしい場所があります。野生動物と昆虫は1日中眺めていられる物ですが、虫よけをしておく事をお勧めします。人々はフレンドリーで、この国の観光産業は安価なので、素晴らしい体験ができます。サファリに行いけば、間違いなくまた来たくなるでしょう。行ってみなければ分からないでしょう?もしかしたら動物の大移動を見る上で最適な時期を選んでもいいかもしれません。これは人生で1度は目にしていおきたい事の1つです。