今すぐオンラインでヨルダンパスをゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: Pass

ヨルダンパスは、観光客が更に簡単にヨルダンに渡航できるようにヨルダン観光省が開始したイニチアチブです。このパスの主な利点は、ビザ料金(約56USD)が免除される事と、ペトラに3日連続で訪問できる権利を含む36ヶ所の観光地に無料で入場できる事です。ヨルダンパスを購入すれば、すべき事は空港に到着した際とパスが有効な観光地に入場する際にチケットを見せる事だけです。それくらいシンプルです!ビザ費用と観光地の入場料を大きく節約できます。
申請に必要な書類
  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント

  • 渡航者は空港で6ケ月以上の有効期限がある有効なパスポートを提示する必要があります。

重要な指示
  • ヨルダンパスを持つ渡航者は到着ビザを購入する必要はありません。

  • このヨルダンパスはビザではなく、滞在期間が3泊(4日)以上でヨルダンに到着する前に購入している場合に、ビザ費用が免除されます。

  • ヨルダンパスを利用すれば、1回入国し最大で30日間滞在する事ができます。

  • 同国から出国する際は、空港の出入国システムによって3泊以上滞在したかどうかがチェックされます;該当しない場合には費用を支払うための事務所に案内されます。

  • インドの市民は、大使館から承認を受けた後にヨルダンパスを購入する事をお勧めします。

  • 注意: 12歳未満の子供と同行する親は無料でヨルダンの観光地に入る事ができるので、そういった場合にはヨルダンパスは経済的ではありません。ですが、それでもヨルダンパスを申請する事は可能で、到着ビザを持っていなければ到着ビザが必要になります(空港で別の列に並ぶ必要があります)。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ヨルダンパスとは、ビザ費用を免除し(ヨルダンに3泊以上する渡航者が対象)、資格のある国の市民が3日連続でペトラに訪問できる権利を含む、ヨルダンの36を超える観光地に無料で入場できる観光客用のチケットです。
ヨルダンに入国する日から6ケ月以上有効なパスポートが必要になります。

ヨルダンパスの費用は118.00USDです。加えて、以下のようなサービス手数料がかかります:

  • 標準処理: USD 40.00

  • 迅速処理: USD 60.00

  • 超迅速処理:USD 80.00

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:3日

  • 迅速処理:2日

  • 超迅速処理:1日

ヨルダンパスは発行日から12ケ月間有効です。ヨルダンパスによって到着ビザの費用が免除されます。到着ビザの有効期間は30日間です。ですが、観光地に無料で入場できる権利は最初にスキャンされてから2週間で失効します。
ヨルダンパスは以下の国々からのビザ費用を免除します:
  • アンドラ
  • アンティグア・バーブーダ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バルバトス
  • ベラルーシ
  • ベルギー
  • ボリビア
  • ボスニアヘルツェゴビナ
  • ブラジル
  • ブルネイ
  • ブルガリア
  • カナダ
  • カーボベルデ
  • チリ
  • 中国
  • コスタリカ
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ
  • デンマーク
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エストニア
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • ジョージア
  • ドイツ
  • グリーンランド
  • グアテマラ
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ホンジュラス
  • 香港
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • カザフスタン
  • ケニア
  • キリバス
  • コソボ
  • キルギスタン
  • ラトビア
  • レソト
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マカオ
  • マケドニア
  • マラウィ
  • マレーシア
  • モルジブ
  • マルタ
  • マーシャル諸島
  • モーリシャス
  • メキシコ
  • ミクロネシア
  • モナコ
  • モンテネグロ
  • ナウル
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ニカラグア
  • 北朝鮮
  • ノルウェー
  • パナマ
  • パラグアイ
  • ペルー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • ロシア
  • ルワンダ
  • セントクリストファー・ネービス
  • セントルシア
  • セントビンセントおよびグレナディーン
  • サルヴァドール
  • サモア
  • サンマリノ
  • サントメプリンシペ
  • セルビア
  • セイシェル
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソロモン諸島
  • 南アフリカ
  • 韓国
  • スペイン
  • スリナム
  • スワジランド
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タジキスタン
  • タイ
  • トンガ
  • トリニダードトバゴ
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • ツバル
  • ウクライナ
  • イギリス
  • アメリカ合衆国
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • バチカン
  • ベネズエラ
  • ジンバブエ

ヨルダンパスはヨルダンを訪問する際の最高のリソースの1つです。ですが、以下のような購入が推奨されない場合がいくつかあります:

  • 滞在期間が3泊未満の場合、ビザ費用が免除されず、出国時にビザ費用(約60USD)が請求されます。

  • 12歳未満の場合は、親が同伴していれば観光地に無料で入場する事ができます。

  • アラブ系の国籍を有している場合は、現地の入場料金が割引されます。

非常にシンプルです!当社の側で申請の処理が完了し次第、イーメールでPDFおよび画像として送信いたします。(スマートフォンの画面上のQRコードはスキャンできない事があるので)ヨルダンパスを印刷し、空港に到着した際にパスポートと共に提示してください。また、観光地へ入場する際にヨルダンパスとあなたのIDを提示してください。係員がパスを確認し、QRコードをスキャンします。
ヨルダンパスを利用すればペトラに3日連続で無料で入場する事ができます。また、以下の36ヶ所の観光地: ペトラ、ジャラシュ、ワディ・ラム、アンマン城塞、アジュルン城、ウンム・カイス、カスルアルアズラク、アムラ城、カラク城、ペラ、アルハラバト、ウム・アル=ラサス、ウンム・カイス博物館、ウム・エル・ジマル、ショーバック城、アルハミマ、ヨルダン伝統文化博物館、ヨルダン考古学博物館、アカバ博物館、マダバ考古学博物館、アッ=サルト博物館、セント・イライジャの丘(テル・マー・エリアス)、ダルアルサラヤ博物館イルビド、カラク博物館、イラクアルアミール、カスル・アル・ハラナ、アンマンのローマ劇場、ムシャッタ宮殿、ハマムアルサラ、アッ=サルト歴史博物館、マダバ考古学公園、使徒教会、マダバ城跡、地上最低高度博物館、アカバ城、リハブアルマフラクに1回入場する事ができます。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

ヨルダンは小さいながらも美しい中東の国で、この地域で最も友好的かつ近代的でリベラルな国でもあります。他の圧倒的にイスラム教的な国々とは異なっています。ヨルダンは自らの文化を敬意を表される限り他者の文化にも敬意を払っています。ヨルダンを訪れれば間違いなく素晴らしい体験ができるはずです。ですが、旅の計画を立てる前に知っておくべき事がいくつかあります。

入国要件に関してはヨルダンは非常に寛大なビザ方針を採用しています。他の国と同じように、ビザが免除されている国がいくつかあります(正確には12ヶ国です)。バーレーンと、エジプト、イスラエル、クウェート、レバノン、オマーン、パレスチナ自治区、カタール、サウジアラビア、トルコ、チュニジア、およぶアラブ首長国連邦の市民は、ヨルダンに渡航し、1ヵ月から2ケ月の間の期間で滞在する事ができます。レバノンの市民はヨルダンに入国するためにパスポートすら必要ありません。

ビザ免除に加えて、ヨルダンは120の国と地域の市民に到着ビザを発行しています。資格を持つ国の国民は、アルジェリア、香港、日本、インド、モロッコ、南アフリカ、および韓国の市民を除いて、最大で2ケ月までヨルダン滞在する事ができます。上記の国々は30日までしかヨルダンに滞在する事はできません。

ビザ免除国でもなく到着ビザの資格もない他の全ての国の国民は、最寄りの在外公館を訪問して標準的なビザを申請しなければなりません。 興味を持っていただけるかもしれないもう1つの事は、ヨルダンがヨルダンパスと呼ばれるものを発行しているという事です。この書類はビザ費用をカバーしているだけでなく、ヨルダンで最も人気の観光地であるペトラへの3日(連続)で訪問できる権利を含む、ヨルダンの36の観光地へ無料で入場する権利が含まれています。このヨルダンパスはヨルダンに到着する前に購入しなければならず、出国の際には3泊以上した事を証明しなければなりません。滞在期間が3泊未満の場合には、出国前にビザ費用を支払わなければなりません。また、ヨルダン到着後に到着ビザを取得してからヨルダンパスを取得したい場合には、いずれの費用も免除されません。ですから、出国前にiVisaを利用してヨルダンパスを申請しておきましょう。

入国要件以外でもヨルダンには見どころが数多くあります。1つとして、ヨルダンで最も人気の観光地であるペトラがあります。この壮大な場所を訪れれば、素晴らしい写真と経験を携えて帰国できるでしょう。ペトラを訪問せずしてヨルダンに行ったとは言えません。

また、ヨルダンは主に内陸国ですが、それでも死海に行く事ができます。死海に身を投じて、溺れる心配をする事なく浮かぶ体験をしてみましょう。水中の高い塩分濃度のおかげで何もしなくても浮かんでいる事ができます。 ですが、死海に入るときは僅かな傷も無いようにしなければならない事を憶えておきましょう。既に述べたように塩分濃度が非常に高いので、小さな傷でもこの水に触れると非常に痛い思いをする事になります。

シャルハビルビンハサーナ・エコパークは、ヨルダンで訪れるべきもう1つの場所です。この公園は最近修繕され、今では現地民と観光客の両方にとって憩いの場になっています。木陰でピクニックをしたり、周囲を散歩したり、ジクラブダムと湖を見たりする事ができ、お望みならエアコンが聞いたキャビンに滞在する事もできます。

同時に、ヨルダンに行ったのならイアンを訪れない手はありません。この場所はアンマン中心街にあるスパイスと野菜の市場です。この市場を所有している人々はアッタリーンと呼ばれています。アッターとは香水の生産者という意味です。この人たちは、あらゆるハーブやスパイスの使用方法を熟知しています。そのいくつかを購入する事もでき、全体としての経験が非常に興味深いものになっています。

ヨルダンの公用語はアラビア語ですが、英語ができるなら何の問題もなくやり取りできるはずです。ヨルダンの殆どの人々は英語を話す事ができます。若い人たちや、都会に住む人たち、そして人気の観光地の人たちの間では英語が非常に一般的です。最も使用されている言語の2位がフランス語で3位がドイツ語です。

ヨルダンの料理は中東の他の国々と似ています。国民的料理はマンサフと呼ばれる料理で、これは天日干ししたヨーグルトで作られています。マンサフを食べる上で最高の場所はアンマンのエルサレムレストランです。 安全性に関しては、ヨルダンは中東で最も安全な国の1つです。また、ヨルダンは非常にリベラルでもあります。西洋の衣服を着て道を歩いていても誰も不快な視線を向ける事はありません。ヨルダン人の女性ですら、しばしば近代的な服装をしています。殆どの人々はイスラム教徒ですが、ヨルダンの人々は他の宗教に対して非常に寛容です。ですが、敬意の証として宗教的な場所を訪問する際は適切な衣服を身に着けるようにしましょう。犯罪率は低いので、ヨルダンを訪れる際は何の心配もいりません。

健康面では、それほど言うべき事はありません。世界の他の場所を訪れる際と同じように、食べ物を買う場所には注意する必要があります。露店は十分に清潔でない事があるので注意をしましょう。ですが、ヨルダンで具合が悪くなったとしても、この国には世界に名高い病院があります。事実、ヨルダンでも医療観光産業が活発なので、最高の設備が整った病院を利用する事ができます。

人々に関しては、ヨルダンの人々は非常に親切です。何でも喜んで手伝ってくれるはずです。事実、ヨルダンでは非常に簡単にヒッチハイクをする事ができます。現地の人々は喜んで止まって、5分の距離でも乗せて運んでくれます。ですが、彼らに敬意を示さなければいけません。例えば、ラマダンの最中に人前で食事をする事は禁止されているので、あなたも敬意の証としてそれに従いましょう。また、君主制について否定的な事は言わないようにしましょう。ヨルダンの人々は快く思わないでしょう。

結論としては、ヨルダンは訪れるべき魅力的だという事です。素晴らしい時間を過ごす事ができるはずです。見られる物や出来る事が沢山あり、人々は親切かつ丁寧なので、忘れられない思い出を作る事ができるでしょう。