Home > Jamaica > Jamaica C5-Form

iVisa.comを使ってCOVID-19のためのジャマイカの渡航認証を今すぐ取得しましょう!

 
   
 
 
 
     
 

詳細: C5-Form

ジャマイカの国境は開かれています:ジャマイカは観光目的の渡航者の受け入れを再開しています

書類の概要

ジャマイカの渡航認証は、国際便を通じて入国するすべての渡航者が記入しなければならない渡航書類です。この書類は、COVID-19のパンデミックの間に流行を最小化するための取り組みの一環としてジャマイカ当局によって導入されました。 ジャマイカに出発する準備ができたら、今すぐジャマイカの渡航認証を申請しましょう

この書類を使ってジャマイカに入国できる人物

すべての渡航者は、予定の到着日から7日以内にジャマイカの渡航認証を記入する必要があります。ジャマイカの居住者である場合は、出発日の少なくとも72時間前に申請書を記入してください。

国籍に関係なく12歳以上のすべての渡航者は、チェックインの際に航空会社の担当者にPCR検査またはCOVID-19の抗原検査が陰性である結果の証明書を提示する必要があります。検査サンプルの採集日は渡航日から3日以内でなければなりません。

ジャマイカの渡航認証の取得 この書類を取得するには、健康状態に関する個人情報とジャマイカにおける滞在予定の詳細を提供する必要があります。フォームを提出する前に確認された航空機のチケットが必要になります。

書類の提示

iVisa.comを通じて申請書を記入していただければ、出発の前に当サイトからこの書類をお送りいたしますので、空港に到着した際に入国審査官に提示してください。

到着時に従う必要があるジャマイカの検疫の要件と健康ガイドラインに関する最新情報につきましては以下のFAQをご覧ください

COVID-19の自主検査について

eMedのCOVID-19自主検査キットを購入し、アメリカ合衆国の住所ご自宅に6つの抗原検査を送付してください。費用は$150です。NAVICAのアプリを使ってバーチャル認定ガイドに従えばプライバシーを守りながら自主検査をすることができます。15分で正確な結果が出るので、空港に移動するまでの時間を十分に確保できます。eMedの抗原検査は、アメリカ合衆国とこの目的の間を往復する渡航者に最適です。

申請に必要な書類
  • 無し

重要な指示
  • アメリカ合衆国居住者のみ:アメリカ合衆国に帰国するには、入国日の前日にCOVID-19の検査を受ける必要があります。ジャマイカで検査を受ける場所を探すために時間を浪費する必要はありません。eMedの検査キットを購入して渡航を簡略化しましょう。今すぐ注文して、荷物に入れておきましょう。その後、認定ガイドのオンライン手順に従って、アメリカ合衆国に帰国する24時間前に必須の検査を行ってください。

  • 観光目的でジャマイカに入国する渡航者は、出発前の検査結果が陰性であったとしても、到着時に症状が出ている場合はCOVID-19の検査を受ける必要がある可能性があります。

  • このジャマイカの渡航認証はすべての国の国民が利用できます。

  • このジャマイカの渡航認証は、1回入国の書類で、7 日 (発行後)に失効します。許容される滞在日数の上限は、90 エントリーあたりの日数です。

  • 渡航者はジャマイカに滞在する期間のすべてに渡って有効なパスポートを有している必要があります。乗り継ぎをする他の国におけるルールは異なる可能性があるので、パスポートに渡航後6ヶ月以上の有効期限があることをお勧めします。

  • このジャマイカの渡航認証の目的はジャマイカへの入国を促進することですが、ビザに代わるものではありません。お住いの国にビザが必要とされている場合は、入国管理官が空港でビザの提示を求めます。一部の国の国民には書面のビザが求められていることにご注意ください。書面のビザが必要な場合は、最寄りの大使館まで問い合せることをお勧めします。

このページは役に立ちましたか?

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです