今すぐオンラインでコートジボワールの電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

書類の概要
コートジボワールの電子ビザは、観光またはビジネスを目的とした数百か国の国民が利用できる渡航認証書類です。この申請プロセスは100%オンラインですが、申請が受理された後にアビジャンのフェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港で印刷された電子ビザを受け取らなければなりません。

COVID-19に関わる現在の世界的な情勢を理由に、コートジボワール当局は例外なく全ての渡航者が到着時に電子ビザと共に提示しなければならない渡航申告フォームを新たに求めています。iVisa.comでは、1回のシンプルな申請プロセスで両方の書類を取得できます。

現在、お住いの国からの渡航者がコートジボワールに入国できるかどうかについては、以下から当サイトのFAQでご確認ください。コートジボワールへの旅の準備を始めるなら、今すぐコートジボワールの電子ビザと渡航申告書を申請しましょう。

これらの書類を使ってコートジボワールに入国できる人物
お住まいの国の国民が電子ビザを使ってコートジボワールに入国できるかどうかを最も簡単に確認できる方法は、以下からFAQをご覧いただく事です。

以下の国々の国民は入国の際に電子ビザは必要ありません:

ベニン、ブルキナファソ、カーポベルデ、中央アフリカ共和国、チャド、コンゴ、ガンビア、ガーナ、ギニアビサウ、リベリア、マリ、モーリタニア、モロッコ、ニジェール、ナイジェリア、フィリピン、セネガル、セイシェル、シエラレオネ、トーゴ、チュニジア。

ですが、全ての国の国民はコートジボワールに到着する前に渡航申告フォームを取得しなければなりません。

コートジボワールの電子ビザと渡航申告フォームの取得
この渡航書類を取得するには、 個人情報とコートジボワールでの滞在に関する詳細を提供する必要があります。このフォームを提出するには、事前に確認済みの航空券が必要になります。

書類の提示
アビジャンのフェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港で印刷した電子ビザを受け取る必要があります-この書類を受け取る事が出来るのはこの空港だけです。この電子ビザは、当社がお送りする渡航申告書と共に出入国管理官に提示しなければなりません。

また、到着時にはバイオメトリックパスポートと黄熱病のワクチンを受けた国際証明書も提示する必要があります。*バイオメトリックパスポートは到着日から少なくとも6ケ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。

到着時に従う必要があるコートジボワールの具体的な検疫要件に関する最新の詳細については、こちらをクリックしてください。

申請に必要な書類
  • パスポートの個人情報のスキャン

  • 航空会社の確認

  • 宿泊施設の証明

  • Selfie holding the physical credit card used for the transaction is needed to verify payment. Only the last 4 digits of the credit card must be visible in the picture. Only one image is needed per order. (該当する場合)

重要な指示
  • バイオメトリックパスポートは到着日から少なくとも6ケ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。

  • コートジボワールの電子ビザは数次ビザで、有効期限は到着後の90 日 (到着後)日間です。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • コートジボワールに滞在できる最大の日数は合計で90 合計日数日までです。

  • 申請が受理された後は、アビジャンのフェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港で電子ビザを受け取らなければなりません。

  • 到着時にはバイオメトリックパスポートと黄熱病のワクチンを受けた国際証明書を提示する必要があります。また、当社からお送りする渡航申告書も提示しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

このコートジボワールの電子ビザは観光またはビジネス目的で必要とされる渡航書類です。
申請のためには以下のものが必要です: ● 到着時から少なくとも6カ月有効な現在のバイオメトリック・パスポート。 ● 航空便の予約情報 ● 観光客は確認された宿泊施設の予約が必要です。ビジネス渡航者は招待状が必要です。 ● 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。
このコートジボワールの電子ビザの費用はJPY 13,809.00米ドルです。それ加えて標準的な処理にはJPY 4,062.00米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするにはJPY 7,543.00米ドルがかかり、さらに早くするにはJPY 11,604.00米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:7 営業日 営業日。
  2. 迅速処理:5 営業日 営業日。
  3. 超迅速処理:3 営業日 営業日。
このコートジボワールの電子ビザは発行後3ヶ月間有効です。このタイプの電子ビザは数次ビザで、90日間の間に複数回の入国をする事ができます。
申請者はコートジボワールへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがあるバイオメトリック・パスポートを所持していなければなりません。
アルジェリア民主人民共和国、アンドラ、オーストリア、アルゼンチン、アルメニア、オーストラリア、アゼルバイジャン、バハマ、バーレーン、バルバドス、ベラルーシ、ベルギー、ベリーズ、バミューダ、ブータン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネル、ブルガリア、ブルンジ、ケイマン諸島、カメルーン、カナダ、キプロス、チリ、チェコ共和国、コモロ(島)、クロアチア、コスタリカ、コンゴ民主共和国(DRC)、デンマーク、ジブチ、ドミニク(共和国、エストニア、エチオピア、エリトリア、エクアドル、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、グルジア、ドイツ、ギリシャ、グレナダ、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、イスラエル、ジャマイカ、日本、カザフスタン、コソボ、クウェート、ルクセンブルグ、レソト、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、マケドニア、モンテネグロ、マカオ、マダガスカル、マケドニア、マレーシア、マラウィ、モルディブ、マルタ、モーリシャス(島)、メキシコ、モナコ、モザンビーク、 モンテネグロ、外モンゴル、ナミビア、ナウル、ネパール、ニュージーランド、ノルウェー、オランダ、オマーン、 ウガンダ、 ウズベキスタン、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、ポーランド、プエルトリコ、ポルトガル、カタール、ルーマニア、ロシア(連邦)、セントキットとネビス島、スペイン、南アフリカ共和国、サウジアラビア、セントルシア、サンマリノ、セントビンセント、ソロモン諸島、サルバドール、サントメプリンシペ、セルビア、スロバキア、スロベニア、ソマリア、韓国、スエード、スイス、スリナム、スワジランド、タジキスタン、台湾、タンザニア、トンガ、トリニダード・トバゴ、トルクメニスタン、トルコ、ツバル、米国、日本、イギリス、アラブ首長国連邦、ウクライナ、ウルグアイ、バヌアツ、バチカン市国、ベネズエラ、ユーゴスラビア、ザンビア、ジンバブエ。
以下の国はビザが免除されています: ● ベナン、ブルキナファソ、ケープ・ベルデ、中央アフリカ共和国、チャド、コンゴ民主共和国、ガンビア、ガーナ、ギニアビサウ、リベリア、マリ、モーリタニア、モロッコ、ニジェール、ナイジェリア、フィリピン、セネガル、セーシェル、シエラレオネ、トーゴ、チュニジア。
このコートジボワールの電子ビザによって発行後の90日間の間に複数回入国する事ができます。
1回の入国あたりの滞在日数は最大で30日間です。
コートジボワールへの到着に際して以下のものを提示する必要があります: ● 最低でも6ヶ月有効なバイオメトリック・パスポート ● この電子ビザの印刷したコピー ● 黄熱に対する予防接種の国際証明書。 ● 銀行手数料を含む73ユーロのビザ料金の支払い領収書原本。
はい、黄熱の予防接種が必要です。コートジボワールへの入国の際に予防接種の証明書を提示する必要があります。
コートジボワールは誰にでも訪れるだけの勇気がある国ではありませんが、しかしもしあなたにその勇気があるなら、この国の美しさと素晴らしい景色を見て回ることできます。南部にある自然公園と砂浜は、このアフリカの1国を美しい旅行先にしており、これこそが機会があるなら試してみるべき理由なのです。しかしながら、出発の前に認識しておくべきことがいくつかあります。コートジボワールは誰にでもお勧めできる旅行先ではなく、美しい国ではありますが危険もあります。 なぜコートジボワールに旅行をするために勇気が必要なのかと思っているかもしれません。実際のところ、このアフリカの美しく魅力的な地域には危険が絡み合っています。ある場所に行くには反政府活動のリーダーから特別な許可証が必要で、セキュリティーチェックはしばしば非常に恐ろしいものです。警備員は常に賄賂が当然だと思っており、誰にでも感じ取れるほど緊張状態が高まっています。しかしながら、すべての地域がこういった状態なわけではないので、安全に旅行したいならコートジボワールの南部を訪れる事ができます。多くの国々とは異なりコートジボワールには2つの首都があります。1つは南のアビジャン市にあり、もう1つは遥か北に位置するヤムスクロにあります。前者は経済的な面を担当し、後者は政治や行政に関する事柄を処理しています。観光客にとっては違いはありませんが、砂浜があるので一般的には南のアビジャン市が選択されています。コートジボワールについてのもう1つの興味深い事実は、この国にはアイボリーコーストと言う名前もあるという事です。コートジボワールというのはフランス語で、実際にコートジボワールのほうが正式名称なのですが、1985年以前はアイボリーコーストと呼ばれていました。しかしながら、発音が容易なので英語バージョンであるアイボリーコーストと呼ぶ人も依然として多くいます。あまり重要な事ではないかもしれませんが、少なくともあなたはアイボリーコーストとコートジボワールが同じ国だという事を知ったわけです。コートジボワールは現金に基づく社会ですが、クレジットカードやデビットカードが利用できる場所もあります。また、大きな都市にはATMがありますが、引き出す際には背後に誰かいないか非常に警戒する必要があります。これらの都市の犯罪率はもっとも低い水準にあるとは言えません。公式の通貨は西アフリカCFAフランで、セネガルや、ニジェール、ブルキナファソ、ギニアビサウ、トーゴ、そしてベニンなどと一緒です。コートジボワールに入国する際には、米ドルのほうが一般的で、両替も容易なので、そちらを持って行く方がいいでしょう。あまり現金を持ちすぎないように常に注意を怠らないようにだけしましょう。コートジボワールについて驚くべき1つの事は、その多様性です。信じられないかもしれませんが、アカン族はこの国の人口のたった42%しか占めていません。民族集団に関して言えば、5つの民族がいます。5つの部族が存在していても問題が無さそうである事から、コートジボワールが非常に寛容な国である事がうかがえます。コートジボワールへ出発する前に、かかりつけ医に相談しておく必要がある事を知っておきましょう。かかりつけ医が渡航に必要な予防接種を施してくれます。マラリアと、黄熱、そしてコレラのための予防接種を受ける必要があります。予防接種を受けなければ不必要なリスクに自らをさらす事になり、コートジボワールではマラリアの流行が数多く発生しています。予防接種を受け、感染する可能性を失くしておいた方がいいでしょう。コートジボワールには美しい砂浜がありますが、泳ぐことはあまり良いアイディアではないかもしれません。強力な大西洋の海流によって安全に泳ぐことはできず、観光客の中にはこの忠告を聞かなかったために溺れる人もいます。もしどうしても海に入りたいなら、岸から数メートルまでにしておきましょう。この海流はあまりにも強力なので、足の下の砂と一緒にあなたを引きずり込んでしまいます。コートジボワールを訪れる上で最適な時期に関して言えば、訪れるつもりの場所に依ります。包み隠さず言えば、コートジボワールの雨季はひどいものだという事をお伝えしなければなりません。毎日びしょぬれになってしまうでしょう。これこそが、北部では雨季が6月から10月で、南部では3月から7月と、10月から11月の2回の雨季があるのを知っておく事が重要な理由です。ですから、びしょぬれになりたくないならこの情報に従って出発日を決めてください。コートジボワールは食べ物に関しては奇抜な所はありません。彼らの食べ物は一般的な西アフリカの食べ物で、大抵は鶏肉と、魚、トマト、玉ねぎ、そしてもちろんバナナを中心としたものです。現地の人々はそういった食材から美味しい料理を作ります。いくつかのリゾート地とホテルでは西側諸国の食べ物も提供されていますが、元々の味とは異なる味がします。お酒に関して言えば、地元の人々はバンギと呼ばれるヤシ酒を飲みます。これを美味しいという人もいます。一方で、水道水を飲むのは避けるべきでしょう。様々な寄生虫に感染する可能性があり、その中には脳に寄生するものもいます。これこそがコートジボワールにいる間は常にペットボトルの水を飲むべきである理由です。宿泊施設については心配はいりません。大きな都市には国際ホテルがあり、様々な価格帯のホテルを見つける事ができます。しかしながら、農村地域ではそれほど多くの選択肢はありません。交通手段に関して言えば、最善の選択肢はタクシーと小型バスです。電車はあまりあてになりません。コートジボワールにも短所はありますが、長所のほうが多いでしょう。大使館からの通知に基づいて危険を避ければ、旅行中に問題は無いはずです。地域の人々はそういったトラブルに慣れているので、彼らも助けになってくれるでしょう。いずれにせよ、何かが発生したら避難を頼む事ができます。
はい、黄熱病の予防接種が必要です。コートジボワールに入国する際には予防接種の国際証明書を提示する必要があります。